広島 腰痛 姿勢 パーソナルトレーニング

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|広島の腰痛専門

広島カープの名物スクワット応援で健康になろう!

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

広島カープの応援といえば

今、広島ではものすごい勢いで人気のカープ。

 

もしあなたが広島県人であれば知らないわけがないですよね。

 

この間の「チケット抽選会」は全国ニュースになった程の人気ぶりでした。

 

実は僕もチケット抽選会の当日、その人気に巻き込まれた一人です。

 

 

並んだわけではなくて、仕事で街の方に向かっていたら大渋滞!

 

もう大変でしたよ(^^;

 

それだけ広島から愛されているんですよね、カープ。

 

そんなカープの応援といえばあれですよね。

 

『スクワット応援』

 

実際に球場で観戦されたことがあるなら、一度はやったことがあるのではないでしょうか?

 

 

球場全体で選手を盛り上げます♪

 

スクワット応援の2大効果

 

これには大きく分けて2つあるんです。

 

①選手の後押し

 

②下半身強化

 

この2つの効果があります。

 

 

読んで頂いてわかったと思いますが、カープも楽しめて健康にもいいんです。

 

それが、スクワット応援です。

 

カープの応援に行けば行くほど、健康になれますよ。

 

筋肉だけの話ではなくて、雰囲気を肌で味わうことで精神的にもプラスになります。

 

実はスクワット応援は、内から外からいいことが多いです。

 

決して僕はカープの回し者ではありません(^^;

 

純粋に好きではありますが。

 

スクワット応援が与える影響

 

先程2大効果をお伝えしましたが、その内の「下半身強化」の部分について少し書いていきます。

 

人間は、大きく分けて上半身と下半身に分けられます。

 

そのうち、筋肉の量は下半身の方が多いです。

 

そして、年齢とともに筋肉が落ちていくのも下半身からなんです。

 

筋肉の量は多いけど、落ちやすい。

 

何もしなければ足はどんどん細くなっていきます。

 

 

その為には、現段階では「鍛える」という選択肢しかありません。

 

薬を飲んで筋肉がつく、寝ながら筋肉が増えるとかはないんですよ。

 

鍛えるしかないんです。

 

そこをさぼってしまえば、体の悩みはどんどん増えていきます。

 

腰が痛くなり、膝が痛くなり、体力がなくなり、、、

 

だからこそ下半身は一生鍛えていかないといけない部分なんです。

 

もしかして足の筋肉細くなっていますか?

 

そうであれば、一刻も早く鍛える必要があります。

 

 

「もう無理よ・・・」

 

なんて聞こえてきましたが、関係ありません。

 

何歳でも鍛えたら効果があります!

 

自分に自信を持ってくださいね。

 

諦めないでくださいね。

 

カープの応援行くんでしょ?

 

 

スクワット応援の注意点

 

少しばかり専門家目線で注意点があります。

 

それは「膝スクワット」にならないことです。

 

この言葉は僕が作った造語なので、検索してもヒットしないと思います。

 

(今のところ、それらしきものは検索してもありませんでした)

 

膝スクワットとは、股関節を使わないスクワットのことです。

 

ただ単に「つま先よりも膝が前に出てはいけませんよ」ってことではないです。

 

膝だけで屈伸してしまうことです。

 

 

写真のように膝中心で屈伸しないように注意してくださいね。

 

膝を壊してしまいます。

 

椅子に腰かけるようにスクワットしていきましょう!

 

 

応援+健康

 

広島がカープで盛り上がっている今こそがチャンスですよ。

 

大好きなカープを応援しながら健康になりましょう!

 

球場を真っ赤に染めよう。

 

そして、あなたも健康になろう。

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

トレーニング

腰に痛みを抱える方の特徴的な歩き方と改善方法?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰が痛い方の歩き方

腰に痛みがあるときって、特徴的な歩き方になります。

 

それは、どんな歩き方でしょうか?

 

 

腰痛歩行

 

一番の特徴は、腰をかばう歩き方になっていることです。

 

前向きかがみで、膝が少し曲がり歩いてないでしょうか?

 

僕の経験では、腰に痛みを抱えている方はそんな歩き方の方が多いです。

 

 

大袈裟かもしれませんが、杖で歩いている方を想像してみてください。

 

腰痛の方の歩き方は、杖をついて歩いている方に似たような感じになります。

 

腰が痛い時ってそうじゃないですか?

 

腰痛歩行で疲れる

 

先程言ったような「腰痛歩行」は、疲れやすいんです。

 

だから「体力がなくなったのかな?」と勘違いしやすかったりもします。

 

体力がなくなったのではなく、疲れる歩き方をしているだけです。

 

ここで勘違いしてしまうと、「体力の低下→歩くの嫌い」に変わりやすいです。

 

「年齢のせいかしら?」とかマイナスの感情がどんどんでてきます。

 

 

そうすると歩くことから避け、本当に体力がなくなってくるんです。

 

それに体力がなくなったということは、筋肉も減っているということです。

 

すると、本当に疲れやすいカラダになってしまいますよね。

 

「疲れやすい歩き方+疲れやすいカラダ」になると大変なんです。

 

そうなる前に対策などが必要ですよ。

 

歩き方を変える前に

 

「じゃあ、歩き方を変えたらいいの?」って思われるかもしれませんが、それは違います。

 

まずは、その腰痛を改善しないといけませんよね。

 

腰が痛ければ歩き方を変えれません。

 

もちろん、腰の痛みの程度によりますが。

 

腰の痛みが減ったら

 

痛みが減ったら、カラダの癖をし改善しなければいけません。

 

腰痛歩行の方は、腰も膝も曲がりやすく状態です。

 

この状態を真っすぐにする必要がありますよね。

 

立っているときに真っすぐにできないのに、歩くときに真っすぐにできるわけがありません。

 

まずは基本的なカラダから修正していきましょう。

 

カラダの基礎ができたら

 

基礎ができたら実際に歩いていきましょう。

 

歩くときの注意点は「カラダのバネ」を使うことです。

 

歩くときは、全身の関節を使って歩いていきます。

 

それで、カラダへの負担を減らしています。

 

でも腰痛歩行が癖になっている方は、カラダのバネ、つまり関節をうまく使えていません。

 

そして全身にムダに力が入っています。

 

股関節や足首などの力を抜き、リラックスした状態で歩くことを心がけましょう。

 

歩く前にやるべきこと

 

よく「1日1万歩歩きましょう!」とか聞きますが、その前にやるべきことがあります。

 

 

カラダの基礎をつくっておくことです。

 

ここを忘れずに日々歩いてくださいね。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :    

ウォーキング 腰痛

「足の痛みなく歩く秘訣」を教えますin広島の牛田のランニングコース

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

足の痛みなく歩くために

あなたは歩くのが不安ですか?

 

もしくは、歩くと膝や腰などが痛みますか?

 

そんな悩みって多いと思います。

 

その悩みを解決するために「いつまでも元気に歩こう会」を開催することになりました。

 

 

日時は、4月21日(日)10:00~12:00。

 

広島ホームテレビ本社前に集合です。

 

歩くコースは、牛田ランニングコース。

 

 

写真のコースを歩きます。約4.6kmになります。

 

教室の内容を今から書きますが、不明なところなどあればご質問くださいね。

 

なぜ痛みなく歩くことが大切なのか?

 

最近あるデータを見ました。

 

そこには、日本人の1日に座っている時間がなんと7時間以上とありました。

 

 

このデータがどこまで正確かはわかりません。

 

でも考えてみてください。

 

あなたは昨日どれくらいの時間座っていましたか?

 

恐らく、7時間は超えているかもしれません。

 

では、座っている時間が長いとカラダはどうなるんでしょうか?

 

筋肉は落ちてやすくなり、カラダもどんどん固まっていき、肩こり・膝痛・腰痛などカラダの不調が出やすくなります。

 

ですが仮に不調が出ても、それを改善するためにトレーニングなどをしたがらない人が多いのが現実です。

 

「疲れているんだろう、、」で終わってしまうんです。

 

そして、不調を繰り返す毎日、、、

 

そこでまず、そういう方々のためにも手軽に誰でも不調を解決できることは何だろうと考えたとき、

 

『歩くこと』

 

なら誰でも簡単にできるのではないかと思い、この歩く会を開催することにしました。

 

 

カラダに合わせた歩き方を覚えれば不調も減っていきます。

 

毎日元気で健康なカラダになっていきます。

 

でも、一人で歩こうと思っても色々不安が出てくるんですよね。

 

「偏った歩き方をしたり、痛みを避けるような歩き方をしていないだろうか?」

 

「そもそも一人では続かないし、楽しくない」

 

などやろうと思っても意外とハードルが高いのが歩くことなんです。

 

この会では歩く不安を解消するためにカラダについての説明をしたあと、実際に歩きながら一人一人癖などチェックしながら歩く体験してもらいます。

 

一般的な歩く会ではただ距離を歩くだけが目標ですが、この会ではカラダの使い方を覚えてもらいながら『痛みなく距離を歩く』のが目標の会です。

 

 

そうなれば歩くことの楽しさがみつかり、お友達と桜を見に行ったり、お買い物を楽しんだり、旅行に出掛ける意欲が湧くようになってきます。

 

そして僕が、今回の「いつまでも元気に歩こう会」を開催する目的は、少しでも運動不足に悩む方を減らし、広島を元気にしたいという思いからです。

 

いつまでも元気に歩ければ、それは全部健康に過ごすための第一歩になります。

 

そもそも、いつまでも自分の足で元気に歩けるとしたら、いったいどれくらいの価値があるでしょうか?

 

ぜひ、いつまでも元気に歩くポイントを覚えて、痛みのない健康で元気な身体を手に入れてください!

 

いつまでも元気に歩こう会への参加を希望される場合は、下記にあります場所や日程をご参照いただき、URLのフォームからご連絡ください。

 

もしくは、お問い合わせ・LINE@からでも可能です。

 

健康なカラダは僕におまかせください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

■主催:藤野真人
■場所:牛田ランニングコース(約4.6㎞)
■日時:4月21日(日)10:00~12:00
■集合場所:広島ホームテレビ本社前
■参加費:500円(税込)
※スポーツ保険に加入しますので保険料を含んだ料金になります
■定員:先着10名様
■雨天の場合中止になります(前日にご連絡致します)
■お申込み: https://ws.formzu.net/dist/S16213112/

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

ウォーキング

腰痛で足の付け根(鼠径部痛)が痛い!その対処方法とは?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

足の付け根が痛む

腰痛もありながら、足の付け根(鼠径部)までもが痛くなっている。

 

そんな症状でお困りの方も多いのではないでしょうか?

 

僕のお客様の中にも「動かすたびに足の付け根が痛くて・・・」という方がいらっしゃいました。

 

 

意外と多い悩みです。

 

足の付け根の痛みはどうすればいいのでしょうか?

 

足の付け根の痛みの原因

 

まずは、原因からお話ししますね。

 

足の付け根の痛みは、鼠径部痛(そけいぶつう)と言います。

 

この部分(鼠径部)には、静脈・動脈・神経・筋肉があります。

 

血管まで通っているんですよね。

 

痛みがあるということは、血管まで締めてしまい、血行不良で冷えにも繋がってしまう可能性もあります。

 

実際にそこまで強く締まる(止めてしまうほど)ことは、あるのかと言えば微妙ですが、この痛みを取ると足がポカポカしてくるのは事実です。

 

 

また姿勢からみると「反り腰」の方に多いです。

 

「猫背」の方なら痛みがでないというわけではないです。

 

この痛みの原因は、ひとつではないんです。

 

色々な不調が重なり痛みがでるので「これです!」とは言いにくいです。

 

反り腰の方で話を進めていくと、反った腰の姿勢では足の付け根が伸びている状態が続いているというのは想像できると思います。

 

この状態が続けば、筋肉などは疲れて傷つきやすくなります。

 

この傷が積み重なって「痛み」に繋がります。

 

足の付け根の痛みにストレッチは危険

 

これ気を付けてほしいです。

 

足の付け根が痛いからと言って、足の付け根を伸ばそうとする方が多いです。

 

これは最悪で痛みを悪化させてしまいます。

 

「でもやったら少しスッキリすることもあるんよ」

 

と言われると思いますが、そのストレッチ後は痛みなくなっていますか?

 

また繰り返していませんか?

 

もしくは、繰り返すたびに痛みが増していませんか?

 

間違ったストレッチは危険です。

 

 

痛みが減らないのであれば、間違っている可能性大ですよ。

 

足の付け根の痛みをなくすために

 

じゃあ、どうすればいいのか?ということですよね。

 

腰を動かすことです。

 

理由はとてもシンプルで、反り腰を改善すればいいって考えです。

 

もちろん、これでも痛みが減らない方は別の方法を試した方がいいです。

 

今回は簡単なトレーニングをお教えします。

 

 

①写真のように横に寝ます

※股関節と膝の角度に注意しましょう(腰がリラックスする位置)

 

②その状態で腰だけ力を入れて腰を反らします

 

③反った状態で5秒キープします。

 

④キープし終わったら力を抜きます(脱力!)

 

以上です。

 

とっても簡単ではないですか?

 

このトレーニングでは固くなった腰の筋肉を柔らかくしていきます。

 

足の付け根が痛い方は、この筋肉が固くなりやすいんです。

 

なので、こういうトレーニングでリセットしてあげるといいですよ。

 

痛いからと言って無理にストレッチはしないように!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :     

トレーニング

広島の病院でも治療から予防へ!地域で健康トレーニング

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

病院でトレーニング教室

本日は、西原セントラルクリニックさんにて2回目の「一生歩き続けるカラダづくり」教室を開催しました。

 

 

30名以上の方が参加してくださり、笑顔の絶えない楽しい教室となりました。

 

目的としては「自分の足でいつまでも元気に歩き続ける!健康なカラダを積極的につくる」ということです。

 

地域のみなさんが集まることで交流の場としてもよくて、教室の後は参加者全員でお茶など飲みながら雑談タイム。

 

教室後のこういう時間も大切だなと感じています。

 

教室の内容としては1時間で、

 

・プチ講義

・カラダチェック(テスト)

・簡単トレーニング

・脳を使った筋肉トレーニング

 

という流れです。

 

僕の思いとして、ただトレーニングするだけではなくて「講義」をトレーニング前に入れることで少しでもカラダを理解してトレーニングをしてほしいんです。

 

そしてカラダをチェックすることで、自分の体に興味を持ってもらいたいと思っています。

 

漠然とトレーニングに入っては身につかないと思うんですよね。

 

僕はこの場で終わり!が好きではなくて、この場が終わってからも何かしら続けてほしいんです。

 

テーマは「継続」です。

 

元気で健康なカラダをつくるためには必ず必要な要素です。

 

「今日の教室楽しかったねー」

 

で終わるのはいいんですが、その中身を少しでも身につけて日常生活で自分の体に今まで以上に興味を持ってもらいたいと思います。

 

病院は治療から予防へ

 

病院は治療がメインですよね。

 

 

でもこうやって「病院で予防」ができるのってとてもいいことだと思いませんか?

 

今からは予防の時代になります。

 

というよりも、世界的には予防が当たり前です。

 

日本がかなり遅れています。

 

あなたも予防に力を入れませんか?

 

笑顔がもっと増えるはずですよ。

 

次回の西原セントラルクリニックさんでの教室は下記の通りです。

 

・7月9日(火)14:00~15:00

・9月10日(火)14:00~15:00

・12月10日(火)14:00~15:00

 

になります。

 

あなたのご参加をお待ちしています。

 

地域のみなさんとお友達になりましょう。

 

こういう活動している場所はまだ少ないと思います。

 

病院でやるから安心ですよね。

 

友達もつくれて、健康になれて一石二鳥!!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

トレーニング 腰痛

腰痛がひどくて仕事も通えない・できない方が続出!?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛が原因で仕事ができない

長い労働時間で腰に痛みはないですか?

 

 

近年、腰痛が原因で仕事にも支障が出ている方が増えているというデータを見ました。

 

それに僕の周りでもよく聞くようになりました。

 

「旦那が腰痛で仕事を休んでる・・・」

 

意外にも、労働の仕事よりもデスクワークなど座り仕事の多い方の方が腰痛のリスクは高いんです。

 

腰痛で仕事を休む方もデスクワークの方が多いんだとか。

 

あなたの腰痛で仕事休んだりしていませんか?

 

座ることの多い仕事

 

今は机に向かって座ることが増えてきましたよね。

 

パソコンやスマホなどの普及に伴い、僕たちは動くことが減り、動かない時間が増えました。

 

 

つまり、座る時間が増えました。

 

ちょっとここで考えてみてください。

 

昨日、あなたはどれくらいの時間座っていましたか?

 

仕事の時間・移動の時間・自宅の時間など、起きている間どれくらい座っていますか?

 

実は先日、「腰らく教室」を開催したんですが、その中でも参加者の方々に聞いてみました。

 

「昨日どのくらい座っていましたか?」

 

なんと、10時間も座っている方がいました。

 

これって結構長いように聞こえますが、たぶん多くの方はこのぐらいじゃないかなと思います。

 

まだまだ年々増えていきそうですよね。

 

腰痛改善で仕事復帰へ

 

僕が他にも聞いたことがあるのが「腰痛が原因で仕事を変えた」ということです。

 

これも大きなことですよね。

 

でも残念ながら仕事を変えてもその腰痛は変わりません。

 

それは、また再発する可能性を残したまま仕事を変えたからです。

 

仕事で腰痛になれば、確実に体にも変化が出ています。

 

仕事を変えてもその変化も気付いて変えてあげないと再発する可能性は高いんです。

 

仕事を変えると同時に、腰痛で変わってしまった体自身も変えてあげましょう。

 

 

そこを気を付けてあげることで、仮に仕事を変えても再発のリスクは下がります。

 

また今の仕事を続けたいのであれば、腰痛になった体を変えてあげましょう。

 

腰痛を抱えたまま続けるのは、仕事の効率も悪くなりますし、自分自身も辛いはずです。

 

仕事中にできること

 

簡単に仕事中にできることと言えば、椅子から立ち上がることです。

 

30分に一度でも椅子から立ち上がってみましょう。

 

たったそれだけでも今の腰痛の辛さは軽減されると思います。

 

仕事に支障のでない体を目指しましょう!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :     

腰痛

腰痛で病院・整形外科に行っても腰痛は治らないのか?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

病院(整形外科)で腰痛は治る?

腰痛がひどいときって病院に行ったりしますよね。

 

 

腰がひどく痛い場合など

 

「もしかしたらヘルニアかも・・・」

 

なんて心配してしまいますもんね。

 

でも病院に行けば腰痛は改善するんでしょうか?

 

病院でも腰痛は原因不明

 

以前のブログでもお伝えしましたが、腰痛は85%は原因不明と言われています。

 

 

原因が特定できるのはたった15%だけです。

 

この特定っていうのが、病院で診断できますということです。

 

15%は診断できて、85%は診断出来ない。

 

もし85%に入った場合は大抵「湿布出しときますね」で終わってしまいます。

 

 

病院に行くけど湿布を貰うだけになります。

 

たぶんこういう方多いと思います。

 

仮に診断で「ヘルニア」が見つかった場合も多くは「様子見」になると思います。

 

その間も湿布で処置になるのかな?

 

その辺りは詳しく分かりませんが、病院に行っても湿布だけ出される理由は、あなたの腰痛が原因不明だからです。

 

結局のところ病院で腰痛は?

 

結局のところどうなんでしょうか?

 

病院で腰痛は治るのでしょうか?

 

僕の意見で言えば、症状にもよりますが「根本治療にはならない」です。

 

 

例えば、ひどいヘルニアと診断された場合。

 

手術などが必要になるかもしれません。

 

そういう場合は、病院(手術)で腰痛は軽減されると思います。

 

でも手術したからといって痛みが完全に取れるかどうかはわかりません。

 

それは腰自体の障害になっていたヘルニアを治しただけで、他に原因があったのかもしれません。

 

 

僕の経験でのお話しですが、ヘルニアの手術後に痛みが完全に取れた方はあまり聞いたことがありません。

 

これって結局のところ、根本的な治療・改善に繋がっていないですよね。

 

手術する目的は「ヘルニアを治したい!」ではなくて、「腰の痛みを治したい!」ですから。

 

例え、15%の診断を受けたとして手術・治療をしても痛みって完全には取れにくいんです。

 

なので85%の原因不明と診断された方はもちろんそうですが、15%の方も手術をしても痛みが取れるかわからないのが現実です。

 

病院での治療よりも予防が大切

 

結論は、これです。

 

病院に行っても治るものは治るし、治らないものは治りません。

 

当たり前ですね。

 

でもここで、考え方を変えないといけません。

 

 

「治療と予防、どちらの時間を掛けるのか」

 

今、多くの方が「治療」に時間もお金も掛けています。

 

特に日本人にはその傾向が強いらしいです。

 

でもこれってとっても勿体ないんです。

 

治療に時間を掛けているとき、他のやりたいことは制限されます。

 

時間もお金も治療に使っているし、体も不健康だからです。

 

逆に予防に時間を掛けていれば、どうでしょうか?

 

ちょっと考えてみてください。

 

どっちに時間を掛けた方がよさそうですか?

 

病院になるべく頼らない人生にしたいですよね(^^)

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

腰痛

腹筋を鍛えていれば腰痛改善に繋がるのか?それとも逆効果?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛には腹筋が1番?

腰痛の方がよく思い込んでいるのは、

「腹筋が弱くなってきた」ではないですか?

 

だから腹筋をする!って考えになりやすいですよね。

 

 

でも本当に腹筋は効果的なんでしょうか?

 

僕は腰痛には腹筋って考えが納得いかないんです。

 

そもそもなんですが、腹筋してたら腰痛くなりませんか?

 

僕自身も腰を痛めていたときに病院で「腹筋強くしてね」と言われて腹筋をしていました。

 

でも腹筋することで腰が痛くて苦痛でした。

 

「本当に合っているのかな?」と疑問に思いながらも痛いので、いつの間にか腹筋することを止めてました。

 

そんな経験がありながら「腰痛には腹筋」というものに疑問を感じていますし、納得していません。

 

腹筋で腰痛は治るの?

 

どうなんでしょうか。

 

確かに腰痛で悩んでいる方は、お腹の筋肉が弱くなっているかもしれません。

 

でもそれが本当の原因解決になるんでしょうか?

 

お腹の筋肉が弱って腰痛になるんだったら、みんな腰痛になっていると思うんですが・・・

 

根本的なことを言えば、お腹の筋肉が弱くなるような姿勢であったり、体の使い方をしていることが原因だと思います。

 

 

その結果、お腹の筋肉に目がいって「腹筋をしようね」に繋がっているんだと思います。

 

腰痛に腹筋は逆効果

 

だと思っています。

 

腹筋を言えば、腰から曲げて上半身を持ち上げますよね。

 

 

このとき腰の骨には負担が掛かっているんです。

 

腰の骨って言うのは、腰椎(ようつい)といわれる部分で5つの骨で構成されていて、骨と骨の間にクッションがあります。

 

そのクッションに異常がでると「腰椎ヘルニア」になります。

 

ですがこの腹筋の動きは「腰椎ヘルニア」を起こすような動作に近いんですよね。

 

ヘルニアは腰を丸めるとなりやすいと言われています。

 

腹筋のときって腰丸めてますよね?

 

ということはですよ、仮にヘルニアの疑いで腰痛で悩んでいる方が腹筋をすれば、腰の痛みは悪化すると思いませんか?

 

 

腰痛にいいと思ってやっていたら逆に悪化した。

 

なんて嫌ですよね。

 

腹筋のコルセットはできない

 

また「腹筋で腰の周りのコルセットづくりをしよう」とか聞きますが、腹筋だけでコルセットなんてできません。

 

仮に筋肉でコルセットができてしまったら、腰は動かなくなります。

 

動かなくなるということは、他の関節に負担が掛かるということです。

 

そして腰自体も筋肉のコルセットで動かないので、腰は少しの動きにも敏感になり痛みを感じやすくなります。

 

もっとコルセットづくりに関しておかしいとこはたくさんあります。

 

もしかしたらコルセットというの表現の違いかもしれませんが、僕の意見としてはコルセットはできません。

 

仮にできても役に立ちませんよ。

 

腹筋はするな

 

これが僕の結論です。

 

 

腰痛だからといって無暗に腹筋をしたらダメです。

 

それでもやりたいのであれば、腰を動かさないように注意してください。

 

「だったら体幹トレーニングか!」と思われたかもしれませんが、腰痛の方が体幹しても意味ないです。

 

その前にやることがあるんです。

 

そういう順序もしっかりやっていきながら腰痛を改善していきましょうね。

 

腰痛に腹筋はダメですよ。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :     

トレーニング 腰痛

腰痛のとき安静にしていれば本当に腰痛は改善するのか?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛のときは安静?

あなたは腰痛になったときどうしていますか?

 

安静にして布団やソファの上で寝ていますか?

 

 

安静にしてその痛みはなくなりましたか?

それとも痛みは繰り返しますか?

 

実は、「腰痛=安静」はもう古い情報です。

 

安静はダメなの?

 

「腰が痛いから安静にしてた」

 

と周りで聞きませんか?

もしくは、そうしていませんか?

 

先程も言いましたが、それ間違っています。

 

正確に言えば、安静が必要な場合もありますが、ほとんどの方が安静の必要がない腰痛です。

 

でも世間では「腰痛=安静」という情報が流れているので、ついつい安静にしてしまいます。

 

というよりも、痛いから動きたくない!というのもあります。

 

でも勘違いしないでほしいのは、安静にしても腰痛はよくならないということです。

 

 

病院も安静を推奨?

 

全部の病院がそういうわけではないと思いますが、安静を勧める病院も多いはずです。

 

でも病院が安静を勧めるには訳があるんですよ。

 

それは、腰痛の85%が原因不明だからです。

 

 

逆を言えば、病院で診断できるのは腰痛全体の15%のみです。

 

だから病院では85%の方には「安静」を勧めるしかないんです。

 

だって原因がわからないんですからね。

 

安静にすると腰痛は悪化する?

 

病院でも安静を勧められれば安静にするのが当たり前だと思いますよね。

 

でももっと気を付けてほしいことがあります。

 

それは、1日安静にしていると全身の筋肉の約2%は低下してしまうという事実があるってことです。

 

これってすごい怖いことなんですよね。

 

 

写真をみて頂けばわかると思いますが、年齢とともに筋肉は低下していきます。

 

これの低下は今現在止めることはできません。

 

でも落ちるスピードを緩やかにすることはできます。

 

ただ、安静が続くとこの筋肉が落ちるスピードってどうなると思いますか?

 

そうです。

 

筋肉はグラフ以上にもっと早く落ちてしまうんです。

 

そうなると体は老いていく一方です。

 

もちろん、腰痛も繰り返すばかりです。

 

今からは常識が変わる

 

ここまでで、「腰痛=安静」は間違っていると理解して頂けたでしょうか?

 

今はまだ安静というのが一般的かもしれません。

 

でも今からは絶対にこの常識が変わると僕は思っています。

 

今からは「腰痛=トレーニング」が常識になります。

 

安静では何も解決しないんです。

 

 

自分の体は自分で改める必要があります。

 

僕も指導する側として、自分自身の体を大切にしながらもお客様の腰痛がなくなるよう全力でサポートできたらと思い日々活動しています。

 

あなたにも「腰痛=トレーニング」を理解して頂ける日が来ることを願っています。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

腰痛

腰痛に効果的な筋トレとストレッチで痛みを減らそう

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛のための筋トレとストレッチ

腰痛で悩んでいますか?

 

 

テレビや雑誌などで腰痛改善の体操とか

たくさん紹介されていると思います。

 

その中でもよくあるのが

 

腹筋をしましょう!

スクワットをしましょう!

 

ではないでしょうか。

 

他にも様々な種類が紹介されていますが

それは根本的な腰痛改善には繋がりにくいものが多いです。

 

逆に、腰痛を悪化させることもあるようなものも少なくないです。

 

もしくは、続けていても効果を感じれないものもあります。

 

紹介されていた腰痛体操などを継続的にやっていても

痛みが悪化する・痛みに変化がない

では意味がないですよね。

 

目的は「腰痛改善」ですもんね。

 

そのためにも効果的な筋トレやストレッチを知っておくことは絶対に必要なことです。

 

腰痛のためのストレッチ

 

筋トレもそうですが

ストレッチもとっても大切なんですよ。

 

 

でも腰痛のためのストレッチと言えば

前屈をして太ももの裏を伸ばすことを想像する方も多いはず。

 

でも腰痛の方の中には、

 

「そもそも前屈ができないよ」

 

って方も多いはずです。

 

それを言ってしまえば「反る」「捻る」ということもできないよって方もでてきます。

 

だったら何をすればいいんだ!ってなりますよね。

 

そこで考えてほしいのは「腰」をストレッチしないことです。

 

腰自体は元々動かない部分なので、無理にストレッチする必要はないんです。

 

むしろ腰の近くの関節をストレッチしてあげることが大切になってきます。

 

そこで今回ご紹介するストレッチは、股関節に注目していきます。

 

ストレッチといっても筋肉を伸ばしたまま止めるということはしません。

 

股関節を動かしながらゆっくりストレッチしていきます。

 

腰痛ストレッチ実践

 

では、ストレッチを早速やっていきましょう。

 

 

①足を伸ばして肩幅より少し広めに開いて寝ます

 

②左右の足を同時にゆっくり内外と捻ります(股関節から動かす)

 

③20回×2セット程度おこないます

 

以上。

 

簡単ですよね。

 

仰向けでやっていますが、椅子に座ってやってもOKです。

 

股関節は腰の動きを支える働きがあります。

 

この股関節を捻る動きで腰痛改善の一歩に繋がると思います。

 

腰痛のための筋トレ

 

さて続いて筋トレをしていきます。

 

腰痛で弱った筋肉を鍛えていきます。

 

 

まずは、弱った筋肉はどこなのか説明していきます。

 

多くの方が「腰の筋肉コルセットづくり」をしようとしています。

 

つまり腰周りの筋肉を鍛えて、筋肉のコルセットをつくろう!ってことです。

 

でも考えてみてください。

 

本当に筋肉のコルセットが作れるんでしょうか?

 

それも腹筋で。

 

僕は絶対にできないと思うし、筋肉のコルセットなんて意味ないと思っています。

 

実際のコルセットって、固定するものです。

 

筋肉で固定させようっていうのは間違っています。

 

それに固定させてしまったら腰が動かなくなってしまいますよね。

 

適度に腰が動くことが大切なんです。

 

これまたストレッチと被るんですが、筋トレも同じく「腰を筋トレしない」ことが大切になってきます。

 

ストレッチも筋トレも腰以外を。

 

じゃあどこを鍛えればいいのか?ってなってきますよね。

 

僕の経験から腰痛の方が弱りやすい筋肉があります。

 

それは、太もも裏の内側です。

 

ここの筋肉の低下が腰痛に繋がってきます。

 

この場所は、腰と密な関係にあります。

 

だから腰を安定させるためにも大切なんです。

 

腰痛筋トレ実践

 

では、筋トレを早速やっていきましょう。

 

 

①両ひざを立てます

 

②片足を反対の足首に掛けます(写真のようなポーズ)

 

③掛けた足(写真では右足)の膝を手前に曲げるように引きます

※左足は固定

 

④引いたまま5秒キープします

 

⑤10回×2セット程度おこないます

 

以上。

 

写真で言えば、右側の太もも裏の内側に力が入っていればOKです。

 

注意点としては、腰を反らさないこと・(写真では)右足が常に外を向いている2点です。

 

筋トレ中は必ずどこの部分を鍛えているかイメージしていきましょう。

 

腰痛改善のまとめ

このブログをまとめます。

 

ストレッチは「股関節」を捻る動かすこと。

 

筋トレは「太もも裏内側」を鍛えること。

 

になります。

 

今回はストレッチと筋トレを1種類ずつご紹介しました。

 

ただかなりの猫背の場合、このストレッチと筋トレの前に姿勢を正すことから入らないといけません。

 

基本である体を整えてから今回のストレッチと筋トレをすることで、腰痛に対して劇的な効果を発揮するはずです。

 

腰痛だからといって「安静」なんて一番やってはいけないことです。

 

「腰痛=トレーニング」が今から必ず常識になります。

 

腰痛で悩んでいるあなた。

 

まずは、体を動かしていきましょうね。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :     

トレーニング 腰痛