症状 | 腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【指の痛み】腱鞘炎やバネ指などは腰の痛みと関係している!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

女性に多い腱鞘炎やバネ指。

症状が悪化すると指の曲げ伸ばしもかなり辛いものがありますよね。

 

しかも指って普段から使う部位なので余計にしんどいし「安静にしましょう」と言われても安静にできないのが指の症状ですよね。

 

でも実はこの指の症状は、ある部位と関係しているんです。

それがタイトルにもあるように『腰』と関係しとることが多い。

僕が見てきた方のほとんどが腰周りに何かしらの症状を抱えていましたし、腰の症状を緩和させると指の症状も緩和することが多々あったんですよ。

 

なので僕の中では指の症状であっても腰も治療範囲のひとつなんですよね。

もちろん腰だけを見るのではなくて指に直接関係する部位も見ますよ。

それを踏まえた上で腰もみていくことで指の症状も緩和しやすくなってきます。

 

じゃあなぜ腰が指の痛さと関係しているのか?ってこと。それは、

 

=====

指の痛みは姿勢と大きく関係しているから

=====

 

なんです。仮にあなたに指の痛みがあったとします。

その時に思い切り猫背の姿勢をして指を動かすのと、姿勢を正して指を動かすのでは指の痛さは変わってくるかと思います。

これが指と姿勢は関係しているという証拠です。

 

で姿勢で変わるってことは、指に症状があるんかもしれませんが指以外にも原因が存在する可能性があるってことがわかってきますよね。

 

なので姿勢の土台でもある腰に症状として痛みが出てきとる方が多いんです。

姿勢不良になれば必然的に腰に負担は増えますからね。

だから腰の症状を緩和させると連鎖的に指の症状まで緩和することがあるんですよね。

 

ってことでもし指に痛みを感じてきたなって方は姿勢を見てみてるのと、腰の症状も緩和させるように励まれるといいかもしれませんよ。

指だけに着目するんじゃなくて姿勢や腰もみていくと少しでも早く指の症状が変わってきます(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

ケア

【熱中症】暑い日差しでの運動はご注意を!

 


 

本当に毎日のように暑いですね。

梅雨の時期が懐かしいです(笑)

そんな時に注意してほしいのが熱中症!!

暑い日にこんな症状はないですか?

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

先日、広域公園で走ってきました。

公園に着いた時間が14:30だったかなと思います。

そこから広域公園内をランニング!!

 

 

強い日差しが照り付ける中のランニング。

前半は気持ち良かったものの後半は暑さで身体がバテてきました・・・。

久し振りの野外でのランニング+強い日差しで体力は奪われていきます。

 

 

汗も滝のように流れ服はビショビショです。

最後の方は足が一気に重くなり、ヘロヘロになりながら走り切りました。

時間にして30分程のランニングで、こんなにも疲れるとは。

強い日差し恐るべし!!

 

 

ってことで僕も熱中症になるんじゃないかと心配になるレベルの暑さでした。

あなたも絶対にこの暑さは気をつけて下さいね。

熱中症の症状としては、

 

 

めまい・ほてり・筋肉の痙攣・だるさ・吐き気などがあります。

少しでもおかしいな?と思ったらすぐに日陰で休みましょう。

我慢することで重症化になりかねませんから絶対に無理はしてはいけません。

 

 

しんどくなったら休む!もしくは日差しの強すぎる日は野外で長時間過ごさない。

それに水分補給も忘れずに。

 

 

これからの季節、絶対に気をつけて下さいね!!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :     

ケア

【圧迫骨折】痛みの強い腰痛、高齢者に多い脊柱の骨折とは?

 


 

圧迫骨折(あっぱくこっせつ)って聞いたことがありますか?

高齢者の女性に多い症例なんですよ。

そして強い腰痛を訴えるケースもあるんです・・・。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

圧迫骨折は、脊柱にある椎体と呼ばれる骨が負荷に耐えれなくなり、椎体が潰れてしまうことを言いいます。

 

 

最初に言ったように、高齢者の女性に多い症例です。

それに骨粗鬆症があるのなら尚更圧迫骨折の確率は上がります。

 

 

圧迫骨折になってしまう原因として多いのは、何かにぶつかったり、転げたり、外部からの衝撃でなることが多々見受けられます。

主な症状としては、

 

=====

腰や背中に強い痛み

寝返りで痛い

背中や腰が以前に比べ丸くなった

=====

 

でしょうか。

普通の腰痛とあまり変わらないケースもあるので、心当たり(転げたとか)がある場合は必ず病院へ行きましょう。

 

 

そして痛みが引かない場合は、病院でレントゲンを撮り骨の異常を確認します。

ですが急性期の場合、軽症だとわからないこともあります。

なので痛み止めや湿布といった処方のみで終わる場合も。

 

 

しかし痛みが引かず数週間後に再検査すると「圧迫骨折です!」と診断されることも。

だいたい2~3週間ほどするとレントゲンでもはっきりとわかるようになるそうです。

そして基本的にレントゲンではなく、MRIで調べると見落としが少ないと言われています。

 

 

それに痛みの度合いも人それぞれなんです。

痛みが強い人もいれば、弱い人もいます。

背中が大きく曲がっている高齢者の人は、知らない内に圧迫骨折していて知らない間に完治しているということもあるぐらいです。

(※圧迫骨折が原因で背中が曲がることもあります)

 

 

 

なのでもし高齢の女性で、転げてから腰や背中がずっと痛い場合は、圧迫骨折も疑った方がよくて、病院でMRIで見てもらった方がいいよ。

それに含め、骨粗鬆症なら絶対に一度病院で診察してください。

まさか圧迫骨折だとは思わず、そのまま過ごしとる人もいますからね。

 

 

でも病院に行っても結局圧迫骨折の治療って相当ひどくない限り安静にするのみ。

まぁ固定もありますが、脊柱を固定ってほぼ無理なんです。

軽度の場合、安静が第一の治療になるかと思います。

 

 

そんな感じで注意しとってもなってしまうのが圧迫骨折。

ただ圧迫骨折の治療後は、めちゃくちゃ注意が必要なんです!

下記の図を見てください。

 

 

図でわかるように、体への負の連鎖が起きるきっかけになるんです。

圧迫骨折になってもその後の対策をしっかりとろうね。

じゃないと他の部位もどんどん弱くなっていきますよ。

病院で許可をもらえたら今すぐ動ける範囲で動いておこう!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :          

腰痛

【幸福度】腰痛・肩こりが改善されれば4割増で幸せになれる?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

2016年の第一三共ヘルスケア株式会社のリサーチの記事を見かけました。

その記事には衝撃の内容が!!?

 

=====

 

もしも、腰痛・肩こりがなくなったら日本人の幸福度は4割増

 

=====

 

というものでした。

 

 

ってことはですよ、逆を返せば、

腰痛・肩こりのせいで4割も人生損してるってことです。

 

 

ちなみに腰痛が多い県は、秋田県・鹿児島県・佐賀県らしい。

最も少ないのが、愛媛県。

 

 

そして、腰痛歴は全国平均で

 

=====

 

9.9年

 

=====

 

つまり、約10年は腰痛で悩まされた挙句、幸せ度も4割低いってことです。

秋田県・鹿児島県・佐賀県のみなさん!気を付けて!

 

 

さらに衝撃的なことが、

「8割の方が症状を放置している」ってこと。

 

 

さらにさらに

「6割の方は、諦めている」ってこと。

 

 

僕からしたら、おいおい嘘だろって話しですよ。

 

 

そして何より怖かったのが、

「腰痛度が高いほど共感度が高い」ってこと。

 

 

つまり、それで正当化しようとしているんです。

 

「なかなか腰痛治らないんですよ~」

「うちもです~」

「おほほほほ・・・」

 

的な(笑)

そんなもん今すぐ共感するの辞めましょう!

 

 

共感の恐怖は以前書きましたので、参考までに。

【環境次第】人は痛みさえも環境によって左右される生き物?

 

 

このリサーチ結果は、色々と衝撃でしたね。

僕個人的には。

 

 

あなたは、あるあるって終わったらダメですよ。

悩んでいるなら変えないと。

 

 

8割の方が症状を放置し、6割の方が諦めている。

そして、腰痛持ち同士共感しちゃっているのが日本です。

 

 

8割の方の放置は、個人的な問題ですが、

6割の諦めている方には希望を持ってもらいたいですよね。

 

 

大丈夫だから。

きっと今よりもよくなります。

 

 

この割合を少しでも減らせるように発信も含め、行動していこう!と改めて思いました(^^;

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :        

メンタル 腰痛

【アナフィラキシーショック症状】妻が倒れた後遺症と身近に感じた健康への考え方

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

去年、妻がアナフィラキシーショックになり、

3日間ICU内で人工呼吸器で過ごし、生死をさ迷いました。

 

 

原因は、造影剤

 

 

近くの脳神経外科でMRIで診察中、アナフィラキシーショックに。

そこの病院は、アナフィラキシーショックに対応するすべを準備していおらず、緊急搬送されました。

 

 

運よく近くの市民病院が空いていたため、素早く対処できました。

医師からは「あと数分遅れていたら命はなかった」と告げられましたが、そんな報告どうでもいい。

 

 

早く、1秒でも早く妻を助けてください。

僕自身パニックだったんですね。。。

 

 

そこからは、喉を切って呼吸器を入れるか?など言っていましたが、なんとかそれは回避。

体中はパンパンに腫れ、呼吸器官も狭くなっていたらしいです。

 

 

そこからは生死をさ迷い、自分自身と戦い続ける妻を見守るしかできませんでした。

自分の無力さを感じ、妻の前では平気な顔していましたが、裏では涙が止まりません。

 

 

「人工呼吸器を外してもいいよ」と言われたときは、本当に安心しました。

これでまた妻の笑顔が見れる・・・

 

 

まぁその後も大変でした・・・

それは今からブログでお伝えしますね。

 

 

  • アナフィラキシーショックのその後
  • 健康へ意識を向ける大切さ
  • まとめ

 

 

という流れでいきますね。

 

 

アナフィラキシーショックのその後

 

 

ここからがまた大変・・・

3日間の人工呼吸器生活は、20代の妻の体力を大きく奪いました。

 

 

  • 喋ることが難しい
  • ベッドから起き上がるのも一苦労
  • 歩くこともほぼできない
  • 関節が硬くなり動かすと痛い
  • 荷物を持つこともできない

 

 

たった3日間でここまで体力・筋力は落ちるのか!と改めて実感しました。

妻は元々急な坂のある会社まで自転車で通勤するほど元気だったので、びっくりです。

 

 

入院中は、僕が行けば歩行訓練・リハビリを一緒にする日々。

「廊下の端まで行こうか」「待合室まで歩こうか」と1歩1歩距離は伸びていきました。

 

 

動かなくなった関節も僕がベッドの上でゆっくり丁寧に動かし、ほぐしていくことで、関節も元通りに曲げ伸ばしできるまでに。

 

 

でも中々思うようにうまくいきませんでした。

体力・筋力は落ちるのは一瞬で、つけるのは大変なんです

 

 

1週間後の退院までに、ベッドからは一人で起き上がれるまでにはなったんですが、一人で歩くのは無理でした。

結局、車椅子で帰宅することになり、車椅子姿の妻を見て、心が痛かったですね。

 

 

自宅に帰ってからも、歩行訓練・リハビリの日々は続きました。

幸い?僕がこういう仕事をしているので、一緒に頑張ることができたのかもしれません。

 

 

家で歩けるようになり、外で歩けるようになり、

段差を跨げるようになり、坂を歩けるようになり、

階段をのぼれるようになり、、、

 

 

補助なしで一人で普通に歩けるようになった妻を見た時は、本当に本当に嬉しかったです。

 

 

でもここまで来るまでに2ヶ月も掛かりました・・・

3日間人工呼吸器で寝たきりだっただけで、2ヶ月も掛かったんです・・・

 

 

しかもまだ20代だったのに。

 

 

健康へ意識をの向ける大切さ

 

 

妻の辛い経験を身近で僕も体験することで、健康への意識がガラっと変わりました。

もちろん、アナフィラキシーショックはいつ起きるかわからないので、予防することはできません。

 

 

でもこれは、病気で考えるのではなく、寝たきりで考えてほしいんです。

 

 

高齢者で寝たきり、運動する機会がなく自宅で座って過ごす。

そう過ごしていくことで、1日1日体力・筋力は大きく低下しています。

 

 

だからこそ、妻の苦しい思いを経験したからこそ、運動の大切さを知ってほしい。

無理にとはいいませんが、少しでもこのブログを通して、体を動かしてみようと思って頂けたら嬉しいです。

 

 

近くに運動する場所はありますか?

お友達に運動している方はいますか?

 

 

なんでもいいと思います。

どこでもいいと思います。

 

 

あなたが続けられる場所・環境で。

 

 

20代が3日間寝たきりで2ヶ月掛かったんです・・・

もし50代だったら?60代だったら?

 

 

今の生活を少し考え直してみてください。

体力・筋力だけではなく、関節も動きにくくなり痛みが出始めてきます。

 

 

腰が痛い、膝が痛い、肩が痛い、あなたは運動していますか?

運動する楽しさ・大切さを知ってくださいね。

 

 

まとめ

 

 

あの時のことを思い出すと未だに辛い思いが蘇ってきます。

でもあなたにも知ってほしいと思いブログに綴りました。

 

 

少しでもほんの少しでも、このブログで何かあなたのきっかけになってくれると嬉しいです。

 

 

長々とお読みいただきありがとうございました。

僕がお役に立てることがありましたら、いつでもご相談くださいね。

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :      

ケア

膝痛・腰痛で悩む女性をトレーニングと整体で改善させてみた

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

腰痛と膝痛に悩んでいる方は、日本で最も多い症状ですよね。

今回は、実際に悩んでいる方の症状を治していく風景をお届けするよ。

 

 

「藤野ってどんなことするの?」

 

 

って気になっていた方が入れば見てください。(笑)

別に僕のことが気にならなくても見てくれたら嬉しいです。

 

 

あなたの腰痛・膝痛改善のヒントになると思うよ。

どういうケアすればいいのか?トレーニングすればいいのか?が少しは気付けるかと思います。

 

 

こんな感じでやっているんですよ。

 

 

膝痛・腰痛で悩む女性をトレーニングと整体で改善させてみた

 

50代女性の膝痛、20代女性の腰痛をあっという間に改善させていきます。

トレーニングと整体でね。

 

 

膝痛は、正座ができない・階段が下りれないというお悩み。

腰痛は、仰向けで寝る・捻ると痛い・反り腰というお悩み。

 

 

果たしてどうやって改善させているのでしょうか?

 

 

膝痛・腰痛の女性を治す

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

決してやらせではないですからね(^^;

 

 

まず最初に腰痛の20代女性の症状を解説していきますね。

 

【うつ伏せ×、捻る×、反り腰のお悩み】

→股関節の固さ、足を上げる筋肉の低下が原因

→股関節の調整後、股関節と足を上げるトレーニングで改善

 

って感じです。

要するに、股関節周りの筋肉に不具合が起きていたので、腰痛になったということですね。

 

 

まだ20代という若さもあるので、こんなに簡単に治りました。

ただこれだけでは痛みが戻りやすいので、もう少しトレーニングを継続する必要があります。

 

 

続いて、膝痛の50代女性の症状を解説していきますね。

 

【正座×、階段下り×のお悩み】

→股関節の固さ、肋骨の固さ、足首の筋肉低下、肩甲骨の筋肉低下が原因

→股関節・肋骨の調整後、足首と肩甲骨のトレーニングで改善

 

って感じですね。

こっちの方も股関節周りに不具合があり、それが肋骨まで影響されています。

肋骨に関しては、股関節の不具合だけの原因ではなさそうですが・・・

 

 

そして、足首と肩甲骨のトレーニングで筋肉を調整しました。

足首の筋肉は、膝を曲げる際に影響します。

肩甲骨の筋肉は、肋骨から股関節まで影響します。

 

 

この2つをトレーニングすることで改善したので、全身の筋肉がうまく働き始めたってことが言えますね。

 

 

また動画では解説していませんが、あとほんの少しだけ痛みがあったので、股関節のトレーニングを10秒だけしました。

そうすることで、膝の痛みは完全に消滅しましたよ。

 

 

こちらは50代ということもあり、痛みの戻りは早いかもしれません。

しっかりと継続的に見てくれる人が必要だと思います。

 

 

まとめ

 

 

今回の症状は比較的軽い方でした。

だから即効性のある効果が出たんだと思います。

 

 

もっと症状の重い方は、もちろん時間が掛かります。

それに痛みを放って置いた分、痛みは取りにくくなりますし、すぐに痛みが戻ります。

 

 

痛みが出た後は、早めの処置が必要ですよ。

早めの処置で、今回の症状みたいに早く戻ることが出来ます。

 

 

あなたと一緒にトレーニングできる日をお待ちしていますね(^^)

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :             

ケア トレーニング 腰痛

腰って大切なところですって話し。膝や肩の痛みなどにも関連してるよね。 322

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰ってやっぱり大切

 

今日は、

治療家さんたちと

少しお話しする時間がありました。

 

色々な症状とかの

お話しがたくさんでてきたんですが

そこであったのが

 

「どの症状にも“腰”って関連するよね」

 

ってことでした。

 

膝が悪い方も

肩が痛い方も

 

何かしら腰は関連しているのかもね。

 

例えば、膝痛。

 

 

膝の悪い方って、

 

腰を丸めたり、反ったりする動作

どちらかに不具合が起きていることが

多々あります。

 

不具合の起きている腰の動きを

改善してあげるだけでも

膝痛が減ったりすることもあります。

 

肩の痛みだって、

 

腰と背中の筋肉の関係性によって

痛みが出ている場合もあります。

 

その関係性を悪い状態から

いい状態にもっていけば

肩の痛みが減ったりすることもあります。

 

100%腰が原因ってわけではないですが、

少なからず腰の要素も入ってくるよね。

 

って話しで今日は盛り上がりました。

 

 

色んな治療家さん目線で話していて

改めて、

 

「腰って大切だなー」

 

って僕は感じました。

 

でもその分、

腰って使い過ぎたりして

痛みの出やすい場所であることに

違いありません。

 

日頃から

腰を大切にしてあげることも

今からは必要なのかもしれませんね。

 

腰って、

年を重ねていくと

丸くなりやすくなってきます。

 

 

それに今の社会って

座る時間が多いですよね。

 

それが余計に腰を

丸まりやすくしてしまっているんですよね。

 

座る時間を減らすこと

ひとつの方法かもしれませんね。

 

 

そうなると

逆の動き(腰を反る)が

難しくなってきます。

 

そのせいで

全身のバランスって

崩れていくんだと僕は思います。

 

結果、それが腰痛以外に

膝痛・肩痛などとして

でてくるんじゃないかなーっと。

 

バランスが崩れていくことで

 

必要な筋肉が落ちたり、、

関節が動かしにくくなったり、、

 

悪化すれば

手遅れなんてこともあり得ますよね。

 

病院に行ってお医者さんから

 

「もう手術しか選択肢はありません」

 

なんて言われたらショックですよ。

 

そうならないため

さっきも言ったように今からでも

 

腰を大切に!

 

してあげてくださいね。

 

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :     

ケア

意外と多い足裏の痛み。むやみにマッサージするとさらに症状を加速させる? 078

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安の方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

足裏が痛む

意外と多いのがこの症状です。

 

歩くと足の裏が痛むといった症状です。

 

あなたは痛みないですか?

 

 

歩く度に足裏が痛ければ動きたくなりますよね。

 

さらに歩く度に痛みを伴えばストレスにもなることだと思います。

 

あなたはそんなストレスありませんか?

 

足裏を使わない日はほぼありません。

 

なので足裏の痛みは致命傷になりかねません。

 

その痛みを放っておかないようにしましょう。

 

放っておけば後々

 

今よりも痛みが倍増する可能性もありますし

 

痛みをかばって他の箇所に支障をきたすかもしれません。

 

 

あなたはその痛みをそのままにする癖がついていませんか?

 

 

足底筋膜炎

この名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

足裏が痛いとなれば

 

この名前をよく聞くと思います。

 

では、足底筋膜炎ってなんでしょうか?

 

 

痛みの多くがイラストのように踵付近に痛みが出ます。

 

原因とすれば

 

・筋肉の固さ

 

・足底アーチの低下

 

・歩きすぎ

 

・靴が合っていない

 

などが挙げられます。

 

もちろんその他にも原因はあると思います。

 

ここであまりオススメしないのがマッサージです。

 

痛い箇所に直接触れるマッサージです。

 

なぜマッサージはいけないのか?

 

足底筋膜炎と言っているように

 

その箇所は炎症しているのです。

 

さらにその箇所に負担が掛かりすぎてしまう

 

つまりオーバーユース(使い過ぎ)の可能性もあるわけです。

 

 

そんなたくさんの刺激を受け続けている箇所に

 

さらに刺激をいれればどうなると思いますか?

 

私は逆効果になってしまうと思います。

 

この考えが正解かどうかはわかりませんが

 

私はその箇所ではなく

 

本来の

 

根本的な原因の部分をほぐしていくでしょう。

 

なので痛いからと言って

 

むやみに足裏を刺激するのは

 

オススメしません。

 

私ならしません。

 

トレーニングもおこなう

 

痛みが和らいだなら

 

トレーニングも必要です。

 

また再発したくないですもんね。

 

再発防止のためにも

 

トレーニングをおこない

 

適切な筋肉をつけ

 

負担を掛け過ぎないようにしていきましょう。

 

タグ :     

ケア 下肢