広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

痛みを減らすための正しい歩き方とは?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

正しい歩き方

GWいかがお過ごしでしたか?

 

旅行に行ったり楽しまれたかと思います。

 

僕には連休はありませんでしたが、休みはあったので備北丘陵公園で糸づくりを体験しました。

 

 

糸って作るの難しいし、時間掛かるんですね。

 

当たり前か(^^;

 

ちなみに糸づくりを教えて下さった方の服は、その糸から作られたらしいです。

 

肌触りもよかったですよ。すごいですね。

 

さて、僕の糸づくりの話はさておき、歩き方でしたね。

 

よくテレビや雑誌とかで正しい歩き方ってやってますよね?

 

 

見たことあると思います。

 

その中でよく言われる3つがありますよね。

 

=====

 

①腕を大きく振りましょう!

②足をしっかり上げましょう!

③姿勢よく歩きましょう!

 

=====

 

どうですか?よく聞きませんか?

 

僕だけですかね?笑

 

恐らくよく聞くと思います。

 

この3つがよく言われていることなので、みなさんこの3つを意識して歩かれているかと思います。

 

毎日のようによく歩いている方はそうじゃないですか?

 

実はこの3つの歩き方のポイントって間違っているんです。

 

知っていましたか?

 

間違って歩き方

 

それが先程挙げた3つですね。

 

=====

 

①腕を大きく振りましょう!

②足をしっかり上げましょう!

③姿勢よく歩きましょう!

 

=====

 

では何が間違っているのか簡単に説明していきますね。

 

①腕を大きく振りましょう!

 

なんですが、そもそも歩く時に腕から振りません。

 

でんでん太鼓を思い浮かべてみてください。

 

紐の部分が腕で、太鼓が胴体、持つとこが体の中心だとしてくださいね。

 

 

でんでん太鼓で言う紐の部分をいくら振っても他の部分は動きませんよね。

 

体も同じなんですよ。

 

全く同じです!かと言うと全然違いますが、その辺りは多めに見てください。

 

あくまで、噛み砕いた例ですからね。

 

つまり何が言いたいかというと、腕を大きく振っても体が動いていなければ意味がないってことです。

 

逆を言えば、歩いている時に体(骨盤とか)がうまく回れば腕は自然に振れます。

 

なので、体も回っていないのに腕ばかり振ると意味がないし、逆に痛める可能性もあるってことです。

 

続いて、

 

②足をしっかり上げましょう!についてです。

 

 

足を上げましょう!と聞いたらどういう風に歩きますか?

 

恐らく、太ももをいつもより高く上げて歩くと思います。

 

これが膝を痛める原因になることもあるんです。

 

なぜか?についてですが、単純に太ももを上げ過ぎると膝への負担が増えるからです。

 

それにそんなに太もも上げて歩かなくても大丈夫ですよ。

 

また、腰が丸くなっている方は、太ももで上げれずに上半身の反動を使ってしまう方もいます。

 

つまり、猫背を助長することになります。

 

 

他にもありますが今回はこれぐらいで。

 

最後に、

 

③姿勢よく歩きましょう!について。

 

 

これは、意識し過ぎな方多いですよね。

 

特に女性は多い気がします。

 

逆に意識し過ぎて、胸を張り過ぎ、上半身が軽く反ったような感じになる方までいます。

 

でもこれって気付いていない方多いんです。

 

「姿勢よくしなくっちゃ」って頭の中にあるんでしょうね。

 

でもそうなると、体全体に力が入ってしまうんですよね。

 

力が入るとうまく足もでないです。

 

大袈裟に表現すると、ロボット歩きみたいな感じになりやすいです。

 

そうなると各関節への負担も自ずと増えていくんです。

 

だから姿勢をよくして歩くのはダメなんです。

 

一見綺麗な歩き方に見えますが、よく見るとぎこちなく歩いてますよ。

 

 

どの歩き方がいいの?

 

色々な情報がある中で、一体どんな歩き方がいいんでしょうか?

 

=====

 

①腕を大きく振りましょう!

②足をしっかり上げましょう!

③姿勢よく歩きましょう!

 

=====

 

この3つから言えることが1つあります。

 

それは、

 

=====

 

力を抜いて歩くこと

 

=====

 

です。

 

意識し過ぎて変なところに力が入りすぎないようにしましょう!

 

その意識が体を壊しているかもしれませんよ。

 

もっと詳しく知りたい方は、5月26日におこなう歩き方教室でお伝えいたします。

 

 

詳細はこちら

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

ウォーキング 腰痛

自宅でもできる簡単な腰痛トレーニング③(体操・足の指) 253

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛トレーニング③

※最後にトレーニングが動画あります※

 

自宅でできる

 

簡単な腰痛トレーニング

 

をご紹介していきます。

 

今回は、

 

足の指

 

です。

 

 

足の指は本来であれば

 

グーパーのように

自由に動かすことができます。

 

ですが、

外反母趾などによる歪みや

筋力低下などが原因で

 

グーを作ることさえも

出来ない方が多いです。

 

足の指が動きにくいことで

腰への負担が増していきます。

 

なぜなら

足の指はカラダに掛かる負担を

吸収するクッションのような

働きもあるからです。

 

また、

指の力は歩くなどのカラダを動かす

サポートもおこなってくれます。

 

動かしにくいということは

クッション性も落ちて

サポートも減っていく

ということになります。

 

生涯歩き続けるカラダを

しっかり作っていきましょう!

 

注意するポイント

 

①指が入らない場合は入るとこから

 

すべて入らない方もいると思います。

3本からでもおこなっていきましょう。

すべての指の間を順番に。

 

②大きく動かす

 

痛みのない範囲で

大きく動かしていきましょう。

 

③指の間を伸ばす

 

※動画内では足の甲から指を入れていますが

裏からでも大丈夫です。

 

腰痛トレーニング動画

 

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :           

トレーニング動画 腰痛

自宅でもできる簡単な腰痛トレーニング①(体操・多裂筋) 250

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛トレーニング①

※最後にトレーニング動画があります※

 

自宅でできる

 

簡単な腰痛トレーニング

 

をご紹介していきます。

 

腰痛の原因は様々ですが

今回は腰周りの筋肉(多裂筋)を

トレーニングしていきます。

 

写真載せてますが

興味ない方はスルーしてね。

 

 

ここの筋肉は

腰の骨に近い筋肉で

腰を支えるために

必要な筋肉でもあります。

 

腰が丸くなっている方は

特に弱りやすい筋肉でもありますよ。

 

この筋肉(多裂筋)を鍛えることで

腰痛改善&予防だけではなく

 

お腹に力が入りやすくなる

足にも力が入りやすくなる

 

という特典までついてきます。

 

トレーニングしないのは

勿体ないぐらいですね。

 

しっかりトレーニングしていきましょう。

 

注意するポイント

 

①足は内側に捻ったままにする

 

 

②両足は外に40度程度広げる

 

 

③10秒程キープ

 

 

④腰に力が入る感覚を意識する

 

 

では、トレーニング動画で

一緒にトレーニングしましょう!

 

腰痛トレーニング動画

 

 

タグ :           

トレーニング動画 腰痛

トレイルランは想像以上に○○に負荷が掛かる。ランの時に気を付けるべきポイント 201

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

トレイルランは○○が崩れる!?

 

先日、初トレイルランに参加してきました。

 

マラソンやトライアスロンは参加したことがありますが

トレイルランは初めてでした。

 

トレイルランとは

山を走るレースです。

 

山を相手にするので

足場は天候に左右されやすいです

 

初めて参加して思ったことは

 

『山を下るときは怖い!!』

 

急な斜面もある中

走るというのは恐怖心との戦いです

 

でもさらに体にも変化が起きました

 

それは、、、

 

足のアーチが崩れる

 

と感じました。

 

これは私がトレイルラン用のシューズを履いていなかった

+初心者という点も原因だったと思いますが。

 

山を下るときには

想像以上の負荷が足に掛かりました

 

さらに足場がぬかるんでいて

着地も不自然なものになっていました

 

この想像以上の負荷+着地

足の感覚は鈍っていき

太ももの疲労はどんどん蓄積されていきます

 

山を下り

アスファルトの道に出た時に1番感じます

 

道でもバタバタと

いつも以上に足音が響きます

 

これは走っている時の

重心のバランスの崩れ+アーチの乱れ

あとは太ももの疲労、、、

 

これが続けば

いつも以上に疲労は溜まり

ケガの恐れもあります

 

 

写真のように足にはアーチがあります

 

このアーチが負荷により乱れ

偏平足気味になる感覚です

 

これだと衝撃は吸収されにくく

体への負担は増えていきます

 

さらに

足首が底屈(つま先立ち)の状態で下るので

足首自体のアライメントも崩れやすいです

 

アーチ+足首の乱れで

足首から下の骨格全体の乱れが発生します

 

結果、膝・股関節・腰などのケガに繋がる可能性も高くなります

 

足首の安定性強化は必須

 

私が参加して感じたまとめとしては

 

足首+アーチの強化は必須だと感じました

 

マラソン以上に必要だと思います

 

走るだけやストレッチだけの練習ではなく

ここの強化もして参加されてはどうでしょうか?

 

追伸:

登りのときに辛いからと

中腰気味で登ると余計に疲れます

山にも姿勢のバランスは必要なようです

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

 

タグ :               

トライアスロン

片足スクワットで下半身の悩みであるO脚、X脚、さらに姿勢を解消 175

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

スクワットに負荷を!

 

おすすめの方

 

①スクワットよりも刺激がほしい

 

②下半身に筋肉をつけたい

 

➂お尻も同時に引き締めたい

 

④負荷女子になりたい

 

POINT

 

①バランスを崩さないように

 

②屈伸時、膝が内側に入らないように

 

➂お尻にも力を入れる

 

④足の裏全体で床を掴むように

 

⑤目線は常に前

 

片足で下半身強化

姿勢に肝心なのは

『下半身の筋肉』です

 

ここの強化は怠ってはいけません

 

これは何度も言っています

 

それを更にレベルアップしていきます

 

両足でおこなうスクワットよりも

遥かに難しく負荷も大きいです

 

ですが

ここをしっかりマスターしていけば

姿勢改善に大きく繋がります

 

さらに

O脚、X脚などにも効果的です

 

もちろん、お尻にも

 

いけるところまでしっかり

落としていきましょう!

 

足裏を積極的に

バランスをとるために

足裏の筋肉も多く使います

 

初めておこなう方や

バランスが取りにくい方などは

慣れている方よりも

バランスをとるのに必死になります

 

そこで普段使っていない

足裏を使いだします

 

ここで足裏にも集中します

 

足裏で床を掴む感覚

足裏で床で押す感覚を養います

 

普段の生活では

靴やスリッパなどを履いているため

足裏の感覚は鈍ります

 

力を入れる感覚など

感覚を掴む練習にも役立ちます

 

足裏の感覚は

床からのエネルギーを捉えるために

必要不可欠です

 

この感覚を練習していくと

歩く感覚も変わってきます

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :                    

トレーニング動画

立つ姿勢でお尻の形が変わる 158

 


≪職業別のカラダくずれを改善する健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

立ち仕事が多い人の姿勢

 

立ち仕事の方で多い人の姿勢ってどんなのでしょう?

 

想像してみたら色々思い浮かびますか?

 

・下半身のアンバランス

・お尻が垂れる

 

今回はここに注目していきます。

 

半身のアンバランス

 

あなたは立っているときに、重心の位置はどこにありますか?

 

 

※写真わかりにくい・・・

 

写真のように左足に重心を掛け、左の骨盤が左流れていませんか?

 

もちろん、右足に重心を掛ける方は逆になります。

 

結構こういう姿勢をしている方多いです。

 

スマホを見ているときなんて、下半身はこうなってませんか?

 

何も考えていない時こそ、こうなりがちですよね。

 

実は、この姿勢が下半身のアンバランスを加速させています。

 

って、見たらアンバランスってわかりますよね・・・

 

骨盤の歪みもそうですし、筋肉も歪みます。

 

筋肉の性質的に、伸びた状態をキープしたままの筋肉は弱くなっていきます。

 

つまり、写真のような姿勢を続けていたら、左太ももの外側の筋肉は弱くなっていくということです。

 

この筋肉のアンバランスは、歩くときの疲れ方も変わってきます。

 

普通歩く時には、太もも外側の筋肉も使います。

 

その筋肉がうまく使えなくなるので、他の筋肉でカバーしていきます。

 

ということは・・・・

 

足が太くなる!!!!

 

 

ガーンって感じですよね。

 

そうならない為にも、立ち方気を付けてくださいね。

 

 

尻が垂れる

 

これまたガーーンって感じですよね。

 

先程の姿勢が続けば、お尻も垂れていくんです。

 

これは、先程の姿勢のままではお尻の筋肉が緩んでしまうからです。

 

理論的にはさっきと同じです。

 

左重心が続き、下半身が左に流れている方であれば、左のお尻がだるんだるんになりやすいです。

 

これって女性からしたら嫌じゃないですか?

 

私でも嫌ですから!

 

私もふとした時、右足に重心が傾き、下半身は右に流れています。

 

なので、左右でお尻の筋肉に差があります。

 

このアンバランスを整える為にも、右のお尻のトレーニングはより集中しています。

 

 

普段からも気を付ける意識も忘れていませんよ。

 

あなたも垂れたお尻にならないように気を付けてみてくださいね。

 

目指せ桃尻!!

 

レーニング

 

太ももの外側の筋肉を鍛えて予防していきましょう。

キープ系で、安定性を出していきましょう。

※下にある足を鍛えます

 

 

 

収縮させて、外側の筋肉を鍛えて使えるようにしていきましょう。

※上にある足を鍛えます

 

立つことの多い方は、左右に重心がずれ過ぎていないかチェックしてみてくださいね。

 

==========

 

姿勢が気になるので、

藤野のトレーニングを1度体験してみる

↓↓

毎月先着1名のみ

 

タグ :            

下肢 姿勢

『料理人見習い』が抱える身体の悩みとは?? 147

 


『全国から身体の痛みで不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

理人見習いの悩み

 

料理人見習いの方々に注目していきます。

 

一流の料理人目指して日夜励んでいることだと思います。

 

見習いの間は、料理を作るというよりも雑用が多いイメージです。

 

そんな料理人見習いのみなさんはどんな悩みがあるのでしょうか?

 

らではの悩み

束時間が長い

 

 

見習いの立場なので、雑用はすべてやらなければなりません。

 

まぁ、これも修行の一部ですよね。

 

皿洗い・掃除・洗米・ゴミ出しなど。

 

身体ももちろんですが、神経までクタクタになります。

 

朝早く~夜遅くまで。

 

疲労が続き、朝の寝坊が怖いです。

 

ごしらえ

 

 

料理には下ごしらえという過程がありますよね。

 

これも見習いのお仕事。

 

ここをしっかりやっていれば技術は必然的に上がっていきますよね。

 

でも、この下ごしらえ結構きついんです。

 

だって、1個や2個じゃないんですから。

 

お客様に出す食材すべてやらないといけないんですから。

 

この下ごしらえで、手首・肩が痛くなります。

 

さらに、腱鞘炎にもなりやすいんです。

 

靴!?

 

 

場所によるかもしれませんが、今回の見習い場所では、長靴を履かないといけないみたいです。

 

この長靴が意外とやっかいなんですって。

 

普段履きなれていないので、歩くだけで疲れるんです。

 

さらに、水虫になる人が続出するんだとか。

 

調理器具は重い

 

 

食材の入った鍋は重たいです。

 

でも物によっては、移動させたりしないといけないときもあります。

 

そんなとき、ボタン一つで移動してくれればいいんですが、まだそれは無理みたい。

 

己の肉体で運ばなければいけません。

 

こぼさないように慎重に。

 

こぼしたら料理長の目が怖いです・・・

 

も多い悩み

料理人見習いの悩みで多いのは?

 

No.1・・・『手首』

 

No.2・・・『足』

 

No.3・・・『腰』

 

決策

束時間が長い

 

これはもう避けようがないですよね。

 

また、身体の使い方を変えればいいとかではない気がしますね。

 

 

言うとするなら、疲れるときこそ身体を動かしましょう!

 

仕事の疲れと、トレーニングの疲れは体感するとわかりますが違いますよ。

 

是非、トレーニングの疲れを味わいながら身体を頑丈に作っていきましょう!

 

ごしらえ

 

これも避けては通れない道ですよね。

 

家庭で作るレベルの話じゃないですもんね。

 

量が量ですもんね。

 

手首や肩に負担が掛かるのは当然です。

 

さらに、見習いの方はまだ包丁などに慣れていません。

 

ということは『余計な力を入れ過ぎ』ということも考えられますよね。

 

包丁などに慣れたら少し楽になるかもしれません。

 

また、まな板に対しての姿勢も悪いのかもしれません。

 

 

この写真の姿勢は疲れる立ち方です。

 

では何が悪いのでしょうか?

 

見習いでもプロなのでないとは思いますが、まな板に対して真っすぐに立っては疲れやすいんです。

 

右足を一歩引き身体を斜めにすることで、包丁の向きは真っすぐになり余計な筋肉を使わなくていいんです。

 

こんなちょっとした工夫が1日の疲れ方を変えてくれますよ。

 

靴!?

 

履きなれていないものは疲れますよね。

 

この原因は、サイズが合っていないという点と重たいという点かと思います。

 

サイズが合っていなけれガバガバ。

 

この場合は、無意識に脱げないように足首を使ているから疲れます。

 

サイズの合ったものを履きましょう。

 

また、重たければずっしり感。

 

この場合は、単に重たいので足が疲れます。

 

筋肉をつければいいのですが、足裏もうまく使えていないかもしれません。

 

 

本来、足裏は複数の関節から成り立っています。

 

その関節たちが連結し、動いていくことで歩行できます。

 

ここがうまく使えなければ、足の筋肉を余計に使いがちです。

 

足指体操もやってはどうでしょうか?

 

水虫は・・・気を付けて。

 

調理器具は重い

 

これも何度も言ってますが、荷物を持つときと同じです。

 

ここの使い方をできない方が多いんですよね。

 

体の近くで調理器具を持つこと。

 

いや、無理ですよね。

 

だって、熱いんですもん。

 

 

鍋。

 

火傷してしまいます。

 

でも、体から離して持つと前かがみになりますよね。

 

この姿勢がさらに疲れを誘発してしまうんです。

 

やっぱり、体からなるべく離さないのがベストです。

 

ということは、工夫も大事です。

 

 

写真はトレーニング風景ですが、バーベルを鍋に変えてみましょう。

 

ここまで、しゃがまなくてもいいですが、足を開き、開いた足の間で鍋を持ちましょう。

 

体の重心線により近づけて。

 

レーニング

 

先程言ったように、足指体操して疲れにくい足を手に入れましょう!

 

 

まずは、基本の足の動きから動かしみましょう。

※クリックすれば拡大します。

 

 

次に、足でジャンケンをしてみましょう。

 

足裏のトレーニングに繋がります。

 

トレッチ

 

 

ストレッチポールという道具を使って全身を伸ばしていくのはどうでしょうか?

 

立ち仕事+歩き仕事+重たい物を運ぶ+細かい作業+不眠不休

 

何重苦なんでしょうか。

 

全身がお疲れです。

 

この道具は背骨に添って仰向けで寝るだけでも気持ちいい道具なので、もしよかったらこれで全身ほぐしてみてはいかがでしょう?

 

ない場合は、バスタオルなどを丸め代用してもいいかもしれません。

 

とめ

・疲れる時こそ、トレーニング

 

・立ち方を工夫する

 

・サイズの合った長靴を

 

・足裏のトレーニングをする

 

・ストレッチポールを使ってみる

 

・鍋の持ち方を工夫する

 

・火傷に注意

 

一流の料理人になって美味しい食事楽しみにしています!

 

 

タグ :      

様々な職業の悩み

『スタンドのマスター』が抱える身体の悩みとは?? 143

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

タンドのマスターの悩み

 

今回は、夜のお仕事の悩みです。

 

スタンドで働くマスターの悩みに注目していきます。

 

飲み屋の悩みは色々と出てきそうですね。

 

ちなみに今回のマスターはダンディというよりは、コメディよりの方です。

 

マスターのキャラによっても悩みが変わりそうです。

 

らではの悩み

ちっぱなし

 

 

狭いカウンターで、お客様の注文を待ちます。

 

また、お客様とお話もしていきます。

 

どんな時も立ちっぱなしですよね。

 

お客様が絶えなければ、ずっと立っているんです。

 

だから、足や腰に疲労がたまっていくんですよ。

 

みすぎる

 

 

お客様と一緒にどんどん飲んじゃうタイプのマスターの悩みです。

 

来店されるほとんどのお客様と一緒にグビグビ。

 

そのおかげで、お酒は恐ろしく強いです。

 

でも、声は枯れちゃいます。

 

調子に乗りすぎて、ヘマをすることも・・・

 

Dで動く

 

 

狭いカウンターに立ちっぱなしと言いましたが、注文が多ければ動き回ります。

 

上も下も前も後ろも。

 

手が届く空間は、すべてマスターエリアです。

 

しゃがんだり、背伸びしたり、捻ったりと結構身体動かします。

 

同時に肩や腰に負担が掛かるんですよ。

 

悩み相談

 

 

お客様と一緒に盛り上がり、お酒もガンガンいきます。

 

でもやっぱり人に悩みはつきものです。

 

お悩み相談も後を絶ちません。

 

聞くばかりのマスターもストレスを抱えていきます。

 

『こっちも悩み聞いてほしい!』

 

と、心で密かに思いながら話を聞いていますよ。

 

 

も多い悩み

スタンドのマスターの悩みで多いのは?

 

No.1・・・『腰』

 

No.2・・・『足』

 

No.3・・・『肩』

 

決策

ちっぱなし

 

 

お酒が入った状態での立ちっぱなしは辛いものがありますよね。

 

でも、この立ちっぱなしの悩みは本当に多いです。

 

基本仕事って、立ってやるか・座ってやるかですからね。

 

この悩みはどの職業にも当てはまるでしょう。

 

しかし、絶対に疲れない立ち方なんてありません。

 

ということは、疲れにくい身体を作るしかありませんよ。

 

身体は年々老いていくのが事実です。

 

つまり、疲れやすい身体に年々なっているんです。

 

まずは、自分の身体と向き合いトレーニングすることも必要ですよ。

 

老いていく過程に身を任せたままでは、疲れやすくなるだけかもしれませんよ。

 

みすぎる

 

飲みすぎも程々にしてくださいね。

 

毎日飲んでいれば身体への負担も大きいですからね。

 

Dで動く

 

 

確かに、狭いカウンターの中で立っているだけではなく、バタバタしているときもありますよね。

 

下半身を多く使いそうですね。

 

肩は、上のものを取るときなどに使うんでしょう。

 

マスターエリアを上手に使うためには、やっぱり下半身を使えるといいかと思います。

 

上の時は、背伸びをしてふくらはぎ。下の時は、屈伸で太もも。

 

などといった感じで使っているはずです。

 

また、上手にバタバタすることも大切です。

 

しゃがむときは、腰からではなく、先程言ったように屈伸するとか。

 

物を取ったり運んだりするときは、必ず身体の正面で作業するとか。

 

何度も言っているように、横着をしないことも大切だと思いますよ。

 

悩み相談

 

これは、仕方ありません。

 

スタンドのマスターには色々と相談したくなるものです。

 

しっかり聞いてあげてください。

 

もちろん、マスターも吐き出す場所を探してください。

 

趣味に没頭したり、気持ちをスッキリさせましょう!

 

また、下半身の筋肉を鍛え刺激していくと頭もスッキリしますよ!

 

レーニング

 

 

下半身!!ここを鍛えないとね。

 

今回は『サイドランジ』をご紹介します。

 

普通のスクワットと違い、横に出した足をメイン鍛えていきます。

 

さらに、太ももでも内腿にも効いてきます。

 

ここの筋肉って普段全く意識できてないと思うんですよね。

 

でも、意識できれば立つときには意外と役に立つんですよ。

 

このトレーニングだけで、完璧に使えるようになるかと言えば難しいですが、筋肉を意識することにはなると思います。

 

結構きついものがありますが、是非試してみてください。

 

トレッチ

 

 

写真のように身体を捻ったストレッチもいいと思います。

 

普段から捻る動作は少ないはずですので、急に捻ったりすれば身体はびっくりするかもしれません。

 

だったら、普段から身体を捻るストレッチをして、捻る筋肉たちに少しでも刺激をいれて準備しておきましょう。

 

これも、身体が壊れない為の予防です。

 

とめ

・疲れにくい身体をつくる

 

・飲みすぎも程々に

 

・下半身を上手に使う

 

・横着な作業は極力避ける

 

・サイドランジで下半身+内腿刺激する

 

・捻るストレッチをする

 

これからいいお酒楽しみにしてます!

 

タグ :          

様々な職業の悩み

『生協の冷蔵庫作業者』が抱える身体の悩みとは?? 136

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

協の冷蔵庫作業者の真実

 

生協は食品を扱う会社です。

 

ドライバーもいますが、大きな冷蔵庫・冷凍庫の倉庫内で作業をする人たちもいます。

 

今回は、ドライバーではありません。

 

寒い極寒の中、作業している方に注目してみたいと思います。

 

冷蔵庫・冷凍庫内では一体どんなことをするんでしょうか?

 

 

らではの悩み

にかく寒い

 

 

食品の鮮度を保つため、倉庫内は冷蔵庫並みに寒いです。

 

つまり、冷蔵庫の中に入って作業しています。

 

『冷蔵庫』の中には『冷凍庫』もあります。

 

冷凍庫は地獄です。

 

あまり長い時間作業できないので、時間との勝負です。

 

鼻毛もまつ毛も凍ります。

 

指先の感覚は徐々になくなっていきます。

 

夏の暑い日は冷蔵庫内から出たら幸せですが、

 

冬の寒い日は、中も外も地獄です。

 

物を取る

 

ピッキングという作業があります。

 

指定された商品を棚から取り出し箱に詰めていきます。

 

 

すべての生協がそうなのかわかりませんが、今回聞いた話です。

 

コンベアで空箱が流れてきます。

 

その空箱が自分の担当エリアを通過すると目の前にある棚が光ります。

 

その光った棚の商品を流れる空箱に入れていくという流れみたいです。

 

自分でわざわざ歩いて倉庫内を探さなくていいので簡単ですね。

 

ここは、ほとんど立ち作業です。

 

作業が楽になった分、ほぼ立ったままなので、ふくらはぎを中心に下半身が疲れます。

 

物を乗せる

 

 

先程の箱に詰めた商品を台車に乗せていきます。

 

ここが最もきついんですよ。

 

さっきのピッキングが幸せに感じます。

 

商品がパンパンに入った箱が次から次へとエンドレスに流れてきます。

 

その箱を重ねながら積んでいくんですよ。

 

だから高くなればなるほど辛いです。

 

高くなれば腕がプルプル・・・

 

さらに、コンベアから台車へ中腰から腰を捻って積んでいくので、ぎっくり腰になる方も多いんだとか。

 

全靴

 

つま先のところに指を挟まないように、金具が入っています。

 

これって普通の靴と違って疲れるんですよね。

 

指も窮屈ですし。

 

指や踵が痛くなったりします。

 

 

も多い悩み

生協の冷蔵庫作業者の悩みで多いのは?

 

No.1・・・『寒い』

 

No.2・・・『腰』

 

No.3・・・『ふくらはぎ』

 

 

決策

にかく寒い

 

温度を上げることはできません。

 

なので、自分から寒さを防ぐしかありません。

 

 

重ね着にしたり、カイロを貼ったり、温かい飲み物を飲むなども方法もひとつの手ですよね。

 

でも根本的なとこから寒さ対策していきましょう。

 

特に女性は、冷蔵庫に入っていなくても指先が冷えている方が多いですよね。

 

いわゆる『冷え性』です。

 

ここを改善して、内から温まりやすい身体づくりをするとよりいいと思いませんか?

 

『冷え性+冷蔵庫』より『内からポカポカな身体+冷蔵庫』ではどちらがいいですか?

 

食事の改善もひとつの手ですが、筋肉アップも目指しましょう!!

 

筋肉アップすることで、血流もよくなり、基礎代謝もアップ!!

 

あと注意してほしいことは、無理なダイエットをしないことです。

 

ご飯を食べないで痩せる!とかして無理をすれば、冷えやすい身体づくりとなってしまいます。

 

物を取る

 

立ち仕事は足が疲れやすいですよね。

 

人にはクセがあります。

 

 

重心の位置が常に右だったり、左だったり、前だったりと色々あると思います。

 

この重心の偏りも疲れに関係してくると思います。

 

右に重心が偏れば、右が疲れやすいですよね。

 

自分の重心位置を知るのもひとつの手かもしれませんね。

 

例えば、普段通りに立ちます。

 

その時に、前後左右の太ももの筋肉の張りを確認します。

 

固くなっていれば、その方向に重心が偏っています。

 

なので、左右前後の筋肉の固さが均等になる位置が筋肉をあまり使わない位置となります。

 

その位置を“身体に覚えさせる”ということもいいと思います。

 

物を乗せる

 

中腰から捻る動作は、ぎっくり腰になりやすい動作です。

 

捻るのではなく、必ず身体ごと向きを変えましょう。

 

これがぎっくり腰予防です。

 

下半身を使うことも予防に繋がりますよ。

 

全靴

 

 

指の動きが悪くなっています。

 

安全靴を脱いだら、指を動かしたり、指を回したりしましょう。

 

動かさなければ、どんどん動きが悪くなっていきます。

 

動かすということを忘れないように。

 

レーニング

 

冷え性対策として、下半身を鍛えていきましょう!

 

ここでは『ふくらはぎ』を鍛えます!

ふくらはぎはポンプ作用もあるので、ちゃんと機能すれば血流アップにも繋がります。

 

 

上の写真のようにつま先立ちをすることで、ふくらはぎは鍛えられます。

 

 

また、上の写真のように座るなどして膝を曲げてつま先立ちをします。

 

そうすることで、ふくらはぎのインナー部分が鍛えられます。

 

アウター、インナーの筋肉をしっかり鍛えて、身体をポカポカにしていきましょう。

 

トレッチ

 

足の指を動かし伸ばしていきましょう!

 

自分の手で、足の指を丸めたり、反らしたりして伸ばしていきましょう。

 

また指をひとつずつ回したりしていきましょう。

 

手を使わずに、足の指の力だけで丸めたり、反ったりして動かしていくのも効果的です。

 

 

とめ

・筋肉をつけて、内からポカポカさせる身体づくり

 

・ふくらはぎを鍛える

 

・足の指を動かし伸ばす

 

・自分の重心位置を知って、覚えさせる

 

・下半身を有効に使ってぎっくり腰対策

 

仕事とうまく付き合いながら身体と向き合っていきましょう!!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :            

様々な職業の悩み

『そごう(百貨店)の精肉店販売員』が抱える身体の悩みとは?? 133

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

そごう(百貨店)の精肉店販売員の真実

 

あなたは、お肉をどこで買いますか?

 

スーパーで売られているお肉ですか?

 

それとも、精肉店で買いますか?

 

今日は、そごう(百貨店)精肉店の販売員の方のお悩みです。

 

どんな悩みがあるのでしょうか?

 

 

ならではの悩み

足がパンパン

 

立ち仕事だから足がパンパンになります。

 

って思いませんでした?

 

実は、違うんですよね。

 

立ち仕事以上に足がパンパンに疲れる原因があるんです。

 

それは、注文されたお肉を取るときなんですよ。

 

そこ疲れるの!?

 

って思われた方は想像してみてください。

 

『あのお肉を○○グラムちょうだい』

 

と注文を受けたあとの店員さんの動作を。

 

それはそれは、恐ろしいことに・・・

 

スクワットしてるんですよ。

 

しかもフルで。

(最後までしゃがむこと)

 

下の商品をたくさん注文されたら休憩させて。

 

が肥える

 

毎日新鮮なお肉を取り扱っているので、お肉に関しては目が肥えます。

 

 

そんじょそこらの焼き肉店には連れて行かないで。

 

ベテランになれば、見るだけでグラムまでわかります。

 

も疲れる

 

足以外にも肩も疲れます。

 

疲れるのは、商品をお渡しするときです。

 

数百グラムかもしれませんが、ずっとやっていれば疲れます。

 

スーパーのレジと違ってお渡しする場所が高いんですもん。

 

背の低女性なら尚更かもしれません。

 

届かない場合は、背伸びまでしてお渡ししますよ。

 

まで

 

精肉店も商売です。

 

セールの時があります。

 

ここぞとばかりに販売員の方は、声を出します。

 

 

『いらっしゃいませーーーー』

 

元気な方ほど、声が枯れます。

 

 

も多い悩み

そごう(百貨店)精肉店販売員の悩みで多いのは?

 

No.1・・・『足(太もも)』

 

No.2・・・『ふくらはぎ』

 

No.3・・・『肩』

 

 

決策

がパンパン

 

どうしても先程言ったように、足は嫌でも使います。

 

帰宅後のストレッチ有効だと思います。

 

また、太ももの筋肉のみ使いすぎる傾向にあります。

 

お尻の筋肉も有効に使えてくると、また違ってくるかもしれません。

 

例えば、ただの屈伸ににしても

 

内股で立ち上がるのか?がに股で立ち上がるのか?

 

だけでも筋肉の使い方が全然違ってきます。

 

が肥える

 

いいお肉を出してくれるお店を紹介してください。

 

も疲れる

 

これも“足がパンパン”になると同じになりますが、一部の肩の筋肉のみ使い過ぎです。

 

肩を持ち上げる際に、背中の筋肉から持ち上げる意識も必要かと思います。

 

筋肉は共同で働いてくれます。

 

背中の筋肉を意識できるようになれば、今よりは楽になるでしょう。

 

ちょっと難しいですけどね・・・

 

毎日やる動作なんですから、意識!意識!です。

 

まで枯れる

 

私は、歌手ではないので喉に関しては詳しくわかりません。

 

 

カラオケに行っても全然声が枯れない方にアドバイスもらいましょう。

 

私から言えるとしたら、腹式呼吸胸式呼吸があります。

 

ここの使い方も大事になってくるんだと思いますよ。

 

例えば、お腹だけに意識して呼吸できますか?

 

胸郭(胸)だけに意識して呼吸できますか?

 

ここでの意識と言うのは、その部位だけを膨らましたり凹ましたりできるかどうかです。

 

気になる方は試してみてくださいね。

 

意外と難しいですが、できるようになるだけで身体の柔軟性もでてきますよ。

 

レーニング

 

色々するところが出てきましたが仕事上、足が一番疲れるようなので

 

『お尻』に注目してトレーニングしてみましょう!

 

お尻って本当にたくさんの筋肉があるんですよね。

 

角度を少し変えるだけで筋肉の働きもコロっと変わるんですよ。

 

 

四つん這いから片足を真横に広げながら上げていきます。

 

膝の角度は変えないように。

 

お尻のくぼみ辺りがきつくなればオッケーです。

 

もしくは、

 

 

写真のようなトレーニングも有効です。

 

ふたつとも簡単なので、是非お試しください。

 

トレッチ

 

ふくらはぎをストレッチしていきましょう。

 

スクワットのように、屈伸運動が多いとはいえ立ち仕事ですもんね。

 

ここも伸ばしておきましょう。

 

 

足を前後させ、後ろの足は踵をしっかり床につけておきます。

 

つま先は前に向けたまま、ゆっくり前に重心を移動させていきます。

 

これでふくらはぎのストレッチ。

 

写真のようについでに上半身も伸ばしてもオッケーですよ。

 

 

とめ

◆お尻の筋肉を鍛える

 

◆背中の筋肉を意識する

 

◆ふくらはぎをストレッチする

 

◆腹式・胸式呼吸を試してみる

 

◆いいお肉を出す店を紹介する

 

仕事とうまく付き合いながら身体と向き合っていきましょう!

 

タグ :          

様々な職業の悩み