動作 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【腰痛】基本的にかがみ方が間違っている!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

『前に屈んだ時に腰が痛い!』という方は、基本的にかがみ方が間違っています。

 

日常的に間違ったかがみ方をしているから、腰に負担が掛かり、腰が痛くなるんです。

 

もしかして、あなたも間違ったかがみ方してないですか?

 

かがみ方で変わる腰痛

 

じゃあ一体、どういうかがみ方ならいいのか?答えはシンプルです。

 

=====
鼠径部(股関節)から曲がっているかどうか?
=====

 

です。

腰が痛い方とそうでない方の差は、大きくここにあります。

 

=====
腰痛→腰から曲がっている
非腰痛→鼠径部(股関節)から曲がっている
=====

 

この図を見てみてください。

 

 

一番左(A)が正常な前屈。

そして腰痛の方が一番やっているかがみ方は、真ん中(B)です。

 

そして真ん中(B)の下記説明には、『過度な腰椎屈曲を伴う』と書かれていますが、これがめちゃくちゃ重要です。

 

腰椎の過度な屈曲は、ヘルニアを引き起こす原因となり、椎間板に極度のストレスを与えることになるんです!!

 

つまり、前にかがめばかがむ程、腰は過度なストレスを感じているということになり、結果として痛みを伴っていると言えます。

 

まとめ

 

 

もし前にかがんだ時に腰が痛いのなら、今一度、かがみ方を見直してみましょう。

 

もしかしたら、何気ないその動作が腰痛の原因かもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【動作】痛みよりも先に日常の動きを変えよう!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰が痛い!膝が痛い!肩が痛い!など色々な症状があると思います。

 

そんな中僕がここ最近感じることは、『日常の動作を変えることが重要』と考えています。

動きを変えよう!

 

例えば、膝が痛い。この場合多くが、歩き方が悪くなっており、それに加え、日常生活の動作も悪くなっているというパターンが多いんです。

 

「日常生活の動きって何!?」と思われたと思いますが、立ったり座ったりと日常的にしていることをさします。

この動きが非常に悪くなるんですよね。

 

つまり流れとしては、『膝が痛い→歩き方が悪い→日常生活の動き悪い』になります。

なので、膝の痛みを改善しても歩き方が悪く、さらに日常生活の動きが悪ければ、痛みは再度繰り返すことになります。

 

そこの大切さに気付き、僕は最近『動き』が最も重要なんじゃないのかなと思うようになってきたわけです。

 

だって痛みがその場で改善できてもまた繰り返しては意味がないですもん。

 

そういう背景もあり、これからは絶対に、痛み改善と“同時に”動作改善も必要不可欠ですよ!!

 

まとめ

 

 

痛みを追う前に、「日頃自分はどんな動き(動作)をしていることが多いのか?」を考察していくことで、痛みは自然と減っていきますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

ケア 日常

病は気からは本当?腰痛も気から?慢性的な痛みを抱える方に多い【痛み探し癖】とは? 258

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

病は気から?

 

なんて言葉をよく聞きますよね。

 

本当にそうなんでしょうか?

 

実験

 

とある実験が行われました。

 

それは、健康な人に周りの人たちが

 

『顔色悪いね。何か病気かい?』

 

と会う度に言っていくという実験です。

 

結果はどうなったと思いますか?

 

本当に寝込んでしまったそうです。

 

『何かわからないけど、私は病気です』

 

と本人も言い始めたそうです。

 

本当に病は気からという言葉が

立証された実験でしたね。

 

腰痛も?

 

病気だけではなく

カラダの痛みに対しても同じことが言えると思います。

 

 

『あなた腰が痛そうね』

 

なんて周りから言い続けられたら

もしかしたらそうなるかもしれません。

 

または

 

『腰が痛いのよ』

 

と周りに相談していると

 

『みんな腰が痛くて同じよ』

 

なんて言われも

そうか痛いのが当たり前なんだー

となると思います。

 

結局、腰が痛いというのが

付きまとったままです。

 

こういう方って結構いますよね。

 

痛みを探さない

 

 

病は気からということに関して言うと

 

こういうのが原因で痛みや病気に

なりやすい方の特徴として

 

痛みを探す

 

癖がついている方が圧倒的に多いと感じています。

 

痛みを探すとは何ですか?

と思われていると思いますが

単純なことです

 

常に何か痛みの原因を探して

痛みを正当化しようとしているのです。

 

先程から言っている

 

病は気から

 

という言葉で言うと

気持ちから痛みを探している方もいますし

 

動作から探す

 

という方もいます。

 

つまり、

内から外から得られる情報すべてを使って

痛み探しを常にしています。

 

慢性化していくと

この痛み探しは無意識になっています。

 

それが怖い所です。

 

本人が気付いていません。

 

探している本人が気付いていないのです。

 

しかも悲しいことに

周りも気付いてあげれません。

 

痛いんだなと思うだけで

終わってしまいます。

 

痛みを探しているよ!

と声を掛ける方はまずいないと思います。

 

癖はすぐに治らない

 

癖ってすぐに治りますか?

 

僕も癖はありますが

無意識の中での行動なので

なかなか治りません。

 

痛み探しが癖になっている方にも

同じことが言えます。

 

なかなか癖って治らないです。

 

しかも一人で治すのって

かなり大変だと僕は思っています。

 

そもそも本人も周りも気付いていないのに

治しようがありませんしね。

 

 

実際に僕が指導しても

時間の掛かる方もいれば

そうでない方もいます。

 

時間が掛かるというのは

痛みを繰り返さないということです。

 

その場で痛みが減るのは簡単です。

 

ですが僕は

その痛みを繰り返さないよう

痛みが元に戻らないよう指導しています。

 

痛み探しをしている方は

痛みが減ってもその癖は取れていないので

 

また再発する可能性は大きいです。

 

この癖を取るのに1番いいのは

カラダを動かすこととリンクさせることです。

 

頭でいくら考えても無理です。

 

カラダも一緒に動かすんです。

 

そうすることで

痛み探しの癖も徐々に

減っていくと僕は思います。

 

慢性的に痛みを繰り返している方は

痛み探しを早くやめましょう!

 

そしてカラダも同時に動かしてましょう!

 

怖ければ専門家と一緒に是非!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :             

ケア メンタル