広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【O脚改善】O脚改善ストレッチ&トレーニングでO脚腰痛をスッキリ解消

 


 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

O脚の原因は、股関節内ももです。

ここを改善しなければ、O脚は中々治りません。

 

 

(本当は足首もありますが、それはまた今度・・)

 

 

そして、O脚であるが故に、

腰痛・膝痛・足が太いと言った悩みも出てきます。

 

 

今回のブログでは、O脚改善の方法(ストレッチ&筋トレ)をお伝えしますね。

 

 

  • O脚の原因とは?
  • O脚改善ストレッチ&トレーニング
  • まとめ

 

 

という流れでいきますね。

O脚が少しでも気になるのであれば、是非最後までお読みくださいね。

 

 

O脚の原因とは?

 

 

O脚にはO脚になる原因があります。

 

 

  • 股関節→股関節が内に巻き過ぎてO脚になる
  • 内もも→筋肉が弱すぎてO脚になる

 

 

というパターンが存在します。

股関節なんか、「外に巻くんじゃないの?」と思われると思いますが、逆なんです。

 

 

内に巻き過ぎた結果、O脚になります。

外に巻くというパターンもありますが、多くの方が内に巻き過ぎパターンです。

 

 

 

 

女性の場合、内股にすることが多いですが、これもO脚の原因のひとつとも言えますね。

こうなると、内ももの筋肉は使われなくなり、内ももダルダルになるわけです。

 

 

なので、股関節を外に捻り、内ももを使えるようにする。

これがO脚改善への一歩と言えます。

 

 

O脚改善ストレッチ&トレーニング

 

 

ということで、ストレッチ&トレーニングをご紹介します。

動画を見ながら参考にしてください。

 

 

 

 

O脚ストレッチ&トレーニングのポイント

 

 

【股関節のストレッチ編】

  • できる範囲で大きく股関節を広げます。
  • 余裕があれば上半身も反らしましょう。(※腰を強く反るのはNG!あくまで上半身)

 

 

【内もものトレーニング編】

  • 片足を後ろに引き、足全体を上に捻りましょう。
  • 腰に痛みがでない範囲をスタートポジションにしましょう。
  • 足首の力は抜きましょう。

 

 

どのストレッチ&トレーニングもそうですが、必ず効かせたい場所(部位)に効いているのか感じてください。

でないと効果は半減します。

 

 

まとめ

 

 

O脚は、股関節が内に捻じれ、内ももが弱くなっている。

だから、股関節を外に捻じり、内ももを強くする必要がある。

 

 

このポイントだけでも覚えておくと、日々の取り組み方も変わってきますよね。

腰痛・膝痛・足の太さを変えるには、O脚を変えましょう!

 

 

日々の積み重ねで体は変わっていきます。

頑張っていきましょうね!!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :         

腰痛

がに股歩行はもう卒業!?ガニ股改善するためのトレーニング①

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

がに股改善トレーニング

 

男性に圧倒的に多いガニ股。

 

 

意外と女性にもいますが、女性の場合高齢の方によく見られますよね。

 

 

がに股で歩き方が悪いと印象も悪いですし、体への負担も大きいです。

 

 

でもそのガニ股は改善することができます!

 

 

その改善方法は、3つあります。

 

 

その内の1つを今回はご紹介致しますね。

 

 

気になる方は動画をご覧ください。

 

 

(YouTubeのいいね・チャンネル登録が励みになります)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

 

公式LINE@

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

 

 

タグ :     

姿勢

【猫背】腰が丸まって痛い方の原因

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰が丸まって痛い方の原因

 

腰が丸くなっている方多いですよね。

 

 

僕の祖母は元気ですが、年々腰~背中が丸くなっています(^^;

 

 

 

 

座っていたりすると尚更ですよね。

 

 

それに、姿勢が崩れて猫背になっている方も同様に腰まで丸く・・・

 

 

しかも、腰が丸くなると、ガニ股(O脚)になりやすいんです。

 

 

腰痛だけじゃなくて、膝痛にも影響していきます。

 

 

それもだけど、ガニ股で歩きたくないですもんね。

 

 

で今回は、そういう方の特徴といいますか、弱くなりやすい筋肉をいくつか挙げていこうかなと思います。

 

 

逆を言えば、ここの筋肉を鍛えれば腰痛予防に効果的ってことですよ。

 

 

では、早速みていきましょう。

 

 

今回は2つの筋肉に絞りますね。

 

 

ココだけでもしっかり正しいトレーニングをすれば効果的だと思います。

 

 

①多裂筋
②内転筋群
 
 
この2つです。
 
 
「いや、どこの筋肉ですか?」
 
 
と思われたかもしれませんが、多裂筋(たれつきん)は、“腰”の筋肉。
 
 
 
 
内転筋群は、“内もも”の筋肉です。
 
 
 
 
この2つはセットで鍛えないとダメだと思ってください。
 
 
多裂筋が弱れば、内転筋群も弱っていくんですね。
 
 
細かく説明すると混乱するので要するに、「この2つの筋肉はセット」とだけ覚えておいてください(^^)
 
 
では、ひとつずつ解説していきますね。
 
 
多裂筋について
 
 
まずは、多裂筋の動きを説明します。
 

 

多裂筋の作用
脊柱の伸展・側屈・回旋
椎間関節の安定
 
 
意味わかんないですよね。
 
 
ここで注目してほしいのは、「脊柱の伸展」ってとこです。
 
 
つまり、腰を反る動きってことです。
 
 
 
 
 
腰が丸くなっている方っていうのは、この多裂筋の動き(反る)と反対ですよね。
 
 
多裂筋は腰を伸ばしたいのに、実際は腰が丸くなっている。
 
 
そうすると、多裂筋の機能は落ちていき、多裂筋の筋力は落ちていきます。
 
 
結果、多裂筋は作用しなくなり、どんどん腰の丸みは加速していきます。
 
 
腰が丸まれば、腰への負担は必然的に大きくなります。
 
 
それに腰が丸いと、股関節も曲がってる状態ですよね。
 
 
腰を丸めたまま、股関節は伸ばせませんからね。
 
 
これが、ガニ股になってしまう原因のひとつでもあります。
 
 
ガニ股を直したい場合、足だけではなく腰の多裂筋を鍛えることも効果的の場合も多いんですよ。
 
 
まずは多裂筋を鍛えて、腰を伸ばせるようにしていくことが大切です。
 
 
多裂筋の鍛え方は動画にしてありますので、参考にしてみてください。
 
 
もし「腰に力が入っている」という感覚がなければ間違っています。
 
 
色々なバリエーションがありますので、気になる方はいつでも聞いてください(^^)
 
 
 
 
内転筋群について

 

 

続いて、内転筋群の説明です。

 

 

内転筋“群”と言うぐらいですから、いくつかの筋肉をまとめたものをこう言います。

 

 

ここでは割愛しますが、ご興味あれば「内転筋群」と検索してみてください。

 

 

なんでこの2つの筋肉がセットかと言うと、腰が丸まっていては内転筋群は力を発揮できないからなんです。

 

 

腰を伸ばせたときにやっと本来の力を使える筋肉でもあります。

 

 

ですので、腰が丸まったままではこの筋肉は落ちていきます。

 

 

もちろん“群”ですので、ひとつひとつ見れば動きは異なりますがこれも割愛します(^^;

 

 

動きが異なりますので、作用は同じではないですがざっとこんな感じです。

 

 

内転筋群の作用
股関節の内転・屈曲・外旋
 
 
 
「これまた意味わかんないです」
 
 
って思われたかもしれませんが、それでいいです(^^;
 
 
内転筋群に関しては、さっきの多裂筋と違って覚えるとこはないです。
 
 
内転筋群の最初に説明したとこの
 

 

腰を伸ばせたときにやっと本来の力を使える筋肉でもあります。

 

ですので、腰が丸まったままではこの筋肉は落ちていきます。

 

 

だけ覚えておいてください。

 

 

つまり、内転筋群と多裂筋の2つで腰を伸ばす作用が大きく働きますってことです。

 

 

だから「この2つの筋肉はセット」とお伝えしたんです。

 

 

さらに多裂筋同様に、内転筋群が弱るとガニ股も助長してしまいます。

 

 

内転筋群も鍛えて、腰痛改善+ガニ股改善に繋げていきたいですね。

 

 

さぁ内転筋群の鍛え方も動画があります。

 

 

これまた寝ながらできますので、トライしてみてください。

 

 

多裂筋同様に「内ももに力が入っている」感覚を持ってください。

 

 

バリエーションは他にもありますので、気になればご連絡くださいね(^^)

 

 

 

 

多裂筋の動画とテイストが明らかに違いますが、お気になさらず(^^;笑

 

 

まとめ

 

 

腰が丸くなって腰が痛い場合は、

 

 

①多裂筋
②内転筋群
 
 
この2つの筋肉をセットで鍛えていきましょう!
 
 
たったこれだけでも、あなたの腰痛のお悩みが改善されると思います。
 
 
他にも弱りやすい筋肉はありますが、今回はこの2つ。
 
 
覚えてくれましたか?
 
 
またわからないことがありましたら、お気軽にお聞きください。
 
 
最後まで読んで頂き、ありがとうございます(^^)
 
 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

 

公式LINE@

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

 

 

タグ :            

トレーニング 腰痛

お尻を鍛えるには股関節の角度が重要だった!? 176

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

お尻をPOINTで

 

おすすめの方

 

①お尻を鍛えたい

 

②歩行が不安定

 

➂O脚気味

 

POINT

 

①股関節と膝の角度45度

 

②お尻から持ち上げる

 

➂骨盤が一緒に動かない

 

お尻トレ

以前もお尻の

トレーニングを紹介しました

(桃尻トレーニング!?)

 

そのトレーニングと違うのは

股関節と膝の角度です

 

この角度が違うことで

鍛えるべきお尻の筋肉が

変わってきます

 

お尻の周りの筋肉は

意外と多いです

 

大きい筋肉から

小さい筋肉まであります

 

小さい筋肉の代表は

外旋六筋と呼ばれる筋肉です

 

六つの小さい筋肉で

お尻を支えています

 

 

特に覚える必要はないです

 

このような筋肉たちが

あなたのお尻を支えています

 

さらにこの筋肉は

股関節の角度を変えることによって

ターゲットが変わってきます

 

なので

同じ角度ばかりやるのではなく

 

違う角度を試してみて

お尻にある筋肉のターゲットを

変えていくことも大切になります

 

今回のトレーニングや

以前のトレーニングを

参考にしながら

 

角度で鍛えるPOINTが違うのを

実感してみてください

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :                

トレーニング動画

片足スクワットで下半身の悩みであるO脚、X脚、さらに姿勢を解消 175

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

スクワットに負荷を!

 

おすすめの方

 

①スクワットよりも刺激がほしい

 

②下半身に筋肉をつけたい

 

➂お尻も同時に引き締めたい

 

④負荷女子になりたい

 

POINT

 

①バランスを崩さないように

 

②屈伸時、膝が内側に入らないように

 

➂お尻にも力を入れる

 

④足の裏全体で床を掴むように

 

⑤目線は常に前

 

片足で下半身強化

姿勢に肝心なのは

『下半身の筋肉』です

 

ここの強化は怠ってはいけません

 

これは何度も言っています

 

それを更にレベルアップしていきます

 

両足でおこなうスクワットよりも

遥かに難しく負荷も大きいです

 

ですが

ここをしっかりマスターしていけば

姿勢改善に大きく繋がります

 

さらに

O脚、X脚などにも効果的です

 

もちろん、お尻にも

 

いけるところまでしっかり

落としていきましょう!

 

足裏を積極的に

バランスをとるために

足裏の筋肉も多く使います

 

初めておこなう方や

バランスが取りにくい方などは

慣れている方よりも

バランスをとるのに必死になります

 

そこで普段使っていない

足裏を使いだします

 

ここで足裏にも集中します

 

足裏で床を掴む感覚

足裏で床で押す感覚を養います

 

普段の生活では

靴やスリッパなどを履いているため

足裏の感覚は鈍ります

 

力を入れる感覚など

感覚を掴む練習にも役立ちます

 

足裏の感覚は

床からのエネルギーを捉えるために

必要不可欠です

 

この感覚を練習していくと

歩く感覚も変わってきます

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :                    

トレーニング動画