広島 腰痛 姿勢 パーソナルトレーニング

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|広島の腰痛専門

腰痛で病院・整形外科に行っても腰痛は治らないのか?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

病院(整形外科)で腰痛は治る?

腰痛がひどいときって病院に行ったりしますよね。

 

 

腰がひどく痛い場合など

 

「もしかしたらヘルニアかも・・・」

 

なんて心配してしまいますもんね。

 

でも病院に行けば腰痛は改善するんでしょうか?

 

病院でも腰痛は原因不明

 

以前のブログでもお伝えしましたが、腰痛は85%は原因不明と言われています。

 

 

原因が特定できるのはたった15%だけです。

 

この特定っていうのが、病院で診断できますということです。

 

15%は診断できて、85%は診断出来ない。

 

もし85%に入った場合は大抵「湿布出しときますね」で終わってしまいます。

 

 

病院に行くけど湿布を貰うだけになります。

 

たぶんこういう方多いと思います。

 

仮に診断で「ヘルニア」が見つかった場合も多くは「様子見」になると思います。

 

その間も湿布で処置になるのかな?

 

その辺りは詳しく分かりませんが、病院に行っても湿布だけ出される理由は、あなたの腰痛が原因不明だからです。

 

結局のところ病院で腰痛は?

 

結局のところどうなんでしょうか?

 

病院で腰痛は治るのでしょうか?

 

僕の意見で言えば、症状にもよりますが「根本治療にはならない」です。

 

 

例えば、ひどいヘルニアと診断された場合。

 

手術などが必要になるかもしれません。

 

そういう場合は、病院(手術)で腰痛は軽減されると思います。

 

でも手術したからといって痛みが完全に取れるかどうかはわかりません。

 

それは腰自体の障害になっていたヘルニアを治しただけで、他に原因があったのかもしれません。

 

 

僕の経験でのお話しですが、ヘルニアの手術後に痛みが完全に取れた方はあまり聞いたことがありません。

 

これって結局のところ、根本的な治療・改善に繋がっていないですよね。

 

手術する目的は「ヘルニアを治したい!」ではなくて、「腰の痛みを治したい!」ですから。

 

例え、15%の診断を受けたとして手術・治療をしても痛みって完全には取れにくいんです。

 

なので85%の原因不明と診断された方はもちろんそうですが、15%の方も手術をしても痛みが取れるかわからないのが現実です。

 

病院での治療よりも予防が大切

 

結論は、これです。

 

病院に行っても治るものは治るし、治らないものは治りません。

 

当たり前ですね。

 

でもここで、考え方を変えないといけません。

 

 

「治療と予防、どちらの時間を掛けるのか」

 

今、多くの方が「治療」に時間もお金も掛けています。

 

特に日本人にはその傾向が強いらしいです。

 

でもこれってとっても勿体ないんです。

 

治療に時間を掛けているとき、他のやりたいことは制限されます。

 

時間もお金も治療に使っているし、体も不健康だからです。

 

逆に予防に時間を掛けていれば、どうでしょうか?

 

ちょっと考えてみてください。

 

どっちに時間を掛けた方がよさそうですか?

 

病院になるべく頼らない人生にしたいですよね(^^)

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

腰痛

この記事に関連する記事一覧