【気持ち】筋肉は深層心理に左右される!?

 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

体内には約600種類以上の筋肉が存在していると言われています。

実際に数えたことないんで正確な数字は知りませんが(笑)

 

でもそれぐらい人間の身体には筋肉の種類が多く、それらが私達の身体を動かす原動力として働いてくれていると言うことです。。

 

そしてその約600種類以上の筋肉は、私たちの気持ち(深層心理)の部分でも大きく影響を与えているって知っていましたか?

 

筋肉と気持ちの関係


 

昔からの言葉で、「病は気から」というものがあり、一度は耳にしたことがあると思います。

 

これと同様に「筋肉は気から」という言葉も存在します。

 

というのは嘘で、今僕が考えました(笑)すみません。

 

でも筋肉は気(気持ち・深層心理)から影響を受けることが多々あります。

これを読んでくれているあなたも一度は経験したことがあるはずです。

 

例えば、

 

=====
大勢の前で発表するなど極度の緊張する場面、いつものように手足が動かず、硬い感じ
=====

 

これも気持ち・心理的部分から筋肉が緊張し、強張っている状態ですよね。

これが僕が言う「筋肉は気から」の体現です。

 

気持ちは体現される

 

 

このように筋肉と言うのは、単に(運動などで)使い過ぎたから疲れるだけではなく、先程の例のように《緊張する場面が多くても》筋肉は疲労します。

 

要は筋肉の《精神的疲労》です。

 

最近で多いケースで言えば、職場が嫌い・学校が嫌いなど自分にとって環境が最悪な場合。

特に何もしないでも、こういう環境に長時間居るだけで筋肉の精神的疲労は溜まっていきます。

 

そしてその疲労は、肩こり・腰痛などに繋がり、最悪の場合ヘルニアなどにも悪化してしまいます。

 

まとめ

 

 

筋肉と気持ち(深層心理)はセットで日々働いてくれています。

なのでどちらも酷使するといい結果には繋がりません。

 

=====
気持ち(深層心理)が負に働く

→筋肉が緊張する

→筋肉の血流が滞る

→疲労物質・痛み物質が溜まる

→疲れが残り、痛みが残る

→肩こり・腰痛などを発症

→ヘルニアなどに悪化

→余計に仕事などが辛くなる

→気持ち(深層心理)がさらに負になる
=====

 

この連鎖にハマるとなかなか一人では抜け出せません。

もしこのような負の連鎖にハマってしまった場合、必ず誰かに相談しましょうね。

 

自分で気付くのが難しいかもしれませんので、周りの方が声掛けなどしてあげてくださいね。

 

筋肉も日々のあなたの気持ち(深層心理)で動きやすいか動きにくのか決まっていますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪