広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【腰痛マッサージ】医者も間違えている!間違った腰痛トレーニングと正しい腰痛セルフケアのやり方

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

よく病院に行くと「太ももを鍛えなさい」とか言われませんか?

もしくは「スクワットしなさい」とかね。

 

 

でもこれって逆効果の場合が多々あります。

 

 

もしかして、太ももばっかり鍛えていませんか?

そのせいで、腰痛・膝痛が悪化していませんか?

もしくは、体を痛めませんでしたか?

 

 

というわけで今回は、腰痛・膝痛に効果的な正しい太もものケア方法についてお伝えしようと思います。

 

 

  • なんで太もも鍛えたらダメなの?
  • 太ももはどうすればいいの?
  • まとめ

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし「太もも鍛えなさい!」と言われたのなら、ぜひこのブログに目を通してくださいね!

 

 

なんで太もも鍛えたらダメなの?

 

 

太ももは鍛えなくても、日々の生活でかなり鍛えているからです。

 

 

「どういうこと??」

と疑問を感じましたよね。

 

 

例えばですが、猫背の姿勢。

この姿勢になればわかると思いますが、歩くだけで太ももパンパンに疲れると思います。

 

 

 

 

その理由として姿勢の構造上、太ももの筋肉で支えないと体が倒れてしまうからです。

だから、太ももはあえて鍛えなくても、歩くだけで勝手に鍛えまくっているってこと。

 

 

その上、太ももばかり強くなり過ぎると、骨盤・膝を引っ張り合い、腰や膝を痛めやすくします。

なのに、病院では「太ももを鍛えなさい」と言う。

 

 

これではかえって、腰や膝を痛める結果に繋がりかねませんよね。

(※人によっては、本当に太ももの筋肉が低下している方もいます)

 

 

これらの理由から僕は、「太ももを鍛えちゃいけんのんよ」と言っています。

 

 

太ももはどうすればいいの?

 

 

その逆です。

太ももは柔らかくするべきなんです。

 

 

僕の経験上、腰痛・膝痛の方は太ももがガチガチに硬くなっています。

ここを柔らかくするだけで、痛みが緩和するって方も多く見ているんです。

 

 

なので、単純な回答になってしまいますが、太ももに柔らかさを出すことで痛みは改善していきます。

 

 

太もものセルフケア(マッサージ)のやり方は、こちらの動画をご参照ください。

すべて説明しています。

↓↓(画像をクリック)

 

 

  • 足は力を抜く
  • 膝上~足の付け根までを揉む
  • しっかりと掴み持ち上げる
  • 硬い部分は入念におこなう

 

 

たったこれだけでしたね。

日々のケアが大切ですよ。

 

 

まとめ

 

 

太ももは鍛えるな!

 

太ももは柔らかく!

 

 

これが大切だとお伝えしましたね。

絶対に硬いと思いますよ。

 

 

日々のケアに取り入れてみてください!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :         

腰痛

太ももばかり鍛えると腰痛になりやすい理由

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

太ももを鍛え過ぎない

やたらと「太もも」を鍛える方って多いですよね。

 

太ももと言っても、後ろではなくて“前側”です。

 

正式名称は、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)と言います。

 

太ももの前の筋肉ってことですが、覚えなくても大丈夫です(^^)

 

よくお医者さんとかに膝とか腰のために「足腰鍛えてくださいね」と言われると思うんですよね。

 

 

だから太ももを鍛えてるんだと僕は思うんです。

 

確かに太ももの筋肉も大切ですし、衰えやすいこともあります。

 

でもそこばかり鍛えたら「痛み」にとっては逆効果の場合もあるんですよ。

 

 

この写真は太もも前の筋肉を鍛える運動ですが、このような運動をしましょう!とか言われたことないです?

 

これは選択的に太もも前“だけ”を鍛える運動なんです。

 

別にこの運動が悪いわけじゃないんですが、いいわけでもないんです。

 

そこ説明していきますね。

 

太ももの筋肉→腰痛?

 

さっきも説明したように、太ももの筋肉は衰えやすいので鍛えた方がいいのはいいんですよ。

 

でも実は、太ももの前の筋肉って日常生活内で結構使うんですよね。

 

 

※写真は例ですが、こんなにご主人が動いてくれたらいいですね(^^;笑

 

「今日は結構動いたわー」って時って、足で言えば太もも前が疲れませんか?

 

もしくは、ふくらはぎかな?

 

「太ももの裏の筋肉使ったわー」って中々ならないと思うんですよね。

 

なります?

 

そう使ってないのは、太ももの裏の筋肉の方です。

 

細かく言えば、内もももあまり使ってないんですが・・・

 

だから実は、太もも前よりも太もも裏を鍛えた方が効率的ではあるんです。

 

「使うことはわかったけど腰痛になる理由は?」とツッコまれそうです。笑

 

理由、そろそろ説明しますね。

 

 

①骨盤を引っ張る

 

 

太もも前の筋肉は、骨盤から膝までついてます。

 

この筋肉が過剰に働けば骨盤を強く引っ張ることになり、骨盤の動きが著しく悪くなります。

 

結果、腰に負担を掛けてしまうんです。

 

 

②4つの機能がなくなる

 

 

太ももの筋肉は、大腿四頭筋と言います。

 

読んだらわかると思いますが、4つの筋肉で成り立っています。

 

それをまとめて、大腿四頭筋と言います。

 

この4つの筋肉は個々で微妙に違う働きをするんです。

 

日常生活内や写真のようなトレーニングでは、この4つすべては使えないんです。

 

 

よく使うのは、4つの内2つとかですかね。

 

説明するとちょっと難しいんですが、このアンバランスが筋肉の働きに影響を与えるんです。

 

筋肉の力の差・筋肉の伸び縮みの差などに繋がるんですね。

 

この差が腰に負担を掛けるし、膝にも負担を掛けてしまうんです。

 

 

③腰が伸びなくなる

 

 

過剰に使えば、腰が伸びにくくなります。

 

膝を曲げ、腰を曲げてみてください。

 

太ももの前の筋肉ばかりに力入りませんか?

 

膝が曲がり猫背の姿勢です。

 

 

腰、伸びてないですよね?

 

このように過剰に使っていくと、自然とこの姿勢に誘導されます。

 

そうなれば腰は伸びにくくなり、一定の姿勢で固定されます。

 

この姿勢、腰疲れますよね?

 

以上3つがおおまかな理由ですかね。

 

太ももの前ばかりじゃなくて裏も鍛えてね(^^)

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :      

ケア

太ももの前と後ろの筋肉を伸ばして腰痛予防(ストレッチ編)

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

太ももの筋肉を伸ばす!

太ももの前と後ろには骨盤に繋がる大きな筋肉があるんです。

 

ここが固いと骨盤を強烈に前に後ろに引っ張ります。

 

すると、腰への負担が倍増するんです。

 

 

極端に言えば、

 

太もも前(大腿四頭筋)が固くなれば、反り腰に。

 

太もも裏(ハムストリングス)が固くなれば、丸い腰に。

 

になりやくなります。

 

多くの腰痛の方は、このどちらかの筋肉が固くなっているのが目立ちます。

 

例えば、前屈。

 

 

この前屈、指が床まで届きますか?

 

これは太ももの裏の筋肉が固いことが原因で前に屈めないんですね。

 

太もも裏だけじゃないんですが、そこは今回は置いておきます(^^;

 

前屈、あなたはできますか?

 

筋肉はカチカチに固まっているよりも、多少は柔らかい方が腰のためにいいです。

 

少しは柔らかくしておきましょうね。

 

仮に、筋肉が固いままでは日常生活内での負担が大きくなります。

 

さっきの前屈で言えば、家事ではよくある動作ですよね。

 

これを繰り返していれば、腰への負担も増えていきます。

 

詳しく説明すると、写真のような前屈自体が腰への負担が大きいので間違った前屈ですが、これはまた今度説明します。

 

とにかく少しでも筋肉は柔らかくね。

 

腰への負担変わりますよー(^^)

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

ケア

腰痛改善のためにもお腹は柔らかい方がいい理由

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛改善のためにもお腹は柔らかくね

僕、ご飯食べるとすぐお腹出るんですよね。

 

この間なんか、おいしいご飯をたくさんご馳走になって妊婦さん並にお腹膨れ上がってましたから(^^;

 

そんなとき、お腹はパンパンでカチカチです。

 

まぁそれと今からお話しする固さは違いますけど・・・笑

 

さぁ本題に入りますね。

 

腰痛の方もそうですが、全般的に体のためには僕はお腹は柔らかい方がいいと思っています。

 

柔らかいっていうのは、「脂肪がついて柔らかい」って意味じゃないですよ。

 

 

純粋にお腹自体が柔らかいってことです。

 

脂肪ではなく筋肉ってことですね。

 

固い方って本当にカチカチなんですよ。

 

触ってびっくりします!!

(そんな方は稀なんですけどね(^^;)

 

じゃあなんで固くなったり、柔らかくなったりするんでしょう?

 

お腹の柔軟性

 

ここで僕が言う柔軟性っていうのは、前屈ができます!とかの柔軟性じゃないです。

 

純粋にお腹に触れてみて柔らかいかどうかってことですよ。

 

じゃあなんで柔らかさに差が出るんでしょうね?

 

お腹の固さの原因としては、

 

①姿勢の崩れ

②腰の筋肉の過緊張

③肋骨の柔軟性不足(呼吸浅い)

④太ももの柔軟性不足

⑤ストレス

 

があります。

 

原因はこの5つだ!ってわけじゃないですが、割かし多いと思います。

 

簡単に説明していきますね。

 

①と②は同じような理由です。

 

細かく言えば違いますが割愛しますね。

 

姿勢の崩れで例えますが、姿勢が崩れると筋肉の使われるバランスが偏ります。

 

 

外側が強くて、内側が弱いみたいな感じですね。

 

そうなるとですね、筋肉自体に強い弱いがはっきりしていきます。

 

その強弱のせいで、姿勢のバランスを保とうとお腹の表面ではなく中の筋肉が頑張り始めます。

 

結果、常にお腹の中の筋肉が頑張り過ぎて柔らかさが失われるということですね。

 

次いで、③と④の柔軟性不足についてお話ししていきますね。

 

ここもまとめて話しますね。

 

お腹の近くにある部分が肋骨と太もも(骨盤含む)ですよね。

 

 

近いならここの柔軟性が低下すれば、お腹が影響しそうじゃないですか?

 

そもそもお腹の筋肉って「骨盤」「肋骨」に付着しているんですよね。

 

 

ということは、付着している部分に柔軟性がなければ、お腹の筋肉も柔軟性が発揮しにくいと言えますね。

 

結果、お腹の柔らかさは失われますよね。

 

最後に⑤のストレス。

 

これは結構いるんですよね。

 

自律神経の影響をお腹は受けやすいんです。

 

なんで、ストレスを強く感じている時なんかお腹が固くなりやすいんですよ。

 

緊張してお腹が緩くなったりもしますよね?

 

緊張して太ももが緩くなったとは聞いたことないです。笑

 

ものすごい緊張している場面で、お腹を触るといつもより固いかもしれません。

(まだ緊張の場面で試したことはないので、試したことある方本当にそうなるのか教えてください)

 

常にストレスを感じるような生活をしていれば、お腹の柔らかさは徐々に失われていきます。

 

以上が簡単ですが、お腹が固くなる5つの理由になります。

 

あなたのお腹は固いですか?

 

基準がないとわからないと思うんで、ご家族やお友達のお腹も触ってみてください。

 

誰が一番固いですかね?笑

 

その方は腰に痛み感じていますかね?

 

逆に柔らかい方は腰痛ですか?

 

固いと腰痛?

 

「理由はわかりました。じゃあなんでお腹が固いと腰痛になるんですか?」

 

と思われたと思います。

 

 

「お腹が固い=腰痛」はなんで?ってなりますよね。

 

今までの説明で言えばですね、お腹が固いということは5つの原因があるということになりますよね。

 

そもそもですが、この5つの理由だけでも腰への負担が大きくなっているんですよ。

 

結果そのせいで、腰痛になりお腹が固いんですよってことです。

 

逆に、5つの理由はないのにお腹だけがカチカチに固いとします。

 

そうなればそのカチカチのお腹が5つの原因を作るきっかけになってしまいます。

 

もちろんですが、5つの理由があったとしてもお腹が柔らかい方は中にはいますよ。

 

お腹が固くなる方の割合が僕が経験した中でも多いってことです。

 

まとめると僕は腰痛改善のためにも柔らかいお腹の方がいいですよ!ってことです(^^)

 

お腹は柔らかく~

 

呼吸もしやすくなりますよ!

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :             

ケア 腰痛

家でスリッパを履いたまま過ごすのが腰が痛くなる原因なの?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

スリッパと腰痛

家の中でスリッパを履いて過ごす方って多いんじゃないですかね?

 

僕は一切履かないです。

 

寒い時は、靴下を履いていれば寒くはないのでそれで十分です。

 

でも寒いからといって、家の中でスリッパを履く方も多いと思います。

 

 

実はスリッパを履いて過ごすことは人によっては、腰痛の原因になることもあります。

 

もしかして、腰が痛いのにスリッパ履いていませんか?

 

今すぐスリッパを脱ぎましょう!

 

スリッパの歩き方

 

まず想像してほしいのが、歩き方です。

 

スリッパを履いている時の歩き方ってどうですか?

 

スリッパは踵部分に支えがないので、脱げやすいのがあります。

 

脱げないように歩くため、すり足になっていませんか?

 

 

このすり足がいけいないんですよ。

 

すり足で過ごすことによって、腰痛のきっかけづくりになります。

 

すり足と腰痛

 

スリッパを履き、すり足で歩くと太ももの筋肉をいつも以上に使ってしまうんですよ。

 

さらに、足を上げる筋肉を使わなくってしまいます。

 

①太ももの筋肉を使い過ぎる

②足を上げる筋肉を使わない

 

この2つが腰痛の原因になります。

 

では、なぜこの2つが腰痛の原因になるんでしょうか?

 

①太ももの筋肉を使い過ぎる

 

太ももの筋肉は、とても大きな力がある筋肉です。

 

しかもこの筋肉は、骨盤と仲良しなんです。

 

太ももの筋肉が頑張り過ぎると、仲の良い骨盤も一緒に影響を受けます。

 

骨盤といえば、腰ですよね。

 

そうなんです。

 

骨盤に影響を受けると、腰も疲れてしまうんです。

 

 

この仲の良さ(連鎖)が、腰痛への影響を与えるんですよね。

 

だから、太ももの筋肉を使い過ぎると、同時に腰周りの筋肉も疲れてしまうってことです。

 

あくまで、すり足で生活した場合ですよ。

 

太ももを鍛えたらダメってことはないです。

 

②足を上げる筋肉を使わない

 

これも大切です。

 

実はですね、足を上げる筋肉も腰についているんですよ。

 

つまり、足を上げるときって腰から上げているんです。

 

この足を上げる筋肉を使わないと、腰周りの筋肉も同時に使っていないということになります。

 

そうすると、腰を守る筋肉がなくなるので腰自体も弱く疲れやすくなるんです。

 

それに、足を上げれないということは、スリッパを履いていない状態でもすり足にあってしまう可能性だってあるんです。

 

そうなるとまた、太ももの筋肉を使い過ぎますよね。

 

負の連鎖!みたいになってしまいますね。

 

スリッパを脱ごう!

 

ということから、僕個人的にはスリッパを履かない方向がいいと思います。

 

ちなみに、踵のついているタイプであればまだいいと思います。

 

さぁ今すぐスリッパを脱ぎましょう!!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

腰痛

立ち仕事で腰の痛みが辛いんです。2つの解決ポイントをおさえて、その痛みを減らして仕事への活力へ!! 304

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

新たにスタート

 

2019年になり

早くも10日が経とうとしていますね。

 

新年に決めた目標に向け

少しは動いていますか?

 

新年早々

新たにトレーニングをスタートされた

お客様がいらっしゃいます。

 

『立ち仕事で腰への負担が大きくて

仕事中ずっと腰を気にしてしまう』

 

というお悩みでした。

 

さらには

 

『慢性的な肩こりも続いていて、、』

 

とのこと。

 

立ち仕事の場合、

腰などへの負担もありますよね。

 

僕も立ち仕事の経験がありますが

『座りたい!』という思いがすごかったですよ。

 

僕の場合

もう足が疲れちゃって、、、

 

ON・OFFが肉体的に

できないって感じです。

 

 

まぁそんな感じで

立ち仕事ってカラダは疲れやすいですね。

 

そんなお悩みの方が

1月からすぐにスタート!

 

『腰を軽くして仕事頑張る!』

 

という前向きさ。

 

僕もその前向きさ勉強になります。

 

2019年は腰の痛みも減って

仕事に専念してもらえるよう

しっかりサポートしていきますね。

 

よろしくお願いいたします。

 

立ち仕事の支障

 

立ち仕事の多い方って

腰の痛みを抱えている方多いです。

 

 

そういう方って

前太ももの筋肉がパンパンってことが

多いんですよ。

 

正確に言うと

前太ももの少し外側。

 

とにかく前がパンパンです。

 

そして

お尻の筋肉が使えていない。

 

この2つが

僕の今まで見た中で、特徴的です。

 

単純に考えたら

 

・前の太ももをほぐす

・お尻を鍛える

 

でいいと思います。

 

パンパンにはっている

太ももをほぐすだけでも

結構、腰も軽くなったりします。

 

で、ほぐした後は

お尻をトレーニングって流れです。

 

今回詳しいやり方はご紹介しませんが

 

自宅で何かしら実践したい場合

この2つをおさえておけば変化はでます。

 

ぜひ試してみてください。

 

僕とのトレーニングの場合は

もう少し細かくやって

痛みを繰り返しにくいようにしていきます。

 

 

自宅でやってもいまいちって方は

僕にお任せくださいね。

 

あなたも2019年

痛みのないカラダにしていきましょうね!

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :     

トレーニング

立つ姿勢でお尻の形が変わる 158

 


≪職業別のカラダくずれを改善する健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

立ち仕事が多い人の姿勢

 

立ち仕事の方で多い人の姿勢ってどんなのでしょう?

 

想像してみたら色々思い浮かびますか?

 

・下半身のアンバランス

・お尻が垂れる

 

今回はここに注目していきます。

 

半身のアンバランス

 

あなたは立っているときに、重心の位置はどこにありますか?

 

 

※写真わかりにくい・・・

 

写真のように左足に重心を掛け、左の骨盤が左流れていませんか?

 

もちろん、右足に重心を掛ける方は逆になります。

 

結構こういう姿勢をしている方多いです。

 

スマホを見ているときなんて、下半身はこうなってませんか?

 

何も考えていない時こそ、こうなりがちですよね。

 

実は、この姿勢が下半身のアンバランスを加速させています。

 

って、見たらアンバランスってわかりますよね・・・

 

骨盤の歪みもそうですし、筋肉も歪みます。

 

筋肉の性質的に、伸びた状態をキープしたままの筋肉は弱くなっていきます。

 

つまり、写真のような姿勢を続けていたら、左太ももの外側の筋肉は弱くなっていくということです。

 

この筋肉のアンバランスは、歩くときの疲れ方も変わってきます。

 

普通歩く時には、太もも外側の筋肉も使います。

 

その筋肉がうまく使えなくなるので、他の筋肉でカバーしていきます。

 

ということは・・・・

 

足が太くなる!!!!

 

 

ガーンって感じですよね。

 

そうならない為にも、立ち方気を付けてくださいね。

 

 

尻が垂れる

 

これまたガーーンって感じですよね。

 

先程の姿勢が続けば、お尻も垂れていくんです。

 

これは、先程の姿勢のままではお尻の筋肉が緩んでしまうからです。

 

理論的にはさっきと同じです。

 

左重心が続き、下半身が左に流れている方であれば、左のお尻がだるんだるんになりやすいです。

 

これって女性からしたら嫌じゃないですか?

 

私でも嫌ですから!

 

私もふとした時、右足に重心が傾き、下半身は右に流れています。

 

なので、左右でお尻の筋肉に差があります。

 

このアンバランスを整える為にも、右のお尻のトレーニングはより集中しています。

 

 

普段からも気を付ける意識も忘れていませんよ。

 

あなたも垂れたお尻にならないように気を付けてみてくださいね。

 

目指せ桃尻!!

 

レーニング

 

太ももの外側の筋肉を鍛えて予防していきましょう。

キープ系で、安定性を出していきましょう。

※下にある足を鍛えます

 

 

 

収縮させて、外側の筋肉を鍛えて使えるようにしていきましょう。

※上にある足を鍛えます

 

立つことの多い方は、左右に重心がずれ過ぎていないかチェックしてみてくださいね。

 

==========

 

姿勢が気になるので、

藤野のトレーニングを1度体験してみる

↓↓

毎月先着1名のみ

 

タグ :            

下肢 姿勢