関節 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【腰痛】腰が動き過ぎると腰はどんどん痛くなる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

年齢を重ねると、腰の痛みに悩まされる方が多くなると思います。

その原因の多くは、意外かもしれませんが『腰の動き過ぎ』なんです。

 

ではなぜ腰が動き過ぎるんでしょうか?

 

腰の動き過ぎ

 

 

腰痛と言えば、腰が動かないイメージだと思います。

でも多くは動き過ぎで痛みに繋がっていることの方が多いんです。

 

そもそも腰は、動きにくい部位。

捻る角度なんて、約5度しか捻れません。

 

「でも私は5度以上捻れてますよ。柔らかいんですかね?」

 

それは違います。

腰が捻れない分、股関節や胸郭など他の部位が捻る動きを補っているおかげなんです。

 

ですが、股関節や胸郭などが硬くなってしまった場合、腰自身が捻る役割を担わないといけなくなります。

 

そうなれば、腰は本来の動き以上に働くことになりますから、負担が増え、痛みに繋がってしまうわけですね。

 

これが腰の動き過ぎでの腰痛の原因です。

 

年齢と腰痛

 

腰の動き過ぎでの腰痛の仕組みが分かって頂けたと思います。

 

ということは、他関節が動きにくくなると腰が痛くなる可能性が高くなる。

 

つまり、年齢を重ね、関節の動きが悪くなっていくと、必然的に腰が本来の働き以上に動き出し、痛みへと繋がりやすくなってくるわけです。

 

この腰痛の場合は、腰を揉むだけでは意味がなく、他関節の可動域を増やしていかないと、腰痛は改善されません。

あなたの関節は動いていますか?

 

まとめ

 

腰の痛みを改善したいのなら、腰以外の関節を動くようにしておきましょう。

一見腰と無関係のように思えるかもしれませんが、実は密な関係性がそこにはありますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

腰痛

【肩の痛み】肩関節よりも姿勢を見直そう!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

肩の痛みを持つ方は、肩関節自体に原因があると思い、肩周りのみをほぐしたり、ストレッチしたりする方が多いと思います。

 

確かに肩関節に原因がある肩もいらっしゃるんですが、その前に姿勢が悪い方がかなりいます。

実は姿勢が悪くなると、肩関節に痛みが発生するケース多いんですよ。

あなたの肩の痛み、実は姿勢が原因じゃないですか?

 

肩の痛みと姿勢

 

肩に痛みがある方の多くは、猫背であることが多いんです。

 

その理由として猫背になると、肩の関節面が側面から前方へ変位します。

前方へ変位することで、正面から肩を上げる動作が難しくなります。

 

これは実際に猫背になってもらい、その状態で肩を上げるのと、姿勢を正した状態で肩を上げるのを比べてもらうとわかりやすいと思います。

 

圧倒的に姿勢を正した方が肩は上げやすいかとはずです。

これが猫背だと肩関節に負担が大きく掛かってしまう理由になります。

 

なのでこの場合、肩関節を治療するのもそうなんですが、姿勢を正すようにしないと肩の痛みは繰り返してしまいます

 

もし肩の痛みでお悩みで、肩ばかり治療しているという方は、姿勢も見直してみましょう。

肩の痛み改善に繋がるケースが結構多いですよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

姿勢 

【膝痛】階段昇降で膝が痛くなる原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝が痛む時って、階段の上り下りが辛いですよね。

1歩1歩踏み出すたびにズキっと痛みを感じ、手すりを持ちながらそ~っと階段を横歩きしていないですか?

 

階段で痛む原因

 

階段昇降時、膝には大きな負荷が掛かります。

自分の体重が何倍にもなって。それに加え、関節のズレによる負荷も出てくるんです。

 

 

上記写真ではわかりにくかもしれませんが、足を二分割(太ももと膝下)した図と見てください。

 

膝下は階段を上ろうと上に力が加わっていますが、逆に太ももは前下方への力が強くなります。

 

このときに後十字靭帯など膝を支える靭帯が緩いと、膝関節のズレは通常よりも大きくなり、ガクッと膝が折れるようになったり、膝の痛みへと繋がっていきます。

 

階段が楽になる方法

 

 

先程お話しした靭帯を鍛えることは実質不可能なので、靭帯と関与している筋肉を鍛えることがいいと思います。

それに加え、他関節との連動性や機能を高めるのも必要になりますが、今回は筋肉に絞っていきましょう。

 

まず膝に関する靭帯と最も関与している筋肉は、『ハムストリング』という筋肉です。

聞き慣れない筋肉かもしれませんが、太もも裏にある筋肉のことです。

 

 

膝を曲げる+膝下を内or外に捻ることで選択的に鍛えられます。

 

ここの筋肉は靭帯の機能と深く関わっているので、靭帯が緩い場合は必ずと言っていいほど、ハムストリングを強化していかないといけません。

 

なので太もも前の強化よりも、太もも裏の強化がかなり大切ですよ。

 

まとめ

画像5を拡大表示

 

階段が辛い場合は、膝関節の靭帯に関与しているハムストリングを鍛え強化しましょう!

整体で筋肉などをほぐすだけよりも、鍛えることも忘れずに行いましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

膝痛

【腰痛】腰が痛くなるメカニズムを知っていますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

さて来月には講演会を2か所で行う予定なんですが、とあるウイルスが猛威を振るっており、開催できるか心配です。

まぁそうは言っても当然ながら、開催できる準備はしており、資料を作成中でございます。

 

そして来月の講演会は共に『腰痛』がひとつのテーマでもあるので、わかりやすくかつ、かな~り有益なものをお伝えしようと試行錯誤しています。

そこでひとつ、腰痛のメカニズムと解消方法をお伝えしていくんですが、これが結構難しいんですよね。

 

腰痛のメカニズム

 

腰痛のメカニズムとしては、大きく分けて以下のようなものが挙げられます。

 

=====
①筋肉由来
②関節由来
=====

 

極論このふたつに絞られます。

僕のところに来るお客さんは基本的に『筋肉由来』の方が多く、『関節由来』で重症の方は病院に行かれているでしょう。

 

では、このふたつについて簡単に解説していきますね。

実際に講演会にお越しになる方には、もっと深くわかりやすくお伝えする予定ですので、お楽しみに♪

 

①筋肉由来

 

 

腰周りの筋肉が過剰に働き過ぎていたりすると、腰に痛みを感じます。

これが筋肉由来です。

そして筋肉が過剰に働いてしまう原因としては、

 

=====
①姿勢
②筋肉バランス
➂他の筋肉の影響
④神経系の影響
=====

 

などがあります。

筋肉由来の場合、ほぐす・鍛えることで改善するケースが多いと思います。

 

②関節由来

 

 

ここで言う関節とは、椎間板など腰の関節のことです。

他の関節のことは一旦省きます。

つまり腰の関節自体に何かしらの障害が発生しているパターンです。

 

=====
①ヘルニア
②脊柱管狭窄症
➂すべり症
=====

 

などが代表的な症例になります。

ひどい場合は、手術になる可能性も0ではありません。

 

まとめ

 

 

自分自身の腰痛は、一体何が原因なのか?を知ることはとても大切ですよ。

そこから解消方法は変わってきます。

自分に合った解消方法を探してみてくださいね。

 

さぁ来月の講演会に向けて、資料を作り込んでいきます!!

参加される予定の方々はお楽しみを~(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

腰痛

【関節痛】寒いとなぜ膝や腰は痛くなるのか?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

本格的な寒さがやってきましたね。

広島では初雪が降り、冬が来たんだなと実感させられています。

さてその寒さの裏では、腰痛や膝痛の痛みが増している方が増えているんですが、なぜでしょうか?

 

なぜ寒いと痛みが増すの?

 

寒さによって腰や膝などが痛み始める。

よくある話ですよね。あなたも経験があるのではないでしょうか?

結論から言うと原因は、

 

=====

①血行不良
②暴飲暴食
➂運動不足

=====

 

が圧倒的に多いと言えます。

 

①血行不良

 

 

 

寒いと血流も悪くなりがちですよね。

そして血流が悪くなると、筋肉に酸素が行き届かなくなり、痛みホルモンが発生します。

そうするとその部位に痛みを感じてくるってわけです。

 

②暴飲暴食

 

 

冬の季節はクリスマスやお正月と食べるイベントが次々に来ます。

暴飲暴食が続くと消化器系に負担が掛かります。

負担が増え毒素が溜まると、臓器付近の筋肉にも影響を及ぼし、筋肉の働きが著しく低下するんです。

 

そうなると本来働くべき筋肉が働かなくなり、その筋肉がピンポイントで血行不良となります。

先程もお伝えしたように、血行不良になると痛みホルモンが増えますから痛みを感じるってことです。

 

➂運動不足

 

 

寒いといつも以上に運動量が低下する方が基本的に多いと思います。

それに加え、同じ姿勢で固まる時間も長く、座っている時間も長くなりがちです。

 

こうなれば筋肉はお休みモードになり、かつ関節への負担が増えていきます。

さらに首や背中が丸くなることで、腰と膝への負担は一気に増えるんです。

つまり運動不足により血行不良+関節への負担増ということになりますね。

 

まとめ

 

 

寒くなることで、身体的と言うよりも活動的に低下がみられることで腰や膝への痛みの感度が一時的に増していきます。

 

しかも増すことで余計に動かなくなり、冬が明け春になっても痛みが続いてしまうって方が続出しているんです。

 

だからこそ冬の痛みは放っておかずに、何かしら対策をすることで慢性化を防げます。

しっかりと自分の体も労わってあげてくださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【腰痛】腰が痛くなる9つの原因とは?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛で悩む方は日本全国で多くいます。

数字で見ると2800万人以上の方が悩でいるみたいで4人に1人は腰痛持ちということになります。

 

正直この数字がどれだけ正しいのかわかりませんが、僕の予想では恐らくこの数字以上の方が腰痛で悩んでいると思います。

 

数字が多かれ少なかれ腰痛と言うのは、人間にとって悩みの一種であることは間違いないです。

 

実は人間は歩行するために腰が進化したので、腰への負担はその辺の動物よりか遥かに大きく腰痛で悩む方が多いのもそのせいなんです。

 

で人間にとって悩みの一種である腰痛の原因というのは、多種多様に存在します。

それだけ人間の体は複雑にできとるってことですね。

 

「ここを押せば治る!」とかはあり得ません。

もし治ればそれはたまたまその方に合っただけで万人が治るとは限りません。

 

でも腰痛の原因を知っておかないと腰痛の治療ができないのも事実。

なので腰痛の方に多い原因を今回は大まかに種類分けしていきます。

あなたの腰痛はどのタイプに分けられますか?

 

=====

①筋肉の緊張
→筋肉が過剰に緊張することで痛みが発生します。(腰の筋肉とは限らない)

 

②筋肉の弱化
→筋肉が弱くなることで半来の力が発揮できず負担が掛かります。(腰の筋肉とは限らない)

 

➂関節の不動
→関節の可動範囲が狭くなり負担が掛かります。(腰の関節とは限らない)

 

④ストレス
→ストレスにより腰への痛みが増幅して感じてしまいます。

 

⑤トラウマ
→過去のトラウマなどにより痛み感度が増幅してしまいます。(病院で病名を診断されてもそれ自体がトラウマになることもある)

 

⑥内臓への負担
→臓器が弱るor働き過ぎで腰への負担が増えます。

 

⑦栄養素
→栄養や水分など不足していくと腰への痛み感度は高まります。

 

⑧姿勢不良
→姿勢が崩れることで腰への負担は高まります。(解剖学的肢位から離れるほど負担増)

 

⑨重心移動の弱化
→体の軸がブレやすくブレた際の重心移動がうまくできないと腰への負担は高まります。

=====

 

この9つは僕の中では多く見る原因です。

あなたがどの原因に当てはまるのかわかりませんが、恐らくこの9つのどれかに当てはまると思います。

まずは原因を知り治療していこう!そうすればあなたの腰痛は楽になっていきますよ(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【腰痛】変形性膝関節症は腰も痛くなりやすい!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

変形性膝関節症とは簡単に言うと、膝が変形し膝に痛みや腫れがでること。

そしてO脚気味になっとる方が多いかと思います。

あなたも変形性膝関節症で悩んでいませんか?

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

病院で「変形性膝関節症」と診断された方は多いかと思います。

特にご高齢の女性に多い症状です。

 

変形性膝関節症と腰痛

 

さて変形性膝関節症になると、歩いた時、階段、椅子からの立ち上がりなど日常的な動作の時に痛みが出ることが多々あります。

そんな膝の痛みを訴える変形性膝関節症。

実は、腰痛との関係性もあるって知っていましたか?

 

体には繋がりがあります。

なので変形性膝関節症などで膝が痛くなると、腰にも悪影響が出てくるんですよ。

 

まず変形性膝関節症になると、O脚気味になりますよね。

その時、腰は自然と丸くなるんです。

腰が丸くなると、腰への負担は数倍になりますから腰が痛くなります。

 

さらに神経の繋がりまであります。

膝が変形することで、膝に付着している腰の神経は引っ張られてしまうんです。

そして引っ張られた腰の神経は過剰に反応してしまい、腰の痛みへと繋がります。

 

なので、体や神経の繋がりから変形性膝関節症は腰痛とかなり密な関係性なんですよね。

現に、変形性膝関節症で悩んでいるお客さんの中には、腰痛で悩んでいる方は割と多いですよ。

 

なので腰痛を治していけば膝の痛みも改善できる可能性もあり、膝を治せば腰痛も治る可能性があるってことです。

どちらが優先かは体次第ですが、痛みに囚われず全身をみてあげることも必須ですね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

腰痛

【原因】ロコモが腰の痛みと関係している!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

今回はnoteに書いた記事をそのまま引用させて頂きます。

現在とても大切なことだと僕は思っているので、ぜひ一読ください。

noteは広島弁で執筆していますので、所々広島弁が出てきますがご了承くださいね。

ではどうぞ!!

 

ロコモティブシンドロームとは?

 

ロコモティブシンドロームとは、平成19年に日本整形外科学会が提唱した言葉であり、現在深刻な問題になりつつあると僕は思っている。

これは僕が何年も前から言っているし、ここ数年で加速しているとも僕は警鐘を鳴らしとる。

そしてロコモティブシンドロームを日本整形外科学会のHPを引用すると以下のような説明がされている。

 

=====

ロコモティブシンドローム(ロコモ:運動器症候群)は、加齢に伴う筋力の低下や関節や脊椎の病気、骨粗しょう症などにより運動器の機能が衰えて、要介護や寝たきりになってしまったり、そのリスクの高い状態を表す言葉です。

=====

 

と書かれとる。

現在自粛などが続き世界を脅かしているウイルスの影でロコモ(以下省略)はさらに加速を増しとると思う。

 

ロコモと腰痛

 

そしてさらにHPには、

 

=====

現在ロコモの人口は予備軍も含めて4700万人と言われています。ロコモに特に関係が深い疾患は、高齢者に多いひざ、こし、ほねの病気、つまり変形性膝関節症、変形性腰椎症、骨粗しょう症と考えられています。この調査によると、それぞれの病気の推計人口は、変形性膝関節症は2530万人、変形性腰椎症は3790万人、骨粗しょう症は1300万人となっています。この数字は、メタボの人口、すなわち高血圧(3970万人)、糖尿病(820万人)、脂質異常症(1410万人)に匹敵する数になっています。

=====

 

これは恐らく2010年頃のデータじゃろうと思う。

じゃけぇ今はこのデータよりか増えとるんじゃないんかと僕は予想しとるんよね。

そして上記の数値でよく見てほしいのは、変形性腰椎症がかなり多いこと。

『ロコモ=腰痛』と関連性が深く、現在は両方に注意が必要になってくるよ。

 

ロコモを予防するためには?

 

そしてHPの最後に、

 

=====

ロコチェックで運動機能の衰えを早めに察知して、ロコトレでロコモ予防に努めましょう。ロコトレは、スクワットや片足立ちを中心に、ウォーキングや水中歩行、水泳やテニス、卓球から太極拳、いろいろな運動を習慣的に続けるようにしたいものです。ずっと「自分の足で歩ける!」ことが、ロコモ予防の目標です。

=====

 

と締めくくられとる。ちなみにロコチェックって言うのはこれね↓↓

 

 

ロコモは1日で治るもんじゃないし、そもそも治る治らんという考えでもない。

整形外科学会のHPでも言っとるように「自分の足でずっと歩けること!」これが一番大切じゃと思うよ。

 

ちなみに最後に伝えとくと、体の機能(筋肉など)は衰えるのは異常に早いけど、それを戻すのには倍以上の時間が掛かる。

体は大切にすれば大切にするだけ応えてくれるんじゃけぇ、甘やかし過ぎずに適度に運動も取り入れていこう!

「まだ大丈夫よ!」は一番危険!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :         

ケア 腰痛

【重要】人間は捻ることを忘れてはいけない!

 


 

最近体を捻っていますか?

捻るという動きは年齢と共に減少していきます。

そして捻る動きが低下していくと体に痛みが出やすくなり、姿勢も悪くなっていきます。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

捻るという動きは、ただ単に体を捻ればいいってことじゃありません。

関節ひとつひとつの捻るという動きが大切になってくるんです。

 

例えば、股関節。股関節の捻りと言えば、内側への捻りと外側への捻りがあります。

この内と外の捻り両方がしっかりと動いて初めて捻る動きができることになります。

ですが捻る動きが弱くなってしまった方は、片方だけ捻れたり、両方とも捻り切れないという現象が起きてきます。

 

こうなってしまうと、腰が痛くなったり、膝が痛くなったりしていきます。

それに加え、姿勢も悪くなっていきます。

これが捻り不足の悪循環です。

 

これは股関節に限らず各関節に同様の現象が起きてきます。

だからこそ『捻る』という動きが非常に大切になってくるんですよね。

 

テレビなどでは「もも上げをしましょう!」「スクワットをしましょう!」と盛んに言っていますが、それ以前にもっと大切なことがあるんです。

それが『捻る』動き。これを忘れずに運動をおこなうと体は一気に変わってきます。

 

キーワードは捻るですよ。頭の片隅にでも置いて運動に取り組んでくださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

腰痛

【筋肉】柔らかい筋肉ってどんな筋肉なの?

 


 

「先生が前に言っていた柔らかい筋肉が必要ってどういう意味ですか?」

お客さんに聞かれたので、ここでもシェアして回答していこうと思います。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

僕言う柔らかい筋肉って言うのは、柔軟性があるってことではないんです。

そんなことよりも『触って柔らかいか』が大切なんです。

 

 

何も脂肪で柔らかいわけではないですからね。

筋肉が触っても柔らかいんです。

で力を入れればちゃんと固くなる。そんな筋肉が理想です。

 

 

悪い方はずっと固いまま。

言い方を変えれば常に張っているとも言えますね。

これはかなりいけない筋肉です。

 

 

触って柔らかい!そんな筋肉を目指しましょうね(^^)

 

 

そのためにはただ鍛えるだけじゃなくて、関節や背骨の可動域を上げたり、ケアしたりしないといけません。

もし『鍛える』だけを選択されているのであれば、たまには違った視点でトレーニングしてみましょう!

筋肉が一気に良質な肉になりますよ!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :     

トレーニング