運動 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【老化】体力が減る原因は関節の“捻り”不足!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「体力がなくなってきたな~」
「若い頃のようには動けないな~」

 

なんて感じたことはないですか?

 

実はこの原因、筋力などだけではなく、「捻じる」動きが不足しているのかもしれませんよ!?

 

体力と捻じりの関係

 

人間の動作的に、老化と共にまず「捻じる」動きを失っていきます。

次いで「伸ばす」機能となります。

 

そもそも捻じるって何?って話しですが、

 

=====
関節全ての捻じる動きが減ってくる
=====

 

ってことです。

 

例えば股関節。

歩いている時に足を大きく前後しているように見えますが、実は股関節の捻じれが若干入ります。

また、しゃがんだり、座ったりする日常の何気ない動作にも股関節の捻じれは発生しているんです。

 

と言うことは、股関節の捻じれがなくなれば、日常生活内でも股関節に負担が掛かりやすくなるということ。

 

負担が掛かると言うことは、必然的にエネルギー消費量が増えますから、体力をたくさん使ってしまいます。

 

つまり、捻じれ機能がなくなると、

 

=====
身体を動かすエネルギー量が増えてしまい、体力を消費しやすくなる
=====

 

と言うことに繋がります。

同じ距離を歩いたとしても捻じり機能の差で疲労感は変わってくるんです。

 

体力を向上させるコツ

 

 

当然ながら体力(=持久力)を上げる必要性は必ずあります。

そこは今回置いておいて、《エネルギー消費量を減らす》という観点から。

 

冒頭でも説明したように、関節の捻じれ機能の衰えはイコール体力の低下に繋がります。

それはエネルギー消費量が必然的に増えるからです。

 

と言うことは、関節の捻じれ機能を復活させてあげればいいんです。

 

例えば、いつもやるストレッチに「捻じる」という動きをつけてあげる。

 

もう最初はこれだけでいいんです。

今まで捻じるという概念がなかったはずですから、今度から意識してみてください。

自分がいかに捻じることが不得意化がわかると思いますよ。

 

まとめ

 

 

何歳になってもとにかく捻じること!これを忘れないようにしましょうね。

 

ちなみにですが、30歳を超えた時点で身体的機能は低下していますから、若くても早めに取り組むべきことですよ。(厳密に言えば20歳から衰えますが、まぁ大目に見て30歳としておきましょう(笑))

 

体力向上には、関節の捻じり機能を復活させることがポイントになってきますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【江波集会所】認知症予防の講演会を開催!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日江波集会所にて、『痛み知らずな体づくり&認知症予防』をテーマにお話しさせて頂きました。

 

この場所でお話ししたのは、ちょうど2年前。

 

僕も前回よりかは多少なりとも認知症の知識が増え、より細かくお伝えしようと思い、資料を作成。

 

当日は、笑いありの講演会となり、認知症予防のことを少しは理解して頂けたかな?と話していて感じました。

 

認知症とは?


 

認知症はいわゆる『物忘れ』だけではなく、他の要素が組み合わさって認知症と言う症状が発生するんです。

今回江波集会所でお話しした内容で言えば、

 

=====
空間のトラブル/注意のトラブル
=====

 

「どういうこと?」と思われた思います。

認知症の一部の症状で、

 

=====
空間→物の距離感がわからなくなる
注意→考えとは別の行動をしてしまう
=====

 

ということです。

認知症の症状の中でよく見受けられますよね。

具体例を挙げれば、

 

=====
空間→ドアノブなどに腕をぶつけてしまい、知らぬ間に痣が出来ている
注意→口で言っていることと行動が伴っていない
=====

 

この例以外にもあると思いますが、こんな感じで《空間》《注意》のトラブルが発生するのも認知症の症状の一部です。

 

認知症予防

 


(3ヶ月に1回行うオレンジ(認知症)カフェ風景)

今回江波集会所で行った認知症予防の体操例は、

 

=====
・お手玉→色々ばバリエーションで投げたり取ったりすることで、空間トラブルの予防に繋がる
・手足じゃんけん→不規則なじゃんけんを行うことで、注意のトラブル予防に繋がる
=====

 

これは今回行った一例ですが、認知症予防の体操は「どのトラブルを目的にに体操をしているのか?」も考え行うようにしています。

 

一概に物忘れだけでは片付けられないものですもんね。

 

まとめ

 

 

僕は認知症の専門家ではないので、知識は浅いと思いますが、最近は認知症予防のお手伝いができたら多くできたら嬉しいと思っています。

 

ありがたいことに現在開催している教室なども「教室の回数を増やしたい」と立て続けにご相談を受けています。

 

今後も認知症予防の体操に力を入れていこうと思います。

何か僕でお役に立てそうなことがあれば、お声掛けください。

認知症予防体操を広げましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【危険】ロコモティブシンドロームになるとどうなるのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

ロコモティブシンドローム(以下ロコモ)とは、

 

=====
運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態を 「ロコモティブシンドローム」=ロコモといいます。

ロコモティブシンドロームとは、英語で移動することを表す「ロコモーション(locomotion)」、移動するための能力があることを表す「ロコモティブ(locomotive)」からつくった言葉で、移動するための能力が不足したり、衰えたりした状態を指します。ロコモとはその略称です。

人間が立つ、歩く、作業するといった、広い意味での運動のために必要な身体の仕組み全体を運動器といいます。運動器は骨・関節・筋肉・神経などで成り立っていますが、これらの組織の障害によって立ったり歩いたりするための身体能力(移動機能)が低下した状態が、ロコモなのです。ロコモが進行すると、将来介護が必要になるリスクが高くなります。

要支援、要介護になる原因のトップは転倒、骨折や関節の病気など運動器の故障であることはあまり知られていません。
※ロコモONLIN引用
=====

 

になります。

要は、身体機能の低下で日常生活に支障が出るってことです。

 

そしてロコモになるには流れがあります。あなたは当てはまっていませんか?

 

ロコモの流れ


 

ロコモ=身体機能の低下なので、初期段階としても身体機能の低下になるきっかけが当然ながら存在します。

 

=====
①骨・関節・筋力の衰え
→骨粗鬆症・骨折/変形性関節症・脊柱管狭窄症/サルコペニア・神経障害など

②痛み・バランス能力の低下・可動域制限
→腰や膝などに痛みが発生すれば必然的に体を動かす機会が減ります。すると身体機能は低下する一方

➂移動能力の低下
→歩行。つまり生活水準の低下です。人間は歩く生き物ですので、歩くことを奪われると一気に全てが低下していきます

 

④寝たきり(要介護)
→字のごとく、自分では動けない状態のことを言います。立ち上がり、歩行は介助なしにできず、要介護・要支援
=====

 

余談ですが、➂辺りまで進展してしまうと認知症になるリスクも一気に高まります。

 

身体も頭も繋がっていますから。身体機能の低下は認知機能の低下に直結するんです。

 

ロコモ予防

 

 

ロコモ予防は、《習慣的な運動》をすること。

これがシンプルでかつ一番重要なことです。

 

結局ロコモは身体機能の低下ですので、身体機能を向上させるしかないんですよね。

 

また身体機能低下が『痛み』によるものであれば、その痛みを改善させるのが先になります。

 

=====
・身体機能の低下→習慣的な運動
・痛み→痛みの改善→習慣的な運動
=====

 

という流れが必要になってきます。

 

まとめ

 

僕は講演会などを通し、ロコモの危険性を訴えてきました。

年齢を重ねる段階で何も対策を実行しなければ、正直全員ロコモになります。

 

ただ何歳からでも対策はできます。

ただし、年齢を重ねる前段階から対策をしている方の方が、圧倒的に改善率が高いのが正直なところです。

 

でも諦めたらそこで終了ですが、諦めなければ数パーセントでも可能性はありますよ。

 

実際に僕のお客さんの中には、90代80代70代の方々が多くいるわけで、何歳になっても身体機能は運動を始める前よりは必ず向上しています。

当然年齢的にも痛みを抱えている方も多いわけで、痛み改善が先の場合もあります。

 

諦めるのか?諦めないのか?

 

そこは本人の意思ですが、諦めないを選択されたのであれば、僕は全力でサポートさせて頂きますよ。

 

90代で心筋梗塞入院?今では歩けるまで回復しています。
80代で脊柱管狭窄症?今では重りを持ってスクワットができています。
70代でヘルニア?今ではダンスだって踊っています。

 

どこが人生の分岐点になるのか?

 

それはあなたの心の中にある、意思次第です。

 

ロコモになって寝たきりになるのか?

死ぬまで手を借りずに生きられるのか?好きなことが出来るのか?

 

これを読んでいるまさに今、あなたの選択・選別は始まっていますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :              

ロコモティブシンドローム

【広島】脳トレチャンネル開設しました!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

広島の複数施設で脳トレを含む、ストレッチや筋トレを指導しているので、改めて脳トレ専用のチャンネルを開設しました。

 

https://www.youtube.com/channel/UC1f3OnXItHW3j1HxBcqT4Ug

 

まだ動画投稿はしていないのですが、よろしければチャンネル登録してくださいね。

 

今後は、『身体を動かす脳トレ』をメインに動画投稿していきます。

 

最近テレビなどでも脳トレが多くありますが、正直それでは物足りないんです。

 

テレビなどは頭のみを使いますよね。

でも脳トレは頭と体を一緒に動かすことでより効果が高いんです。

 

このチャンネルでは、効果の高い脳トレかつ楽しい脳トレを提供していきます。

 

ご高齢者の方もYouTubeを見る機会が増えた今、YouTubeでも脳トレをご紹介すれば見てくださる方が多いのでは?と思っています。

 

今までのメインチャンネルも一定の登録者がいますが、脳トレ専用のチャンネルも視聴者が増えてくれればうれしいです。

 

そうなるためにも今からどんどん投稿していこうと思います。

今のうちにチャンネル登録してくださいね。

 

広島の脳トレと言えば藤野ですよ~!!

 

https://www.youtube.com/channel/UC1f3OnXItHW3j1HxBcqT4Ug

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

トレーニング動画

【介護】意外と知らない認知症の世界を知ろう!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日、お義母さんから『認知症世界の歩き方』の本を貸して頂き、読んでみると、今まで自分が知らなかった部分が色々と出てきたんです。

 

仕事柄ご高齢の方々をグループで指導する時、認知予防の脳トレなども行うのでトレーニングの参考にもなり、個人的に勉強になったんで、ここでもシェアしていこうと思います。

 

箇条書きにはなりますが、『認知症の世界の歩き方』の内容に沿ってかき出していきたいと思います。

あなたにも少しでも参考になれば。

 

認知症の世界の歩き方

 

『認知症の世界の歩き方』に書かれていた日常的なトラブル一覧を書き出していきます。

詳細は本を買って読んでみてくださいね。

でも一覧だけでもヒントになると思いますよ。

 

記憶のトラブル

 

・体験や行為を記憶できない
・知識・譲歩を記憶できない
・見聞きしたこと、考えたことが瞬時に記憶から消え去る
・目に見えないものを頭の中で想像できない
・見聞きした話、情報を否定的に解釈してしまう
・誤りや事実でないことを正しいこと、事実を思い込んでしまう

 

言語のトラブル

 

・抽象的言語、概念、記号の表す意味を想起できない
・固有名詞からその内容やイメージを想起できない
・使い慣れた日常単語、漢字、記号を想起できない
・文法、複数の単語の組み合わせを理解できない
・自分の考えを言語化できない

 

五感のトラブル

 

・うつ、不安状態、怒りっぽくなる
・人の顔を正しく認識できない
・形や大きさを正しく認識できない
・暖かい色の差異を識別できない
・体性感覚が鈍感になる
・味覚や嗅覚が鈍感になる、感じなくなる
・体温や汗の調節ができなくなる
・視界の範囲が限定される、狭くなる
・頭と身体が短時間で疲れやすい
・視覚、聴覚、嗅覚が鈍感になる

 

幻覚のトラブル

 

・あるはずのないものが見える、違うものに見える
・静止しているものが動いて見える
・聞こえるはずのない音が聞こえる
・におうはずのない匂いがする

 

時間のトラブル

 

・完了済みの経験や事象を現在進行形のものだと思い違える
・時間経過の感覚が乱れる、失われる
・24時間の時間感覚が失われる
・眠りにつけない、深く長く眠れない

 

空間のトラブル

 

・対象物との距離を正確に把握できない
・モノや空間の奥行きの存在を認識できない
・自分の身体の位置や動きを適切に認識できない、動かせない
・左右や東西南北など方向感覚が失われる
・平面(二次元)の情報から空間(三次元)をイメージできない
・空間全体や位置の把握に必要なランドマークを記憶できない

 

注意のトラブル

 

・自分の思いとは異なる行動をしてしまう
・聞くべき音、見るべきモノに集中できない
・複数のことを同時に実行できない
・特定のモノ・コトに目・耳・思考が固執し、他に注意を向けられない

 

手続きのトラブル

 

・簡単な数の計算ができない
・小さな環境変化に柔軟に対応できない
・慣れ親しんだ手続き・習慣を想起・実行できない
・複数のモノ・コトから正解や最適解を選択・判断できない

 

まとめ

 

 

以上認知症の43のトラブルでした。

 

これらが出てくれば日常生活で困ることが増えると思います。

 

ですが、認知症の方が全員同じ症状とは限りません。

上記トラブルが複合したり、もしくは少し変化した症状が表れるかもしれません。

 

認知症になった(初期症状が伺える等)場合、突き放すのではなく、寄り添い理解することも重要なんだと思います。

 

現場で応用させながらトレーニングなどに活かしていきます。

参加予定の方はお楽しみください。

 

もし認知症に興味が湧いてきたのなら『認知症世界の歩き方』を是非読んでみてくださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :               

日常

【質問】運動は何からすればいいですか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

以前「いつから運動を始めたらいいですか?」という質問を頂き、回答しました。

 

https://note.com/fujino_masato/n/nb0273d0b0f81

 

すると次に「運動は何からすればいいですか?」という質問を頂きました。

 

運動って何から始めたらいいんですかね?そこについてお答えしていきます。

 

運動の始め方

画像1

 

このご質問も先に回答から延べますと、

 

=====
何でもいい
=====

 

です(笑)強いて言うのなら、

 

=====
自分が続けやすい強度・種目から入る
=====

 

とより持続性が増し、運動の効果が期待できると思います。

当然ながら何を目的に運動するのか?も重要になってきますけどね。

 

おすすめの運動

 

 

僕のおすすめの運動の始め方(種目)は、

 

=====
・スクワット
・ウォーキング
=====

 

いつでもどこでも始められるのが、最大のメリットですね。

しかも簡単で効果の絶大な種目でもあります。

 

=====
スクワットは全身の筋肉を鍛え、ウォーキングは全身の筋肉+体力向上
=====

 

言うことなしですね。

 

「運動は何からすればいいですか?」と聞いておいてやらないのはダメですよ(笑)

 

まとめ

 

 

「運動は何からすればいいですか?」というご質問の回答は、

 

=====
何でもいいから今日から始めましょう。僕のおすすめは、いつでもどこでもできるスクワットやウォーキング
=====

 

さぁ今すぐ始めよう!!そういえば、スポーツの秋だ!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【質問】いつから運動を始めればいいですか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「先生!最近涼しく(少し肌寒く)なってきたので、運動も本格的に始めようと思うすが、いつから始めるのがベストですかね?」

 

こういう「いつ?」とタイミングを聞いてくださる方は、少ないのですがいらっしゃいます。

 

運動って言うのは、タイミングを間違えば大変なことになります。

なのでタイミングは非常に重要です。

 

では、いつ運動を始めればいいのでしょうか?そこをお答えしていきます。

 

運動の始め方

 

運動を始めるタイミング・・・、とっても大切ですよね。

では早速結論から言ってしまいますと、

 

=====
今からすぐにでも始めるべき
=====

 

です。

ハッキリ言ってしまえば、タイミングなんてありません。

強いて言えば、思い立ったが吉日。

 

運動を始めたいなと思った日から始めてしまえばいいのです。

 

正直、運動を始めることにタイミングなんてありません。

いつでもいいのです。

 

始めるタイミングが遅れれば遅れるほど、老化で身体機能は衰えていきますから、それだけ運動を始めるのもしんどくなりますよ。

 

逆に1日でも早く始めてしまえば、そうでもありません。

 

=====
人間“今”が一番若いのです
=====

 

これだけはお忘れなく!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

トレーニング

【健康】歩く力は何歳になっても絶対に衰えさせてはいけない!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

『歩く』これは人生にとって最大のテーマかもしれません。

 

何故なら人間は、歩行する動物だから。

 

歩く力が衰えるということは、日常生活に大きな支障をもたらすことでしょう。

 

歩く力を見くびるな!

 

年齢を重ねるにつれ、筋肉なども低下し、必然的に歩く力は衰えますが、必要最低限、歩く力が弱くならないように気を付けなければいけません。

 

何かしらの怪我や病気などやむを得ない事情があれば仕方のないことかもしれませんが、それ以外《老い》で全くの寝たきりにならないように。

 

歩く喜び

 

 

僕のお客さんの中には『昔みたいに歩けるようになりたい!』と目標を掲げていらっしゃる方が数名います。

そしてこの間のその中のお一人から嬉しいお声を聞くことが出来たんです。

 

「先日数年ぶりにデパートに一人で行って、端から端まで歩いて買い物してきました」

 

この方は腰の怪我により、歩くことが難しくなり、ご自宅内ですら歩くのがしんどくなり、一人での外出では必ず電動車いすに乗って移動されていたんです。

 

それが一人で歩いてお買い物とは・・・。

ご本人も自信が付いたようですが、僕も同時に嬉しいです!!

 

何気なく、普段なんとも思っていない方が多いと思いますが、歩くことって凄く大切だし、何歳になっても歩ける身体に感謝するべきなんですね。

 

歩く力におすすめトレーニング

 

 

歩く力のためにオススメしているトレーニングは、《スクワット》です。

 

僕の中ではこのトレーニングは、必須科目。

歩くためにはスクワットを数十回こなさせる力も必要なんですよね。

 

実際に先程ご紹介した方も、最初はスクワットができず、あまりしゃがむこともできませんでした。

 

ですが数ヶ月経ち今では、太ももは床と平行になるぐらいまでしゃがめるし、10回×3セットもできてしまいます。

 

ちなみにご年齢は80代ですよ。天晴です!!

 

まとめ

 

 

歩く力が衰えないように、日々努力しましょう。

 

ちなみに年齢を重ねてもスタスタ歩けている方は、僕が見る限り日頃から《歩く習慣》がある方ばかりです。

 

さらに言えば、なぜか多くの方が登山も少しばかり(趣味程度)かじっている方ばかり。

 

これが年齢を重ねた時に、差が出るひとつの要因なんだろうなと感じました。

今からでも遅くはありません。歩く力を養いましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【運動連鎖】代償が代償を呼び痛みへと繋がる

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

人間どこかしらに痛みを感じている場合、ほぼみなさん代償運動が入っています。

 

代償運動と言うのは例えば、肩が痛くて上げにくいので、上げる時に身体を傾けながら上げたり、肩をすくめたりすることです。

 

こういった代償運動が入ることで、肩の痛みだけではなく、体幹部の痛みに、ましてや下肢の痛みに繋がることもあります。

これが代償の恐ろしいところです。

 

代償を考えよう

 

よくあるパターンで言えば腰痛です。

その中でも回旋動作を例に見てみましょう。

 

基本的に身体を回旋させる時、主に働くのは、『胸郭』『股関節』の2つです。

腰は動いていません。(腰椎は回旋5度しか動きませんので)

 

ですが、何かしらの原因で胸郭の動きが悪くなったとしましょう。すると股関節(と腰)に負担が掛かり始めます。

 

そうなると股関節は一人で全ての回旋動作を補うわけですから、股関節(お尻など)に痛みを生じてしまうわけで、最悪痺れに繋がります。

 

当然ながら逆も考えられますよね。

股関節の動きが悪くなれば、胸郭(と腰)に負担が掛かり始めます。

 

そうなると胸郭は一人で全ての回旋動作を補うわけですから、腰背移行部(背中など)に痛みを生じてしまうわけです。

 

そしてさらに最悪なのはここからで、『胸郭』『股関節』のどちらも動きが悪くなれば、次の代償を呼んでしまいます。

 

例えば、首に過剰な代償運動が入り、首と肩の凝りがしんどくなったり。

膝に過剰な代償が入り、膝の痛みに繋がり、歩くのがしんどくなったり。

 

これが代償の代償です。

 

この場合、首・肩が痛くても、膝が痛くても、患部ばかりみても意味がありません。

だってそこは代償の代償の結果だから。

 

根本に辿り着き、そこを見つけ治療していくと、代償連鎖は収まるので、まずは大小の根元を探さないといけないんです。

 

とまぁこんな感じで、代償は代償を呼び、痛みを呼んでいます。

 

まとめ

 

 

基本的に痛みは代償動作の結果です。

なので代償動作の根元を見つける作業を最優先で行うことで、治療もスムーズに進みますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

トレーニング

【健康】講演会で伝えた大切なこと

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

今日は祇園公民館で、「はつらつ健康体操」というタイトルで講演会を行いました。

 

60名近くの方が参加してくださり、感謝感謝です。

 

参加してくださった中には、久し振りにお会いする方・いつも教室に来てくださる方などもいらしており、和気あいあいとした感じで終始話すことが出来ました。

 

その中で、僕が開業してからずっと言い続けている《健康の定義》についてお話ししてきましたので、それをシェアしていきます。

 

健康の4カ条

 

講演会の中でもお話ししましたが、僕が大切にしている4カ条があります。

 

この4つを最低限守って頂ければ、周りの方よりも健康でいられると思っています。

それは、

 

=====
①筋肉を鍛えること
②関節を大きく動かすこと
➂長く続けること
④環境を作ること
=====

 

です。少しだけ詳しく説明すると、

 

=====
①筋肉を鍛えること
→筋肉は年齢と共に低下していくので、必ず鍛えないといけない

②関節を大きく動かすこと
→日常生活では関節をフルに動かすことはほぼないので、意識的に360度大きく動かす必要がある

 

➂長く続けること
→何事においても1日にして成らず。細くてもいいので長く続けることが大切

④環境を作ること
→人間関係の環境を作ること。人間一人では生きていけない(整体に通う・教室に通う・趣味友と集まるなど)
=====

 

あなたは守れていますか?

この4つは僕が掲げている健康でいたいのなら最低限守るべき4カ条です。

 

ひとつも当てはまらない方は、今すぐにでも何か取り組みましょう!!

健康のためにもね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

トレーニング

1 2 3 13