【SNS】スマホ認知症とは?気を付けるべきこと! | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【SNS】スマホ認知症とは?気を付けるべきこと!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

スマホ認知症。別名デジタル認知症。

 

近年、スマホ使用率が増えると同時に、SNSなどが一気に普及しています。

その裏で、スマホ(デジタル)認知症が増えているんです。

 

あなたも最近、物忘れや名前を思い出せないということが増えていないですか?

 

もしかしてスマホ(デジタル)認知症かもしれません!?

 

目次

・スマホの使用時間
・スマホ認知症
・スマホ依存症
・スマホ認知症予防

・まとめ

 

スマホの使用時間


 

とあるデータでは、スマホを1日に使用している平均時間が3時間以上の方が半数以上らしいです。

 

その中でもSNS・動画を見ている時間が一番長いそうで、スマホを何に使用しているか見えてきますね。

 

スマホ認知症

 

 

スマホ認知症とは、スマホから得る大量の情報で脳が疲労、さらにブルーライトによる睡眠の質の低下などで、脳機能が低下していく現象です。

 

今や老若男女問わず、スマホ認知症になる可能性があるみたいです。

 

さらにスクロール行為は、脳の疲労を加速させ、スマホ認知症になるリスクが高くなります。

 

つまりSNSは基本スクロール操作なので、「SNSを見る=脳機能低下」に繋がりやすいってことです。

 

まぁ多少なら大丈夫なんでしょうが、スマホの平均使用時間3時間以上の内容がほぼSNSであれば、その影響力は膨大なものになるでしょうね。

 

スマホ依存症

 

 

今までスマホ認知症と言っていましたが、その症状は、

 

=====
スマホ依存症
=====

 

です。スマホに依存し過ぎることで、スマホ認知症になる。

 

スマホに依存していることを自覚し、改善する道に進むことをおすすめします。

 

スマホ認知症予防

 

 

スマホ認知症の予防は、とてもシンプルかつ簡単です。

 

=====
デジタルデトックス
=====

 

という言葉があるように、スマホから離れることです。

もしくは、スマホ使用時間を減らすこと。

 

脳機能低下も抑えることができますし、睡眠の質も上がるし、身体の疲労具合も変わってくることでしょう。

 

まとめ

 

 

デジタル機器に囲まれている現代社会。

 

たまには、デジタルデトックスをするのはいかがでしょうか?

 

最初は数時間でもいいので、スマホから離れてみるのもいいものですよ。

 

最初は不安が溢れるかもしれませんが、そういう時間が脳機能低下を予防しますよ。

 

スマホから離れる時間を積極的に作りましょうね!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

利厚生で整体&トレーニング

 

詳細はこちら↓(写真をクリック)

 

 

タグ :         

腰痛

この記事に関連する記事一覧