広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

腰痛になりやすい人の5つの特徴(原因)はこれ!

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

腰痛になってしまう人には、特徴があります。

 

 

細かい特徴を上げると難しいので、大まかに5つをあげてみました。

この特徴に当てはまっていると腰痛のリスクがグンっと上がります。

 

 

今回のブログでは、腰痛になりやすい人の特徴ついてご紹介していきます。

 

 

  • 腰痛になりやすい人の5つの特徴
  • 改善する為に必要なこと

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし、腰痛で悩んでいるのなら、ぜひ見てくださいね。

 

 

痛になりやすい人の特徴

 

僕なりに思う、腰痛になりやすい人の特徴をおおまかにですが、5つにまとめてみました。

 

 

あなたは、どれか当てはまりますか?

 

 

動不足

 

 

これは、当たり前ですよね。

腰痛になる方の多くは、運動不足の場合が多いです。

 

 

アスリートなり、重労働の方は、除きますよ。

そういう方たちは逆に、オーバーユース(使いすぎ)なんです。

 

 

あとに説明しますが、この場合、運動不足以外の原因もあるかと思います。

 

 

一般的には、座りっぱなしが多く、運動不足の方が比較的多い傾向にあります。

 

 

運動不足になると、筋肉は落ち、関節の動きも悪くなります。

そうなれば、腰への負担も必然的に大きくなり、腰痛に繋がるというわけです。

 

 

どういう形でもいいので、年齢を重ねるごとに運動することは、これからは絶対に必要不可欠になってきます。

 

 

まずは、あなたに合った運動からスタートしてみましょう!

 

 

姿

 

 

 

 

姿勢が悪くなると、腰への負担は必然的に大きくなります。

猫背でも、反り腰でも、です。

 

 

ただ残念ながら、絶対にこの姿勢がいいというものは存在しません。

教科書に書いてあるのは、あくまで基準なので。

 

 

でもあきらかに、その基準を逸脱していれば、痛みに繋がるリスクは上がります。

 

 

日頃から、どのような姿勢をよくとるのか考えてみましょう。

その姿勢が多いから、腰痛になっているのかもしれませんよ。

 

 

体の使い方

 

 

これは、腰痛の方・腰痛1歩手前の方に非常に多いです。

というよりも、ほとんどの方がこれは当てはまります。

 

 

体というのは、本当によくできています。

〇〇が動けば、○○が一緒に動くという感じで、全身でサポートし合っているんです。

 

 

でも腰痛になってしまう方は、このサポート体制をうまく使えずにいます。

なので、痛みのない方に比べて、腰痛になりやすいんです。

 

 

以前、YouTubeでも特徴をお伝えしているので、もしよかったらご覧ください。

 

 

 

 

ンバランスな筋肉

 

 

これは、身体の使い方と同様に、ほぼすべての方に当てはまる特徴です。

 

 

筋肉には大きく分けて、

 

 

  • 主として活動する筋肉
  • 補として活動する筋肉

 

 

の2つが必ず存在します。

なので、どちらかが崩れてしまうと、痛みに繋がっていくわけです。

 

 

崩れてしまったどちらかの筋肉を筋トレすると、その場で痛みが軽減することも多々あります。

それだけ重要ということです。

 

 

 

 

感情は、あまり聞いたことがないかもしれません。

でも、感情も結構関係するんですよ。

 

 

人間には、喜怒哀楽という4つの感情が存在しますよね。

実は、この感情のバランスが大きく崩れてしまうと、腰痛になってしまうんです。

 

 

例えば、「怒」が著しく多い場合、他の感情が少なくなります。

そうなれば感情バランスは、歪なバランスになるわけです。

 

 

できれば、平均的にしたわけですから。

もちろん、平均なんて無理というのはわかっています。

 

 

でも毎日のように「怒」が多すぎれば、毎日感情バランスは崩れています。

その崩れたバランスに、体は正直に反応するんです。

 

 

その場合、気分転換なども必要になってきますよね。

 

 

あとここだけの話ですが、腰痛の方は頭の中が「腰痛」で埋め尽くされています。

なので、「腰痛」というワードに過剰に敏感になるんです。

 

 

でもこれって、本人に自覚がないんですよね。

なので、気付きません。

 

 

こういう方の場合は、まず頭の中の「腰痛」というワードを減らすことも必要になってきます。

 

 

善する為に必要なこと

 

では、腰痛にならない為に必要なことはなんでしょうか?

そこを知っておきましょうね。

 

 

分を知ること

 

 

結局、自分が自分を知ることが大切なんです。

 

 

「腰が痛いけど放って置く」方もいれば、「腰が痛いから治療する」という方もいるわけです。

これも結局は、自分を知っているからこその行動となります。

 

 

どういうことかと言うと、

 

 

  • 腰が痛い→けど我慢できるから行かない
  • 腰が痛い→自分では無理だから治療に行く

 

 

といった感じですよね。

これも今の自分を知り、そのように行動しているわけです。

 

 

ただ、それがイコールいい結果になるとは限りません。

余計に痛みを悪化させる場合もあります。

 

 

そこは、難しいとこですけどね。

 

 

  • この姿勢が多いかな?
  • 最近運動不足だな・・
  • 背中の筋肉落ちてきたな・・
  • この運動すると楽になるな!
  • この運動後は、痛くなるな!

 

 

とか、自分自身に目を向けてあげましょう。

もしわからなったら、専門家にアドバイスをもらうのもいいと思います。

 

 

まずは、その腰の痛みをどうしたいのか?しっかり考えてみてくださいね!

 

 

とめ

 

いかがでしたでしょうか?

少しは見直せそうですか?

 

 

少しずつでもいいので、自分のできることから取り組んでみてくださいね。

 

 

まずは、自分のカラダを知り、どうなりたいのか考えましょう。

 

 

治したいのか?そのままでいいのか?

あなたはどうなりたいですか?

 

 

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :      

腰痛

腰痛を改善させるためには「運動」をするのが1番大切

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

「腰痛を治すためには何をすればいいですか?」

これは、よく聞かれます。

 

僕は、

「運動が1番大切ですよ」

ってお答えしています。

 

 

腰痛を改善させるためには「運動」をするのが1番大切

 

 

僕のところでは、50代以上の方が8割をしめています。

個別指導以外に、講演会なども行きますが、やっぱり50代以上の方が圧倒的に多いです。

 

50代を超えれば、必ず筋肉は落ちていきますよね。

今のところ「筋肉が落ちない」というのは不可能です。

 

そしてやっぱり、腰痛は年齢とともに割合が増えていきます。

もちろん、筋肉が落ちたのがすべての原因と言っているわけではありません。

 

他にも様々な原因で、腰痛をつくり出しています。

その中でも運動不足は、50代を超えた方にとって大きな原因となるのです。

 

加齢=腰痛ではない

 

「年のせいだから」

これはよく聞きます。

 

正直なところ、僕はすべての痛みを取り除くいわゆる「ゴッドハンド」ではありません。

でも、それに近いものを僕なりに目指してはいます。

 

だって、目の前の方を元気にしたいという気持ちは強いと思っていますから。

でも「年のせいだから」と諦めてしまうのは、僕としては悔しいんです。

 

その理由として「絶対によくなるはず」と僕は思っているからなんです。

同じ年齢の方でも、腰痛のある方・ない方がいますよね。

 

であれば、「年のせいだから」というのは間違ってないですか?

年のせい以外に、必ず原因があるはずです。

 

加齢=運動不足

 

年のせいというよりも、年齢とともに「運動をする機会が減る」というのが問題だと僕は思っています。

筋肉が落ちていくのは事実なので、それに加えて運動不足となると大変です。

 

これが「年のせいだから」という理由だと思います。

 

実際に80代のお客様にも、軽い運動をしてもらいます。

そして実際に、運動だけで痛みは減っていきます。

 

ただ80代という年齢を考えると、運動だけでは無理があるので、他にも治療は必要です。

ですが、運動で痛みが軽減するという体験をしてもらうと、運動の大切さをより理解して頂けると思います。

 

もちろんですがただ闇雲に動かすのではなく、痛みを軽減させるためには、動かしていない部分を適切に動かすことが大切になります。

 

腰痛=運動不足

 

全部が全部、運動不足という訳ではありません。

運動不足もひとつの要因にありますとお考え下さい。

 

ちなみに僕は、腰痛に安静という処置はおすすめしません。

しっかりと動かいてくださいね!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :         

腰痛

腰痛は病院に行くよりもまず、運動(筋トレなど)をやりなさい!

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

タイトルの通りなんですが、腰痛の場合、病院に行くよりも運動(筋トレ)をした方が圧倒的にいいです。

 

 

「痛いから病院に行って、治ったら運動するんですよ」

 

 

と思われたかもしれませんが、違いますよ。

 

 

ほとんどの方の腰痛の原因が、運動不足なんです。

病院に行っても「運動してくださいね」と言われるのがオチです(^^;

 

 

「毎日歩いて運動してますよ!でも腰痛いんです!」

 

 

って方も中にはいると思うんですが、これも違います。

 

 

それは運動が正しくないんです。

それが、あなたに合っていない運動なのかもしれませんし、間違った運動なのかもしれません。

 

 

細かく言えばきりがないですが、結局は病院に行っても運動不足で片づけられてしまいやすいんですよ。

 

 

「運動してくださいね。ストレッチしてくださいね。安静にしてくださいね。」

 

 

って言われるだけです。

だから病院に行くよりも運動した方がいいんですよ。

 

 

それに腰痛を予防するためにも、腰痛になる前から運動の習慣を身につけておくこともいいですよね。

 

 

腰痛は病院に行くよりもまず、運動(筋トレなど)をやりなさい!

 

今や腰痛は、現代病です。

 

 

そもそもですが腰というのは、人間の中でも負担の掛かりやすい部位でもあります。

それにプラスして、運動不足で筋肉が落ち、余計に腰に負担が掛かっているのが今の腰痛の現状です。

 

 

今と昔では腰痛は違う

 

 

 

 

今は、昔の腰痛とは違うんですよね。

 

 

考えてみてください。

昔は今ほど便利な社会でもなかったし、今よりは運動していたでしょ?

少しは歩いたりしてたでしょ?

 

 

運動のレベルも今と比べたら大きく違うと思うんです。

それに伴い、下半身の筋肉レベルも全く違うと思うんですよね。

 

 

昔の人の方が、圧倒的に筋肉質だったはずです。

昔の人の現役時代を知らないので、正確には言えませんが、そんなに間違っていないと思います。

 

 

それだけ、運動不足で腰痛になっている方が増えているということです。

 

 

整形外科学会も認めた腰痛への運動

 

 

だって腰痛の治療で、安静はNGになったって知っていますか?

整形外科学会が腰痛ガイドラインで発表したんですよ。

 

 

「腰痛治療に対して安静はオススメしない」ってね。

逆に動くことをオススメしていますから。

 

 

一昔前とは真逆のことを言っていますよね(^^;

僕は発表される前から運動しなさいと言ってきましたが・・・

 

 

それだけ現代社会において、運動不足が深刻になっているってことですね。

腰痛改善のためにまずは、運動してみませんか?

 

 

正しい運動をすること

 

 

「そんなもん、わかっとるよ」

って思われましたよね(^^;

 

 

本当にそれしかないんです。

でも年齢によっては違ったりもします。

 

 

例えば、高齢で運動習慣がない場合

 

 

細かいフォーム指導をするよりも、多少ズレていても運動させることが大切になってきます。

若い方であれば、厳しくチェックしたりしますが、運動をしない高齢の方にとってみれば、「運動をする」ことに大きな意味があり、多少のズレはOKとしています。

 

 

ただ大きくズレてはダメなので、守るべきポイントは守ってもらいますが、それ以外は少々OKです。

それが運動不足の解消になり、腰痛改善に繋がりますからね。

 

 

ただこれも大きく違う運動をしてしまっては効果がありません。

先程言ったように、守るべきポイントは守らないといけないんです。

 

 

何歳であろうとね。

 

 

それができれば他のズレがあったとしても、効果はでます。

 

 

まずは、運動をしていきましょう!

 

 

どういう運動をしていいのかわからない方がいらっしゃれば、僕にご質問ください。

可能な範囲でお答えしますよ(^^)

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :         

トレーニング 腰痛

腰痛の方は、筋肉の血行不良からの酸素不足が原因!?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰は酸素不足!?

 

酸素足りていますか?

 

 

「当たり前でしょう!」と思われたと思います(^^;

 

 

酸素なければ生きていけませんもんね。

 

 

でも今回は、「腰痛の方は酸素不足」というお話をしていきますね。

 

 

ただ呼吸での酸素不足というのではないですよ(^^;

 

 

筋肉の酸素不足のお話しです。

 

 

そもそもですが、筋肉には血液が流れていますよね。

 

 

 

 

その血液が各部位に酸素を運んでいます。

 

 

その酸素供給が何かしらの原因で酸素不足になれば痛みに繋がりやすくなります。

 

 

その中でもよくある酸素不足の原因は「運動不足」です。

 

 

運動不足と言っても、ただ単に運動してねってことではないんです。

 

 

腰痛の場合、腰の筋肉の運動不足だよってことなんです。

 

 

腰が痛いからと言って、いくら肩を回しても腰痛はよくなりませんよね。

 

 

それでは腰の筋肉には酸素が回らないからです。

 

 

腰自体の酸素不足の解決にはなっていませんよね。

 

 

そういうことから時には腰痛の方こそ、腰周りを動かすことが大切です。

 

 

酸素不足でなんで痛みに?

 

 

ではなぜ、酸素不足になると痛みに繋がるのか?についてお話ししますね。

 

 

酸素不足になるとある痛み物質が発生してしまうんです。

 

 

それが、

 

 

ブラジキニン

 

 

という痛み物質です。

 

 

他にも痛み物質に、ブラジキニン・セロトニン・ヒスタミン・アセチルコリンなどありますが、その中でも強いのがブラジキニンです。

 

 

そのブラジキニンに、ポリモーダル受容器(痛みを脳へと伝える)が反応して痛みと感じているんです。

 

 

これが酸素不足からなる腰痛の原因です。

 

 

何度もでてきたブラジキニン。

 

 

逆を言えばこの物質を出さないようにすれば、痛みは抑えられるということです。

 

 

つまり、酸素不足の原因である「筋肉の運動不足」を解決していけばいいんですよ。

 

 

安静は最悪

 

 

ここまで読んで頂いたあなたは痛みの原因を理解して頂けたと思います(^^)

 

 

そこでお聞きするんですが、痛みがあるときの安静は有効ですか?

 

 

有効じゃないですよね。

 

 

もちろん痛みの程度にもよりますが、大半が安静は無意味です。

 

 

だって筋肉に酸素送らないといけないですからね。

 

 

積極的に痛みのある筋肉を動かして、酸素を送ってブラジキニンを出ないようにしましょう!

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

タグ :       

ケア 腰痛

NHKの人気番組『チコちゃんに叱られる』を見過ぎて、あなたのカラダは大丈夫ですか? 275

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

チコちゃんに叱られる

 

NHKで放送されている番組です。

 

見られているお客様が

『ためしてガッテン』と同じぐらい

多いんですよ。

 

NHK恐るべし。

 

番組の内容的には

5歳の女の子に問題を出されて

それを解いていくみたいな感じです。

 

よくわからない方は

番組見てください。

 

その問題が身近な疑問で

『あーなるほどー』

って感じで面白いです。

 

“チコちゃんに叱られる”とか

“ためしてガッテン”とか

 

こういう身近なものを問題にする番組は

人気があるみたいですね。

 

特に健康系

お客様の中で人気です。

 

 

そのほとんどがNHKです。

 

人気ですね。NHK。

 

ただ、面白いNHKの番組を見る時に

ひとつ気を付けてほしいことがあります。

 

それは、、、

 

動かなくなること

 

です。

 

 

次から次へと面白い番組が続きますよね。

 

そうするといつの間にか

こんなに時間が経っていた!!

 

なんてことないですか?

 

それが1度ならいいですが

何回も何回もすることで

動かない癖がついてないですか?

 

というよりも

動かない時間増えてないですか?

 

この時間が増えることが

意外と問題だったりします。

 

何が問題かというと

まず運動不足になることです。

 

さらに言うと

見る姿勢も悪いと思います。

 

 

写真まではいかないにしても

近い形で見てませんか?

 

こういう悪い姿勢で見ることで

カラダにも負担が掛かったりします。

 

『テレビ見てたらこんな時間だわ!』

 

って立とうとしたら

腰が痛かったりした覚えはないですか?

 

いや、カラダに負担掛かってますよ。

 

運動不足になるし

カラダに負担掛かるし

で、あんまりいいことないですよね。

 

先程も言ったように

見ること自体が悪いことじゃなくて

 

どれくらいの頻度そういう

 

時間を過ごしているのか?

 

が大切になります。

 

『私は大丈夫よ』

『そんなに見てる時間少ないから』

 

とか言っている方も危ないです。

意外と見てますよ。

 

『あんまり食べてないのになー』

 

とか言ってお菓子食べている方と同じで

本人に自覚がなかったりします。

 

 

これが1番怖いですね。、、、

 

あなたの奥さん・旦那さんは

いつもゴロゴロテレビ見てないですか?

 

本人に自覚はないんですよ。

 

本人の感覚的には

少しの時間だったりします。

 

『少し散歩でも一緒にしようか』

 

など運動不足解消のために

誘ってあげるのもいいですよね。

 

『お前見過ぎだからもう見るな』

 

とかはダメですよ。笑

否定せずにいきましょう。

 

テレビが面白いのはわかりますが

ただずっと見るだけじゃなくて

 

たまにはカラダも動かして

運動不足解消して

カラダの負担も減らしましょうよ!

 

カラダ動かして鍛えるのって

気持ちいいですよ(^^)

 

 

ブレてる写真ですみませんが

登山の途中です。

 

足腰も鍛えれて気分もリフレッシュしました。

 

あなたは運動不足や

カラダの負担を減らすために

していることはありますか?

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :           

トレーニング

あなたは運動不足?運動習慣がなくなってしまった方がよく言うこと 062

 


広島で腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

運動不足!?

あなたは運動不足ですか?

 

それとも運動する習慣がありますか?

 

 

最近、新規のお客様のカウンセリング時によく聞きます。

 

以前までは歩いたり、走ったり、鍛えていたと。

 

でも、最近は全くやっていない。

 

以前と言っても数年前のこと。

 

ひどい人は数十年前と言います。

 

運動習慣がなくなってしまった方がよく言われるのが

 

『運動習慣を辞めてから身体の調子が悪い』

 

『運動習慣を辞めてから腰に痛みが出てきた』

 

など言われます。さらに

 

『身体の調子が悪いから以前みたいに運動したいけどできない』

 

『腰が痛いから以前のようなレベルの運動はできない』

 

 

まさに【できない身体】になってしまったのです。

 

【やりたくてもできない】ということになります。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

『身体が○○だから運動できない』になっていませんか?

 

どんどん運動しなくなる

 

こうなってしまえばほとんどの方が運動をしないでしょう。

 

運動ができない【言い訳】しか考えてませんから。

 

 

そう。言い訳なのです。

 

自分で自分はできないと言い聞かせているのです。

 

そうなると、できることでさえもやらなくなります。

 

すると、どんどんできることが少なくなっていきます。

 

どんどん運動しなくなります。

 

 

今“ドキっ”としたあなた。

 

あなたは言い訳していませんか?

 

現実から逃げない

 

“ドキっ”としたあなたは、今の現実を受け止めた方がいいかもしれません。

 

言い訳せずに、今できることから始めてみましょう。

 

例えば、腰が痛くてもできる運動あるかな?

 

 

と、【できる選択肢】を増やしていってはどうでしょうか?

 

そうすれば、狭い範囲でしか考えられなかったことも

 

広がっていくのではないでしょうか?

 

その選択肢の中から自分に向いているものを見つけてみては?

 

できることから

 

なかなか一歩が踏み出せない方もいらっしゃると思います。

 

でも、選択肢を増やしてその中から自分に今できることから始めてみてはどうでしょうか?

 

自分でやるのもいいでしょう。

 

私、藤野と一緒にやるのもいいでしょう。

 

 

まずは、あなたができることから。

 

あなたも言い訳はほどほどにしてみては?

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :      

トレーニング メンタル

あなたは知っていますか?運動不足が【死亡危険因子】であることを 050

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

運動不足に潜む危険性

あなたは継続して運動されていますか?

 

ウォーキング・ランニング・トレーニング・スポーツなどやられていますか?

 

全く運動していません。

 

という方もいらっしゃると思います。

 

そんな方々にぜひ運動習慣をつけてほしいと私は願っています。

 

それはなぜか?

 

死亡危険因子

 

WHO(世界保健機関)が全世界の死亡に対する危険因子を発表しています。

 

第一位・・・高血圧(13%)

 

第二位・・・喫煙(9%)

 

第三位・・・高血糖(6%)

 

第四位・・・身体活動不足(6%)

 

なんと!運動不足がランクインしています。

 

 

最近は、便利な世の中になってきています。

 

そのため運動不足の方も多くなってきているのではないでしょうか?

 

また運動不足により筋力の低下が大きな要因になっていると思います。

 

あなたは運動習慣ありますか?

 

国も薦める運動習慣

 

国際的には、週に150分程度の運動が必要と推奨しています。

 

それもウォーキング程度の運動です。

 

別に激しい運動をしなさいと言っているわけではありません。

 

日に計算すれば約20分ウォーキングすればいいと言っているのです。

 

これなら通勤のときに“一駅は歩く”“階段を使う”などすれば20分なんてすぐ出来そうですよね。

 

 

リスクを低下させるには

 

さらにその習慣のついた方は上を目指しましょう。

 

国際的に生活習慣病や生活機能低下のリスクを下げるには

 

毎週60分の息が弾み汗ばむ程度の運動を推奨しています。

 

自重でおこなう軽い筋力トレーニングなどを薦めています。

 

ここの部分はジムなどに通ってトレーニングするのか、

 

私のようなパーソナルトレーニングを選択するのかはあなたの自由です。

 

どちらにしても毎週定期的にトレーニングをしっかりおこなう習慣がつくとリスクも軽減するかもしれませんね。

 

 

あなたはどんな生活を送りたいですか?

 

あなたの未来にも目を向けてみましょう。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :      

トレーニング