股関節 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【ストレッチ】○○を意識するだけで効果が変わる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

ストレッチと言っても、ただ前屈すればいいってもんじゃありません。

 

実は、ある意識を持つだけでストレッチの効果は180度変わってしまうんです。

 

その事実を知らずにストレッチしているのなら、あなたは勿体ないストレッチを毎日のように続けていたことになります。

ストレッチの事実を知りたい方は、読み進めてください。

 

ストレッチの意識

 

わかりやすいと思うので、前屈を例に話を進めていきますね。

 

身体の硬い多くの方は、前屈時に『腰から曲げる』ように意識していますが、これが大きな間違いなんです。

正確には『股関節から曲げる』が正しい意識の持ち方なんです。

 

「は?たったそれだけ?」

 

と思われたと思いますが、これめちゃくちゃ重要なんですよ。

実際にそこを意識しながらストレッチしてみてください。

今までと筋肉の伸び方が変わってきますから。

 

 

上記写真は、『腰から曲げる』を意識しているストレッチ。

下記は『股関節から曲げる』をし息しているストレッチ。

第三者目線から見ても違いがわかりますよね。

 

 

ただの前屈も意識を変えるだけで伸び方が変わる。

 

ストレッチって奥が深いですね~。

 

では、なぜ腰から曲げるのではなく、股関節から曲げる意識を持つべきなのか??説明していきますね。

 

なぜ意識を変えるのか?

 

 

意識の話をする前に、人間の構造についてお話ししなくちゃいけません。

 

前屈の例でそのまま話を進めると、そもそも腰という部位は動かない部位です。

腰椎の回旋角度なんて、たった5度しか動かない程、腰は《動かない》んですよ。

 

言い換えれば、『腰は大きく動かしてはいけない(動かない)部位』と言えます。

 

なのでストレッチの時に、腰から曲げるという意識は人間の構造上、あり得ないことをしているんですよ。

 

つまり人間の構造的には、

 

=====
腰(腰椎)は動かないが、その上下の関節がよく動く。なので腰の動きは、胸郭(背骨)と股関節が大きく動きをカバーしている
=====

 

という仕組みになっています。

これが崩壊すれば、腰痛・膝痛・肩こりへと繋がっていくわけです。

 

まとめ

 

 

ここまでの話をまとめると、

 

=====
腰は動かない部位なので、腰から曲げるストレッチの意識をやめること。その代わりに、腰の動きをカバーしてくれている『胸郭』『股関節』から曲げる・捻る・反るなどを意識することで、ストレッチの効果は大幅に変わってくる
=====

 

ということでした。

 

「たったそれだけかよ!」と聞こえてきますが、たったそれだけが出来てないんです。

そう言った(思った)あなた、今まで出来ていましたか?

 

素直に受け入れて、いつものストレッチに意識の導入をしてみてください。

ストレッチの概念が変わるほど、伸び方の違いを実感できると思いますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

ケア

【腰痛】歩くと腰がだんだん痛くなる原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「歩くと腰が痛くなるんです」というご質問を度々頂きます。

 

その中で多い原因が《股関節》です。

 

股関節のある動きが悪くなると、歩いた時の腰痛の原因になりますよ。

 

歩行と腰痛の関係

 

歩く時、股関節は前に後ろに振りますよね。

この動きが悪くなると、腰に負担が掛かり、腰痛になるんです。

その中でも

 

=====
股関節を後ろに振る動作(伸展)
=====

 

が非常に重要になってきます。

 

この動作ができなくなると、腰が股関節の動きをカバーしようと過度な伸展(反り)が繰り返し入ることになり、腰に反るストレスが溜まっていきます。

 

それが結果として、歩く時の腰痛へと繋がるんです。

 

歩行と猫背の関係

 

 

さらに猫背で歩くと、先程言った股関節の伸展動作はもっと制限されていきます。

 

想像したらわかりますよね。

丸まった背中の状態で、股関節を後ろに振るのは難しいです。

 

なので、股関節の伸展制限があり、さらに猫背で歩行していると、腰が痛くなる原因となります。

気を付けて下さいね~。

 

まとめ

 

 

まとめますと、

 

=====
股関節伸展制限+猫背は最悪で、腰痛が悪化してしまう
=====

 

ってことです。

ただ正直な話、それでも腰の痛みを感じてない方も中にはいらっしゃるわけで、一概に“それだけ”が原因とは言えないんですけどね。

あくまで確率です。

 

まぁそれでも腰痛になる確率は下げておきたいので、できるだけ今回の2つの要素は取り除いておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

腰痛

【老化】年齢を重ねるとできなくなる動きとは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

年齢を重ねるにつれて、ある動きができなくなります

 

予防している方は動くと思うんですが、特に意識していない方は、恐らくできなくなっています・・・。

 

しかもその動きができなくなることで、腰や膝や肩など痛みに繋がりやすく、身体的な老化も加速してしまうんです。

 

その動きとは・・・!?

 

老化の印

 

さて結論から言ってしまえば、老化と共にできなくなる動きとは、

 

=====
回旋(かいせん)動作
=====

 

です。

どの関節にも言えますが、回旋(捻る動きのこと)の可動域がどんどん減っていきます。

その中でも特に大切にして欲しいのが、

 

=====
胸郭(背骨含む)・股関節
=====

 

この部位の回旋動作は、絶対に狭くならない方がいいですよ。

 

狭くなればなるほど、腰痛・膝痛・肩こりなどを発症しやすくなるし、身体的な老化は加速します。

 

実際に僕が見ている範囲では、胸郭・股関節の回旋動作の可動域が保たれている方は、何歳であっても結構動ける身体の方が多いです。

 

逆に可動域が狭くなっている方は、動けない身体の方が多いんですよね。

 

動ける動けないってのは、例えば70歳の方だとします。

動ける方は、年齢以下の動き(体力も)をしますし、動けない方は、年齢通りまたはそれ以上の動き(体力も)しかできません。

 

ちょっとわかりにくい表現だったかもしれませんが、70歳でも動きが軽やかな方は可動域保てているし、動きが鈍い方は可動域が狭いって感じです。

 

まとめ

 

 

健康な身体を保つためにも、胸郭(背骨含む)・股関節の回旋動作の可動域は保てるように日々鍛錬あるのみです。

 

怠けていれば怠けた身体に。

あなたの今の身体は、あなたの習慣の結果です。

 

最低限の回旋動作を保てるように、日々頑張っていきましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

トレーニング

【膝痛】膝の痛みは隣接する関節が原因!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝の痛みの原因は、膝関節に隣接している『足首』『股関節』にあることが多々あります。

 

膝を動かす場合、必ずと言っていいほど、足首と股関節は連動しています。

なので、両関節が悪くなると、膝の痛みが悪化してしまうんですよ!!

 

膝痛の原因

 

当然ながら、膝関節自体に何かしら問題がある場合もあります。

でも先程も言ったように、それ以外に隣接する関節が原因になるケースも多いんです。

 

=====
【足首】
足首の底屈・背屈制限(曲げ伸ばしのこと)は膝に負担が掛かります。
膝痛予防のためにも、最低限足首の底背屈は確保しておきましょう。
※また距腿関節の可動域も非常に重要になります

 

【股関節】
股関節の屈曲・伸展制限(曲げ伸ばしのこと)は膝に負担が掛かります。
膝痛予防のためにも、最低限股関節の屈伸は確保しておきましょう。
※またニーインなど股関節の内外旋も膝への負担に繋がります
=====

 

ちょっと難しく言いましたが、結局は、足首・股関節の曲げ伸ばしを最低限確保しておきましょうってことです。

 

どこかひとつでも制限が掛かってしまうと、膝に負担が増えていきますよ~。

 

まとめ

 

 

膝が痛い!から膝ばかり見るのではなく、隣接する関節の動きも見てみましょう。

 

もしかしたら隣接する関節、特に足首や股関節が原因になっているかもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

膝痛

【膝痛】股関節が曲がらないと膝が痛くなる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝の痛みを伴う場合、同時に股関節の動きも悪くなることが多々あります。

 

特に股関節の伸展制限と言って、股関節を後ろに伸ばせないという制限は多いです。

 

ですが逆に、股関節を曲げれなくなっているという方も膝への負担が増えますよ!!

 

あなたはこの動きができますか?できないと膝が痛くなるかも!?

 

股関節の動きチェック

 

では早速股関節の動きをチェックしてみましょう!!

 

=====
①仰向けに寝る
②両膝を曲げる
➂片足を両手で抱え込み、胸に近付ける
=====

 

これだけです。

 

左右差が明らかにあったり、鼠径部に詰まりを感じたら要注意です!!

 

膝に痛みがある方は、恐らく痛みがある方が曲がりにくいと思います。

 

痛みがない方も、曲がりにくい方は、今後痛みが出やすい膝になります。

また過去に痛めた経験があったり、腰痛歴があっても曲がり具合に差が出てきますよ。

 

まとめ

 

 

膝が痛い=膝が原因ではなく、隣接している他の関節が関与しているケースは非常に多いです。

なかなか改善しない膝の場合、他関節の動きもチェックしてみましょう!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

膝痛

【腰痛】お尻の硬さは腰の痛みの原因になる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛で来られる方の多くは、お尻の筋肉が硬くなっていることがあります。

 

その原因として、お尻の筋肉の多くは、腰の神経に支配されており、身体を支えるために重要な役割を果たしているからです。

 

お尻の硬さと腰痛

 

お尻には色んな筋肉が集合しています。

 

そしてそれらの筋肉は、腰の神経に支配されています。

 

なので、お尻が硬いと腰への負担は増えていくし、腰が痛い方は、お尻も硬くなり、押すと痛かったりします。

 

つまり、お尻の筋肉をほぐしていくと、腰の痛みも緩和していきやすいってことです。

ちなみにお尻の筋肉は、

 

=====
大殿筋・中殿筋・小殿筋・梨状筋・大腿方形筋・内閉鎖筋・下双子筋・上双子筋・大腿筋膜張筋
=====

 

 

とたくさんあります。

裏を返せば、お尻(股関節)を動かすためにも、身体を支えるためにも、これだけの筋肉が必要であるってことです。

 

まとめ

 

 

腰が痛い?であれば、まずはお尻の筋肉をしっかりとほぐしてみてください。

腰の痛みが緩和していくと思いますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【重要】あなたの股関節は動いていますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕は散々、「股関節の動きはめちゃくちゃ大切ですよ!」とお伝えしてきました。

 

これは腰痛にとっても膝痛にとってもそうです。

 

いや、むしろ年齢を重ねる過程で硬くなるので、日々動かしておくことこそが一番重要なんですよ。

 

股関節の重要性

 

股関節は人体最大の関節です。

ここの動きが悪くなれば必然的に身体機能は全て落ちます。

そう、全てです。

 

腰が痛い、膝が痛いなど、どこかしら痛みがある方は、必ずと言っていいほど、股関節の機能は低下していますし、加齢と共に老いを感じている方も同様です。

 

それだけ痛み・老化の予防にとって必要不可欠な股関節。

多くの方が疎かにしているように思いますが、本当に重要な関節ですからね。

何度も僕はお伝えしていますが。

 

狭くなる股関節の動き

 

 

股関節の機能で特に落ちていくのが、

 

=====
① 後ろに伸ばすこと(伸展)
② 捻ること(内旋・外旋)
=====

 

です。

これらの股関節昨日は、あっという間に落ちます。

動かなくなります。

 

これが動かないと股関節は正常に働きませんから、全身の負担はどんどん増えていきます。

 

もしこの動きが著しく落ちているのなら、今すぐ股関節を動かす運動などを取り入れていきましょう。

 

まとめ

 

 

何度も何度もお伝えしてきた、股関節。

早くあなたにも股関節の重要性を知ってほしいです。

本当に重要だし、動きが出ることで体はどんどん変わっていきますからね。

 

「股関節硬いから無理かも」ではなく、硬いから変えるんです。

硬い方は、身体への負担が増え、痛みも付いてきますよ。

 

あなたはどうなりたいですか?

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :              

トレーニング

【注意】女性に多い内股のデメリットとは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

女性に本当に多い内股。内股は百害あって一利なし!!

もしあなたが内股だったら今すぐにでも治していきましょう。

 

内股のデメリット

 

さて早速ですが、内股のデメリットは、

 

=====
膝痛(変形性膝関節症)/腰痛/肩こり/足が太くなる/お尻が垂れる/お尻が広がる(大転子)/お腹が出る/骨盤変位/外反母趾
=====

 

とたくさんあります。

 

女性で言えば、足が太くなったり、お尻が垂れ大きくなり、お腹が出てくるのは嫌だと思います。

それに年齢を重ねた時に、その身体の状態でさらに膝痛・腰痛が発生したらたまったもんじゃないですよね。

 

そうならないためにも、今すぐにでも内股を治してましょう。

絶対に後々後悔しますから。

 

日常生活で内股

 

 

内股の方は、日常生活の至る所で内股になってしまいます。

それが積み重なり余計に内股のデメリットを受ける身体へとなっていくんです。

 

=====
椅子に座る・立り上がる/階段/靴を履く/掃除をする
=====

 

などこんな些細なことで内股を繰り返しています。

 

知らず知らずなので、本人は気付きにくいかもしれませんが、ここも絶対に意識して変えていかなければいけません。

 

でないと先程も言ったように、内股のデメリットを受けやすい身体へとなってしまいますよ。

 

それでもいいんですか?

 

まとめ

 

 

内股は百害あって一利なし。

そして内股は改善できますので、正しいストレッチやトレーニングの積み重ねで絶対に改善しておきましょうね!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

姿勢

【走り方】陸上女子の間違った内股ランニング

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

今日は午前中キャンセルが出たので、その時間を利用して広域公園まで走りに行ってきました。

 

するとそこでは、高校生?の陸上大会が開催されており、グランドでは試合前に備え、アップをする選手が多くいました。

(調べたら広島県国体強化記録会でした)

 

ですがアップ中の選手たちを見てみると、どうもおかしい走り方をする。

これが主流なんでしょうか?

僕のお客さんには絶対にこんな走り方・歩き方は指導しません。

 

陸上女子の変な走り方

 

ちらほらと男子にも見られましたが、特に女子に見られた変な走り方。

半分以上がこの走り方をしていたんですが、これが早く走るためには必要なんでしょうか?

その変な走り方とは・・・

 

=====
片足だけ内股で走る
=====

 

という変な走り方。

 

両足の子もいましたが、多かったのが片足のみ。

ひどい子は、蹴り出した側の足裏が完全に外を向いています。

こんな変な走り方ででいいの?

 

僕は陸上は専門外ですが、今はこのような走り方を指導するんでしょうか?

もしよかったら陸上関係者の方教えてください。

 

さらに言うと、短距離・中距離であろう選手のランニングが内股です。

長距離であろう選手は内股の子はいませんでした。

 

短距離・中距離は内股にすれば早くなるのかな?

本当に教えてほしいです。

 

変な走り方の原因

 

 

走り方を見る限りでわかること(あくまで推測ですが)は、

 

=====
①足首が硬い
②腰が弱い
➂肩周りが硬い
④膝痛めそう
=====

 

ってことです。

足首が硬いと自然と内股になるし、腰が弱いとそれを助長させるし、肩周りが硬くても同様。結果膝痛めそう・・・。

 

しかも選手たちのストレッチを見ても多くの選手が『股関節のストレッチ』ばかり(のみ)やっていました。

 

確かにそこも大事だと思うんですが、そこだけやってもあまり意味ないのでは?

だから内股ひどくなるのでは?

 

陸上界全体的に、「股関節を柔らかく」という先入観があるんだと思います。

それにYouTubeなど動画でもそういう関連の動画多いんでしょう。

 

間違ってはいないんですが、それ“だけ”でいいのかな?

本当に疑問です。

原因は別の場所にあると思いますよ。

 

まとめ

 

 

僕のお客さんにはこんな走り方・歩き方は絶対に指導しません。

高確率で膝が悪くなるから。

 

長距離選手は内股ではなかったですが、短距離・中距離選手は大丈夫でしょうか?

 

広島の陸上が強くなるには、内股が有効なのかはわかりませんが、選手たちには怪我をしないように気を付けてもらいたいです。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

ランニング

【膝痛】足首と股関節の不調も膝に悪影響を与える!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝の関節は、人間の中で一番と言っていいほど、複雑な構造をしています。

 

そして、不安定要素も含んでいるので、膝の関節は痛みを抱えている方が非常に多いんですよね。

 

ですが、膝の痛みは何も膝だけでは原因ではないということを知っていますか?

そこを詳しく解説していきます。

膝へのストレス

 

膝は『足首』『股関節』に挟まれている関節です。

なので、足首・股関節の不調でも膝にストレスが増えることが多々あります。

 

もしその場合、いくら膝が痛いからと言って、膝ばかり揉んでも一向に治りません。

だって膝へのストレスの原因は、足首or股関節なんですから。

 

足首が原因

 

 

足首の場合、まず背屈という動きができにくくなることが、膝痛の原因になります。

(背屈とは、足首を曲げる動きのことを言います)

 

この動きが出来なくなることで、その代償として膝が曲がり始めます。

 

曲がった膝は必然的に負担が増えますから、足首の背屈制限は、膝痛の方はまず排除すべき可動域制限です。

 

股関節の場合

 

 

股関節は一番膝に影響を与えます。

 

例えば股関節が内旋した場合、膝は内に入りやすくなり、ニーインとなる確率が上がります。

ニーインは膝にとって最悪の負荷なので、一番やってはいけない動きです。

 

特に女性に多いので、日常生活内で膝が内に入っていないか(ニーイン)確認するのもいいと思いますよ。

意外と膝って内に入ること多いですからね。

 

まとめ

 

 

このように足首・股関節を少し話すだけでも膝への負担が増えるのがわかって頂けたと思います。

 

痛い部位が痛みの原因なのか?そこのところをしっかりと原因を探っていきましょうね。

 

その原因をどれだけケ早く探せるか?が治療の進展具合に大きく影響を与えますよ。

あなたの膝痛はどこが原因ですか?

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

膝痛

1 2 3 6