リハビリ | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【怪我】僕の子供~大人になるまでの痛みの経歴

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「先生はどこか痛めたことあるんですか?」というご質問を頂きましたので、ここで回答していきます。

 

僕だってそりゃ身体中痛めまくりですよ(笑)

 

まぁそういう経験があったからこそ、今のような仕事をしているようなものです。

 

怪我の経験

 

僕の怪我(痛み)の経歴を順に説明していきますね。

 

=====
◆小学生
→公園で遠投ばかりしてたら肘(野球肘)を壊すが、楽しいので痛くても投げ続けていた。

◆中学校
→偏頭痛を発症し、視野が狭くなる(その後高校・社会人でも1回ずつ発症し、視力も著しく低下)。

◆高校
→野球の練習で、肘(野球肘)・肩(インピンジメント症候群)・腰(腰椎すべり症・腰椎分離症)を壊し、ボールは投げれないし、走れないし、授業中文字を書くのにも痛みを生じた。

◆社会人
→会社でマラソン部を立ち上げ、ランニング中膝(外側側副靭帯炎症)を壊す。草野球中足を挫き、捻挫し、高校時代に壊した肩(インピンジメント症候群)が悪化し、ボールを投げると腕が痺れ、肩が上げれなくなる。
=====

 

大きな怪我はこんな感じですが、それ以外にも小さな怪我はしています。

 

こう時系列で見てみると、小学校時代~ずっと何かしらの怪我をしていたんだなぁと思います。

 

でも何かしらの競技をしていれば、それぐらいはするでしょう。

僕は少ない方だと思いますが、当時は痛みもあり、辛かったことを覚えています。

 

痛みってどんな痛みにせよ、辛いんですよ。

今すぐにでも取ってほしいぐらい。

 

そういう経験をしているからこそ、目の前のお客さんの痛みを少しでもとってあげたいという気持ちが強いんだと思います。

 

まだまだ勉強が足りない部分も多々あるので、日々勉強中ですが・・・。

 

さぁ今日も一人でも多くの方のお悩みを解決できるように、頑張ってきます。

 

あなたもお悩みがあれば、いつでもお声掛けくださいね(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

日常  腰痛 膝痛

【トクサンTV】YouTuberライパチの野球肩を救いたい!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

『トクサンTV』YouTuberライパチ氏の肩の痛みを救いたい!!

野球をしているあなたにも共通する部分があるかもしれませんよ。

 

またまた僕がよく見ているYouTubeのひとつでもある、『トクサンTV』に出演しているYouTuber(?)ライパチ氏の肩の痛み(野球肩)の治療動画でした。

 

 

僕が前からこの記事内でも何度か言っていますが、ライパチ氏の肩の痛みは肩だけが原因じゃないので、肩ばかり治療してもYouTubeのネタで終わりです。

 

まぁそれが広告収入に繋がるのであれば、永遠と続けていけばいいのですが、本気で治したいのであれば、もっと違う視点で身体を見た方が僕はいいと思いますよ。

 

『トクサンTV』YouTuberライパチ氏の肩の痛みを救いたい!!

 

ライパチ氏の野球肩

 

今回のYouTube内では、

 

=====
①Scapular Dyskinesis(スキャプラ ジスキネジア)の疑い
②腱板機能不全
=====

 

が原因とされていました。

まぁ確かにそうなんですけど、そうじゃないんですよ。

 

毎回肩ばかり見ていますが、ライパチ氏にとってそれは結果であり、原因ではないんですよね。

 

僕が見ている限り、肩の前に治すべきポイントがいくつかあります。

それは以前から記事内で書いていることなんですが、ライパチ氏には届いていません(笑)

 

https://note.com/fujino_masato/n/n16e483bcae0d

 

② https://note.com/fujino_masato/n/n369bba2220fb

 

はい。

読んで頂ければわかると思いますが、まず第一に姿勢が悪すぎます。

胸を張り過ぎて、そもそも上半身全体の可動域が低下しています。

 

プロの野球選手やスポーツ選手を見れば分かると思いますが、胸を張り過ぎている選手はいませんし、自然の動物界の中にもいないと思います。

 

その理由は、圧倒的な動きやすさ(可動域の拡大)です。

 

試しに胸を張った姿勢と背中の力を抜いた姿勢で、ライパチ氏のようにオーバースローでスローイングをしてみてください。

 

絶対に後者の方が投げやすいはずです。

 

つまりライパチ氏は、胸を張った姿勢を作ってしまい、背骨の柔軟性(全体)を低下させた(固めた)状態で投げていた!というのが動画越しでも伝わってきます。

 

サイドスローが投げやすい!?

 

 

これも僕が以前記事にしています。ライパチ氏の姿勢の関係上、サイドスローが投げやすいんですよーって。

 

そう書いたところ、今回動画で「サイドスローが投げやすい」と言っていたので、そりゃそうだろ!って思ったわけです(笑)

 

https://note.com/fujino_masato/n/n369bba2220fb

 

まとめ

 

 

肩がダメと言うよりも、今はオーバースローに向いてない身体なのに、無理にオーバースローで投げているから肩を壊すんです。

 

恐らく腰も壊れ、最悪膝も壊すと思いますが・・・。

 

肩の治療をネタとして続けるのであれば、サイドスローに変え、負担を減らした方がいいと思いますが、いずれ、日常生活に支障を与える日が必ず来ます

 

それに肩の神経は首まで繋がっていますので、YouTube編集等で常にパソコンを使うのであれば、肩こり・首の痛みも慢性化してしまいますよ。

 

もうしてるかも!?

 

僕はライパチ氏の肩が治ってほしいので、肩だけではなく、他の部位もしっかりと見てほしいと思います。

 

ライパチ氏の場合、絶対に原因は違う場所にありますから。肩の痛みはあくまで結果。

 

早く気付いてね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

【リハビリ】痛いなら安静にするべきなのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰が痛い。膝が痛い。肩が痛い。肘が痛い。

 

など各関節に痛みがあり、動かすのが難しい場合、安静にするのがいいのでしょうか?

というよりも安静にする方が多いと思います。

 

ですが!!本当にそれでいいのでしょうか??

 

痛いなら安静?

 

痛くても、動かせる範囲で可能な限り動かした方がいいというのが僕の考えです。

 

ですがそれも無理な場合、どうすればいいのでしょうか?

 

仮に肩が痛い場合だとすると、

 

=====
肩関節近隣の関節と反対側の肩関節は最低限動かしておくべき
=====

 

だと考えています。その理由としては、

 

=====
神経の動きを止めたらダメ
=====

 

だからです。

仮に肩が痛いからと、上半身全ての動きに制限を掛けてしまえば、治りは遅くなり、治った後も、可動域の低下などに繋がりやすいと言えます。

 

今回例にあげた肩関節であれば、肘や手首、指、首などは肩関節と繋がる神経ですから、それらの関節を動かすことは、必然的に肩関節の神経も一緒に動かしていることになります。

 

だから、「安静しましょう」と言われたから全身安静にしますではなく、患部は安静にするものの、その他の関節は可能であれば積極的に動かすべきなんですよね。

 

まとめ

 

 

医師の安静にしましょうは、患部のことであって、全身のことではないですからね(笑)できるのであれば、その他の関節は動かしておいてください。

神経の動きを止めてしまえば、完治後後悔することになりかねません。しっかりと動かしておいてくださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【腰痛】脊柱管狭窄症で悩む方を改善させるには?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

脊柱管狭窄症は、読んで字のごとく、脊柱管が狭くなることで、神経などを圧迫し、腰や下肢の痛み・痺れに繋がることを言います。

 

年齢と共に発症しやすいんですが、あなたの脊柱管は大丈夫ですか?

 

脊柱管狭窄症とは

 

さてまず冒頭で言いました『脊柱管』とは、背骨の間にある空洞部分の事を言います。

下記イラスト真ん中の丸してある部分です。

 

 

ここが何かしらの原因(骨の変形など)で狭くなることで、腰や下肢に症状が出てきます。

ちなみ横から見ると下記イラストのような感じです。

 

 

脊柱管狭窄症の症状

 

 

脊柱管狭窄症になると出てくる症状(痛みや痺れ以外に)としては、

 

=====
間欠跛行(かんけつはこう)
=====

 

が有名でしょうか。

これは、少し歩くと腰や下肢に症状が出て、椅子などに座り休むと症状が落ち着き、また歩けるようになります。

 

つまり、1度に長く歩けなくなるってことですね。

 

また、脊柱管狭窄症はヘルニアとは違い、腰を反らす動作をすることで痛みや痺れが誘発されます。

 

脊柱管狭窄症の原因

 

 

 

加齢に伴う変形などは別にして、実はある部位の機能低下で脊柱管狭窄症は起こりやすいんです。

 

それが『股関節』です。

その中でも、

 

=====
股関節の伸展機能低下
=====

 

が脊柱管狭窄症を悪化させるリスクを多く含みます。

 

先程も言ったように、脊柱管狭窄症は、腰を反らすと痛みが誘発されます。

 

ということは、日常的に腰を反らす動作が多くなれば、脊柱管狭窄症のリスクが上がるってことです。

 

じゃあどういう場面で、腰を反らしてしまうのでしょうか?

それは間欠跛行の症状にあります。

 

つまり、歩行時です!!

 

 

歩行時って、股関節は必ず前後に動いていますよね。

 

じゃあ歩行時に、股関節が後ろに伸びなかったら(伸展機能低下)どうなると思いますか?

 

正解は・・・、

 

股関節の代わりに、腰が反り出します!!

 

これが脊柱管狭窄症の始まりです。

 

脊柱管狭窄症の改善方法

 

 

ここまで読まれたならお気付きかもしれませんが、改善するためには、

 

=====
必要最低限の股関節伸展制限を改善するべき
=====

 

なんですよね。

手術しても股関節の動きが悪いままだったら、痺れはなくなるかもしれませんが、最悪痛みは取れません。

 

なので脊柱管狭窄症の方は、腰を反らす動作を減らす為に、股関節伸展機能向上を目指すべきなんです。

そうすると腰の違和感などは落ち着いてきますよ。

 

まとめ

 

 

お客さんの中にも、脊柱管狭窄症を発症された方もいます。

ですが今や痛みもなく普通に歩いていますし、この間なんか小走りしていました。

僕が一番驚きましたが・・・。

だって教えてくれないんだもん(笑)

 

もし脊柱管狭窄症の辛い症状でお悩みであれば、まずは股関節の機能を変えてみましょう。

今よりかはだいぶ楽になると思いますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :              

腰痛

【野球肩】まずは整形外科検査で何が原因か調べよう!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

さて、今回から僕の肩を改善させるためのセルフプログラムを勝手に始めていきます(笑)

 

最終的には、肩の痛みを改善させ、学生時代以来になりますが、野球でボールを全力で投げれるようになる!をゴールにしていきます。

 

同じように肩の痛みで悩んでいる方もいらっしゃると思いますので、僕の肩の痛みの経過・改善方法を見ながら参考にして頂ければと思います。

肩の痛みチェック

 

さてさて僕の肩の痛みは一体どこからきているんでしょうか?

チェックしていきましょう。

 

=====
・痛みが出現するタイミング
→日常生活での支障は全くなし。野球(今はソフト)で、投球動作時のみ痛みが出現。(特にコッキング後期)

 

 

・整形外科テスト
→棘下筋・肩甲下筋・インピンジメント症候群・肩関節不安定症が陽性。
※下記動画はテストを多く紹介しているので参考までに。

 

=====

 

ということで僕の肩は、不安定のまま肩を捻ることで、肩関節に無理な大きな負担が掛かっているという想定ができました。

これでは投げれば投げるほど、肩の組織を壊しかねませんね(笑)

 

あなたの肩の状態はどうでしたか?

 

肩のトレーニング

 

 

さて改善に向け、トレーニングを昨日から始めました。

肩のトレーニングはもちろんですが、全身何かしらトレーニングをしています。

 

詳細は後日載せますが、主に、

 

=====
・肩関節安定化
・肩甲骨、胸郭、股関節の柔軟性
・腹圧、足底の強化
=====

 

を行っていきます。

当然ながら投げ方が悪いという問題もあるかと思いますので、合わせてそこも修正できればと思います。

 

まとめ

 

 

あなたも肩の痛みで悩んでいるのなら、一緒に改善していきましょう。

 

もしわからないことなどありましたら、シェアしながら一緒に解決していきましょう!!

 

好きな野球が思い切りできないって、嫌なんですよね。

 

個人的に。

 

趣味でやっているんだから、どうせなら痛みを我慢せず、思い切り遊びたいじゃないですか!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

【膝痛】膝の痛みの本当の原因を知っていますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

確か以前にも書いたと思うんですが、最近この話を僕のグループレッスンで話すとみなさんめちゃくちゃ驚かれるんで、ここでもまたお話ししようかなと思います。

膝の痛みの原因

 

膝の痛みの本当の原因。

あなたは知っていますか?

 

では唐突ですが、ここで問題です。

次の内、膝の組織で痛みを最も感じやすい組織はどれでしょうか??

 

=====
①脂肪②靭帯➂半月板④軟骨
=====

 

さぁどれだと思いますか??

 

正解は・・・・

 

なんと!!!

 

実は!!!!

 

なんとっっ!!!!

 

=====
①脂肪
=====

 

なんです。

「④軟骨じゃないんかい!!」って思ったでしょ?

多くの方がそう答えると思うんですが、実は真逆です。

 

=====
軟骨は痛みを一切感じません
=====

 

ということなので、「軟骨ない=痛い」ではないんですね。

これを言うとみなさん非常に驚かれるんですよ。

だってこれ誰も教えてくれないですもんね。

教えているのは、僕ぐらいですから(笑)

 

ということで、膝の組織で最も痛みを感じやすいのは、『脂肪』でした。

 

なので、膝の痛みを改善したいのであれば、脂肪の硬さを改善すると痛みが改善しやすいってことですからね。

 

ちなみに先程問題にした組織の名称は、

 

=====
①膝蓋下脂肪体
②前十字靭帯
➂(内外側)半月板
④軟骨
=====

 

になります。まぁ別に正式な名称はいらいですね(笑)

 

まとめ

 

 

膝が痛い??だったら脂肪が動きやすい環境・柔軟性が必要不可欠ですよ。

特に変形性膝関節症の方は、ほぼほぼ脂肪が硬くなっていますから、柔らかくしておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

膝痛

【膝痛】本当に変形性膝関節症だから痛いのかな!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝が痛く病院でレントゲンやMRIを撮ることもあると思います。

 

その際、膝痛の進行具合によっては、「変形性膝関節症ですね。軟骨が減っているから痛いんですよ」はたまた「骨が欠けているから、ここに痛みがあるんです」などと言われることもあるでしょう。

 

でもちょっと待ってください!!

 

もし仮に軟骨が減っているから痛い・骨が欠けている痛いのであれば、(程度にもよりますが)みんな痛いはずです。

でも軟骨が減ろうが、骨が欠けようが痛みのない方も多くいるわけです。

 

これどういう意味かわかりますか?

 

膝痛の原因とは!?

 

レントゲンやMRIで膝の状態を把握し、痛みの原因を探っていく。

当然の作業だと思います。

 

ですが、ここで考えてもらいたいのは、《レントゲンやMRIで写っている箇所だけが痛みの原因ではない》ということ。

 

だってそうじゃないですか?

 

もしそれで痛みがあるのなら該当する全員が痛みを感じるはずですし、そこを治せば痛みがなくなるはずですよね。

ですが痛みを感じない方もいれば、残念ながら手術しても痛みが変わらない方もいるわけです。

 

これっておかしくないですか?

 

ということはつまり、痛みの原因はレントゲンやMRIだけでははっきりとわからないってことです。

 

もちろん変形していれば、そこを改善していくのしかないかもしれません。

 

でも『変形と痛みは別物』です。

 

変形していても痛くない方もいるんです。

その場合、逆に変形を治したら痛みが出るということも考えられます。

 

変形と痛みは別物。

これは頭の片隅にでも入れておいてください。

 

「変形性膝関節症を診断された・・・手術しないと一生痛いままなんだ」諦めないでください。

 

その痛みは本当にレントゲンやMRIに写った膝の部分だけが原因ですか?

それはわかりませんよね。

 

仮説と検証を繰り返し、痛みの原因を探すことを忘れないでください。

そこをすっ飛ばして即手術。

それでもいいのかもしれませんが、痛みの原因は他にあるかもしれません。

 

それはわかりません。

 

まとめ

 

 

変形と痛みは別物。

今日はここだけ覚えておいてくださいね。

 

変形しているから痛いのではなく、痛みを誘発している部位は違う所から生れているのかもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

膝痛

【成長】赤ちゃんは体幹マスター?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

体幹をうまく使えていないと体に痛みが出やすい+疲れやすい体になります。

例えば体幹を使えないことで肩に負担が増え、肩が上げにくくなっていくんですよ!

膝も腰も同様にです!!

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

なんで体幹を使えんだけでそうなるかと言うと、実は人間すべての動きで体幹を“最初”に使うからです。

肩を上げるのも、足を上げるのもそう。

一見、肩だけ足だけを使っているように見えて実は体幹から動きが始まっているんですよね。

 

でも大人に成長するにつれ、体幹を使わなくなっていきます。

その理由は単純で、四肢(両手両足)が強くなっていくから。

 

つまり体幹を使わなくても肩を上げたり、足を上げたりできるようになってしまうってことです。

なので体幹がフニャフニャでも肩は上がるし足も上がる。

成長の代償ですね。

 

それに比べて四肢が弱い赤ちゃんなんかは体幹をしっかり使って動き回ります。

赤ちゃんのお腹を触ってもらうと分かりやすいんですが、どんな動きでも動く瞬間すべてにお腹にもの凄い力が入っているんです。

めちゃ凄いですよ。触ったことがない方は、機会があれば触ってみてください。

絶対に驚くと思います。

 

 

なので赤ちゃんの頃のように体幹をしっかり使えながら動けると、体の痛みもでにくくなるし、効率のいい動きになる可能性は高いんです。

そしてこの動きに着目してトレーニングしているのが室伏広治氏。

彼は恐らく赤ちゃんの動きの重要性にいち早く気付いて取り組んだんだと思います。

 

 

ってことで体幹も多少は使えるようになることが体にとってはとっても大切なんです。

ただ一般的なプランクとかでは意味がないと個人的に思っています。

あういう動作は日常生活でやるときないですからね。

 

むしろ動きながら体幹を使うような練習をした方がいいと思います。

例えば、椅子に座って片方のお尻だけで座ってバランスとってみたりね。

 

まぁもし赤ちゃんが近くにいるのなら赤ちゃんの動きを真似するのもいいかもしれませんね(笑)まぁ冗談ですが。

でも体幹も機能的にとっても大切な部分なので、たまには体幹も使えるようなトレーニングもしていこうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

腰痛

【なぜ】膝痛があると腰痛にもなりやすい理由とは?

 


 

膝痛で悩んでいると同時に腰痛でも悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

膝痛と腰痛には何か関係性があるんですかね?

そこを深堀していきたいと思います。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

膝痛と腰痛。

一見別に関係がないようにも見えますね。

でも実はズブズブな深い関係があるんです!

今回の関係性は筋肉目線神経目線で1つずつ深堀していきますね。

 

筋肉から見る関係性

 

腰痛と膝痛に関係している代表的な筋肉と言えば、大腿四頭筋(だいたいしとうきん=太もも前の筋肉)です。

大腿四頭筋は、4つの筋肉を総称した言い方になり、赤丸した筋肉をまとめた言い方になります。

 

 

腰痛・膝痛ともにここの筋肉がバチバチに固くなっていることが多々あります。

そしてこの筋肉をよく見ると、骨盤(股関節)~膝(お皿)まで付いているのが分かるかと思います。

言い換えれば、腰~膝までを繋いでいる筋肉とも言えます。

 

 

なのでここの筋肉が悪さをして膝痛になれば、同時に腰痛にもなりやすいってわけです。

これが筋肉から見る膝痛と腰痛の関係性です。

続いて神経目線も見ていきましょう!

 

神経から見る関係性

 

実は神経にも繋がりがあるんですよね。

それが大腿神経(だいたいしんけい)という神経です。

 

 

この神経は腰の骨~膝の内側にまで繋がっている神経になります。

下記写真の赤丸している神経ですね。(黄色が神経の走行)

 

 

大腿神経から伏在神経(ふくざいしんけい)へと名前が変わり、膝の内側にまで繋がっているのが辿ってもらえばわかると思います。

腰~膝まで繋がっているのでこの神経が悪さをすると、膝痛・腰痛を引き起こしてしまうわけですね。

 

 

どちらが先かわかりませんが、腰痛・膝痛ともにこの神経が悪さをしている確率は比較的高いです。

なので膝痛が改善されれば同時に腰痛も改善されるということなんかも神経の繋がりから考えて普通にあり得ます。

 

まとめ

 

筋肉から見ても、神経から見ても膝痛と腰痛は結構近い関係性がありましたね。

なので腰もしくは膝を痛めている方は、どちらかを治療してしまえば同時に治ることもあり得ます。

 

 

腰痛・膝痛のダブルコンボでお悩みのあなた。

改善できると信じて治療していきましょうね(^^)

まずは、膝なのか腰なのかどちらがより悪さをしているかを見つけていきましょう。

 

 

きっとあなたの症状も良くなると思いますよ。

一緒に頑張りましょうね!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :          

腰痛

【人工関節】股関節や膝が痛いから手術した方がいいでしょうか?

 


 

股関節や膝などに痛みがある場合、人工股関節や人工膝関節など手術をする場合があります。

よくお客さんからも聞かれるんですが「手術した方がいいかね?」という問いに今回は答えますね。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

結論から先に言わせて頂くと、

 

=====

歩けないぐらいひどいなら手術を考えましょう

=====

 

っていうのが僕の考え。

正直手術は最終手段として捉えてほしいんですね。

 

 

もしトレーニングや整体で少しでも改善できるなら絶対にそっちの方がいいと思います。

それで改善するのならまだまだ可能性があるってことですから。

 

 

でもそうは言うものの、結局は決めるのは本人ですから。

 

 

トレーニングなどで治したいのならそちらへ。

手術で治したいのならそちらへ。

 

 

しっかりと考えて選ばれるといいかと思いますよ。

ただ僕の考えは変わらず、

 

=====

歩けないぐらいひどいなら手術を考えましょう

=====

 

ってことです。

痛みを改善するたのに最善の決断をしましょうね!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

トレーニング