広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

腰痛改善のためにもお腹は柔らかい方がいい理由

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛改善のためにもお腹は柔らかくね

僕、ご飯食べるとすぐお腹出るんですよね。

 

この間なんか、おいしいご飯をたくさんご馳走になって妊婦さん並にお腹膨れ上がってましたから(^^;

 

そんなとき、お腹はパンパンでカチカチです。

 

まぁそれと今からお話しする固さは違いますけど・・・笑

 

さぁ本題に入りますね。

 

腰痛の方もそうですが、全般的に体のためには僕はお腹は柔らかい方がいいと思っています。

 

柔らかいっていうのは、「脂肪がついて柔らかい」って意味じゃないですよ。

 

 

純粋にお腹自体が柔らかいってことです。

 

脂肪ではなく筋肉ってことですね。

 

固い方って本当にカチカチなんですよ。

 

触ってびっくりします!!

(そんな方は稀なんですけどね(^^;)

 

じゃあなんで固くなったり、柔らかくなったりするんでしょう?

 

お腹の柔軟性

 

ここで僕が言う柔軟性っていうのは、前屈ができます!とかの柔軟性じゃないです。

 

純粋にお腹に触れてみて柔らかいかどうかってことですよ。

 

じゃあなんで柔らかさに差が出るんでしょうね?

 

お腹の固さの原因としては、

 

①姿勢の崩れ

②腰の筋肉の過緊張

③肋骨の柔軟性不足(呼吸浅い)

④太ももの柔軟性不足

⑤ストレス

 

があります。

 

原因はこの5つだ!ってわけじゃないですが、割かし多いと思います。

 

簡単に説明していきますね。

 

①と②は同じような理由です。

 

細かく言えば違いますが割愛しますね。

 

姿勢の崩れで例えますが、姿勢が崩れると筋肉の使われるバランスが偏ります。

 

 

外側が強くて、内側が弱いみたいな感じですね。

 

そうなるとですね、筋肉自体に強い弱いがはっきりしていきます。

 

その強弱のせいで、姿勢のバランスを保とうとお腹の表面ではなく中の筋肉が頑張り始めます。

 

結果、常にお腹の中の筋肉が頑張り過ぎて柔らかさが失われるということですね。

 

次いで、③と④の柔軟性不足についてお話ししていきますね。

 

ここもまとめて話しますね。

 

お腹の近くにある部分が肋骨と太もも(骨盤含む)ですよね。

 

 

近いならここの柔軟性が低下すれば、お腹が影響しそうじゃないですか?

 

そもそもお腹の筋肉って「骨盤」「肋骨」に付着しているんですよね。

 

 

ということは、付着している部分に柔軟性がなければ、お腹の筋肉も柔軟性が発揮しにくいと言えますね。

 

結果、お腹の柔らかさは失われますよね。

 

最後に⑤のストレス。

 

これは結構いるんですよね。

 

自律神経の影響をお腹は受けやすいんです。

 

なんで、ストレスを強く感じている時なんかお腹が固くなりやすいんですよ。

 

緊張してお腹が緩くなったりもしますよね?

 

緊張して太ももが緩くなったとは聞いたことないです。笑

 

ものすごい緊張している場面で、お腹を触るといつもより固いかもしれません。

(まだ緊張の場面で試したことはないので、試したことある方本当にそうなるのか教えてください)

 

常にストレスを感じるような生活をしていれば、お腹の柔らかさは徐々に失われていきます。

 

以上が簡単ですが、お腹が固くなる5つの理由になります。

 

あなたのお腹は固いですか?

 

基準がないとわからないと思うんで、ご家族やお友達のお腹も触ってみてください。

 

誰が一番固いですかね?笑

 

その方は腰に痛み感じていますかね?

 

逆に柔らかい方は腰痛ですか?

 

固いと腰痛?

 

「理由はわかりました。じゃあなんでお腹が固いと腰痛になるんですか?」

 

と思われたと思います。

 

 

「お腹が固い=腰痛」はなんで?ってなりますよね。

 

今までの説明で言えばですね、お腹が固いということは5つの原因があるということになりますよね。

 

そもそもですが、この5つの理由だけでも腰への負担が大きくなっているんですよ。

 

結果そのせいで、腰痛になりお腹が固いんですよってことです。

 

逆に、5つの理由はないのにお腹だけがカチカチに固いとします。

 

そうなればそのカチカチのお腹が5つの原因を作るきっかけになってしまいます。

 

もちろんですが、5つの理由があったとしてもお腹が柔らかい方は中にはいますよ。

 

お腹が固くなる方の割合が僕が経験した中でも多いってことです。

 

まとめると僕は腰痛改善のためにも柔らかいお腹の方がいいですよ!ってことです(^^)

 

お腹は柔らかく~

 

呼吸もしやすくなりますよ!

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :             

ケア 腰痛

慢性的な腰痛は精神的な部分も影響しているのか

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛は精神的な影響?

慢性的な腰痛の原因はたくさんあります。

 

その中でも今回は精神的な部分もあるのかってことをお伝えしていきます。

 

 

ストレスなどによって、痛みが起こるのかってことです。

 

まず、結論から言いますと精神的な部分はあります。

 

身近に感じるもので言えば、曜日です。

 

曜日?と思われたかもしれませんが、ここで仕事をしているときを思い出してください。

 

月曜日と金曜日。どちらが体が軽いですか?

 

月曜日と金曜日。どちらが嬉しいですか?

 

恐らく多くの方が、金曜日の方が体や気持ちがラクなはずです。

 

こういう場合、腰の痛みにも多少なりとも変化してくるんですよね。

 

これが精神的な要因の一部です。

 

もし曜日で腰の痛みに変化がある方は、仕事などが腰痛の原因に少しはある関係しているかもしれませんね。

 

精神的な要因まとめ

 

最初に少し話しましたが、精神的な部分は影響するんですよね。

 

曜日以外にどんな要因があるのかまとめていきます。

 

・痛みがトラウマ

・痛みが好き

・人間関係

・自己否定

 

などがあげられるんですよね。

 

もちろん、まだまだありますよ。

 

その中でも痛みが好きっていうのがよくわからないと思います。

 

これがどういうことかというと、痛みを取りたいのに取りたくない状態ってことです。

 

よくあるのが、腰痛が原因で周りの方(家族や友達など)が優しくしてくれたりすることです。

 

「腰が痛いんでしょ?無理せず座っておきんさい。私がやるから。」

 

この環境が居心地がよくなってしまい、痛みを取りたいけど取ってしまうとこの環境がなくなってしまう不安もあるので痛みを取りたくないんですね。

 

さらに怖いのが、この状況に本人は気付いていないんですよね。

 

知らないうちに周りの優しさに依存してしまうんですね。

 

あなたは周りから優しくされ過ぎていませんか?

 

精神的な要因も取り除いて、慢性的な腰痛を克服しましょう!

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :    

メンタル

腰の痛みが続くと副腎(内臓)も疲れる!?年末年始に備えてやっておきたいこと 296

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

痛みが続けば内臓も疲労する!?

 

腰などカラダに痛みが

慢性的に続いていませんか?

 

その痛みって続くと

内臓も疲れていくんですよ。

 

痛みで内臓が疲れていく!?

 

と思われたかもしれませんが

今回は少し内臓についても

書いていこうと思います。

 

それにこの年末年始に掛けて

お酒や食事がいつも以上に

多くなると思います。

 

それも合わさることで

余計に内臓は疲れていきます。

 

内臓疲労から

腰などの痛みも改善しましょう!

 

どこ!?

 

では、内臓、内臓と言っていますが

どの部位を言っているかというと

 

副腎です。

 

 

副腎は、

腎臓の上にあります。

 

写真で言えば、オレンジ色の部分です。

 

この副腎には

カラダにストレスを感じた時にでる

ホルモンがあります。

 

それが

 

コルチゾール

 

というホルモンです。

 

俗にいう

抗ストレスホルモンです。

 

これがストレスを感じた時に分泌され

ストレスと戦ってくれるわけです。

 

もちろん

ストレスを抑えるために

 

血圧が上がったり

心拍数が上がったりと

カラダも反応します。

 

そうして

ストレスと戦ってくれているわけです。

 

痛みとの関係

 

 

先程も言ったように

副腎はストレスと戦う臓器です。

 

では、痛みはどうですか?

 

そう、

カラダの痛みというのは

ストレスですよね。

 

この痛みが続けば

副腎からはストレスと戦うために

ホルモンがずっと分泌され続けます。

 

普段出さなくてもいいホルモンを

ずっと出していれば

副腎はどうなると思いますか?

 

当然、疲れますよね。

 

これが痛みと副腎の疲れの関係性です。

 

この副腎が疲れ切ると

自律神経にも影響を与え

イライラしたり不安になりやすくなります。

 

痛みが慢性的に続いている方は

痛みに加えて、

 

イライラ・不安

 

が大きく募っていきますよね。

 

副腎も少なからず影響を与えていたんですね。

 

さらに

そのイライラや不安を解消するために

コーヒーを飲んで落ち着こうとしたり

している方も多いと思います。

 

 

実は、コーヒーも飲み過ぎると

カフェインの影響で

副腎を強制的に働かせてしまします。

 

つまり、

ホルモンをバンバン出させるわけです。

 

落ち着かせるつもりが

副腎は余計に疲れてしまっているんです。

 

逆効果で、

『ガーーーン』って感じですよね。

 

飲むのであれば

カフェインは避けたいところですね。

 

コーヒーも飲みすぎ注意です。

 

 

エナジードリンクはもっと

カフェインが強いので

コーヒーよりも避けた方がいいと僕は思います。

 

副腎もカラダも積極的に休ませること

 

カラダも副腎も両方ともに

お疲れの方も多いと思います。

 

腰の痛みなど慢性的に

続いている方は尚更です。

 

さらに言えば

お仕事のなどのプレッシャーが強いなど

忙しい方も副腎はお疲れちゃんです。

 

どちらにも休ませることが大切になってきます。

 

副腎で言えば

 

・精神的なストレスを避ける

・カフェイン、アルコールを控える

・糖質を食べ過ぎない

 

など食べ物などで

休ませることが可能です。

 

飲みすぎ・取り過ぎの場合は

 

・水分をしっかりと摂る

 

ということも大切です。

 

カフェイン取り過ぎている方は

3日ほどカフェインを控えるだけで

目覚めまでスッキリしますよ。

 

寝起きが辛い方は

副腎が疲れている可能性高いですからね。

 

 

次に、

カラダ面で言えば

 

・軽い運動を取り入れる(歩くなど)

・たまにはゴロゴロする日を作る

・負荷が掛かるトレーニングをする

 

などカラダを動かす日、

もしくは

動かさない日も作ることです。

 

このバランスもとても大切です。

 

カラダを動かしましょうは

当たり前だと思いますが

 

普段忙しくバタバタされている方は

積極的に休むことも大切になります。

 

ただ、ゴロゴロだけではなく

お買い物に行ったりなど

気持ちがリフレッシュすることもしましょうね。

 

そうするとより効果的です。

 

副腎から痛みを減らす

 

さて今回は

 

副腎

 

についてお話ししました。

 

痛みが続いている方は

ストレスだけではなくて

 

痛み止め

 

などの薬を服用している方も

多いと思います。

 

薬はその時の痛みには対応するかもしれませんが

カラダには確実に負担が掛かっています。

 

 

そうなれば

痛みを取るどころか

余計に痛みを増幅させてしまう

可能性もあります。

 

そうなる前に

自分のカラダは自分で

対応することが大切になります。

 

結局、痛みが続く場合は

 

習慣

 

が原因です。

 

この習慣が変わらなければ

痛みってずっと続きます。

 

痛みを少しでも

減らすためにも

 

習慣を変えてみましょう!

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :          

ケア トレーニング

『朝、顔を洗う』時の腰の痛みみたいに、何気ない日常の動きの痛さが怖いんです 274

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

何気ない動きが怖いんです

 

カラダに痛みがあるときって

ちょっとした動きも怖かったりしますよね。

 

写真のように

 

『朝、顔を洗う時』

 

とかもその中のひとつだと

思います。

 

もしくは

 

 

『起き上がる時』

 

とかありますね。

 

挙げればきりがないですが

何気ない日常生活の中に

そういった怖さがあるって嫌ですよね。

 

ひとつひとつの動きで

その怖さを気にしないといけない

ってことなので

 

その都度、

怖さが頭をよぎります。

 

それはそれで考えてしまうので

ストレスになったりもしてませんか?

 

 

痛いわ、ストレス溜まるわで

不満はどんどん溜まっていくと思います。

 

どこに発散するのかわからず

周りの家族などに当たったり

あると思います。

 

後で後悔してしまい

それでまた自分自身を攻めてしまったり。

 

塞ぎがちな自分になってしまう、、、

 

少しは経験ありませんか?

 

こんなこともできないのかと

出来ない自分に情けなくなったりとか。

 

冷静になって考えれば原因は

 

カラダの痛み

 

ですよね。

 

 

『この痛みさえなければこうじゃなかったのに、、』

 

もしもこう考えているのならば

その痛みをなるべく早く

解決するべきだと僕は思います。

 

痛みが大きいとか関係なくて

小さくても同じ思いの方はいます。

 

大きい小さいを図ることはできません。

 

その方の感覚もありますからね。

 

でも悩んで止まっているのなら

そんなのもったいないです。

 

まだまだあなたには

できることがたくさんあるはずです。

 

 

まずは痛みを解決しましょうよ。

 

ひょっとして

後回しになってますか?

 

後回しの癖になってしまうと

これからもそうなりやすいです。

 

少しでも可能性を感じるのであれば

まずは試してみるのも

いいと僕は思います。

 

そうすることで

その痛みを解決できる手段が

 

あなたに最適な手段が

見つかるんだと思います。

 

 

何気ない痛みを後回しにしないで

すぐ解決する方法を探しましょう。

 

試してみましょう。

 

後回ししたら後悔することがありますよ。

 

僕は何度も経験しました(^-^;

 

そのせいでカラダに痛みを

抱えることになりました。

 

あなたにはそうなってほしくないです。

 

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :          

ケア トレーニング

『看護師』が抱える悩みとは?? 150

 


~職業別のカラダくずれを改善する健全姿勢ボディメイクの明匠~
広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

護師の悩み

 

看護師の悩み。

 

看護師と聞いたらハードな仕事内容を想像してしまいます。

 

日勤もあれば夜勤もあり、命と向き合うお仕事です。

 

悩みだらけなような気もしますが、一体どんな悩みがあるのでしょうか?

 

らではの悩み

が痛い

 

 

看護師は、かなりの力仕事なんですよ。

 

だって、体の不自由な方を起こしたりして、運んだりしてあげないといけないからです。

 

体の小さい方だと尚更しんどいんですよね。

 

ヘルニアになる方も続出だとか!?

 

 

 

力仕事ももちろんですが、事務作業も多いんですよね。

 

PCしたり、書き物したりと・・・

 

その作業も多く→肩こり→頭痛、といった流れになるんです。

 

頭痛への道を一歩一歩、歩んでいるんですよね。

 

 

 

看護師の方が患者さんに暴力を振るうわけではありません。

 

その逆です。

 

患者さんから暴力を受けるのです。

 

暴力と言う表現は悪いかもしれません。

 

・爪で引っ掻く

・叩かれる

・つねられる

・噛まれる

・唾をかけられる

・殴られる

 

患者さんにも色々います。

 

 

 

作業がスーパーハード+日勤&夜勤。

 

リズムが大幅に崩れることで、寝れなくなることが多々あるみたいです。

 

定時で帰れるとは限りませんしね。

 

食生活もかなり乱れます。

 

便秘になります。

 

肌が荒れます。

 

知らない間に体にアザができています。

 

限界が来たら、気絶したように眠ります。

 

それまでは不眠で、目の下にクマをつくり、化粧で隠ながら頑張りますよ。

 

も多い悩み

看護師の悩み多いのは?

 

No.1・・・『腰』

 

No.2・・・『頭痛』

 

No.3・・・『肩こり』

 

決策

が痛い

 

これは、体の使い方に問題があるのかもしれません。

 

もちろん、楽に起こしてあげる方法や運ぶ方法学んでいると思います。

 

ここをこう持って、こうやってみたいな感じで。

 

でもそれは『持ち方』ですよね。

 

『体の使い方』ではありません。

 

 

持ち方に数センチのズレが生じれば、看護師さんへの負担は数倍にもなります。

 

でも、体の使い方を使いこなしていれば、数センチのズレでも負担は減ると思います。

 

つまり、持ち方だけではなく、体の使い方も練習する必要があります。

 

例えば、患者さんを起こす際、どこに力が一番入っていますか?

 

恐らく、腕と肩だけではないでしょうか?

 

でもここで、お腹に力が入れられる、下半身にも力が入れられるとどうでしょうか?

 

劇的に負担は変わると思います!

 

足でしっかり踏ん張り、床からの反発力を利用して起こす。

 

とかね。

 

『持ち方』だけではなく『体の使い方』も覚えてくださいね。

 

 

大体想像つきます。

 

 

パソコンの前ではこうしたいのではないでしょうか?笑

 

それでは、先輩方からいじめにあってしまうで止めましょう!

 

でも、疲れ果てダラっと座っていませんか?

 

力の抜けきった抜け殻のように。

 

それでは、どんどん肩こり→頭痛の悪循環です。

 

疲れ切っているのは、重々承知です。

 

姿勢を維持するのすら、辛いですよね。

 

すべてを姿勢よくしなくても構いません。

 

例えば、ダラっとして前に出過ぎた疲れ切った顔を少し引くだけでも変わります。

 

このひとつひとつを意識するだけでも変わってくるので、その疲れ切った顔引いてみてください。

 

前に出れば出る程、老けて見えますよ!

 

 

これは難しいです。

 

でも患者さんも看護師さんが嫌いでやっているわけではないはずです。

 

自分自身の不安を看護師さんにぶつけているんだと思います。

 

『またあの患者さん暴力振るうわよー』

 

って思うのではなく、『なぜ暴力を振るうのかな?』患者さんの背景を見てあげれば解決策が出てくるのかもしれませんね。

 

 

毎日お疲れ様です。

 

不眠もそうですが、栄養不足もいけませんね。

 

食事を取れないのであれば、お手軽に取れるサプリなどで代用することもいいかと思います。

 

 

寝れないのどうでしょうか?

 

常に緊張状態が仕事で続いています。

 

なので、切り替えが下手なんです。

 

『交感神経⇔副交感神経』

 

ここの切り替えが下手なので、寝れません。

 

仕事中でも、一旦落ち着く癖をつけ、自分自身を落ち着かせる練習も必要かもしれませんね。

 

レーニング

 

体の使い方を習得していきましょう。

 

例えば、下半身の力を利用して重たい患者さんを起こす。

 

しゃがんだ状態で、

 

その足元にダンベルなりを置きます。

 

そしてそのダンベルを下半身の力を使って持ち上げる。

 

肩や腕の力ではなく。

 

つまり、

 

 

こんな感じです。笑

 

下半身から足の裏から床の力も利用していきましょう!

 

トレッチ

 

 

ヨガなんてどうですか?

 

体もほぐれてリラックスできます。

 

さらに、呼吸や瞑想などもあるので、自律神経の乱れにもいいと思います。

 

体の疲れや不眠にも効果が期待できそうです。

 

とめ

・『持ち方』だけではなく『体の使い方』にもこだわる

 

・パソコン作業時には、姿勢を一部だけでも意識する

 

・患者さんの背景に着目する

 

・サプリなども有効

 

・ヨガをしてみる

 

・自律神経の切り替え

 

患者さんからの『ありがとう』の言葉だけで頑張ってます!!

 

タグ :         

様々な職業の悩み