腰 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【腰痛】この筋肉のバランスが重要です!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛の方にとって、とても大切な筋肉が2つあります。

 

この筋肉のバランスが崩れることで、腰が不安定になり、腰に痛みが出やすくなります。

 

あなたの筋肉は大丈夫ですか??

 

腰が痛くなる筋肉

 

腰に悪さをする筋肉はいくつもありますが、腰の近くにあるこの2つの筋肉は非常に大切です。

その筋肉とは、

 

=====
①多裂筋(腰部)
②腸腰筋
=====

 

です。

この2つの筋肉は、腰を前と後ろで支えている筋肉になります。

 

①多裂筋(腰部)

 

 

②腸腰筋

 

 

この2つの筋肉が硬くなっても筋肉の活動は低下しますし、当然ながら筋肉が落ちても活動は低下します。

 

つまり、硬くても弱くてもダメってことですね。

 

筋肉の働き方

 

 

それぞれの筋肉の働きも見てみましょう。

 

=====
①多裂筋
→脊柱の伸展・回旋・側屈
→腰椎の安定化に必要になります
→硬いと腰が反り、弱いと腰が丸くなります

 

②腸腰筋
→股関節の屈曲・外旋
→骨盤・股関節・腰椎の可動性に関連してきます
→内臓器(特に腸)とも関連します
=====

 

になります。

どちらも腰に大きな影響を与えます。

 

まとめ

 

 

腰が痛い方は、ほぼこの2つの筋肉が悪さをしている傾向にあります。

 

ただこの2つの筋肉が硬い・弱いは、別の筋肉やアライメントが影響している可能性もあるので、結局はその原因を突き止めることが最優先になるんですけどね。

 

でも、多裂筋・腸腰筋を緩めるor鍛えることで、腰痛は今より緩和していくはずですよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

腰痛

【腰痛】なぜ人間の腰は弱くなってしまったのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰の痛みを経験されたことがある方は、多いのではないでしょうか?

というよりも、ほとんどの方が腰の痛みを少しは経験したことがあると思います。

ではなぜ腰の痛みを訴える方が非常に多いのでしょうか?

 

なぜ腰が弱いのか?

 

これは人間の進化を見ていけばわかってきますので、人類の進化の過程を一緒に見ていきましょう。

 

人間には首~腰まで背骨があり、その中でも胸の骨(胸椎)は肋骨もあり、胸周りは骨でしっかりと守られています。

 

 

ですが、首や腰には何もなく骨に守られていませんよね。

まずこの時点で首や腰が不安定な環境にあるということがわかると思います。

 

 

しかし人間はこの不安定の代わりに、可動域というものを手に入れました。

だから首も腰も自由に動けますよね。

 

仮に首や腰にコルセットなどでガチガチに固定すれば(胸のように)、起き上がることも歩くことも困難になるでしょう。

 

このことからわかるように、人間は寝て立って歩く(主に二足歩行の)ために、首と腰には肋骨を作らず、不安定よりも可動域を選んだのです。

 

そして首よりも腰は全体重を支えるわけですから、負担は増えていく羽目になります。

 

ちなみに首は頭を支えるために発展し、二足歩行でも頭を支えられるようになっています。

そしてそのおかげで脳はより重く進化でき、人間は他の動物よりも知恵をつけ生き残ったと言われているんですね。

 

そしてさらにさらに、可動域を手に入れた分動きが他の動物以上になってしまったので、背骨の形もそれに対応しないといけないくなってしまいました。

それが背骨の湾曲です。

 

 

これは人間のみに見られる湾曲で他の動物にはありません。

下記イラストを見て頂ければわかると思いますが、その動物にもS字湾曲は存在していないですよね。

魚なんかほぼ一直線です。

 

 

ちなみに湾曲が存在している箇所は、その部位が自由に動けますよというサインです。

例えばウシやライオンは首に湾曲があるので、首は比較的自由に動きます。

ですが魚には首に湾曲が存在していなので、首を捻ろうと思えば体全体で振り返らないといけなくなるってことです。

 

つまり人間は進化の過程で、

 

=====

可動域の代償として不安定を手に入れ、腰には肋骨を作らず、背骨に湾曲を作り、腰に負担の掛かりやすい構造となってしまった

=====

 

ってことです。

 

腰と現代

 

 

しかし可動域の代償として不安定を手に入れたのにも関わらず、現代はデスクワークが基本となり、腰の可動域は不要となってきました。

 

可動域が不要になってきたということは、残った要素は不安定のみ・・・。

 

僕が言いたいことがわかりますよね?そうです。

腰は昔の方々よりも負担が増えやすい体になりかけているってことです。

 

まとめ

 

 

もう一度最後に言うと、人間は進化の過程で、

 

=====

可動域の代償として不安定を手に入れ、腰には肋骨を作らず、背骨に湾曲を作り、腰に負担の掛かりやすい構造となってしまった。そして現代の生活習慣で、可動域は不必要になりつつあり、不安定要素のみが残ってしまいつつある。

=====

 

ってことでしたね。

これが人間の進化から見た腰痛が多い理由です。

 

もしかしたらこれからまだ人間の骨格も進化し、時代に合った骨格になっていくのかもしれませんね。

 

ですが僕たちが生きている時代では、絶対に変わらないのでそれなりに対策するしかありません(笑)

腰の痛みは我慢せずに、ひどくなる前に治療しておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【腰痛】誰も教えてくれない本当にストレッチするべき筋肉とは?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛予防として、伸ばしておいた方がいい筋肉がいくつか存在します。

ですが多くの方がその筋肉をストレッチしていません。

いつものストレッチに一工夫するだけで腰痛予防の効果はグンと上がるんですよ。

腰痛ストレッチ

 

基本的に多くの方が『もも裏』のストレッチは行うと思います。

ですがこれだけでは正直物足りません。

今回はストレッチするべき部位をお伝えさせて頂きますね。

 

=====

①内もも/②股関節/➂胸郭/④横腹/⑤足首

=====

 

になります。これは優先度の高い順です。

 

なので言うならばもも裏よりも内ももをしっかりと伸ばしてあげた方が腰痛には効果的と言えます。

 

僕は「内もも伸ばしてね~」って数年前から言っているんですが、そんない広まってないですね(笑)

でもこれを読んだあなたはしっかりと伸ばしてくださいね。

 

まとめ

 

ストレッチ嫌いな方結構多いですよね。

でもこの寒くなってきた冬だからこそ縮こまった筋肉をしっかりと伸ばしてあげることが必要不可欠になってきます。

 

寒くて運動する気にならないのなら、最低限のストレッチ程度はしておきましょうね。

暖かくなってきた頃に、腰が痛いなんて言いたくないですからね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :    

腰痛

【腰痛】骨盤を立てるだけで骨盤矯正トレーニング

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

骨盤の歪みは腰痛になるリスクを高め、その中でも多い歪みが『骨盤の後傾』です。

後傾とは腰が丸くなっている状態のこと。

この後傾の歪みは年齢を重ねるごとにあらわれてきますが、あなたの骨盤は大丈夫ですか?

 

骨盤の歪みとは?

 

もうこのブログでは何度もお話ししていますが、骨盤の後傾というのはイラストで言う右側のことです。

この歪みが腰痛を引き起こすきっかけになります。

 

そしてこの姿勢になると、腰の筋肉が弱くなっていき、腰を支えることができなくなり、腰痛へと繋がるんです。

 

ヘルニアで悩んでいる方などは、腰の筋肉がある程度弱っています。

これは骨盤の後傾と関係があり、ヘルニアを発症してしまう方は骨盤が後傾していることが多いんですよね。

 

なので年齢と共に腰の痛みを感じている方は、腰の筋肉を強化していく必要があるわけです。

これはほぼ必須と言ってもいいかもしれません。

腰の筋肉を鍛えることで姿勢改善にも繋がりますので、一石二鳥ってわけですね。

 

骨盤矯正トレーニング

では早速トレーニングの方やっていきましょう。

座ってできますので、下記動画を見ながら一緒にやってみてくださいね。

やり方自体はもの凄く簡単ですので。

 

 

いかがでしたでしょうか?

とてもシンプルだったのではないでしょうか?やり方をまとめると、

 

=====

①足を床に着けた状態で椅子に座る
②その状態で腰を反らす
※反らした時に腰に力が入っている感覚を!
※またよくある間違いとして、骨盤ではなく胸を反らそうとする方がいらっしゃいますので、腰を反らすように意識していきましょう

=====

 

になります。簡単でしょ?

 

まとめ

 

腰を反らす骨盤矯正トレーニングで腰痛予防していきましょう。

ちなみに反ると腰に痛みを伴う方は、無理しないでくださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

トレーニング動画 腰痛

【腰痛】腰に痛みのある方が苦手な動きとは?

 


 

腰の痛みを訴える方にはある特徴があり、その中でも苦手な動きというものがあります。

これを読んでいるあなたも当てはまるかもしれませんよ?

あなたの腰は大丈夫ですか?

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

まず前提として腰は動かない部位です。

なので別の部位が動かなくなると腰への負担が必然的に増えていき痛みへと繋がるわけです。

 

でその中でも腰の痛みを抱える方が苦手な動きがあります。それは、

 

=====

①胸郭の可動域

②股関節の可動域

➂骨盤の可動域

④足首の可動域

=====

 

です。この4つのうちどれかはほぼほぼ悪くなっています。この動きが悪くなることで腰への負担は増え痛みが増えていくってことですね。

 

2~4はだいたいわかると思いますが、胸郭はあまり聞きなれないかもしれません。

胸郭(きょうかく)って言うのは、いわゆる肋骨部分です。

 

 

ここの動きが悪くななると腰痛へと繋がりやすくなります。

というよりもこの4つのいずれかの可動域低下は問題です。

ひとつひとつの関節を日々の運動などの中でしっかりと動かしておきましょう。

それが何よりも腰痛予防へと繋がりますよ。

 

=====

腰は動かない部位だから他の関節の可動域は最低限獲得しておく

=====

 

これは覚えておいてくださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :     

腰痛

【治療】人が痛みを治したい理由とは?

 


 

「腰が痛いんで治したいんです!」という方がいます。

その時、この方は本当に痛みを治したいだけなんでしょうか?

よくよく考えてみてください。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

多くの方が“痛み”を訴えて来られます。

ですが、本当に痛みを治したいだけなんでしょうか?

 

 

実は違うんですよね。

本当の悩みはその先にあるんです!!

その悩みって言うのが、

 

=====

痛みが障害でやりたいことがでいない

=====

 

っていう悩みです。

これがあるから痛みを治したいって思うわけです。

これを読んでいるあなたも絶対にそうだと思います。

 

 

腰が痛い→買い物に行くのが辛い→治したい

 

 

みたいな流れが必ずあるはずなんですよ。

もちろんそれは人それぞれ理由は違います。

でも必ず痛みが障害になってでいないことがあるから治したいと思っているはずです。

 

 

なので痛みにフォーカスするのはもちろんいいんですが、その先を見据えた治療をすることも大切なのかなって僕は思うんですよね。

 

 

「腰が痛いんです!」って来られても実は「座ってテレビ見ることがしんどい」から治したいって方もいたわけです。

なので「座ってテレビを見れるカラダ」が最終目的。

ここを目指すべきなんで極端な言い方をすれば、前屈が柔らかくなったり、後ろに反れるようになるは二の次なんです。

正直そんなのどうでもよくて、テレビをストレスなく見れれば問題解決になりますよね。

 

 

こんな感じで痛みばっかり追いかけるんじゃなくて、痛みの先を見据えて治療していくと治療過程も楽しくなるかもしれませんよ。

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

腰痛

【腰痛 ストレッチ】腰やお尻の痛みに効果的なマッサージ方法

 


 

腰やお尻に痛みがある人の特徴として、お尻の皮膚も固くなっているというものがあります。

なので今回は、お尻の皮膚を掴むだけのセルフケア方法をお伝えしていきますね。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

お尻には大きな筋肉が存在し、同時に坐骨神経などの神経も通っています。

お尻は腰痛と関係性も深いのでしっかりと自分自身でケアできると腰の痛みも緩和していくと思いますよ。

まずはYouTubeの動画をご覧ください。

 

どうでしたか?

お尻を掴むだけで激痛でしたか?

実はこの掴んだ場所には、上殿皮神経(じょうでんひしんけい)と言う神経があります。

 

 

この神経は腰から出ており、ここが固くなれば腰痛にも繋がるというわけです。

さらにお尻も覆うように走行しるので、お尻の痛みにも繋がります。

なのでここの神経が悪さをすれば、腰・お尻共に痛みを誘発しやすい箇所と言えますね。

 

 

もしここが悪さをしていると動画のように掴むだけで激痛かもしれません。

しっかりとほぐしていきましょうね!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :         

ケア 腰痛

【食べ過ぎ】暴飲暴食は腰痛の元になる!?

 


 

食べ過ぎるとお腹がパンパンに張りますよね。

それはお腹が苦しいだけじゃなくて、腰にも悪いって知っていましたか?

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

暴飲暴食とは、度を越して飲んだり食べたりすること。

これを繰り返し過ぎると腰にもよくありません。

 

 

先日、お昼に実家・夜に妻の実家と行ったことがあるんですが、ご馳走が出るんでずっと食べていました(笑)

そしたら夜にはお腹もパンパンですが、腰もだるく重くなっていたんです。

やっぱり食べ過ぎは腰には悪いなーと実際に感じたとこです。

 

 

ではなぜ腰も悪くなるのか?

食べ過ぎると胃が膨れますよね。

胃が膨れると周りの組織も圧迫されます。

 

 

その時にまず横隔膜という筋肉に影響が出ます。

横隔膜は呼吸で使う筋肉で肋骨を広げたりする役割があるんですね。

この機能が胃が膨れることで低下していくと、背骨の柔軟性が低下してきます。

背骨の柔軟性が低下すると、腰がその低下した分をカバーすることになり、腰への負担が急増します。

 

 

さらに胃の下にある腸には腰と直接関連する神経や筋肉が近くに存在します。

なので食べ過ぎて腸の働きもフル回転していると、腰にも影響がでるわけです。

 

 

という流れがあるので、暴飲暴食し過ぎると腰にも悪いんです。

 

 

まとめ

 

今回のブログをまとめると、

 

=====

暴飲暴食

胃が膨張する

横隔膜が影響を受け背骨の機能低下

腸もフル回転

腸には腰に直接つながる神経・筋肉があるので同時に影響を受ける

結果として腰が悪くなる

=====

 

って感じですかね。

さらに言えば、胃に食べ物などがたくさんはいることで、重心位置が必然的に変わることで腰にも負担が増えます。

なので暴飲暴食は程々にしておきましょうね。

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :        

腰痛

【腰痛改善】腰を揉むだけで腰痛は治るのか?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

腰を揉めば腰の痛みは治るんでしょうか?

結論から言うと【治りにくい】です。

 

 

もしあなたがマッサージ屋さんで

腰だけ揉んでいるのなら少しだけ聞いてください。

 

 

そもそもなんで腰が痛くなると思いますか?

「腰が痛いからです」

は、はい。そうですね。

 

 

まず腰が痛くなるのは、結果なんです。

つまり、何かしらの原因があって腰が痛くなっているということになります。

 

 

肩こりの例えがわかりやすいんで、肩こりで例えますと。

姿勢が悪いから肩がこると仮定します。

これでいえば、姿勢=原因、肩こり=結果というのが見えてきますね。

 

 

つまり、肩(結果)ばかり揉んでも原因(姿勢)にアプローチしていないんで、効果が薄いんです。

 

 

腰痛も同じ。

腰痛の場合も、腰よりも他の部位に原因があることが多いんです。

 

 

なので、腰が痛いから腰を揉むという安易な考えだけではなく、

腰が痛いからこそ原因を探すことを先に考えるべきなんです。

 

 

そして原因が見つかればそこを揉むか何かして改善していきます。

これが一番最速の腰痛改善です。

 

 

腰を揉むばかりの腰痛改善は遠回り。

中々治らないんならアプローチを変えてみましょうね。

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :     

腰痛

【腰痛ストレッチ】腰~お尻の痛みを解消する簡単な太もも前ストレッチ方法

 


 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今回はYouTubeに投稿し動画をご紹介!!

 

 

腰~お尻に掛けて痛みがある方は多いかと思いますが、そういう方の多くは、太もも前の筋肉が硬くなっているパターンが非常に多くみられます。

 

 

今回は、改善の第一歩として有効なストレッチをご紹介致します。 無理のない範囲で、やってみてくださいね。

 

 

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :      

腰痛

1 2 3 7