関節 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【老化】体力が減る原因は関節の“捻り”不足!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「体力がなくなってきたな~」
「若い頃のようには動けないな~」

 

なんて感じたことはないですか?

 

実はこの原因、筋力などだけではなく、「捻じる」動きが不足しているのかもしれませんよ!?

 

体力と捻じりの関係

 

人間の動作的に、老化と共にまず「捻じる」動きを失っていきます。

次いで「伸ばす」機能となります。

 

そもそも捻じるって何?って話しですが、

 

=====
関節全ての捻じる動きが減ってくる
=====

 

ってことです。

 

例えば股関節。

歩いている時に足を大きく前後しているように見えますが、実は股関節の捻じれが若干入ります。

また、しゃがんだり、座ったりする日常の何気ない動作にも股関節の捻じれは発生しているんです。

 

と言うことは、股関節の捻じれがなくなれば、日常生活内でも股関節に負担が掛かりやすくなるということ。

 

負担が掛かると言うことは、必然的にエネルギー消費量が増えますから、体力をたくさん使ってしまいます。

 

つまり、捻じれ機能がなくなると、

 

=====
身体を動かすエネルギー量が増えてしまい、体力を消費しやすくなる
=====

 

と言うことに繋がります。

同じ距離を歩いたとしても捻じり機能の差で疲労感は変わってくるんです。

 

体力を向上させるコツ

 

 

当然ながら体力(=持久力)を上げる必要性は必ずあります。

そこは今回置いておいて、《エネルギー消費量を減らす》という観点から。

 

冒頭でも説明したように、関節の捻じれ機能の衰えはイコール体力の低下に繋がります。

それはエネルギー消費量が必然的に増えるからです。

 

と言うことは、関節の捻じれ機能を復活させてあげればいいんです。

 

例えば、いつもやるストレッチに「捻じる」という動きをつけてあげる。

 

もう最初はこれだけでいいんです。

今まで捻じるという概念がなかったはずですから、今度から意識してみてください。

自分がいかに捻じることが不得意化がわかると思いますよ。

 

まとめ

 

 

何歳になってもとにかく捻じること!これを忘れないようにしましょうね。

 

ちなみにですが、30歳を超えた時点で身体的機能は低下していますから、若くても早めに取り組むべきことですよ。(厳密に言えば20歳から衰えますが、まぁ大目に見て30歳としておきましょう(笑))

 

体力向上には、関節の捻じり機能を復活させることがポイントになってきますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【外反母趾】親指が痛くなる原因は踵だった!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

以前講演会をした時、講演会終了後数名の方が個別で相談に来られました。

 

その内容が全員「外反母趾」でのお悩みでした。

 

そこで今回、外反母趾の方に共通する《骨の歪み》について解説していきます。

外反母趾でお悩みの方に少しでもヒントになればと思います。

 

外反母趾とは


 

そもそも外反母趾とは、上記写真のように、足の親指が人差し指側に“くの字形”に曲がることをいいます。

 

要は骨の変形です。

変形がひどい場合、手術が必要になります。

 

また変形が進行していても「痛みを感じる方」「痛みを感じない方」と症状は様々です。

 

外反母趾の原因

 

 

親指が変形してしまうほどの外反母趾。

その原因の多くが、

 

=====
踵の歪み
=====

 

です。

踵が歪むことで、足部のバランスは崩れ、結果として親指へ体重などが掛かりやすくなり、関節が歪み、外反母趾へと繋がります。

 

「踵って歪むの?」と疑問に感じたかと思いますが、踵には関節が存在します。

 

今回ポイントとなるのが、『距骨下関節(きょこつかかんせつ)』です。

 

これがいわゆる踵の関節で、ここが歪むことによって外反母趾を引き起こすリスクが一気に高まります。

 

距骨下関節は、普段の生活では外反・内反という動きをよく行います。

これは踵が外に傾く・内に傾くということ。

 

また外反母趾の方は踵が外反に変位していることが多く、この外反変位を改善しないことには外反母趾は改善していかないでしょう。

 

そしてもっと悪いことに、踵が外反することで、横足根関節(ショパール関節)の動きが増えます。

増えることで、さらに親指に変位状態で体重が掛かりやすくなり、外反母趾へと繋がります。

 

外反母趾の原因②

 

 

さてもうひとつの踵の歪み関連で、外反母趾の原因について解説していきます。

 

実は踵が外反に変位することで、次に膝も歪んでくるんです!!

 

踵が先か、膝が先か。

これはどちらかわかりませんが、これはセットで考えるべき問題だと思います。

 

ちなみに膝の歪みと言うのが、

 

=====
ニーイン(内股)
=====

 

です。

踵が外反変位になると自然と膝は内側に入りやすくなります。

 

これは実際に内股になってもらえればわかるはずです。

内股にした時、踵は外反変位するでしょ?

もうそれが物語っていますよね。

 

外反母趾の原因➂

 

最後に筋肉も見てみましょう。

 

踵の外反変位に関与している筋肉は《下腿三頭筋(かたいさんとうきん)》と呼ばれているふくらはぎの筋肉です。

 

下腿三頭筋は、腓腹筋・ヒラメ筋で構成されており、腓腹筋は踵の外反に、ヒラメ筋は踵の内反に作用します。

 

つまり外反母趾で外反変位の方は、ヒラメ筋の筋力が不足しているということが推測できます。

もっと言えば後脛骨筋なんですが、ここは今回深くは追求しません。

 

まぁどちらにしても下腿三頭筋は外反母趾の方は、弱化しています。

ここを鍛え直すことも外反母趾予防の改善の一歩になるはずですよ。

 

まとめ

 

 

なんか外反母趾の原因ってかなりあって、難しそうですね。

それだけ人間の身体は複雑ということでしょう。

 

さらに言えば女性の場合、婦人系疾患などのある方などは外反母趾になるリスクが上がります。

 

生理不順・生理痛がひどい方は、外反母趾のリスクが上がり、閉経になった方も外反母趾のリスクが上がります。

 

このように色々と複雑に絡まり、結果として外反母趾になります。

気になる方は、根気よく改善させていきましょうね!

ひどい場合は病院へ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :                 

下肢 歪み 足底

【足首】土台となる関節固まっていませんか??

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝痛・腰痛・肩こり・猫背など、実は身体のあらゆる悩みに関係してくる足首。

多くの方が見落としている方も知れませんが、結構重要なんですよ。

 

でも!!

 

足首を上手に動かしている方は非常に少ないんです・・・。

ただ足首を回しているだけではダメで、関節を考え動かす必要があることを知っていますか?

 

足首の関節

 

まず足首には多くの関節が存在します。

その解剖図を見てみましょう。

 

 

この図に書いてあるだけでも、

 

=====
・DIP関節(遠位指節間関節)
・PIP関節(近位指節間関節)
・IP関節(指節間関節)
・MP関節(中手骨指節骨間関節)
・リスフラン関節(足根中足関節)
・ショパール関節(横足根関節)
・距腿関節
・距骨下関節
=====

 

と、8ヶ所も関節があるんです。

 

ひとつだけだと思ったでしょ?

全然違ってこんなに多くの関節で足首はなっているんですよね。

 

これらがしっかり動くことが膝痛・腰痛などにとって非常に重要になってきます。

 

そして関節は、骨と骨が隣同士になっているので、骨の形・角度によって動かし方が異なるんですよね。

 

ただ単に「足首回しとけッ!!」では物足りないってことです。

 

 

例えばわかりやすいのが、距骨下関節。

 

足首を回すと言えば、踵を持って回す方も多いと思うんですが、ここの関節は正確には回りません。

どちらかと言うと、ワイパーのように半円を描く動きしかできません。

 

ですがこれを理解し、ちゃんと動かせればいいんですが、正直それは難しいです。

 

なので、動く範囲で各関節を大きく動かすことが大切になってきます。

硬くなってしまった方は、本当に動かないですからね。特に、

 

=====
・リスフラン関節(足根中足関節)
・ショパール関節(横足根関節)
・距腿関節
・距骨下関節
=====

 

は非常に重要な関節ですから、しっかりと動かしておきましょうね。

正確に動かす必要はないので、とにかく大きく動かしてみてくださいね。

 

またいつか知りたい方がいれば、動かし方を記事にするかもしれないので、楽しみに待っていてください。

いなければ書きませんが・・・。

 

まぁとにかく、足首はしっかりと動かしておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

足底

【膝痛】膝が痛むのは“捻じれ”が原因!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

階段で膝が痛い、変形性膝関節症と診断された、立ち上がる時に膝が痛いなど日常生活の中で様々な場面で、膝の痛みは付きまとってきます。

 

そしてそれらの原因の多くは、《膝の捻じれ》が原因であることが多々見受けられます。

 

もしかしたらあなたの膝の痛みも、膝の捻じれが原因かもしれません。

 

日常生活の中であなたの膝は捻じれていませんか?

チェックしてみましょう。

 

膝の捻じれ

 

膝という関節はおおまかに、大腿と下腿で分かれています。

要は、太ももと脛ですかね。

 

両社が互い違いに捻じれることで、膝を曲げたり伸ばしたりできるわけなんです。

 

=====
膝を伸ばす→大腿部は内旋し、下腿部は外旋します
膝を曲げる→大腿部は外旋し、下腿部は内旋します
=====

 

こんな感じでぞうきん絞りみたいに、大腿部と下腿部は互い違いに捻じれながら動いているんです。

 

ただ膝に痛みがあるという方は、

この捻じれのシステム自体が崩壊していることが多く、

 

例えば膝を曲げる際に、《大腿部が内旋し、下腿部は外旋する》みたいに動作中にシステムが逆になることが多くなります。

 

日常生活の捻じれ

 

 

では、この間違った捻じれが日常生活のどこで起きているのかを見ていきましょう。

 

基本的に《膝が曲がる→大腿部が内旋し、下腿部は外旋する》という間違ったシステムになっている方は、

動作時に《膝が内股(ニーイン)》になっていることを覚えておいてください。

 

日常生活内の動きで言えば、

 

=====
・椅子から立ち上がる時(座る時)、膝が内に入る
・しゃがむ時、膝が内に入る
・靴を履く時、膝が内に入る
・段差を登る時、膝が内に入る
・立っている時、つま先が内に向いている
・歩いている時、膝が左右に揺れる
・自転車の時、膝がサドル部分に当たる
=====

 

ざっと例を挙げただけでもこれだけあります。

 

これらは膝の捻じれシステムを崩壊させる動作なので、もし日常生活内であなたがこの動きをしてれば気を付けてください。

 

すでに痛みがある方は、この動作を気を付けるだけでも痛みがその場で変わるはずです。

全く痛みが変わらない方は、違う原因かもしくは、やり方が違うかのどちらです。

 

動作中の膝の位置は基本的に、《足の人差し指方向》に向いていないといけません。

ここを大きく逸脱するような動作は、膝を壊しますのでご注意を。

 

まとめ

 

 

どうでしたか?日常的に膝を痛めつけていませんでしたか?

 

膝に痛みがある方は、必ずと言っていいほど、先程挙げた例を日常的に行っています。

 

まずはこれを変えてあげるだけでも、膝の痛みは劇的に変わってくるはずです。

 

湿布?そんなことよりもやるべきことがあるでしょう。

『なぜ膝が痛むのか?』を理解し、日常生活を送りましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

膝痛

【姿勢】反り過ぎは関節を破壊するので要注意!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「姿勢が気になるので、背筋を真っすぐにするよう意識しています」

 

という方は非常に多いですが、残念なことに、逆に姿勢を悪くしている方が多いんです。

 

そこで今回は、過剰な姿勢意識が引き起こす最悪な身体について解説していきます。

あなたも姿勢を意識し過ぎて反っていませんか??

 

反り過ぎ注意!

 

人間の姿勢の構造上、丸くなっていいこともなければ、反って良いこともひとつもありません。

よくある間違いパターンは、

 

=====
・猫背が嫌なので、常に胸を張っている
・背筋を真っすぐにしたいので、腰から反ってしまっている
=====

 

だいたいこの2パターンになります。

姿勢を意識し過ぎるがあまり、知らず知らずに反ってしまっているんですよね。

 

この姿勢、一見良いように思うかもしれませんが、最悪な姿勢なんです。

 

実は、背中(首~腰)が常に逸脱して反った状態であると、身体の関節は可動性を失い動きにくくなります。

 

さらに可動性を失った関節を日常生活内で無理やり動かしますから、余計に関節に負担&筋肉に負担が掛かります。

 

そうなると、

 

=====
・疲れやすくなった
・体力がなくなった
・長距離歩けなくなった
・関節に痛みを感じやすくなった
=====

 

など弊害が出てきます。

そりゃ身体機能を過剰な姿勢意識でぶっ壊しているんですから当然っちゃ当然です。

 

この場合むしろ僕であれば、「猫背になりましょう!」と提案しちゃいます。

 

断然猫背の方が動きやすくなりますし、どちらかと言うと反っているよりも少し猫背の方が人間に合っています。

 

まとめ

 

 

noteの記事では何度も何度もお伝えしていますが、過剰な姿勢意識は身体を壊しますよ。

 

テレビなどで姿勢を特集していることが多々ありますが、基本的にあれ間違っているところだらけです(笑)

 

でもそれを信じて、さらに言えば自分で着色までして理解してしまっている方が多い。

 

だから身体を壊しちゃうんです・・・。

 

無理やり姿勢を良くしようとしないでくださいね。

身体壊しちゃいますよ。

力を抜いていきましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

姿勢

【リハビリ】痛いなら安静にするべきなのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰が痛い。膝が痛い。肩が痛い。肘が痛い。

 

など各関節に痛みがあり、動かすのが難しい場合、安静にするのがいいのでしょうか?

というよりも安静にする方が多いと思います。

 

ですが!!本当にそれでいいのでしょうか??

 

痛いなら安静?

 

痛くても、動かせる範囲で可能な限り動かした方がいいというのが僕の考えです。

 

ですがそれも無理な場合、どうすればいいのでしょうか?

 

仮に肩が痛い場合だとすると、

 

=====
肩関節近隣の関節と反対側の肩関節は最低限動かしておくべき
=====

 

だと考えています。その理由としては、

 

=====
神経の動きを止めたらダメ
=====

 

だからです。

仮に肩が痛いからと、上半身全ての動きに制限を掛けてしまえば、治りは遅くなり、治った後も、可動域の低下などに繋がりやすいと言えます。

 

今回例にあげた肩関節であれば、肘や手首、指、首などは肩関節と繋がる神経ですから、それらの関節を動かすことは、必然的に肩関節の神経も一緒に動かしていることになります。

 

だから、「安静しましょう」と言われたから全身安静にしますではなく、患部は安静にするものの、その他の関節は可能であれば積極的に動かすべきなんですよね。

 

まとめ

 

 

医師の安静にしましょうは、患部のことであって、全身のことではないですからね(笑)できるのであれば、その他の関節は動かしておいてください。

神経の動きを止めてしまえば、完治後後悔することになりかねません。しっかりと動かしておいてくださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【老化】年齢を重ねるとできなくなる動きとは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

年齢を重ねるにつれて、ある動きができなくなります

 

予防している方は動くと思うんですが、特に意識していない方は、恐らくできなくなっています・・・。

 

しかもその動きができなくなることで、腰や膝や肩など痛みに繋がりやすく、身体的な老化も加速してしまうんです。

 

その動きとは・・・!?

 

老化の印

 

さて結論から言ってしまえば、老化と共にできなくなる動きとは、

 

=====
回旋(かいせん)動作
=====

 

です。

どの関節にも言えますが、回旋(捻る動きのこと)の可動域がどんどん減っていきます。

その中でも特に大切にして欲しいのが、

 

=====
胸郭(背骨含む)・股関節
=====

 

この部位の回旋動作は、絶対に狭くならない方がいいですよ。

 

狭くなればなるほど、腰痛・膝痛・肩こりなどを発症しやすくなるし、身体的な老化は加速します。

 

実際に僕が見ている範囲では、胸郭・股関節の回旋動作の可動域が保たれている方は、何歳であっても結構動ける身体の方が多いです。

 

逆に可動域が狭くなっている方は、動けない身体の方が多いんですよね。

 

動ける動けないってのは、例えば70歳の方だとします。

動ける方は、年齢以下の動き(体力も)をしますし、動けない方は、年齢通りまたはそれ以上の動き(体力も)しかできません。

 

ちょっとわかりにくい表現だったかもしれませんが、70歳でも動きが軽やかな方は可動域保てているし、動きが鈍い方は可動域が狭いって感じです。

 

まとめ

 

 

健康な身体を保つためにも、胸郭(背骨含む)・股関節の回旋動作の可動域は保てるように日々鍛錬あるのみです。

 

怠けていれば怠けた身体に。

あなたの今の身体は、あなたの習慣の結果です。

 

最低限の回旋動作を保てるように、日々頑張っていきましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

トレーニング

【夜間痛】寝れない程の肩の痛みの正体は?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

一本の電話が鳴りました。

 

「夜も寝れない程、肩が痛いんですが、どうにかしてもらえないでしょうか?指まで痺れます・・・」

 

寝れないということは、夜間痛があるということです。

施術後は、顔を歪めるぐらいの激痛だった肩も痛みが減り、寝れるようになりましたが、夜間痛の原因は何だったんでしょうか?

 

夜間痛の原因

 

症状としては、肩を動かすのも痛いし、どの肢位で寝ても痛いし、寝返りも痛いとのこと。病院に行けば、「神経が悪い」とのことで痛み止めを処方されたみたい。

 

上記イラストのようにタオルを肩の下に置くと楽になることが多いんですが、それでもかなりの激痛。

はてはて、どうしたものか??

 

結果として原因だった筋肉は、

 

=====
◆肩甲骨周り
→肩甲挙筋・小菱形筋・僧帽筋上部・棘上筋・広背筋・小円筋
◆腕周り
→上腕二頭筋・上腕三頭筋
=====

 

の異常な硬さが原因でした。

そもそもこれらの筋肉が硬くなる原因だったのは、

 

=====
・数日前のぎっくり腰による筋緊張
・雨の中での長時間作業→冷えきった身体でアルコール
・日頃の姿勢
=====

 

色々と悪い部分が積み重なり、肩の痛みに繋がったみたいでした。

 

これら3つは、肩の痛みに影響を及ぼしますので、心当たりある方は注意が必要ですよ。

 

また夜間痛があるほど、いやそもそも寝る姿勢自体が激痛だったんですが、その原因は、

 

=====
肩甲骨の過剰な下方回旋(なで肩)・内転(内に寄ること)に変位+肩関節が内旋(内に巻く)になることで、肩と首の関節にズレが生じた結果、神経・筋肉にダメージを与えていた
=====

 

となり、人差し指も痺れていたんですが、施術後は痺れもなくなりました。

 

まとめ

 

 

この方のように、関節のズレから痛みが発生していることが多く、そこから神経・筋肉がダメージを負ってしまいます。

 

肩の痛みで悩んでいる方は、日頃の姿勢・食生活も見直してみましょう。

どちらかに原因があることが多いので、あなたもそこに根本となる原因があるかもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :              

【膝痛】股関節が曲がらないと膝が痛くなる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝の痛みを伴う場合、同時に股関節の動きも悪くなることが多々あります。

 

特に股関節の伸展制限と言って、股関節を後ろに伸ばせないという制限は多いです。

 

ですが逆に、股関節を曲げれなくなっているという方も膝への負担が増えますよ!!

 

あなたはこの動きができますか?できないと膝が痛くなるかも!?

 

股関節の動きチェック

 

では早速股関節の動きをチェックしてみましょう!!

 

=====
①仰向けに寝る
②両膝を曲げる
➂片足を両手で抱え込み、胸に近付ける
=====

 

これだけです。

 

左右差が明らかにあったり、鼠径部に詰まりを感じたら要注意です!!

 

膝に痛みがある方は、恐らく痛みがある方が曲がりにくいと思います。

 

痛みがない方も、曲がりにくい方は、今後痛みが出やすい膝になります。

また過去に痛めた経験があったり、腰痛歴があっても曲がり具合に差が出てきますよ。

 

まとめ

 

 

膝が痛い=膝が原因ではなく、隣接している他の関節が関与しているケースは非常に多いです。

なかなか改善しない膝の場合、他関節の動きもチェックしてみましょう!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

膝痛

【運動】360度痛みなく関節が動きますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕が運動で大切にしていることがあります。

 

その中のひとつが関節の可動域』です。

 

年齢や姿勢などの影響で、各関節の可動域はどんどん狭くなっていき、結果として、腰や膝などの痛みに繋がります。

 

なので運動の時、各関節の可動域も意識しながら行うと、より効果が出てくるんです。

あなたは運動の時、関節の動きも意識していますか?

関節を大きく動かそう

 

例えば、股関節。

 

人間の中で最も大きく可動域も広いんですが、普段生活の中では、歩く以外にそこまで大きく動かすことはないと思います。

 

そうなると、歩く時に必要な股関節の動きしか日常生活内ではしなくなります。

そして、股関節の可動域はどんどん狭くなっていくんです。

だって可動域をフルに普段から使わないから。

 

だからこそ僕は、運動の時だけでも、可動域をフルとまではいかなくても、様々な角度で動かしていきますし、僕以外のところでもそうしてもらいたいんです。

 

じゃないと各関節は、どんどん可動域を失っていきますよ。

 

可動域を失えば、「腰が痛い」だの「膝が痛い」だのが出てきて、さらには「体力が落ちた」と感じるようになるんです。

 

各関節の可動域ってめちゃくちゃ大切なので、どの関節もある程度狭くならないようにしていきましょう!!

 

まとめ

 

 

筋肉は意識している方、多いと思います。

ですが『関節の可動域』も意識して取り組むと、運動効率はグンっと高まりますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

トレーニング