ストレス | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【気持ち】筋肉は深層心理に左右される!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

体内には約600種類以上の筋肉が存在していると言われています。

実際に数えたことないんで正確な数字は知りませんが(笑)

 

でもそれぐらい人間の身体には筋肉の種類が多く、それらが私達の身体を動かす原動力として働いてくれていると言うことです。。

 

そしてその約600種類以上の筋肉は、私たちの気持ち(深層心理)の部分でも大きく影響を与えているって知っていましたか?

 

筋肉と気持ちの関係


 

昔からの言葉で、「病は気から」というものがあり、一度は耳にしたことがあると思います。

 

これと同様に「筋肉は気から」という言葉も存在します。

 

というのは嘘で、今僕が考えました(笑)すみません。

 

でも筋肉は気(気持ち・深層心理)から影響を受けることが多々あります。

これを読んでくれているあなたも一度は経験したことがあるはずです。

 

例えば、

 

=====
大勢の前で発表するなど極度の緊張する場面、いつものように手足が動かず、硬い感じ
=====

 

これも気持ち・心理的部分から筋肉が緊張し、強張っている状態ですよね。

これが僕が言う「筋肉は気から」の体現です。

 

気持ちは体現される

 

 

このように筋肉と言うのは、単に(運動などで)使い過ぎたから疲れるだけではなく、先程の例のように《緊張する場面が多くても》筋肉は疲労します。

 

要は筋肉の《精神的疲労》です。

 

最近で多いケースで言えば、職場が嫌い・学校が嫌いなど自分にとって環境が最悪な場合。

特に何もしないでも、こういう環境に長時間居るだけで筋肉の精神的疲労は溜まっていきます。

 

そしてその疲労は、肩こり・腰痛などに繋がり、最悪の場合ヘルニアなどにも悪化してしまいます。

 

まとめ

 

 

筋肉と気持ち(深層心理)はセットで日々働いてくれています。

なのでどちらも酷使するといい結果には繋がりません。

 

=====
気持ち(深層心理)が負に働く

→筋肉が緊張する

→筋肉の血流が滞る

→疲労物質・痛み物質が溜まる

→疲れが残り、痛みが残る

→肩こり・腰痛などを発症

→ヘルニアなどに悪化

→余計に仕事などが辛くなる

→気持ち(深層心理)がさらに負になる
=====

 

この連鎖にハマるとなかなか一人では抜け出せません。

もしこのような負の連鎖にハマってしまった場合、必ず誰かに相談しましょうね。

 

自分で気付くのが難しいかもしれませんので、周りの方が声掛けなどしてあげてくださいね。

 

筋肉も日々のあなたの気持ち(深層心理)で動きやすいか動きにくのか決まっていますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :              

メンタル

【心理】ほとんどの悩みはコレです!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕もそうですが、ほとんどの方の悩みがコレです。

 

そしてその悩みでストレスが溜まり、腰痛・膝痛・肩こりに繋がることも結構あります。

 

もしかしてあなたもこの悩みを抱えていませんか??

 

悩み=ストレス

 

根本的なことを言ってしまえば、人の悩みは「人間関係(他者との比較)」が全てなんですが、そこは今回置いておきます。

 

そことは少し違い角度で見るとほとんどの方の悩みは、

 

=====
自分でコントロールできない悩み
=====

 

なんですよね。

 

例えば「あの人が嫌いで会話したくない。あの人の性格どうにかならんかね?」と思っている方がいたとします。(例題が人間関係になってしまいましたが(笑))

 

これが自分でコントロールできない悩みです。

 

だって他者の性格(対応)なんて、自分でどうこうできる問題じゃないですもん。

そこで悩んだって仕方がありません。

他にも典型的なのが、

 

「雨じゃん!最悪!!傘持ってきてないどうしよう!!」

 

となったところで、空に「エイッ!」と指を振ったところで、晴れに変えれるわけでは無いですから怒っても仕方のないことです。

本当は、傘を準備してない自分が悪いんですが(笑)

 

例題が下手くそだったかもしれませんが、基本的に悩みはこんな感じで、《自分でコントロールできないこと》が大半です。

 

つまりは、悩んでも仕方のないことであって、悩んでも解決しないってこと。

視点を変えなければいけないんですが、そこを忘れている方が多い印象。

 

こういうストレスが減ってくれば、身体への負担は減り、腰痛・膝痛・肩こりが楽になる可能性があります。

 

特にストレスを感じやすい方、溜めやすい方って言うのは、身体が軽くなっていくことを実感できると思います。

 

自分でコントロールできないことで悩まず、自分を大切にしていきましょうね!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

メンタル

【首の痛み】首は感情を敏感に察知するセンサー

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

首は人間の身体の中でもピカイチで、感情に影響を受ける部位でもあるんです。

 

嫌なことがあれば、動きが悪くなるし、逆に良いことがあれば、動きも良くなります。

 

なんか不思議ですね~。

 

ことわざでも「首が回らない」と言う表現もありますよね。

昔の方はどこまでわかっていたんでしょう??

その辺りもいつも不思議に思うんですよ。

 

首と感情

 

慢性的に首の痛みを感じている方は、日常的にストレスを感じやすい方かもしれません。

 

そういう方は、ストレスを発散する機会を与えると楽になったりするかも!?

 

よくあるのは、「○○をしている時は痛みがない」という方。

 

「○○している時は痛みなんて忘れて動けてしまうんよね!」これも一種の感情ですよね。

 

まぁホルモンやら神経伝達やらが関与しているんですが、そこは忘れてください(笑)

今回は『感情』ですから。

感情もその一種か。

 

このように人間は《楽しい》時には、痛みすら忘れてしまうんです。

 

そしてそれが顕著に出てしまうのが首なんです。

 

「明日も嫌いな上司と一緒に仕事だよ・・・」という方は、首の動きは狭くなり、痛みも感じやすいでしょう。

 

上司の存在ストレスで仕事の効率も落ちるかもしれませんね(笑)

 

ちなみに些細なストレスでも首は影響を受けます。

例えば、嫌いな食べ物・場面・物を想像するとか、妄想だけでも影響を受けてしまうんです。

 

まとめ

 

 

「首が回らない」をGoogleで調べると、

 

=====
借金など、支払うべき金が多くてやりくりがつかない
=====

 

ことを指し、お金に関する現実的なストレスを表しています。

 

もし首の痛みが慢性的に続いている方は、《金銭面》のストレスが大なり小なり常に降りかかっているのかもしれませんよ。

というか考えてしまっているかも!?ことわざって凄いですね。

 

首は感情に左右されやすいので、まずは自分が楽しいと思う時間を確保できるようにしましょう!!

これ首に限らずかなり大切ですからね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

【腰痛】痛みのトラウマは腰を悪くする!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

よく見かけるのですが、腰が慢性的に痛い方と言うのは、精神的にも傷を負っている方が非常に多いんです。

 

腰の痛みから始まり、痛みで怯えている期間が長ければ長いほど、「腰を動かしたら痛い!」というプレッシャーで押しつぶされ、精神的に疲労し、トラウマになります。

 

これは様々は研究機関が、『腰痛とストレス』などを研究をし、証明されている物でもあるんです。

もしかしてあなたの腰痛が治らない原因は精神面にあるんじゃないですか??

 

腰痛とトラウマ

 

誰でもそうですが、痛みが常にある状態って異常なわけですよね。

 

その異常が24時間365日×○○年も続いたら頭おかしくなりそうじゃないですか??

 

もうね、永遠と続く拷問と同じわけですよ。

ただ拷問と違って目に見えるわけでは無いので、他人には中々理解されにくいってこともしばしば・・・。

 

そうなるとさらに孤独を感じ、益々精神的にも追い込まれていくんです。

 

そして孤独を味わう時間が長いと、人間って嫌なもんで、マイナスの事をよく考えるようになります。

 

そうなるとどうなるか??

 

余計に落ち込み、さらにその原因の根本が『腰痛』って深く深く頭に刻まれるんです。

これでトラウマの完成です。

 

ここまでくれば、腰の痛みが改善され痛みが完全に完治されようが、トラウマを改善しない限り、腰の痛みと付き合わないといけなくなります。

 

まとめ

 

 

まぁ慢性痛で悩んでいる方、全員がそうではないんですが、こういう例もあるのは事実です。

 

こういう場合、少しずつでもいいので、動けるという自信を付けていくことも腰痛改善の一歩だと僕は思っています。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【心理】ストレスを受け続ければ身体は硬くなっていく!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

ストレスが増えていくと、精神的に辛いことがあります。

 

ですがその精神的なダメージは心だけではなく、身体にも症状としてあらわれてくるんです。

 

それが身体の硬さです!!

 

ストレスと柔軟性

 

 

例えばストレスの影響を一番受けやすいのは、身体を反らす動作です。

 

腰を反らす・首を反らすなどの反らす動きが一番に影響を受け、動かしにくくなります。

 

だって人間ストレスなどを受け、嫌な気持ちになると、身体は全体的に丸くなりますよね。

というか、丸くなりたいですよね(笑)

 

もうこれは人間の防御反応なので仕方がなく、そういう時に仰け反るような方はいないと思います。

 

しかし、丸くなる動作以外にもストレスは身体をむしばんでいくんです。

 

例えば、首の動き・肩の動き・背骨の動き・股関節の動き・足首の動きなど、もしこれらの関節までストレスで丸くなり、硬くなったらどうでしょうか?

 

腰痛・肩こり・膝痛など、痛みが出てくるのは容易に想像できますよね。

 

ストレスを受けた身体をリセット

 

 

じゃあストレスを受けて硬くなっていく身体をどうリセットすればいいのか?

答えは単純です。

 

=====
ストレス過多→身体が硬くなる→身体を動かす→リセット
=====

 

という流れになります。

 

ストレスを受ければ、身体が硬くなる反応をするということは、逆に身体を動かしていけば、ストレスに対抗できるってことです。

 

単純でしょ。

 

そりゃ人によって身体を動かす種類などは違うと思いますが、動かすことに越したことはありません。

 

ストレスで硬くなり、痛みが身体に出てしまっているのならば、身体を積極的に動かして、心身共にリセットしていきましょう。

 

まとめ

 

 

ストレスに勝つには、動くこと。

 

シンプルイズベスト!!

 

薬を飲むとかではなく、身体を動かす!

それがストレスを受け硬くなった身体を柔らかくしていく唯一の方法です。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

メンタル

【心理】夫婦間のストレスで肩こりが増加中!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

実際にあった夫婦間でのストレス事情。

もしかしたらあなたの肩こりの原因は、旦那?妻?かもしれませんよ。

 

肩こり夫婦A

 

僕「なんかえらい(凄い)右の肩が凝ってますね。それに首もカチカチですよ。何かあったんですか?」

 

A「いや、特に何もしていなんですけどね・・・。あっそういえば、旦那が私の右側でいつも食事しています(笑)それが原因ですかね?」

 

僕「そんなことはないと思いますけどね・・・(笑)」

 

・・・・数ヶ月後・・・・

 

僕「あれ?今日はえらい(凄い)左側の肩こりが目立ちますね。そして首までカチカチです。数か月前と真逆になっていますね。」

 

A「やっぱりそうですか。実は・・・。」

 

僕「実は??ゴクリ・・・」

 

A「食事の位置を変えたんです。旦那を右から左側にしてみました(笑)」

 

僕「ははは・・・」

 

見えないストレス

 

 

先程の例の方は、別に喧嘩をしているわけではありません。

ごくごく普通に過ごしているわけです。

これと言ったストレスもなく。

(小さなストレスはたくさんあるかもしれませんが)

 

ですが長年同じ屋根の下で暮らしていれば、色々と募る思いはあるわけですよね。

見えないストレスを旦那から受けていたのかもしれませんね(笑)

 

肩こり夫婦B

 

僕「いつも肩こりないのに、今日は特別肩こりがひどいですね。何かありましたか?」

 

B「う~~ん。特にこれと言って何もしていなんですけどね。仕事もいつも通りだし・・・。」

 

僕「そうですか。じゃあ疲れが溜まったのかもしれませんね。」

 

B「あっ!数日前に夫と喧嘩しました(笑)些細なことだったんですが、少し言い合いになってしばらくずっとイライラしてましたよ!」

 

僕「あっじゃあそれが原因ですかね・・・(笑)ははは・・・。」

 

B「あっちが謝ってきたら許してやろうと思います!!」

 

僕「旦那さんが言ってくるまで、肩こりは続くかもしれませんね(笑)」

 

見えるストレス

 

 

これは最初のAとは違い、完全にストレスが見えていますね。

このパターンもストレスとして、肩こりに出てしまうんです。

 

人によっては、顕著に出てしまうこともしばしば・・・。

 

喧嘩などした後のイライラは心だけじゃなく、体も影響を受けてしまうんです。

見えるストレスは極力減らしていきたいものですね。

 

まとめ

 

夫婦になれば色々とあると思います。

僕もここでは言えませんが色々とありますしね(笑)

 

でもストレスも体に出過ぎないように程々に。

喧嘩しても仲良く!いきましょう。

 

僕も妻の肩こりが増えないように心掛けたいと思います(笑)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

メンタル

【心理】もし嫌いなものに囲まれた生活をしていたら終了!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

昨日、『旦那のせいで肩こりが悪化する!?』というタイトルで記事を書きました。

そこでお伝えした内容を大まかにまとめると、筋肉の緊張で肩が凝りますってことでしたね。

 

【心理】妻は夫のせいで体調を崩しがち!?

別に旦那が嫌いってわけじゃないんですが、嫌いなものに囲まれた生活も体を悪い方向に進めているって知っていましたか?

 

嫌いな生活

 

人間関係・仕事環境など様々なストレスに悩まされていると思います。

 

基本的にすべてのストレスは『人間関係』から成り立っているんですがね。

他者がいるから悩み・苦しんでいるんです。

もし他者が存在しなければ、ストレスもなかったことでしょう。

 

でも現実的にそれは不可能ですから、なるべくストレスは避けていきたいですよね。

でも知らず知らずに嫌いなものに囲まれた生活をしている方が非常に多いと思います。

 

実はこの生活が、あなたの体を苦しめ、筋肉を緊張させ、肩こりや腰痛などに繋げているのかもしれません。

 

筋肉とストレス

 

 

筋肉は感情にも左右されます。

 

例えば、嫌なことの場では筋肉は硬くなり、好きな場では筋肉は柔らかくなります。

経験ありますよね?

 

そして筋肉の硬さは、関節の動きにも影響されるので、関節の動きも当然悪くなります。

首が動きにくくなったり、腰が回りにくくなったりね。

 

もし嫌いなものに囲まれ、その状態で生活していたのならどうなると思いますか?

 

筋肉は、関節は無理をし続け、結果として慢性的な痛みに繋がっていくでしょう。

 

なので痛み改善などの場合、なるべく好きなものに触れる時間を長くすることもひとつの手段だと僕は思いますよ。

 

まとめ

 

 

なるべく好きなものに囲まれた生活をしたいものですが、現実的には難しかったりしますよね。

そのために僕みたいな整体やトレーニングが存在します。

 

しっかりとケアや予防をすることで、内面的からではなく外面的にまずはアプローチしていきましょう。

そうすることで、後々は内面にも効果があらわれてきますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

メンタル

【心理】妻は夫のせいで体調を崩しがち!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

お客さんのお話し。

「旦那のストレスで体調を崩し、肩がカチカチになる」

笑い話、そして今後の夫婦生活の参考になればと思います。

 

夫婦関係

 

まず食事の時間。仮に旦那が右側によくいるとします。

すると、右の肩が凝る。

(これは僕が施術をしていても感じます。確かに硬くなっています)

 

そして左側によくいる日が続けば、左の肩が凝る。

(これは僕が施術をしていても感じます。客観的に見てもそうなっているんです)

 

そしてこれはこのお客さん一人の話ではありません。

その方の周りの数名の方が同じような症状になっているそうです。

 

驚きです。

肩こりの原因が旦那だったとは!?(笑)

 

もしこれを読んでいる旦那様。

奥様は肩こりで悩まされていないですか?

いつも一緒にいる側の肩を重そうにしていないですか?

 

もしかしてその原因は、あなたかもしれませんよ(笑)

 

まぁ夫婦間色々とあるものです。

僕もこの体験談を肝に銘じて、妻を労わってあげたいと思います(笑)

 

肩こりの原因

 

 

まぁ冗談はさて置き、何か心理的な要因で筋肉が緊張することは多々あります。

 

考えてみてもらいたいんですが、何か大勢の前で話したりする時、多少なりとも緊張しますよね?

 

その時、体に自然と力が入っていませんか?握りこぶしに力が入ったり、肩がすくみ力が入ったり、脂汗をかいたりとかね。

 

これは心理的要素が原因での筋肉の緊張です。

『心理的緊張』がトリガーになり、『肉体的緊張』へと繋がっていますよね。

このように心理的要因でも、人は筋肉が硬くなるんです。

 

肩こりは筋肉の硬さから、痛みや重さに繋がりますが、もしかしたらその原因は心理的要素も含まれているのかもしれませんよ。

そこを見直すことも肩こり改善に繋がっていくと僕は思います。

 

『肩の荷が下りる』なんて言葉がありますもんね。

 

リラックス~リラックス~。

夫婦は仲良くね(笑)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

メンタル

【腰痛】なぜ日常生活で腰のストレスは増えるのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰へのストレスが増えることが、腰痛の主な原因です。

 

例えば、中腰で同じ作業を繰り返していれば、腰が疲れ痛くなりますよね。

これが腰へのストレスです。

 

僕も農作業など中腰の作業を長くしていれば、腰の疲労は蓄積されていきますよ。

昨年から始めた畑では、初めての土起こし~種植えまでは一苦労しましたからね(笑)

 

 

ではなぜ日常生活で腰へのストレスが増えていくんでしょうか?

その背景を見ていきましょう。

 

腰へのストレス

 

腰へのストレスで代表的なのが、先程僕も例に出した中腰の姿勢ですよね。

中腰の姿勢は、腰へのストレスが角度によって高まります。

こちらのデータを見てください。

 

 

これは腰の椎間板に掛かる負荷を表した有名なグラフになります。

先程の僕の例で言えば、中腰の農作業は「立って前傾で荷物を持つ」に相当すると思うので、椎間板の負荷は立位の2.2倍も高くなっています。

 

これが一般的に言われる腰へのストレスです。

ですが、ここにもうひとつ腰へのストレスの原因が隠されています。それは、

 

=====
支点・力点・作用点
=====

 

です。久し振りにこの言葉聞きましたよね(笑)小学生ぶり?ぐらいでしょうか。

 

簡単に言うと、『腰と荷物(手)の距離』で腰のストレスは変わりますということです。

 

例えば重たい荷物を持つのでも、体から離れるほど重く感じ、体から近いほど軽く感じますよね。

そしてこの文の『体』を『腰』に入れ替えてみてください。

 

=====
腰から離れるほど重く感じ、腰から近いほど軽く感じる
=====

 

日常での隠れストレス

 

 

この『腰と荷物(手)の距離』は、日常のありとあらゆる所に隠れています。

一体どこにあると思いますか?

 

 

正解は、数えきれないほどある!です。

洗濯物・洗い物・掃除機・料理・スマホなどあらゆる場面で、腰と手の距離は離れつつ、腰が丸くなっていると思いますよ。

 

この『腰と手の距離は離れつつ、腰が丸くなっている』が腰へのストレスを増幅させます。

そして、当然ながら手に持つ物の重さで、さらにストレスは増えていきます。

 

それに加え体の捻りなんて入れたもんなら尚更です・・・。

 

まとめ

 

 

つまりここまでをまとめると、腰へのストレスは、

 

=====
①重たい物(軽い物でも)を持つ(持たなくても)ときに、②腰と手の距離が離れる、かつ➂腰が丸くなっている、かつ④腰を捻ると腰へのストレスは増えていく。この要素をひとつずつクリアしていけば、日常生活での腰へのストレスは軽減されていく。
=====

 

ってことになります。

当然ながら「家事してたらそんなの無理!」と思われるでしょうから、その場合は、体をそのストレスに耐えれるように作っていかないといけません。

 

家事は恐らく一生やることですから、腰のストレスを取るのか?体づくりを取るのか?の選択が迫れば、あなたはどちらを取りそうですか?

当然体づくりと、ここは答えてほしいところです(笑)

 

ということで、日々の腰のストレスを減らすことが、慢性腰痛を改善するきっかけになると思いますので、気を付けていきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

腰痛

【腰痛】腰が痛くなる9つの原因とは?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛で悩む方は日本全国で多くいます。

数字で見ると2800万人以上の方が悩でいるみたいで4人に1人は腰痛持ちということになります。

 

正直この数字がどれだけ正しいのかわかりませんが、僕の予想では恐らくこの数字以上の方が腰痛で悩んでいると思います。

 

数字が多かれ少なかれ腰痛と言うのは、人間にとって悩みの一種であることは間違いないです。

 

実は人間は歩行するために腰が進化したので、腰への負担はその辺の動物よりか遥かに大きく腰痛で悩む方が多いのもそのせいなんです。

 

で人間にとって悩みの一種である腰痛の原因というのは、多種多様に存在します。

それだけ人間の体は複雑にできとるってことですね。

 

「ここを押せば治る!」とかはあり得ません。

もし治ればそれはたまたまその方に合っただけで万人が治るとは限りません。

 

でも腰痛の原因を知っておかないと腰痛の治療ができないのも事実。

なので腰痛の方に多い原因を今回は大まかに種類分けしていきます。

あなたの腰痛はどのタイプに分けられますか?

 

=====

①筋肉の緊張
→筋肉が過剰に緊張することで痛みが発生します。(腰の筋肉とは限らない)

 

②筋肉の弱化
→筋肉が弱くなることで半来の力が発揮できず負担が掛かります。(腰の筋肉とは限らない)

 

➂関節の不動
→関節の可動範囲が狭くなり負担が掛かります。(腰の関節とは限らない)

 

④ストレス
→ストレスにより腰への痛みが増幅して感じてしまいます。

 

⑤トラウマ
→過去のトラウマなどにより痛み感度が増幅してしまいます。(病院で病名を診断されてもそれ自体がトラウマになることもある)

 

⑥内臓への負担
→臓器が弱るor働き過ぎで腰への負担が増えます。

 

⑦栄養素
→栄養や水分など不足していくと腰への痛み感度は高まります。

 

⑧姿勢不良
→姿勢が崩れることで腰への負担は高まります。(解剖学的肢位から離れるほど負担増)

 

⑨重心移動の弱化
→体の軸がブレやすくブレた際の重心移動がうまくできないと腰への負担は高まります。

=====

 

この9つは僕の中では多く見る原因です。

あなたがどの原因に当てはまるのかわかりませんが、恐らくこの9つのどれかに当てはまると思います。

まずは原因を知り治療していこう!そうすればあなたの腰痛は楽になっていきますよ(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛