広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

朝起きた時の腰の痛み!など動き始めの腰痛解消の筋トレ

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

寝起きや長時間のデスクワーク後に、腰が痛いことはないですか?

それは、股関節の筋肉が落ちているということがひとつの原因です。

 

 

股関節の筋肉を鍛え、使えるようにすることで、動き始めの腰痛解消に繋がります。

今回は、寝ながらできる簡単な股関節トレーニングをご紹介致しますね。

 

 

朝起きた時の腰の痛み!など動き始めの腰痛解消の筋トレ

 

 

そもそもなんで、動き始めの腰痛が起きるんでしょうか。

その原因として、血流不足がひとつ考えられます。

 

 

寝起き腰痛の場合、寝返りしないと血流不足になり痛くなります。

長時間のデスクワークも同様に、血流不足が起きているんです。

 

 

この血流不足が、腰痛の原因でもあります。

これを解決するために、股関節の筋肉を鍛えておくことが必要になるわけです。

 

 

そして、ただ鍛えるだけではなく、その筋肉をうまく使えるようにしないといけないんです。

ここが1番重要なとこです。

 

 

使えるようにしないといけないんです。

 

 

今回ご紹介します股関節のトレーニングでは、股関節以外にも体幹部の筋肉も有効に使えるようになるんです。

 

股関節と体幹は密接な関係があるので、的確に鍛えると体幹部も一緒に鍛えることができるんです。

体幹部も鍛えれることで、血流不足改善に繋がり、腰の安定につながるわけです。

 

 

股関節の筋トレ

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

少し地味な動画になってしまいましたが、とても効果的なトレーニングになります。

 

 

寝ながらできるっていうのも大きいですよね。

ぜひお試しくださいね。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :         

腰痛

デスクワークで疲れた肩こりが解消されるセルフマッサージ

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

デスクワークなどが増えてきた今、肩こりで悩む方も同時に増えてきました。

 

 

原因は、デスクワーク時の姿勢・筋力の低下・作業時間過多の3つが挙げられます。

そして、デスクワークで凝り固まった肩は、肩以外に凝り固まった場所があります。

 

 

デスクワークで疲れた肩こりが解消されるセルフマッサージ

 

 

肩以外の場所とは、です。

デスクワークの作業を想像してほしいのですが、指を多く使っていませんか?

 

 

指を使うことで、腕(前腕)に疲労が溜まります。

この疲労が肩まできて、肩こりの原因を作るんです。

 

 

さらに言えば、腕が内側に巻いている姿勢が長く続きますよね。

内側に巻く姿勢で、肩まで内側に巻かれ、姿勢が崩れていくんです。

 

 

結局、症状がでている部分ではなくて、その末端に原因が潜んでいます。

ほぐすのであれば、そこをしっかりほぐしていくと肩こりまで楽になります。

 

 

肩こりマッサージ

 

 

 

 

揉み方はいたってシンプルでしたよね。

これだけでいいんです。

 

 

実は、ひとりでやると結構力がいるんです。

自分でやるよりも誰かにやってもらう方が抜群に効果が高いです。

 

 

脱力でほぐすことがポイントなんですね。

デスクワーク肩こりから解消しましょう!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

ケア

腰痛がひどくて仕事も通えない・できない方が続出!?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛が原因で仕事ができない

長い労働時間で腰に痛みはないですか?

 

 

近年、腰痛が原因で仕事にも支障が出ている方が増えているというデータを見ました。

 

それに僕の周りでもよく聞くようになりました。

 

「旦那が腰痛で仕事を休んでる・・・」

 

意外にも、労働の仕事よりもデスクワークなど座り仕事の多い方の方が腰痛のリスクは高いんです。

 

腰痛で仕事を休む方もデスクワークの方が多いんだとか。

 

あなたの腰痛で仕事休んだりしていませんか?

 

座ることの多い仕事

 

今は机に向かって座ることが増えてきましたよね。

 

パソコンやスマホなどの普及に伴い、僕たちは動くことが減り、動かない時間が増えました。

 

 

つまり、座る時間が増えました。

 

ちょっとここで考えてみてください。

 

昨日、あなたはどれくらいの時間座っていましたか?

 

仕事の時間・移動の時間・自宅の時間など、起きている間どれくらい座っていますか?

 

実は先日、「腰らく教室」を開催したんですが、その中でも参加者の方々に聞いてみました。

 

「昨日どのくらい座っていましたか?」

 

なんと、10時間も座っている方がいました。

 

これって結構長いように聞こえますが、たぶん多くの方はこのぐらいじゃないかなと思います。

 

まだまだ年々増えていきそうですよね。

 

腰痛改善で仕事復帰へ

 

僕が他にも聞いたことがあるのが「腰痛が原因で仕事を変えた」ということです。

 

これも大きなことですよね。

 

でも残念ながら仕事を変えてもその腰痛は変わりません。

 

それは、また再発する可能性を残したまま仕事を変えたからです。

 

仕事で腰痛になれば、確実に体にも変化が出ています。

 

仕事を変えてもその変化も気付いて変えてあげないと再発する可能性は高いんです。

 

仕事を変えると同時に、腰痛で変わってしまった体自身も変えてあげましょう。

 

 

そこを気を付けてあげることで、仮に仕事を変えても再発のリスクは下がります。

 

また今の仕事を続けたいのであれば、腰痛になった体を変えてあげましょう。

 

腰痛を抱えたまま続けるのは、仕事の効率も悪くなりますし、自分自身も辛いはずです。

 

仕事中にできること

 

簡単に仕事中にできることと言えば、椅子から立ち上がることです。

 

30分に一度でも椅子から立ち上がってみましょう。

 

たったそれだけでも今の腰痛の辛さは軽減されると思います。

 

仕事に支障のでない体を目指しましょう!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :     

腰痛

『Y』と『W』字を作るだけで、デスクワークの悩みは解決する 178

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

肩甲骨を鍛える

 

おすすめの方

 

①デスクワークが多い

 

②スマホをよく見る

 

➂肩こりが続く

 

④首猫背

 

POINT

 

①頭を上げる時、顎が上を向かない

 

②腰まで反らさない

 

➂Y、Wをしっかり作る

 

④肩甲骨から動かす

 

Y,Wを大きく

腕で大きくしっかり

Y,Wを作ります

 

この動きを入れることで

背中の筋肉を効率的

鍛えられます

 

背中の筋肉は

肩周りのまで付着しています

 

なので

肩をしっかり動かすことで

背中の筋肉も動き鍛えられます

 

腰に注意

腰に注意が必要です

 

顔も一緒にあげますが

その時に、腰から上げがちです

 

腰から上げ過ぎてしまうと

腰に負担が掛かります

※わざと上げる場合もあります

 

なるべく

体は一直線を保ちつつ

顔を上げましょう

 

顔を上げた時も

顎から上げないように

顔は水平を保ちましょう

 

このポイントを

忘れてしまうとやればやるほど

腰に負担が掛かってしまいます

 

肩甲骨周りに

グッと力が入っていればOKです

 

逆に

腰ばかり力が入る方は

反り過ぎか、顎上げ過ぎです

 

しっかり鍛えるべき

ポイントを抑えて

トレーニングしていきましょう

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :                   

トレーニング動画

背中を丸めて反る動作を繰り返すだけで、姿勢が整い骨盤も締まる 168

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

背中を大きく動かす

 

おすすめの方

 

①猫背

 

②反ることが苦手

 

➂骨盤の動きが気になる

 

④デスクワークが多い

 

POINT

 

①大きく動かす

 

②動作中、頭も一緒に動かす

 

➂呼吸を止めずにゆっくりおこなう

 

④頭から骨盤まで意識

 

前後の柔軟性獲得

体の前後の柔軟性

獲得できます

 

猫背や反り腰などの場合

この前後の柔軟性が不足していきます

 

もちろん

その他にもあります

 

ですが、多くは

前後の柔軟性低下があります

 

一見、簡単そうに見えますし

このトレーニングは

よく見かけると思います

 

ですがポイントを抑えておこなうのと

おこなわないのであれば

圧倒的に効果も変わっていきます

 

意外と大きく動かせていない方が

多い種目なので

しっかり動かしましょう

 

背中以外にも効果がある

背中の柔軟性も手に入りますが

その他にも効果があります

 

骨盤にも影響します

 

動画を見てもらえばわかりますが

骨盤が自然と動きます

 

この動きをすることで

動きの改善へ繋がります

 

また胸郭の動きも変わります

 

胸郭とは肋骨の部分です

 

姿勢が悪い方の多くは

胸郭の柔軟性も落ちています

 

この動きが改善されれば

呼吸はもちろん

体への負荷も軽減されます

 

つまり

骨盤・胸郭の動き

一緒に改善していきます

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :            

トレーニング動画

『事務員』が抱える悩みとは?? 146

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

務員の悩み

 

事務所で、PC作業や電話対応など事務作業をするOL。

 

座った姿勢が多いイメージですが、一体どんな悩みがあるのでしょうか?

 

早速、見ていきましょう!

 

らではの悩み

ソコン作業が多い

 

 

ほとんどの作業は、パソコン作業になります。

 

パソコン作業が多くなれば、肩こりは必須ですよね。

 

さらに、目の疲れも出てきます。

 

肩こりも続けば痛みに変わっていき、さらにしんどさ倍増!

 

仕事よりも肩の方が気になります!

 

く作業も多い

 

 

パソコン作業が多いのは想像つきますよね。

 

それに加え、書く作業も多いんです。

 

肩や目はもちろんのこと、腕も疲れるんですよね。

 

座って机に向かう時間=パソコンor書く

 

似たような姿勢で、似たような筋肉しか使っていきません。

 

字も小さいですから、しかめっ面になりがちかも。

 

元がキンキン

 

 

意外と冷えに悩むんです。

 

座ったままで、動いていないということもありますが、それ以外に大きな原因があります。

 

それは、冷房です。

 

夏場は、お客様が来店されたときに、快適に過ごしていただくように冷房は強めです。

 

つまり、いつも座って作業している事務員の方の身体はどんどん冷えていきます。

 

夏場でもタオルケット手放せません。

 

冬場でも、男性に室温は合わせられるので寒いんですよ!!

 

話対応

 

 

電話対応は毎日です。

 

大事な取引先のお客様ですから、結構神経使うんですよね。

 

『はっきり・素早く・機嫌取り』

 

たまに、クレームも・・・

 

気は張るし、精神的にも疲れます。

 

も多い悩み

事務員の悩みで多いのは?

 

No.1・・・『肩』

 

No.2・・・『目』

 

No.3・・・『腰』

 

決策

ソコン作業が多い

 

パソコン作業の多い方は、必ずあらわれる症状ではないでしょうか。

 

これは、仕事上逃れられません。

 

まずは、座り方を工夫。

 

 

このような座り方をしている方がほとんどかと。

 

これでは、肩こりもひどくなるのは想像できますよね。

 

 

上記写真の左側のように、背骨のアーチはなくなります。

 

でも、右側の写真のようにアーチを崩さずに座れば、肩こりは少し楽になりそうじゃないですか?

 

また、パソコンにはマウス操作もついてきます。

 

人の腕は意外と重たいですから、マウス操作時は常に肩周りのトレーニング状態です。

 

解決するには、肘あてなどを利用して、腕を上げている状態を少しでも減らすことです。

 

机周りの環境で難しいかもしれませんが、工夫して試してみてはどうでしょう?

 

く作業も多い

 

これも、先程言ったパソコン作業のときに気を付けるポイントと同じです。

 

座る姿勢に気を付けるのと、肘あてをつくる工夫をすることです。

 

ただ、書くという作業はパソコンと違い、目線が異なります。

 

パソコンは前を向きますが、書く作業は真下ですよね。

 

つまり、パソコンよりも姿勢が崩れやすいんです。

 

パソコン作業の時よりも、姿勢を意識してくださいね。

 

元がキンキン

 

 

女性にとって“冷え”は大敵ですよね。

 

でも、冷房を変えることは許されませんもんね。

 

だったら自家発電していきましょう!

 

筋肉を鍛えて増やすことはもちろんですが、座ったまま自家発電。

 

『貧乏ゆすり』して自家発電していきましょう!

 

足元を動かしていくことで血流もアップ!

 

ふくらはぎや足の筋肉を刺激すると結構ポカポカしますよ。

 

恥ずかしいと思うかもしれませんが、恥ずかしがることはありません。

 

『何してんの?』って聞かれたら

 

『カーフレイズしてますけど何か?』と言ってやりましょう!

 

貧乏ゆすりよりオシャレでしょうか?

 

話対応

 

これは、仕方ありませんね。

 

 

今後、姑との会話に活かしましょう!

 

レーニング

 

座る作業が多いので、ほとんど筋肉を使わない生活をしているかもしれません。

 

でもまずは、最も悩んでいる肩周りをトレーニングしていきましょう!

 

椅子に座った状態で、両手で背もたれを持ちます。

 

その状態から肩甲骨を寄せましょう。

 

しっかり寄ったらその状態を5~10秒キープ!

 

日頃丸まった姿勢の方は意外ときついかもしれませんよ。

 

肩甲骨周りからポカポカしてくのが、実感できると思います。

 

トレッチ

 

首をストレッチしていきましょう。

 

首が固まれば目にも影響がでますからね。

 

 

写真のように、横・後ろ・前と首を満遍なくのばしていきましょう。

 

とめ

・座る姿勢を気を付ける

 

・肘を置く場所を工夫する

 

・貧乏ゆすりを積極的に

 

・姑との関係良好に

 

・肩甲骨を意識したトレーンングをする

 

・首のストレッチをする

 

寒い中、デスクワークご苦労様です!

 

タグ :      

様々な職業の悩み