【脂肪量】脂肪が増えると腰痛になるリスクが上がる? | 腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【脂肪量】脂肪が増えると腰痛になるリスクが上がる?

 


 

noteにも書きましたが、大切なことなのでこちらでも。

 

どこの研究だったか忘れてしまいましたが、とある機関で『腰に脂肪が多いと腰痛になるのか?』という研究がありました。

そこで①腰が痛いグループと②腰が痛くないグループに分けて腰の脂肪を検査してみたところ、①の腰が痛いグループには腰に脂肪が多く付いていたことが判明しました。

そして、その①のグループの人たちの脂肪を減らす(減らし方は不明)と腰痛は緩和していった。

っていう研究結果があります。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

 

ここで見てもらいたいのは、脂肪量で腰痛は変わるってこと。

 

 

そして、ここからは僕の意見になりますが、結局腰に脂肪が溜まりやすい人って「姿勢不良」「運動不足」が大きな原因なんだと思います。

 

 

まず姿勢が悪いと腰を動かすことが少なくなり、腰の筋肉が低下しやすくなります。

つまり、腰の筋肉を普段から使わんくなるってこと。

そうなれば、腰へ脂肪は溜まりやすくなるんかもしれん。

 

 

そして、運動不足。

そもそも姿勢が悪く腰の筋肉を低下させとるのに、それに加えて運動不足。

運動をしないってことは、筋肉がさらに低下するってこと。

そうなれば腰だけじゃなくて全身の筋肉量も低下する。

結果としてこの二つが掛け合わさって、脂肪が溜まるリスクが増える。

 

 

まとめると、

 

=====

姿勢不良・運動不足などが掛け合わさって、腰の筋肉量が低下していき、脂肪が付きやすくなり、腰の痛みへと繋がっている

=====

 

ということです。

脂肪=痛みって研究だったんですが、じゃあ何をすればいいんの?って考えることも必要になります。

 

 

今回で言えば簡単で、腰の筋肉量を増やすことが一番の解決策だと思います。

しっかりと全身強化していきましょう!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

腰痛

この記事に関連する記事一覧