広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

自宅でもできる簡単な腰痛トレーニング③(体操・足の指) 253

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛トレーニング③

※最後にトレーニングが動画あります※

 

自宅でできる

 

簡単な腰痛トレーニング

 

をご紹介していきます。

 

今回は、

 

足の指

 

です。

 

 

足の指は本来であれば

 

グーパーのように

自由に動かすことができます。

 

ですが、

外反母趾などによる歪みや

筋力低下などが原因で

 

グーを作ることさえも

出来ない方が多いです。

 

足の指が動きにくいことで

腰への負担が増していきます。

 

なぜなら

足の指はカラダに掛かる負担を

吸収するクッションのような

働きもあるからです。

 

また、

指の力は歩くなどのカラダを動かす

サポートもおこなってくれます。

 

動かしにくいということは

クッション性も落ちて

サポートも減っていく

ということになります。

 

生涯歩き続けるカラダを

しっかり作っていきましょう!

 

注意するポイント

 

①指が入らない場合は入るとこから

 

すべて入らない方もいると思います。

3本からでもおこなっていきましょう。

すべての指の間を順番に。

 

②大きく動かす

 

痛みのない範囲で

大きく動かしていきましょう。

 

③指の間を伸ばす

 

※動画内では足の甲から指を入れていますが

裏からでも大丈夫です。

 

腰痛トレーニング動画

 

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :           

トレーニング動画 腰痛

足裏って普段意識しませんが、意外と大事なんですよ。 109

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

足裏からみる

 

あなたは、足の裏が床にしっかりついていますか?

 

踵だけ床についていて、指が浮いていたりしていませんか?

 

もしくは、指の方ばかりが床についていませんか?

 

今回は、お客様から『足裏について書いて』と

 

リクエストがありましたので、書いていきたいと思います。

 

以前にも何度か足裏についてブログで書いたと思います。

 

足裏は、身体の土台です。

 

それに足裏は唯一、地面と接地している部分でもあります。

 

なので毎日、使わない日はないと思います。

 

 

立てば使い、歩けば使い、もしくは座っても使っています。

 

そんな頻繁に使う足裏。

 

あなたの身体に影響を及ぼすと思いませんか?

 

例えば、最初に言ったように床への接地面が踵、もしくは指に偏っているとします。

 

そうすれば、足首よりも上の筋肉たちがバランスを取ろうと働きます。

 

『踵にしか床についていないから指の方も床につけろーー』

 

みたいなイメージですかね。

 

この無意識の筋肉たちの働きがあなたの身体にあらわれてきます。

 

 

よくあるのは、足が太くなること。

 

足裏をうまく使えておらず、その他の筋肉がカバーし合います。

 

その際に使われる筋肉は大きな筋肉です。

 

大きな筋肉を普段の生活でいつも使ってしまっているので当然ですよね。

 

そんな方は、毎日がトレーニングです。

 

下半身だけ太いよね。と心当たりある方は足裏の接地面どうですか?

 

冷え

 

さらにこのような方は、足裏をうまく使えていないので冷えにも繋がってくるかもしれません。

 

 

大きな筋肉は使われているのに

 

その中にある小さな筋肉たちは使われにくいので、固まってしまいます。

 

そうすることで、毛細血管のような細い血管の流れを悪くしてしまうのです。

 

外反母趾

 

 

偏った筋肉を毎日使用しているために

 

女性の方に多い外反母趾にもなりやすくなります。

 

外反母趾になる方は、小さい筋肉がうまく機能せず、大きな筋肉のみ過剰に機能してしまい

 

親指の付け根辺りを変形させてしまいます。

 

タコができやすい

 

また重心が偏ってしまうので、タコなどができやすくなります。

 

足裏全体に体重が乗るところを

 

指の方だけしか乗っていないとすれば想像できると思います。

 

足裏の皮が一部だけ固くなっている方は、偏った重心になっているのかもしれません。

 

 

足裏は意外と大事

腰が痛い、膝が痛いなど改善しようと

 

腰のトレーニングや膝のトレーニングばかりしていませんか?

 

なかなか改善しにくい方は、足裏の接地面の偏りのせいで

 

毎日あなた自ら悪化させていたのかもしれません。

 

今回で、足裏も意外と大事ということが少しでもわかったあなた。

 

少し足裏にも注目されてみてはいかがでしょうか?

 

タグ :             

トレーニング

偏平足や外反母趾でお悩みの方足底のアーチはありますか?後脛骨筋を鍛えてアーチを手に入れよう 016

 


広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

足底アーチ

みなさんは、足底のアーチがしっかり作られていますか?

女性の方は、『偏平足』『外反母趾』に悩んでいる方も多いかと思います。

200-3

写真にも載っているように

①内側縦アーチ

②外側縦アーチ

③横アーチ

の3つのアーチが重なって足底のアーチを作っていきます。

足底部は、建物でいうと土台となります。

なので、人間の土台部分も安定していなければその上の箇所に何かしらの支障がでてくることもあるでしょう。

みなさんは大丈夫ですか?

 

後脛骨筋

今回は、アーチに関与する後脛骨筋に注目してみたいと思います。

0800_s

ふくらはぎにある筋肉です。膝下辺りから親指の根元の方までついています。

この筋肉、後脛骨筋は先程説明したアーチの内、①の内側縦アーチに最も関与してきます。

画像の筋肉の配列を見てもらえればわかりやすいと思います。

さらにいうと、後脛骨筋が付着している親指付け根、楔状骨は②の横アーチに関与しています。

つまり、ひとつのアーチを正していけばそのほかのアーチも修正しやすいということです。

女性の方に多い、『偏平足』『外反母趾』はここの筋肉の弱化などが原因のひとつになっているかもですね。

では、この筋肉を使っていきましょう!

 

後脛骨筋を鍛える!

まず足伸ばして座ります。

そこから足を伸ばしたままクロスします。(難しければ足首にクッションなど置いて少し浮かしてから行ってください)

その状態から上にある足の小指に注目します。

小指から内側にねじっていきます。その際に小指を遠くに伸ばすようにすれば尚効果的です。

ポイントは、足首だけの動きに注目することです。

変に太ももなどに力を入れない事です。(膝を伸ばしすぎると太ももに力が入りやすくなるので、そういう方は膝を軽く曲げて行ってください)

sketch-1478601493383

これは初級編です。慣れてきたら負荷を上げ筋肉を進化させていきましょう。

後脛骨筋を鍛えて足底アーチを手に入れよう!!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :             

ケア トレーニング 下肢