広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

腰痛改善のためにもお腹は柔らかい方がいい理由

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛改善のためにもお腹は柔らかくね

僕、ご飯食べるとすぐお腹出るんですよね。

 

この間なんか、おいしいご飯をたくさんご馳走になって妊婦さん並にお腹膨れ上がってましたから(^^;

 

そんなとき、お腹はパンパンでカチカチです。

 

まぁそれと今からお話しする固さは違いますけど・・・笑

 

さぁ本題に入りますね。

 

腰痛の方もそうですが、全般的に体のためには僕はお腹は柔らかい方がいいと思っています。

 

柔らかいっていうのは、「脂肪がついて柔らかい」って意味じゃないですよ。

 

 

純粋にお腹自体が柔らかいってことです。

 

脂肪ではなく筋肉ってことですね。

 

固い方って本当にカチカチなんですよ。

 

触ってびっくりします!!

(そんな方は稀なんですけどね(^^;)

 

じゃあなんで固くなったり、柔らかくなったりするんでしょう?

 

お腹の柔軟性

 

ここで僕が言う柔軟性っていうのは、前屈ができます!とかの柔軟性じゃないです。

 

純粋にお腹に触れてみて柔らかいかどうかってことですよ。

 

じゃあなんで柔らかさに差が出るんでしょうね?

 

お腹の固さの原因としては、

 

①姿勢の崩れ

②腰の筋肉の過緊張

③肋骨の柔軟性不足(呼吸浅い)

④太ももの柔軟性不足

⑤ストレス

 

があります。

 

原因はこの5つだ!ってわけじゃないですが、割かし多いと思います。

 

簡単に説明していきますね。

 

①と②は同じような理由です。

 

細かく言えば違いますが割愛しますね。

 

姿勢の崩れで例えますが、姿勢が崩れると筋肉の使われるバランスが偏ります。

 

 

外側が強くて、内側が弱いみたいな感じですね。

 

そうなるとですね、筋肉自体に強い弱いがはっきりしていきます。

 

その強弱のせいで、姿勢のバランスを保とうとお腹の表面ではなく中の筋肉が頑張り始めます。

 

結果、常にお腹の中の筋肉が頑張り過ぎて柔らかさが失われるということですね。

 

次いで、③と④の柔軟性不足についてお話ししていきますね。

 

ここもまとめて話しますね。

 

お腹の近くにある部分が肋骨と太もも(骨盤含む)ですよね。

 

 

近いならここの柔軟性が低下すれば、お腹が影響しそうじゃないですか?

 

そもそもお腹の筋肉って「骨盤」「肋骨」に付着しているんですよね。

 

 

ということは、付着している部分に柔軟性がなければ、お腹の筋肉も柔軟性が発揮しにくいと言えますね。

 

結果、お腹の柔らかさは失われますよね。

 

最後に⑤のストレス。

 

これは結構いるんですよね。

 

自律神経の影響をお腹は受けやすいんです。

 

なんで、ストレスを強く感じている時なんかお腹が固くなりやすいんですよ。

 

緊張してお腹が緩くなったりもしますよね?

 

緊張して太ももが緩くなったとは聞いたことないです。笑

 

ものすごい緊張している場面で、お腹を触るといつもより固いかもしれません。

(まだ緊張の場面で試したことはないので、試したことある方本当にそうなるのか教えてください)

 

常にストレスを感じるような生活をしていれば、お腹の柔らかさは徐々に失われていきます。

 

以上が簡単ですが、お腹が固くなる5つの理由になります。

 

あなたのお腹は固いですか?

 

基準がないとわからないと思うんで、ご家族やお友達のお腹も触ってみてください。

 

誰が一番固いですかね?笑

 

その方は腰に痛み感じていますかね?

 

逆に柔らかい方は腰痛ですか?

 

固いと腰痛?

 

「理由はわかりました。じゃあなんでお腹が固いと腰痛になるんですか?」

 

と思われたと思います。

 

 

「お腹が固い=腰痛」はなんで?ってなりますよね。

 

今までの説明で言えばですね、お腹が固いということは5つの原因があるということになりますよね。

 

そもそもですが、この5つの理由だけでも腰への負担が大きくなっているんですよ。

 

結果そのせいで、腰痛になりお腹が固いんですよってことです。

 

逆に、5つの理由はないのにお腹だけがカチカチに固いとします。

 

そうなればそのカチカチのお腹が5つの原因を作るきっかけになってしまいます。

 

もちろんですが、5つの理由があったとしてもお腹が柔らかい方は中にはいますよ。

 

お腹が固くなる方の割合が僕が経験した中でも多いってことです。

 

まとめると僕は腰痛改善のためにも柔らかいお腹の方がいいですよ!ってことです(^^)

 

お腹は柔らかく~

 

呼吸もしやすくなりますよ!

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :             

ケア 腰痛

腰痛が改善した、その先を考えよう

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛改善したその先

僕はよく「腰痛がよくなったら何がしたいんですか?」と聞くんです。

 

なんでそれを聞くかと言うとですね、腰痛が改善されたその先を考えてほしいからです。

 

よく痛みがある方は、「痛み」に目を向けがちなんです。

 

でもそこばかりではなくて、その先を考えてほしいんですよね。

 

「痛みがよくなったら何がしたいのか?」

 

とっても大切なんですよ。

 

その先に何かやりたいことがあるから腰痛をよくしたいんだと僕は思ってるんです。

 

「腰を気にせず旅行に行きたい」

「我慢していた趣味をまた始めたい」

「孫と一緒に遊びたい」

 

とか本当に一人一人色々とあるはずなんですよ。

 

 

でも残念なことにその先に気付いてない方も多いんです。

 

僕が聞くことで初めて考え、気付く方もいらっしゃいます。

 

痛みばかりに目を向けていては、楽しくないと思いますよ。

 

その先を考え妄想するとワクワクしませんか?

 

そうすればトレーニングも頑張れますよね!笑

 

というよりも僕個人的には楽しんでもらいたいですし。笑

 

そして、さらにいいことがあると僕は思ってるんです。

 

それは、自分自身の体をさらに考えるようになるってことです。

 

「健康でいるために体を動かそう!」

 

とか思えるようになるんですよね。

 

5年後、10年後を見据えて行動するようになるんですよね。

 

「今年はここに旅行行ったから、来年はもう少し遠くに旅行できるようにする」

 

「孫も来年は大きくなるから体力つけておかなくちゃ」

 

って思いに変わるんです。

 

痛みをとる!だけに目を向けていては、中々気付けないかもしれませんね。

 

腰痛を改善しようと思ったらまずは、「その先」を考えるといいですよ(^^)

 

これも腰痛改善の一歩です!

 

あっ、繰り返しにくい腰痛のね。

 

5年後、10年後も考えてみましょうね。

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :   

トレーニング

高齢者の腰が曲がって見える理由は腰ではない

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

高齢者の腰の動き

腰ってそもそもが動かない部分なんですよね。

 

肩みたいには動かないですよね(^^;

 

実際に、前屈したり捻ったりしたときに腰が動いているように見えますが、他の関節のおかげで動いているんです。

 

逆を言えば、腰の周りの関節が動かないと腰は動かないってことです。

 

まぁここは今回詳しくは言いませんが、高齢者の腰の動きをみていきます。

 

 

高齢者の腰

 

高齢者の多くは、腰が曲がった感じに見えると思います。

 

でも実は、腰はそんなに大きく曲がっていないんです。

 

逆に腰を曲げることが苦手だったりするんです。

 

「えっ!?そんなことある?」

 

と思われるかもしれませんが、苦手なんです。

 

「じゃあなんで、腰曲がってるの?」

 

と思われましたか?

 

曲がっている腰

 

曲がっているように見える腰の正体は違うところにあります。

 

それは、背中です。

 

「当たり前。わかってました」

 

と聞こえてきます(^^;

 

まぁ落ち着いてください。

 

背中なんです。

 

 

高齢者の方に座った状態で、「腰を丸くしてください」と言うと背中だけを丸くします。

※わかりやすく例えてます。

 

つまり、腰は動かしていないんですよね。

 

高齢者の猫背って、本当に字の通り背中が丸くなりやすいんです。

 

その結果、腰(骨盤)の動きも悪くなるってことですね。

 

背中はどちらかと言えば動きやすい部分です。

 

この部分が丸く固まることで動きにくくなり、そもそも動きにくい腰はもっと動きにくくなるということです。

 

最初に腰の動きについてお伝えしましたよね。

 

そこなんです。

 

腰は周りの関節たちに助けられているんですね。

 

腰の正体

 

結局なんなのかって話しですが、まとめます。

 

高齢者の「腰が曲がってきた」というのは本当は腰ではありません。

 

背中が丸くなって、腰を動かしにくくなっている状態。

 

というわけですね。

 

もっと言えば、背中だけじゃなくて股関節とかいろいろ要因はありますけどね。

 

なので、腰の丸まりを改善しようと腰だけを動かしては意味がないんです。

 

背中や股関節などを動かすことによってより改善しやすいんです。

 

全身しっかり動かしていきましょうね(^^)

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :      

トレーニング 腰痛

慢性的な腰痛を改善する為に必要な2つのこと

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛改善のために

慢性的にくり返す腰痛にはいくつか原因があります。

 

僕の中では、その原因が大きく分けて2つあると考えてるんです。

 

 

この2つをしっかり改善できていないから、痛みがなくならないんだと思います。

 

その2つというのは、肉体的改善精神的改善です。

 

多くの方は、肉体的改善には積極的に取り組むんですが、精神的改善は中々取り組もうとしません。

 

あなたもそうじゃないですか?

 

肉体的改善とは?

 

肉体的改善とは、そのままになるんですが、筋肉や骨格などから改善していくことです。

 

マッサージや整体、トレーニングなどがここですよね。

 

 

ここを改善することはとても大切です。

 

原因が多く隠れていますからね。

 

ここの改善なくして腰痛を改善することは、難しいかもしれません。

 

だからこそ、多くの方がそこを求めると思うんですよね。

 

ここは「改善しよう!」と思っている方が多いから、ここばかり意識にいくんですよ。

 

逆を言えば、ここしか見てないんです。

 

それでは、慢性的にくり返す腰痛は改善しないかもしれません。

 

精神的改善とは?

 

これまた読んで字のごとく、精神面での改善です。

 

でもメンタルとは僕的にニュアンスが違うんです。

 

意識のあり方だと思っています。

 

 

ここは知られていないので、改善する方も少ないんです。

 

意味があんまりわかんないと思うので、説明しますね。

 

最近実際にあったことでは、「月曜日になると腰の痛みが強くなる」ということです。

 

これこそ意識のあり方なんです。

 

この方の腰痛の原因は、肉体的ではないことはわかりますよね?

 

原因は、会社・学校に行きたくないということです。

 

行きたくない為に、腰を痛くしているってことです。

 

更に奥を掘れば、会社・学校の誰”に会いたくないのか?

 

 

など色々と掘っていけると思います。

 

また他にもあったのが、「無意識で痛みを欲している」状態です。

 

これ、ものすごく怖いんです。

 

自分では改善したいと思っているのに、改善しようとしてないんです。

 

めちゃくちゃ矛盾してますよね?

 

でもこれやっている方いるんですよ。

 

極端な話をしますが、痛みがあることで周りがたくさん世話をしてくれて、自分がラクできるといった状態です。

 

自分では改善したいと思いつつ、でも意識の奥ではラクした生活を辞めたくないと思っている。

 

他には、痛みを探している方。

 

仮に肉体的改善をしたとしても、「どうやったらまだ痛いかな?痛い動かし方はないかな?」と痛み探しが好きな方です。

 

この場合、頭の中で無意識に痛みを欲しています。

 

奥を掘れば、痛みがあることで安心しているんですよね。

 

 

なんか小難しく訳がわからないかもしれませんが、慢性的にくり返す腰痛の方にはこういう方もいるんです。

 

「精神的改善=意識のあり方」も大切なんですよ。

 

どちらも大切

 

結局、どっちも大切なんですよね。

 

どちらかが崩れると痛みになるんです。

 

僕がトレーニング指導しているので、贔屓目になってしまいますが、トレーニングをすることでこの2つは改善できるんです。

 

「精神的に強くなった」という方もいますからね。

 

整体だけでは、精神的的改善は難しいかもしれません。

 

トレーニングをして、自分ができないことにチャレンジすることで、少しずつ肉体的にも精神的にも改善していくんだと僕は思います。

 

さぁ、トレーニングしていきましょう!!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

ケア トレーニング

あなたのその腰痛の原因と改善方法とは?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛の原因と改善方法

その腰痛に原因があるのならば、改善方法もあるはずですよね。

 

痛みが出てしまった原因が。

 

 

もちろんですが、その原因は人それぞれ違います。

 

ということは、改善方法もひとつではないということですよね。

 

でも実は、腰痛で悩んでいる方の原因には特徴があるんです。

 

それは、筋力の低下です。

 

多くの方の原因がこれに当てはまります。

 

何度も腰痛をくり返しているあなたの腰痛は、ここを改善しないといつまで経っても改善しないかもしれません。

 

 

人によってはマッサージなどで改善するかもしれませんが、すぐに痛みが戻っていませんか?

 

それは、筋力が落ちているから腰への負担が減っていないんです。

 

今まで通りの日常生活を過ごせば、痛みも戻るってわけです。

 

つまりですね、マッサージなどをしてもいいんですがその後、筋トレが必要ってことです。

 

そうしないといつまでたっても腰痛は改善しません。

 

 

筋肉は年齢とともに落ちていきますよね。

 

「20代の頃は、痛みなんて感じなかった」

 

よくお客様などから聞きます。

 

これは筋肉がまだあった証拠ですよね。

 

50代辺りから著しく体力も落ちていませんか?

 

なのに、マッサージだけで改善できるでしょうか?

 

筋肉も必要なはずですよね。

 

もちろんですが、闇雲に筋肉を鍛えればいいってことじゃないですよ。

 

あなたに合った筋トレで、あなたに合ったカラダの動かし方が必要なんです。

 

これらが揃ってやっと腰痛改善に繋がるんです。

 

「筋トレなんて嫌だよ」

 

って聞こえてきますが、あなたならできると思います。

 

やればできるんですよ。何歳でも。

 

あなたにもできます(^^)

 

まずは、改善するためにも筋トレやってみましょうよ。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

ケア トレーニング 腰痛

腰痛はもはや国民病。早めに改善しないと大変なことに。

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛は国民病

日本では8割、9割の方が腰痛で悩んでいると言われています。

 

ほとんどの方が1度は経験しています。

 

もはや生活習慣病の一部みたいなものですね。

 

できれば経験はしたくないですが、それは無理だと思います。

 

疲れれば、それが痛みとして感じることだってありますし、痛み0は無理でしょう。

 

 

さらに言えば、年齢を重ねれば重ねるほど、それは感じやすくなると思います。

 

誰しもが通る腰痛は、国民病ですね。

 

いや、日本だけではないと思いますが。

 

腰痛はお早めに

 

そんな国民病の腰痛。

 

その改善は早めにおこなうことがいいと僕は思っています。

 

「なんで早めがいいんですか?」

 

「今は痛くないからひどくなってから整体に行くよ」

 

という声もたまに聞きます。

 

では、なぜ早めがいいのか?ですが、考えてみてください。

 

病気で例えてみますね。

 

今は早期発見を心掛けて検査を受けに、人間ドッグなど年に1度は行かれている方も多いと思います。

 

 

なんで健康なのに行くんですか?

 

それは、早めに知ってひどくなる前に改善したいからですよね?

 

そういう思いがないのなら、行かないですよね?

 

腰痛だって同じなんです。

 

あと確率も考えてみてください。

 

人間ドッグで見つかるような大きな病気に掛かる確率と腰痛になる確率。

 

絶対に腰痛になる確率の方が高いですよね。

 

(別に病気を後回しにしろとは言っていませんよ)

 

だったら腰痛も早期発見し、解決策を踏んでおくべきですよ。

 

ひどくなってからでは、改善するまでにも時間が掛かることもあります。

 

腰痛も早めの対策を!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :     

ケア 腰痛

腰痛体操で腰痛は本当に改善するのか?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛体操で改善!

最近よく聞く「腰痛体操」

 

本当に腰痛は改善するのでしょうか?

 

というよりも腰痛体操の種類が多すぎて何をしていいのかわからない状態ですよね。

 

 

どの腰痛体操の中に多い種目で言えば、「かがむ・反る・捻る」の3つですかね。

 

でも本当にこれで腰痛は改善するんでしょうかね?

 

確かに運動不足が原因であれば、もしかしたら今よりはよくなるかもしれません。

 

人によっては、逆効果の可能性だってあります。

 

でも腰痛体操に参加していて一番多いのは、「変化を感じない」ということです。

 

何のために腰痛体操に参加してるん?って話しですが、これが一番多いです。

 

あくまで、僕の聞いている範囲の話ではありますが、そう感じている方も多いはずです。

 

腰痛体操は効果ない?

 

効果がないわけではないと思います。

 

ただ腰痛体操をやる場合、複数名のグループでやることが多いですよね。

 

 

グループでやると、個々の意識の違いが出てきます。

 

それに、1つ1つの種目がすべてあなたに合っているものとは限りません。

 

体操の強度もあっているかだってわかりませんよね。

 

その要素も含み、効果が薄くなり、「変化を感じられない」という方が増えているのかもしれません。

 

腰痛体操だから腰を動かす

 

もうひとつ言うと、多くの腰痛体操は「腰」を動かし過ぎているという点もあります。

 

僕個人の考えになりますが、腰痛を改善する為に腰を動かさなくていいと考えています。

 

そもそもですが、腰痛の方は腰を動かすのが痛いんです。

 

なのに腰を動かそうとするのは、腰痛の方からしたら怖かったりします。

 

腰痛の原因の多くは、腰にないことが多いです。

 

 

腰以外の筋肉が落ちていることの方が多いです。

 

だから腰ばかりを動かしても正直あんまり効果は出ません。

 

腰痛の原因となる筋肉を狙えてないからですね。

 

こういうこともあって腰痛体操では、「変化を感じられない」と感じる方が多いんですよね。

 

腰痛体操で効果を感じない方

 

何年もやっていて効果がないんだったら続けても意味ないかもしれません。

 

腰痛体操に参加する目的が「腰痛改善」だったら話ですよ。

 

別に目的が「運動不足解消」とかだったら問題ないです。

 

もしあなたの目的が「腰痛改善」だとしたら対策をしましょう。

 

僕みたいなパーソナルトレーニングで、個別に見てもらうのが一番早いです。

 

 

もしくは整体など通いやすいものでもいいと思います。

 

とにかく個別に見てもらえる環境に変えてみましょう。

 

そうするとあなたの腰痛は改善していくと思いますよ。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

トレーニング 腰痛

腰に痛みを抱える方の特徴的な歩き方と改善方法?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰が痛い方の歩き方

腰に痛みがあるときって、特徴的な歩き方になります。

 

それは、どんな歩き方でしょうか?

 

 

腰痛歩行

 

一番の特徴は、腰をかばう歩き方になっていることです。

 

前向きかがみで、膝が少し曲がり歩いてないでしょうか?

 

僕の経験では、腰に痛みを抱えている方はそんな歩き方の方が多いです。

 

 

大袈裟かもしれませんが、杖で歩いている方を想像してみてください。

 

腰痛の方の歩き方は、杖をついて歩いている方に似たような感じになります。

 

腰が痛い時ってそうじゃないですか?

 

腰痛歩行で疲れる

 

先程言ったような「腰痛歩行」は、疲れやすいんです。

 

だから「体力がなくなったのかな?」と勘違いしやすかったりもします。

 

体力がなくなったのではなく、疲れる歩き方をしているだけです。

 

ここで勘違いしてしまうと、「体力の低下→歩くの嫌い」に変わりやすいです。

 

「年齢のせいかしら?」とかマイナスの感情がどんどんでてきます。

 

 

そうすると歩くことから避け、本当に体力がなくなってくるんです。

 

それに体力がなくなったということは、筋肉も減っているということです。

 

すると、本当に疲れやすいカラダになってしまいますよね。

 

「疲れやすい歩き方+疲れやすいカラダ」になると大変なんです。

 

そうなる前に対策などが必要ですよ。

 

歩き方を変える前に

 

「じゃあ、歩き方を変えたらいいの?」って思われるかもしれませんが、それは違います。

 

まずは、その腰痛を改善しないといけませんよね。

 

腰が痛ければ歩き方を変えれません。

 

もちろん、腰の痛みの程度によりますが。

 

腰の痛みが減ったら

 

痛みが減ったら、カラダの癖をし改善しなければいけません。

 

腰痛歩行の方は、腰も膝も曲がりやすく状態です。

 

この状態を真っすぐにする必要がありますよね。

 

立っているときに真っすぐにできないのに、歩くときに真っすぐにできるわけがありません。

 

まずは基本的なカラダから修正していきましょう。

 

カラダの基礎ができたら

 

基礎ができたら実際に歩いていきましょう。

 

歩くときの注意点は「カラダのバネ」を使うことです。

 

歩くときは、全身の関節を使って歩いていきます。

 

それで、カラダへの負担を減らしています。

 

でも腰痛歩行が癖になっている方は、カラダのバネ、つまり関節をうまく使えていません。

 

そして全身にムダに力が入っています。

 

股関節や足首などの力を抜き、リラックスした状態で歩くことを心がけましょう。

 

歩く前にやるべきこと

 

よく「1日1万歩歩きましょう!」とか聞きますが、その前にやるべきことがあります。

 

 

カラダの基礎をつくっておくことです。

 

ここを忘れずに日々歩いてくださいね。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :    

ウォーキング 腰痛

腹筋を鍛えていれば腰痛改善に繋がるのか?それとも逆効果?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛には腹筋が1番?

腰痛の方がよく思い込んでいるのは、

「腹筋が弱くなってきた」ではないですか?

 

だから腹筋をする!って考えになりやすいですよね。

 

 

でも本当に腹筋は効果的なんでしょうか?

 

僕は腰痛には腹筋って考えが納得いかないんです。

 

そもそもなんですが、腹筋してたら腰痛くなりませんか?

 

僕自身も腰を痛めていたときに病院で「腹筋強くしてね」と言われて腹筋をしていました。

 

でも腹筋することで腰が痛くて苦痛でした。

 

「本当に合っているのかな?」と疑問に思いながらも痛いので、いつの間にか腹筋することを止めてました。

 

そんな経験がありながら「腰痛には腹筋」というものに疑問を感じていますし、納得していません。

 

腹筋で腰痛は治るの?

 

どうなんでしょうか。

 

確かに腰痛で悩んでいる方は、お腹の筋肉が弱くなっているかもしれません。

 

でもそれが本当の原因解決になるんでしょうか?

 

お腹の筋肉が弱って腰痛になるんだったら、みんな腰痛になっていると思うんですが・・・

 

根本的なことを言えば、お腹の筋肉が弱くなるような姿勢であったり、体の使い方をしていることが原因だと思います。

 

 

その結果、お腹の筋肉に目がいって「腹筋をしようね」に繋がっているんだと思います。

 

腰痛に腹筋は逆効果

 

だと思っています。

 

腹筋を言えば、腰から曲げて上半身を持ち上げますよね。

 

 

このとき腰の骨には負担が掛かっているんです。

 

腰の骨って言うのは、腰椎(ようつい)といわれる部分で5つの骨で構成されていて、骨と骨の間にクッションがあります。

 

そのクッションに異常がでると「腰椎ヘルニア」になります。

 

ですがこの腹筋の動きは「腰椎ヘルニア」を起こすような動作に近いんですよね。

 

ヘルニアは腰を丸めるとなりやすいと言われています。

 

腹筋のときって腰丸めてますよね?

 

ということはですよ、仮にヘルニアの疑いで腰痛で悩んでいる方が腹筋をすれば、腰の痛みは悪化すると思いませんか?

 

 

腰痛にいいと思ってやっていたら逆に悪化した。

 

なんて嫌ですよね。

 

腹筋のコルセットはできない

 

また「腹筋で腰の周りのコルセットづくりをしよう」とか聞きますが、腹筋だけでコルセットなんてできません。

 

仮に筋肉でコルセットができてしまったら、腰は動かなくなります。

 

動かなくなるということは、他の関節に負担が掛かるということです。

 

そして腰自体も筋肉のコルセットで動かないので、腰は少しの動きにも敏感になり痛みを感じやすくなります。

 

もっとコルセットづくりに関しておかしいとこはたくさんあります。

 

もしかしたらコルセットというの表現の違いかもしれませんが、僕の意見としてはコルセットはできません。

 

仮にできても役に立ちませんよ。

 

腹筋はするな

 

これが僕の結論です。

 

 

腰痛だからといって無暗に腹筋をしたらダメです。

 

それでもやりたいのであれば、腰を動かさないように注意してください。

 

「だったら体幹トレーニングか!」と思われたかもしれませんが、腰痛の方が体幹しても意味ないです。

 

その前にやることがあるんです。

 

そういう順序もしっかりやっていきながら腰痛を改善していきましょうね。

 

腰痛に腹筋はダメですよ。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :     

トレーニング 腰痛

腰痛のとき安静にしていれば本当に腰痛は改善するのか?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛のときは安静?

あなたは腰痛になったときどうしていますか?

 

安静にして布団やソファの上で寝ていますか?

 

 

安静にしてその痛みはなくなりましたか?

それとも痛みは繰り返しますか?

 

実は、「腰痛=安静」はもう古い情報です。

 

安静はダメなの?

 

「腰が痛いから安静にしてた」

 

と周りで聞きませんか?

もしくは、そうしていませんか?

 

先程も言いましたが、それ間違っています。

 

正確に言えば、安静が必要な場合もありますが、ほとんどの方が安静の必要がない腰痛です。

 

でも世間では「腰痛=安静」という情報が流れているので、ついつい安静にしてしまいます。

 

というよりも、痛いから動きたくない!というのもあります。

 

でも勘違いしないでほしいのは、安静にしても腰痛はよくならないということです。

 

 

病院も安静を推奨?

 

全部の病院がそういうわけではないと思いますが、安静を勧める病院も多いはずです。

 

でも病院が安静を勧めるには訳があるんですよ。

 

それは、腰痛の85%が原因不明だからです。

 

 

逆を言えば、病院で診断できるのは腰痛全体の15%のみです。

 

だから病院では85%の方には「安静」を勧めるしかないんです。

 

だって原因がわからないんですからね。

 

安静にすると腰痛は悪化する?

 

病院でも安静を勧められれば安静にするのが当たり前だと思いますよね。

 

でももっと気を付けてほしいことがあります。

 

それは、1日安静にしていると全身の筋肉の約2%は低下してしまうという事実があるってことです。

 

これってすごい怖いことなんですよね。

 

 

写真をみて頂けばわかると思いますが、年齢とともに筋肉は低下していきます。

 

これの低下は今現在止めることはできません。

 

でも落ちるスピードを緩やかにすることはできます。

 

ただ、安静が続くとこの筋肉が落ちるスピードってどうなると思いますか?

 

そうです。

 

筋肉はグラフ以上にもっと早く落ちてしまうんです。

 

そうなると体は老いていく一方です。

 

もちろん、腰痛も繰り返すばかりです。

 

今からは常識が変わる

 

ここまでで、「腰痛=安静」は間違っていると理解して頂けたでしょうか?

 

今はまだ安静というのが一般的かもしれません。

 

でも今からは絶対にこの常識が変わると僕は思っています。

 

今からは「腰痛=トレーニング」が常識になります。

 

安静では何も解決しないんです。

 

 

自分の体は自分で改める必要があります。

 

僕も指導する側として、自分自身の体を大切にしながらもお客様の腰痛がなくなるよう全力でサポートできたらと思い日々活動しています。

 

あなたにも「腰痛=トレーニング」を理解して頂ける日が来ることを願っています。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

腰痛

1 2 3 11