人間 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【人間関係】信用と信頼の違いとは何のか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

前日の記事の中で《信用を獲得して、信頼を築く》みたいな表現をしたら「信用と信頼って何が違うんですか?」とご質問を頂きました。

 

一体何が違うんでしょうね??

 

信用と信頼の違いとは?

 

僕の意味と違ったら嫌なので、一応調べてみました(笑)

 

=====
【信用】
① 確かなものと信じて受け入れること。
② それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。また、世間が与える、そのような評価。

 

【信頼】
①信じて頼りにすること。頼りになると信じること。また、その気持ち。
(※goo辞書引用)
=====

 

とありました。

ちょっと曖昧だったので、もっとシンプルに僕の解釈ですが、

 

=====
【信用】
過去の行動に対しての評価

 

【信頼】
未来の行動に対しての評価
=====

 

だと思っています。

銀行とかお金を貸してもらうのにも信用が必要であって、信頼は不必要ですよね。

 

で前回の記事でもお伝えしましたが、どんだけの年月を掛け信用を積み重ねても、失うのは本当に《一瞬》なんです。

 

だって信用してた人に裏切られたら、その瞬間に信用はなくなるでしょ?

 

僕も色々と経験し、今ではどんな人であってもすぐに人を信用しません(笑)

どこか距離を取りつつ、見ています(笑)

めんどくさい人間です・・・。

 

ってことで、信用と信頼の違いでした。少しでも参考になれば幸いです。

信用を積み重ね、信頼を築きましょう!!

そう思える人とね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

メンタル

【内臓】腰痛のためにも疲労させたらダメな臓器とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛は筋肉以外にも、臓器の疲労などによっても痛みが発生するケースがあります。

あなたの臓器は疲れていないですか?

 

腰痛と関係する臓器

 

主に腰痛に関与しやすい臓器は、

 

=====
肝臓・腸・腎臓
=====

 

です。

もしこの3つの臓器になにかしら負担が掛かっているのなら、あなたの腰痛は筋肉など以外に、臓器からの影響を受けている可能性がありますよ!

 

肝臓

 

 

肝臓は、右側に大きく位置しているので、右腰に影響が出やすいと言われています。

また横隔膜と接しているので、横隔膜の機能低下にも繋がります。

 

もっと言えば、横隔膜は首とも繋がっており、首や(右)肩にも痛みが発生しやすいです。

もし肝臓が疲労していると、右腰・右肩・首に症状があらわれます。

 

 

 

腸の後ろには、大腿神経・大腿外側皮神経が通っており、腸が疲労し硬くなってしまうと、神経を圧迫させる原因となり、下肢の痺れに繋がることも。

 

また鼠径部に近いことから、鼠径部痛の原因にもなります。

 

腎臓

 

 

腎臓は、大腰筋・腰方形筋という腰に関与している筋肉と接しています。

なので腎臓が疲労してくると、腰にダイレクトに症状が出ることもしばしば。

 

横腹(後方)を押すと痛いという方は、腎臓の疲労が溜まっているかもしれませんよ。

 

まとめ

 

 

こんな感じであなたが日頃から食べている物で、腰痛は完成されている可能性だってあります。

 

基本的に腰痛は、外部からのストレス(姿勢・筋肉など)により発生しますが、それよりも少ない確率ではありますが、内部(内臓)からの腰痛だって存在します。

 

もしマッサージに通い詰めてもなかなか症状が治らない、なんか少し違和感が残るっていう方は、内臓器を疑ってみるのもいいかもしれませんね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

腰痛

【腰痛】腰を立てることが人間にとって重要!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

運動不足・長時間の座りっぱなし・長時間のスマホなどの影響で腰が丸くなっていませんか?

もし腰が丸くなっていたらそれは、腰痛へのカウントダウンは刻一刻と迫ってきていますよ。

そして最悪寝たきりにも!?

 

腰を立てる意味

 

腰は丸くなるという動きに非常に弱い性質を持っています。

 

なので、腰が丸くなっている時間が長ければ長いほど、腰への負担は必然的に増えていきます。

 

僕の息子はつかまり立ちの練習中。

しかし腰を立てることがまだ完全ではないので、補助がなければ後方に転んでしまいます。

 

ここで息子を例に僕が何を言いたいのかと言うと、

 

=====
腰を立てることは、立つことも意味する
=====

 

ということ。

つまり腰が丸くなれば、腰痛のリスクも上がってしまいますが、その未来には【寝たきり】も待ち構えているってことです。

 

そもそも腰を立てることができるのは、人間だけなので、腰が丸いと立つことさえ難しくなってくるんです。

息子みたいにね。

 

まとめ

 

 

腰を立てることができなくなると、腰も痛いし、歩くのも嫌になり、立つことさえ嫌になり、最終的には座りっぱなしから寝たきりへと繋がります。

 

たかが腰。されど腰。腰は人間の土台なので、大事にしていきたいですね。

 

僕も腰は大切にしていきたいと思っています。

あなたが見て見ぬふりをしている間に刻一刻と腰は弱っていっていますよ。

 

腰が痛いから整体?マッサージ?それ以前にやるべきことはないですか?

もう一度立ち止まり、あなたの腰に何が必要なのか考えてみましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

腰痛

【神経】痛みと感情の仕組みを科学的に考察してみた

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

痛みと感情は必ずリンクしています。

例えば、腰に慢性的な痛みがあれば不快(嫌な気持ち)になりますよね。

誰も快楽(良い気持ち)の方はいないと思います。

痛みが続けば、イライラしてきますもんね。

 

逆に不快な気持ちになれば、痛みに敏感になったりしますよね。

(学校・会社に行きたいくないなと思えば体調が悪くなったりとか(笑))

 

実はこの仕組みは、単なる「病は気から」で済むことはなく、ちゃんと科学的に解明されているんです。

 

痛みと感情

 

この仕組みは「神経」「脳」に関係しています。

痛み神経というのは大きく分けて2種類存在します。

それが、『Aδ線維・C線維』です。

 

=====
Aδ線維→痛みを脳に素早く伝える役目
C線維→痛みを脳に伝え(Aδ繊維よりも遅い)、不快な感情も脳に伝える
=====

 

という役目として働いています。

勘の良い方ならお気付きかもしれませんが、つまり何が言いたいかと言うと、

 

=====
痛みを感知する線維は感情と同時に働いてしまう
=====

 

というわけです。

C繊維は脳の海馬などにも働くため、慢性的な痛みは脳の記憶として生きていくことにもなりかねないということにも繋がります。

いわゆるトラウマ的なことですね。

 

痛みとは?

 

 

なぜ不快な気持ちを痛みとリンクさせているかと言えば、生きるためです。

痛みが快楽であれば、人は死を積極的に選ぶかもしれません。

 

咄嗟に「痛い!!」と感じればすぐに身を引くと思います。

これは本能的に“生き伸びる”ことを選んでいるわけです。

 

身近な痛みで言えば、腰などが痛ければ『痛い+不快』が発生するわけで、本能的に痛みを除去したいと体は反応しているってわけです。

これが人間など高等動物のみが機能しているシステムになります。

 

まとめ

 

 

ちょっと難しい単語が出てきましたが、

 

=====
痛みを感じる線維には、大きく分けて2種類あり、1種類(C線維)が海馬など感情を司る脳を繋がっているので、感情にも影響を受けてしまう
=====

 

ということになります。

まぁ要は、長く生き延びるために出来た構造とでも言いましょうか。

 

豆知識になりますが、人間の脳は新皮質で囲まれているので、痛みをピンポイントでわかりますが、魚などは新皮質がなく、古皮質・旧皮質しかないのでピンポイントでどこが痛いかはわかりません。

 

人間様はうまくできとりますな~。

というわけで、痛みが続けばストレスが溜まり、不快な気持ちがずっと続くので、心身共に疲労してしまいます。

なので、痛みはなるべく早く解決しましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

ケア

【腰痛】進化から見る人間にとって最も重要な機能とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛に限らず、膝痛や肩の痛みなど、全身の痛みに共通することですが、人間にとって重要な機能が衰えるから痛みが発生している可能性がよくあります。

 

なのでその機能が衰えないようにすることが、年齢を重ねるごとに必須だと僕は思います。

あなたはそこの機能働いていますか?

 

重要な機能とは?

 

結論から言ってしまえば、重要な機能とは『背骨の動き』です。

この背骨がちゃんと動くのか?歪んでいないのか?はかな~り重要になってきます。

 

これは人間の進化の過程から見ても言えることです。

人間と言うのは、魚類→爬虫類→哺乳類という流れで進化してきましたよね。

その過程の中で、共通しているのが背骨です。

 

進化の過程で形は変われど、どの段階でも背骨は必ず存在し、背骨が生きる上で、生活する上でいかに重要かが見えてきます。

 

手も足も首も背骨を起点にして生えているので、今でも動く時の初動は背骨なんです。

 

つまり背骨の機能が衰えてしまうと、人間の柱がダメになっていることになるので、手も足も首も動かしにくくなり、腰などへの負担が必然的に増えていきます。

 

家も基本となる柱がダメになれば崩れますし、人間も同じなんですよね。

 

機能を呼び起こす

 

 

ではどうやって背骨の機能が落ちないようにすればいいのでしょうか?

その答えは簡単です。

 

=====
背骨を動かし、固めない
=====

 

かなりシンプル(笑)

例えば、座りっぱなしで運動しなければ背骨は固まりやすそうですよね。

これだと背骨の機能は衰えていくでしょう。

 

まとめ

 

 

腰が痛ければ、腰。膝が痛ければ、膝。肩が痛ければ、肩。

 

が全ての原因というわけでは無く、その根源には『背骨の機能』が隠れています。

そもそも背骨の機能が衰えていれば、その痛みを繰り返してしまうかもしれません。

 

人間の柱でもある背骨。

ここを日頃から動かす意識も持つと体は変わっていくかもしれませんよ~。

背骨の機能を呼ぼ起こそう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【腰痛】なぜ人間の腰は弱くなってしまったのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰の痛みを経験されたことがある方は、多いのではないでしょうか?

というよりも、ほとんどの方が腰の痛みを少しは経験したことがあると思います。

ではなぜ腰の痛みを訴える方が非常に多いのでしょうか?

 

なぜ腰が弱いのか?

 

これは人間の進化を見ていけばわかってきますので、人類の進化の過程を一緒に見ていきましょう。

 

人間には首~腰まで背骨があり、その中でも胸の骨(胸椎)は肋骨もあり、胸周りは骨でしっかりと守られています。

 

 

ですが、首や腰には何もなく骨に守られていませんよね。

まずこの時点で首や腰が不安定な環境にあるということがわかると思います。

 

 

しかし人間はこの不安定の代わりに、可動域というものを手に入れました。

だから首も腰も自由に動けますよね。

 

仮に首や腰にコルセットなどでガチガチに固定すれば(胸のように)、起き上がることも歩くことも困難になるでしょう。

 

このことからわかるように、人間は寝て立って歩く(主に二足歩行の)ために、首と腰には肋骨を作らず、不安定よりも可動域を選んだのです。

 

そして首よりも腰は全体重を支えるわけですから、負担は増えていく羽目になります。

 

ちなみに首は頭を支えるために発展し、二足歩行でも頭を支えられるようになっています。

そしてそのおかげで脳はより重く進化でき、人間は他の動物よりも知恵をつけ生き残ったと言われているんですね。

 

そしてさらにさらに、可動域を手に入れた分動きが他の動物以上になってしまったので、背骨の形もそれに対応しないといけないくなってしまいました。

それが背骨の湾曲です。

 

 

これは人間のみに見られる湾曲で他の動物にはありません。

下記イラストを見て頂ければわかると思いますが、その動物にもS字湾曲は存在していないですよね。

魚なんかほぼ一直線です。

 

 

ちなみに湾曲が存在している箇所は、その部位が自由に動けますよというサインです。

例えばウシやライオンは首に湾曲があるので、首は比較的自由に動きます。

ですが魚には首に湾曲が存在していなので、首を捻ろうと思えば体全体で振り返らないといけなくなるってことです。

 

つまり人間は進化の過程で、

 

=====

可動域の代償として不安定を手に入れ、腰には肋骨を作らず、背骨に湾曲を作り、腰に負担の掛かりやすい構造となってしまった

=====

 

ってことです。

 

腰と現代

 

 

しかし可動域の代償として不安定を手に入れたのにも関わらず、現代はデスクワークが基本となり、腰の可動域は不要となってきました。

 

可動域が不要になってきたということは、残った要素は不安定のみ・・・。

 

僕が言いたいことがわかりますよね?そうです。

腰は昔の方々よりも負担が増えやすい体になりかけているってことです。

 

まとめ

 

 

もう一度最後に言うと、人間は進化の過程で、

 

=====

可動域の代償として不安定を手に入れ、腰には肋骨を作らず、背骨に湾曲を作り、腰に負担の掛かりやすい構造となってしまった。そして現代の生活習慣で、可動域は不必要になりつつあり、不安定要素のみが残ってしまいつつある。

=====

 

ってことでしたね。

これが人間の進化から見た腰痛が多い理由です。

 

もしかしたらこれからまだ人間の骨格も進化し、時代に合った骨格になっていくのかもしれませんね。

 

ですが僕たちが生きている時代では、絶対に変わらないのでそれなりに対策するしかありません(笑)

腰の痛みは我慢せずに、ひどくなる前に治療しておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【手術】人間の回復力を諦めるな!!

 


 

先日妻が手術を受けました。

お腹を切る手術をしたんですが、翌日には歩き、3日目には抜糸をしています。

今でこそ当たり前ですが、改めて人間の回復力には驚きます。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

そもそもお腹をメスで切って内臓をいじっているんで、そこから3日で皮膚がある程度塞がるってのも凄いですよね。

こうやって人間はどんなに傷ついても治っていくんです。

これが人間の底時からなんですよ。

 

さらにこの能力は人間であれば誰しも必ず持っているものです。

あの人にはあって、あの人にはないとかない。全員にあります!!

 

今回は妻の手術例で挙げましたが、腰痛や膝痛など体の痛みだってそうです。

人間本来の力があれば治癒できるんですよ。諦めなければね。

 

頑張って治療に目を向け進んでいけば、今よりか確実に症状は緩和していくはずです。

 

そして痛みを最も感じるのは人間です。

そしてその痛みが緩和していく過程を最も感じるのも人間です。

 

なので痛いのは嫌だし、痛みが減れば嬉しいものです。

 

人間の底力を見くびるな!

あなたの体はあなたの期待に応えてくれますよ。

その痛み1日も早くなんとかしましょう!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :    

ケア

【辛い】たったの1歩を踏み出すのが辛く厳しい!

 


 

「1歩を踏み出すまでが一苦労なんです」なんて言葉をどれだけ聞いてきたか。

踏み出してしまえば進めてしまうんだけど、その1歩がしんどいんですよね。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

過去にジムで勤務していた時、「ジムで一番辛いのは、準備して玄関を開けるまで」って言われたことがありました。

当時は、その気持ちわかるわーって思いながら聞いていました。

僕もそういう経験ありますもん(笑)

 

 

ジムに来てしまえば、いつも通り運動して最後には「運動できてよかった」って気持ちになる。

なんで、来てしまえばなんともない。

来てしまえばね。

 

 

ジムに限らず全てに当てはめることができるんじゃないかな?と僕は思います。

何においても最初の1歩が辛いですし、緊張しますし、一番労力を使いますよね。

 

 

でもジムの例と同じように「1歩踏み出してしまえば」なんてことないんです。

人間は変化に一番エネルギーを使う動物であって、変化に弱い動物でもあります。

だから1歩目がしんどいんです。

 

 

新年度になりましたし、あなたも1歩踏み出してみませんか?

何でもいいんです。やってみたかったこと、気になっていたことに踏み込んでみましょう!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :        

メンタル

【スタンディングデスク】人間には立つ生活が重要でもっとも簡単なトレーニング

 


 

スタンディングデスクって知っていますか?

名前の通り、立って作業する机のことです。

 

 

では、このデスクは人間にとって非常に重要過ぎるデスクなのは知っていましたか?

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

お客さんと『スタンディングデスク』の話題になったので、今朝からスタンディングデスクでこのブログを書いています。

 

 

お恥ずかしながら、僕のスタンディングデスクです。

急遽今朝「やってみよう」ってことで近くに合った段ボールを活用しています(笑)

先日買った空気清浄機がここでも役に立ちました。

 

 

今1時間近く立って作業していますが、ふくらはぎが疲れ始めました(笑)

これではダメですね。

日頃じっと立っていることがないので、普段使わない筋肉が働いてくれている気がします。

 

 

人間というは、二本足で立って生活する地球上では珍しい生き物です。

ですが近年、この立つ時間が極端に減ってきました。

つまり、人間としての機能が弱体化していきたということです。

 

 

これは将来非常にまずい展開になりそうです。

こうやってパソコンを打っている間も筋トレが必要なような時代。

最少は疲れるかもしれませんが「立つ」ことを当たり前にしていこうと思います。

 

 

あなたもスタンディングデスクで立って作業するのはいかがですか?

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

トレーニング

【noteのスキ】人間は承認欲求の塊である

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

人間は基本的に承認欲求の塊なんですよね。

 

 

承認欲求とは、Wikipediaによると、

「他者から認められたい、自分を価値ある存在として認めたい」という欲求であり、「尊敬・自尊の欲求」とも呼ばれる。

ってことみたいです。

 

 

ほぼ当てはまると思います。

「いや、私はそんなことないわよ」って言われてますが、承認欲求がない人間なんていません。

 

 

で、この承認欲求が体の反応としてでてくる人もいるんです。

例えば、「周りの気を引きたい」という欲求が腰の痛みとしてあらわれることもあります。

腰の痛みがあれば、「大丈夫?」「これしてあげるよ」みたいな感じで気を引けますからね。

 

 

「藤野さん、それは言い過ぎ。そんな馬鹿な話しあるわけないじゃん」

ごめんなさい。それがあるんです。

 

 

それだけ承認欲求は人間にとって強いってことなんです。

 

 

別に体にあらわれなくても何かしらの反応がでるかもしれません。

暴走族なんかも悪さをして、みんなの気を引きたいだけですから。色んな形があるわけです。

 

 

かく言う僕なんかも承認欲求の塊ですから。

今年から始めたnoteにスキを押してくれたら嬉しい(笑)

 

 

こんな感じで100回スキされたら通知がきました。

嬉しいですもんね。

これで喜ぶってことは、承認欲求が満たされたから(笑)

 

 

うん。僕も承認欲求の塊です。

どんな形であれ、人間そんなものです。

 

 

ただそれが悪い形ででるといけませんね。

もし腰の痛みが承認欲求のせいであれば、何かしら対策を!!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :       

メンタル