広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【O脚改善】O脚改善ストレッチ&トレーニングでO脚腰痛をスッキリ解消

 


 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

O脚の原因は、股関節内ももです。

ここを改善しなければ、O脚は中々治りません。

 

 

(本当は足首もありますが、それはまた今度・・)

 

 

そして、O脚であるが故に、

腰痛・膝痛・足が太いと言った悩みも出てきます。

 

 

今回のブログでは、O脚改善の方法(ストレッチ&筋トレ)をお伝えしますね。

 

 

  • O脚の原因とは?
  • O脚改善ストレッチ&トレーニング
  • まとめ

 

 

という流れでいきますね。

O脚が少しでも気になるのであれば、是非最後までお読みくださいね。

 

 

O脚の原因とは?

 

 

O脚にはO脚になる原因があります。

 

 

  • 股関節→股関節が内に巻き過ぎてO脚になる
  • 内もも→筋肉が弱すぎてO脚になる

 

 

というパターンが存在します。

股関節なんか、「外に巻くんじゃないの?」と思われると思いますが、逆なんです。

 

 

内に巻き過ぎた結果、O脚になります。

外に巻くというパターンもありますが、多くの方が内に巻き過ぎパターンです。

 

 

 

 

女性の場合、内股にすることが多いですが、これもO脚の原因のひとつとも言えますね。

こうなると、内ももの筋肉は使われなくなり、内ももダルダルになるわけです。

 

 

なので、股関節を外に捻り、内ももを使えるようにする。

これがO脚改善への一歩と言えます。

 

 

O脚改善ストレッチ&トレーニング

 

 

ということで、ストレッチ&トレーニングをご紹介します。

動画を見ながら参考にしてください。

 

 

 

 

O脚ストレッチ&トレーニングのポイント

 

 

【股関節のストレッチ編】

  • できる範囲で大きく股関節を広げます。
  • 余裕があれば上半身も反らしましょう。(※腰を強く反るのはNG!あくまで上半身)

 

 

【内もものトレーニング編】

  • 片足を後ろに引き、足全体を上に捻りましょう。
  • 腰に痛みがでない範囲をスタートポジションにしましょう。
  • 足首の力は抜きましょう。

 

 

どのストレッチ&トレーニングもそうですが、必ず効かせたい場所(部位)に効いているのか感じてください。

でないと効果は半減します。

 

 

まとめ

 

 

O脚は、股関節が内に捻じれ、内ももが弱くなっている。

だから、股関節を外に捻じり、内ももを強くする必要がある。

 

 

このポイントだけでも覚えておくと、日々の取り組み方も変わってきますよね。

腰痛・膝痛・足の太さを変えるには、O脚を変えましょう!

 

 

日々の積み重ねで体は変わっていきます。

頑張っていきましょうね!!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :         

腰痛

【腰痛】内ももを筋トレすると腰痛が消えて、骨盤も安定する!?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

内ももと腰痛

 

内ももは大切です。

 

 

なんで大切なのか?が気になりますよね。

 

 

美容で言えば、「内ももスッキリで美脚に!」とかありますが、それとはもちろん違います。

 

 

それは見た目ですね(^^;

 

 

今回は、腰痛ですからね。

 

 

内ももの筋肉は骨盤に付いているんです。

 

 

実は、ここの筋肉は「骨盤を安定させる」効果があります。

 

 

鍛えて、腰痛撃退+骨盤安定に繋げましょう(^^)

 

 

(YouTubeのいいね・チャンネル登録が励みになります)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

 

公式LINE@

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

タグ :       

腰痛

猫背を正すのには、横腹の筋肉が使えていないとダメだった? 182

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

片足でヒップアップ

 

おすすめの方

 

①猫背

 

②内ももが気になる

 

➂横腹が気になる

 

POINT

 

①両手は常に天井へ伸ばしたまま

 

②持ち上げた際に肩から踵まで一直線

 

➂上げた足が落ちないように

 

④伸ばした腕も左右にぶれないように

 

お腹の筋肉から猫背解消!

猫背と聞いたら

背中の筋肉を思い出すと思います

 

しかし

お腹の筋肉も重要です

 

肩甲骨付近にある筋肉と

横腹の筋肉は繋がっています

 

手を繋いでいる状態です

 

そのため

お腹の筋肉の機能も

大切になってきます

 

お腹にくびれができれば

大丈夫ということでなく

 

先程言ったように

肩甲骨の筋肉と横腹の筋肉の

タッグ(連携)が必要になります

 

お腹の筋肉ばかり鍛えるのでなく

タッグがないと

猫背解消には遠回りかもしれません

 

このトレーニングは

そのタッグ力を高めるものです

 

上げた際に腹部が落ちてしまう方は

タッグがうまくいっていないかもしれません

 

内ももも!?

先程言ったように

タッグ力が必要になってきます

 

さらに

内ももの筋肉も

必要になってきます

 

これは

タッグ力ではないのですが

腰の安定には欠かせません

 

上げた際に

上げた足が落ちてしまう場合

内ももがうまく使えていない可能性もあります

 

落ちるということは

内ももの筋肉で支えれていないということです

 

このトレーニングで重要なのは

落ちないということですね

 

1人でやるよりは

誰かに見てもらい

落ちているかどうか

チェックしてもらうとより効果的です

 

落ちながらやっていても

効果は半減してしまいます

 

しっかりとした

フォームで頑張りましょう!

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :               

トレーニング動画