広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

高齢者の腰が曲がって見える理由は腰ではない

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

高齢者の腰の動き

腰ってそもそもが動かない部分なんですよね。

 

肩みたいには動かないですよね(^^;

 

実際に、前屈したり捻ったりしたときに腰が動いているように見えますが、他の関節のおかげで動いているんです。

 

逆を言えば、腰の周りの関節が動かないと腰は動かないってことです。

 

まぁここは今回詳しくは言いませんが、高齢者の腰の動きをみていきます。

 

 

高齢者の腰

 

高齢者の多くは、腰が曲がった感じに見えると思います。

 

でも実は、腰はそんなに大きく曲がっていないんです。

 

逆に腰を曲げることが苦手だったりするんです。

 

「えっ!?そんなことある?」

 

と思われるかもしれませんが、苦手なんです。

 

「じゃあなんで、腰曲がってるの?」

 

と思われましたか?

 

曲がっている腰

 

曲がっているように見える腰の正体は違うところにあります。

 

それは、背中です。

 

「当たり前。わかってました」

 

と聞こえてきます(^^;

 

まぁ落ち着いてください。

 

背中なんです。

 

 

高齢者の方に座った状態で、「腰を丸くしてください」と言うと背中だけを丸くします。

※わかりやすく例えてます。

 

つまり、腰は動かしていないんですよね。

 

高齢者の猫背って、本当に字の通り背中が丸くなりやすいんです。

 

その結果、腰(骨盤)の動きも悪くなるってことですね。

 

背中はどちらかと言えば動きやすい部分です。

 

この部分が丸く固まることで動きにくくなり、そもそも動きにくい腰はもっと動きにくくなるということです。

 

最初に腰の動きについてお伝えしましたよね。

 

そこなんです。

 

腰は周りの関節たちに助けられているんですね。

 

腰の正体

 

結局なんなのかって話しですが、まとめます。

 

高齢者の「腰が曲がってきた」というのは本当は腰ではありません。

 

背中が丸くなって、腰を動かしにくくなっている状態。

 

というわけですね。

 

もっと言えば、背中だけじゃなくて股関節とかいろいろ要因はありますけどね。

 

なので、腰の丸まりを改善しようと腰だけを動かしては意味がないんです。

 

背中や股関節などを動かすことによってより改善しやすいんです。

 

全身しっかり動かしていきましょうね(^^)

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :      

トレーニング 腰痛

腰って大切なところですって話し。膝や肩の痛みなどにも関連してるよね。 322

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰ってやっぱり大切

 

今日は、

治療家さんたちと

少しお話しする時間がありました。

 

色々な症状とかの

お話しがたくさんでてきたんですが

そこであったのが

 

「どの症状にも“腰”って関連するよね」

 

ってことでした。

 

膝が悪い方も

肩が痛い方も

 

何かしら腰は関連しているのかもね。

 

例えば、膝痛。

 

 

膝の悪い方って、

 

腰を丸めたり、反ったりする動作

どちらかに不具合が起きていることが

多々あります。

 

不具合の起きている腰の動きを

改善してあげるだけでも

膝痛が減ったりすることもあります。

 

肩の痛みだって、

 

腰と背中の筋肉の関係性によって

痛みが出ている場合もあります。

 

その関係性を悪い状態から

いい状態にもっていけば

肩の痛みが減ったりすることもあります。

 

100%腰が原因ってわけではないですが、

少なからず腰の要素も入ってくるよね。

 

って話しで今日は盛り上がりました。

 

 

色んな治療家さん目線で話していて

改めて、

 

「腰って大切だなー」

 

って僕は感じました。

 

でもその分、

腰って使い過ぎたりして

痛みの出やすい場所であることに

違いありません。

 

日頃から

腰を大切にしてあげることも

今からは必要なのかもしれませんね。

 

腰って、

年を重ねていくと

丸くなりやすくなってきます。

 

 

それに今の社会って

座る時間が多いですよね。

 

それが余計に腰を

丸まりやすくしてしまっているんですよね。

 

座る時間を減らすこと

ひとつの方法かもしれませんね。

 

 

そうなると

逆の動き(腰を反る)が

難しくなってきます。

 

そのせいで

全身のバランスって

崩れていくんだと僕は思います。

 

結果、それが腰痛以外に

膝痛・肩痛などとして

でてくるんじゃないかなーっと。

 

バランスが崩れていくことで

 

必要な筋肉が落ちたり、、

関節が動かしにくくなったり、、

 

悪化すれば

手遅れなんてこともあり得ますよね。

 

病院に行ってお医者さんから

 

「もう手術しか選択肢はありません」

 

なんて言われたらショックですよ。

 

そうならないため

さっきも言ったように今からでも

 

腰を大切に!

 

してあげてくださいね。

 

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :     

ケア

掃除のとき、家具を動かそうとすると腰が痛い!2つのポイントを抑えるだけで腰の痛みはなくなる 321

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

掃除のとき腰が痛い

 

家の中で腰が痛くなることの代表と言えば、

掃除ですよね。

 

拭き掃除とか

掃除機とか

 

長い時間、中腰の姿勢が続きますもんね。

 

腰が疲れて痛くなるって感じです。

 

終わった後は、

腰をトントンしたくなりますよね。

 

 

先日のお客様の中で、

 

「掃除するときに机とか移動させる時がつらい」

 

とご相談を受けました。

 

「なるほどー。そのときか」

 

と僕は思ったわけです。

 

確かにしっかり掃除しようと思ったら

机とかソファーとか少しだけ

移動させたりしますよね。

 

 

このときに

力を入れるんで

腰に負担が掛かるってことでした。

 

掃除をしていたら

そんなことないですか?

 

男性であればまだ力があるんで

いいかもしれませんが、

 

女性の場合は、

男性に比べれば力は弱いんで

余計にしんどいかと思います。

 

 

それに、

年齢を重ねていけば男女関係なく

力が落ちるのは仕方ないことです。

 

そこで

力任せに移動させる

腰に負担が掛かるんですよね。

 

実はこれには腰の負担を減らす

ちょっとしたポイントがあるんです。

 

そこさえわかっていれば女性でも

腰の負担は一気に減るはずですよ。

 

家具の移動の仕方

 

 

本当にちょっとしたことです。

 

一つ目、

 

『家具とカラダを離さない』

 

ね。簡単ですよね。

 

家具を移動させる時って

 

持ち上げる・押す・引く

のどれかだと思うんですが

どれにも言えることです。

 

力が入りやすいところで

考えてもらえば

わかりやすいと思うんですが、

 

物を持ち上げるとしたときに

 

カラダから近い方

   と

カラダから遠い方

 

どちらの方が力入りやすいですか?

 

恐らく、

カラダから近い方が

一番力が入ると思います。

 

ということはですよ、

重たい物を移動させる時も

同じことが言えます。

 

力が入りやすい

カラダの近さで移動させた方が

腰への負担は減るんです。

 

だいたい押したりするときって

徐々にカラダから家具が離れていきますよね。

 

離れていけばいくほど

腰へ負担が掛かっているんです。

 

だからカラダから近くする。

 

さらに言えば、

少し動いたらカラダも一緒に

移動させることです。

 

家具との距離感は一切変えない方がいいですよ。

 

時間が掛かるかもしれませんが、

腰のためにはその方がいいです。

 

二つ目は、

 

『足は使う』

 

基本と言えば基本ですが

できていない方って多いんです。

 

 

例えば、押すとき

この時は足を前後させ

押します。

 

持つときは、

膝と股関節もしっかり曲げる。

 

これだけです。

 

足を使わずに

上半身だけで

移動させるから

 

腰に負担が掛かるんですよ。

 

この2つのポイントを

抑えておくだけで

 

掃除のときの負担は減るはずです。

 

実際にお客様にやってもらいましたが

 

「腰に全く負担が掛からない」

 

と言われていましたよ。

 

あなたもやってみてくださいね。

 

日常生活での腰への負担は

なんでもポイントを抑えるだけで

すごい変わります。

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :      

ケア

猫背vs反り腰。どっちの方が腰に負担が掛かりやすいの? 320

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

猫背vs反り腰。どっちが腰に負担が掛かる?

 

どの姿勢が腰に負担が

掛かりやすいと思いますか?

 

大きくわけて考えてみましょう。

 

①猫背

②反り腰

 

腰の姿勢と言えば

この2つですよね。

 

一体どっちが負担掛かるんでしょう?

 

腰への負担

 

ちなみに腰って5つの骨からなります。

 

この骨の間に腰の負担を減らすために

クッションの役割をする

ゼリー状のものがあります。

 

このゼリーが壊れると

ヘルニアになったりします。

 

 

今回の負担っていうのは、

このゼリーにも負担が掛かるということです。

 

つまり、どちらかの姿勢でいれば

ヘルニアの可能性も上がってきますよ

ってことです。

 

嫌ですよね。ヘルニア。

痛いですもんね。

 

そうならないためにも

姿勢にも気を付けたいことですね。

 

もちろん、

筋肉にも負担が大きく掛かりますよ。

 

で、どっちなの?

 

それは、

 

猫背

 

です。

 

 

『そうだと思ってました』

と聞こえてきますが、

聞こえないふりをしておきます。

 

やっぱり猫背の場合、

腰への負担も増えます。

 

実は、猫背には

 

頭タイプ

腰タイプ

 

猫背があります。

 

これは、

どっちも腰に負担が掛かります。

 

※写真左は頭タイプです。

 

簡単に言うと、

 

頭タイプは、

頭が前にでている猫背のこと。

 

腰タイプは、

腰のとこから丸くなっていること。

(※腰タイプも頭も少し前に出ています)

 

ちなみに、

頭タイプの方は

背中から腰にきます。

 

腰タイプの方は

腰にそのまま負担が掛かり

動き(前にかがんだり)も悪くなります。

 

融合タイプも

多くいらっしゃいますよ。

 

さらに言えば、どちらも

座っている時の姿勢は

もっと丸くなりますよね。

 

 

また、腰タイプの猫背の方は

かがむことが苦手なので

 

荷物を持ち上げる時なども

負担が大きくなります。

 

今回は2つのパターンについて

詳しくは書きませんが、

ざっくりこんな感じです。

 

伝わりますかね?

 

書いてたら

言いたいことどんどん出てきて

どうやってわかりやすく書くか悩むんですよね。

 

うーーん。

 

まぁ僕のこんな悩みは置いといて。

 

要するに、

猫背だとタイプによって異なりますが

反り腰よりも腰に負担が掛かるんですよ。

 

普段から姿勢にも気を付けてあげたいですよね。

 

あなたの姿勢大丈夫ですか?

 

あっ、これはあくまで

猫背と反り腰を比較した場合ですからね。

 

反り腰は負担が掛からないんだー

ってことじゃないですよ。

 

反り腰も負担が掛かりますからね。

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :     

トレーニング

年齢とともに丸くなる腰(背中)。改善しないと歩けなくなりますよ。 318

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

年齢とともに腰も丸くなる

 

『昔は、真っすぐだったけどな、、』

 

『もっとシャキッとしていたけどな、、』

 

周りの方でいませんか?

 

あなたももしかして

丸くなり始めていますか?

 

なぜ丸くなるの?

 

原因はたくさんあります。

 

そのうちのひとつとして、

 

筋力の低下

 

があります。

 

 

「何回も聞いたことあるよ!」

 

と思われたかもしれませんが

それを正しく理解していますか?

 

もしくは

理解して実行していますか?

 

ここがとても大切なんですよ。

 

聞いてくださいね。

読んでくださいね。

 

丸くなると何がいけないの?

 

一般的に腰が丸いと

腰への負担が増えると言われています。

 

腰の負担を減らす(クッションの)役割がある

椎間板というところが

負担が増えるんですよ。

 

ここに負担が大きくかかれば

 

椎間板ヘルニア

 

になったりしますよね。

 

 

なので、

極力腰の丸くなり過ぎは

注意された方が腰のためでもありますよ。

 

また、丸くなり過ぎると

腰の動きが狭くなるんで

 

かがんだり・反ったり

 

することが難しくなります。

 

もしくは、その動きの時に

痛みが出やすくなるんですよ。

 

腰を反る時がわかりやすいと思うんですが、

 

腰を反る時って

腰は丸くなってないですよね?

 

逆の動きになりますよね?

 

丸くなったままだと

反る動きが難しくなるっていうのは

想像できますね。

 

他の動きも同じで

腰が丸くなってるだけで

全体の動きも悪くなるんですよ。

 

腰が丸いと出やすい痛み

 

腰が丸くなっている方は、

腰~背中がとても疲れやすくなっています。

 

そして痛みが出やすい動きがあって

それは、

 

歩くこと

 

です。

 

 

歩いたあと、

 

「腰が痛いな、疲れるな」

 

など毎回感じているんであれば

腰が丸くなっているかもしれません。

 

また疲れを感じるのも

 

腰の血流が悪くなっている

 

ってこともあります。

 

腰が丸くなるだけで

 

血流も悪くなって疲れやすくなり

痛みも感じてしまうってことになります。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

丸い方はどうすればいいの?

 

ここまで読んで

 

「私そうかも、、、」

 

と思われた方もいるかもしれません。

 

でも大丈夫ですよ。

 

腰自体がひどく変形していない限り

いい方向にはなると僕は思っています。

 

 

で、改善のやり方はたくさんあります。

 

もちろん症状(丸まり具合)によって

トレーニングの順番も変えないといけないです。

 

なので、今からご紹介する

とっても簡単なトレーニングも様子を見ながら

おこなってくださいね。

 

では、ご紹介します。

 

めちゃくちゃ簡単ですよ。

 

まずは、

 

①椅子など座ります。

 

②そのまま腰を真っすぐします。

 

➂その姿勢をキープします。

 

たったこれだけです。

 

簡単ですよね?

 

でも腰が丸くなっている方って

これだけでもきついんです。

 

まずは、ここから始めてみてはどうですか?

 

丸まりが減ってきたら・・

 

腰の丸まりが減ってきたら

次のステップへ入りましょう!

 

腰はカラダの真ん中にあります。

 

上半身と下半身を繋げていますよね。

 

そうです。

 

次は、

上半身と下半身を動かしていくんです。

 

 

丸まり具合が減ったんだったら

腰だけでは不十分ですよ。

 

全身をうまく動かす必要があります。

 

いつまでも若々しく

腰に痛みのないカラダにしていきましょうね。

 

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :      

トレーニング

椅子から立つときに腰が痛い!からと言って『正しい姿勢』してませんか?それ間違ってますよ。 309

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

椅子から立つときに腰が痛い

 

腰って動き始めに

痛む方って結構いるんですよね。

 

常に痛いよりも

何か動く時に痛い

ってことないですか?

 

僕も長時間同じ姿勢を続けていれば

次に動こうとすると

 

 

『痛いなー重いなー』

 

 

と感じることもあります。

 

ただ毎回というわけではないです。

 

僕の場合、

そういう時ってだいたい

カラダが疲れているとき

多いと感じています。

 

 

それか、最近カラダを

動かすことをさぼっている時です。

 

 

動き始めに腰が痛む場合、

このどちらか2パターンが

僕のカラダの体感では多いです。

 

あなたはどうですか?

そんなこと関係なく痛いですか?

 

 

痛むとき、自分自身の

カラダのコンディション

把握しておくのも大切なことですよ。

 

自分のカラダって

こういう時に痛みが出ること

多いんだなーって知っていれば

対策もできたりするもんですよね。

 

実際にお客様の中にも

 

 

『○○の時は痛みが出やすい』

 

 

とご自身で理解している方もいます。

 

こういうお客様の場合、ご本人が

 

 

『○○だから痛みでてきた』

 

 

と、僕に痛みの原因を教えてくれます。

 

 

これ把握しておくと原因が

自分でわかるので

カラダの目安・基準になったりもします。

 

原因が自分でわかっていれば

無理をしたりするのもやめたり

休憩したりすると思います。

 

なんか本題から少しズレた

話しになってしまいましたが

 

 

自分自身を知っておく

 

 

というのも大切にしていきましょうね。

 

じゃあ、本題に戻りますが、

 

 

椅子から立ち上がる時、腰が痛い

 

 

ということでしたね。

 

原因は色々あります。

 

例えば、ネットなどで検索すれば

 

 

《姿勢をよくして座りましょう!》

 

 

 

 

・背筋を伸ばして

・目線は前で

 

 

みたいなことたくさんありません?

 

めちゃくちゃ多いですよ。

調べてみてください。

 

いい姿勢とやらが

たくさん書いてありますから。

 

でもこれって僕の意見では

 

 

やってはいけない姿勢

 

 

です。

 

余計に腰痛くなりますよ。

ついでに、背中も痛くなります。

ついでに、肩も首も凝ります。

 

どっちかと言えば

悪い姿勢です。

 

 

別にネットにたくさんでている

『正しい座り方』は間違ってないです。

 

 

一般的には。

 

 

この話は

僕が主催している勉強会でも

お伝えしていますが

みなさん驚かれます。

 

 

=====

 

あ、1月30日(水)にそれやります。

ご興味あれば是非ご参加ください。

※詳細※

 

=====

 

話しは戻りますが、

ネットで溢れている『正しい姿勢』は

カラダに負担がすごい掛かるんですよ。

 

腰の痛みで悩んでいる方は

極力『正しい姿勢』はしない方がいいです。

 

常に無理に力が入るので

カラダは硬直状態です。

 

そうなればカラダは

どうなるかわかりますよね?

 

そうじゃなくて僕的には

無理に力を入れるよりも

 

 

脱力

 

 

することをおススメしています。

 

 

写真までしなくていいですが。笑

 

力を抜くことをカラダに覚えさせて

それで座った方がいいんです。

 

 

『じゃあそのためには何をすればいいの?』

 

 

ってことですが、簡単です。

 

力を抜くんです。

 

『いや、わかりません』

 

と聞こえてきますが、

ある関節が大切になってきます。

 

その関節とは、、、

 

 

股関節

 

 

です。

 

股関節の『捻る』という動き。

ここがポイントになります。

 

例えば、

 

足裏全体を床につけて

椅子に座ったまま股関節を

内、外と閉じたり開いたりしてみてください。

 

その時、肩に力が入ってませんか?

背中に力が入ってませんか?

 

できれば

肩や背中は力を抜きましょう。

 

股関節だけを動かしましょう。

 

つまりですね、何が言いたいかというと

 

 

股関節だけを動かせますか?

 

 

ということです。

 

もしくは

 

 

股関節だけを日頃から

上手に捻っていますか?

 

 

ということです。

 

ここを動かせるかどうかが

椅子から立ち上がる時の腰の痛みに

繋がってきます。

 

どうでした?

股関節だけ動かせますか?

 

無理に力が入ってないですか?

 

難しい方はこんな

トレーニングもありますので

ゆっくり試してみてください。

 

 

 

 

動画は分かりやすいように

上半身を起こしていますが

仰向けで寝てやってもいいですからね。

 

椅子から立ち上がる時に腰が痛い方は

股関節の動きがとても悪い場合が多いです。

 

この辺りのチェックも忘れないように(^^)

 

 

『正しい座り方』には注意してくださいね。

 

 

逆に痛めるかもしれませんからね。

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :      

ケア

立ち仕事で腰の痛みが辛いんです。2つの解決ポイントをおさえて、その痛みを減らして仕事への活力へ!! 304

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

新たにスタート

 

2019年になり

早くも10日が経とうとしていますね。

 

新年に決めた目標に向け

少しは動いていますか?

 

新年早々

新たにトレーニングをスタートされた

お客様がいらっしゃいます。

 

『立ち仕事で腰への負担が大きくて

仕事中ずっと腰を気にしてしまう』

 

というお悩みでした。

 

さらには

 

『慢性的な肩こりも続いていて、、』

 

とのこと。

 

立ち仕事の場合、

腰などへの負担もありますよね。

 

僕も立ち仕事の経験がありますが

『座りたい!』という思いがすごかったですよ。

 

僕の場合

もう足が疲れちゃって、、、

 

ON・OFFが肉体的に

できないって感じです。

 

 

まぁそんな感じで

立ち仕事ってカラダは疲れやすいですね。

 

そんなお悩みの方が

1月からすぐにスタート!

 

『腰を軽くして仕事頑張る!』

 

という前向きさ。

 

僕もその前向きさ勉強になります。

 

2019年は腰の痛みも減って

仕事に専念してもらえるよう

しっかりサポートしていきますね。

 

よろしくお願いいたします。

 

立ち仕事の支障

 

立ち仕事の多い方って

腰の痛みを抱えている方多いです。

 

 

そういう方って

前太ももの筋肉がパンパンってことが

多いんですよ。

 

正確に言うと

前太ももの少し外側。

 

とにかく前がパンパンです。

 

そして

お尻の筋肉が使えていない。

 

この2つが

僕の今まで見た中で、特徴的です。

 

単純に考えたら

 

・前の太ももをほぐす

・お尻を鍛える

 

でいいと思います。

 

パンパンにはっている

太ももをほぐすだけでも

結構、腰も軽くなったりします。

 

で、ほぐした後は

お尻をトレーニングって流れです。

 

今回詳しいやり方はご紹介しませんが

 

自宅で何かしら実践したい場合

この2つをおさえておけば変化はでます。

 

ぜひ試してみてください。

 

僕とのトレーニングの場合は

もう少し細かくやって

痛みを繰り返しにくいようにしていきます。

 

 

自宅でやってもいまいちって方は

僕にお任せくださいね。

 

あなたも2019年

痛みのないカラダにしていきましょうね!

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :     

トレーニング

寒い季節(冬)、カラダをいきなり動かすと腰など痛くなる。この寒さの中の解決方法はこれです。 298

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

寒くなると腰も痛くなる!?

 

なんか以前も書いたような気が

しないでもないですが

 

雪も降り始めたので

改めて書きたいと思います。

 

冬になるにつれて

寒さが身に沁みますよね。

 

僕も布団が恋しいし

こたつから抜け出せれません。

 

 

そしてこの季節、

腰の痛みもちらほらと

聞くようになります。

 

寒い中、

なにか作業をしたら痛くなった。

 

寒い中、

買い物してたら腰に響いた。

 

など色々と聞きます。

周りでも聞きますよね?

 

『寒くなってきて腰も痛くなる』

 

って話し。

 

寒さ=痛み?

 

 

世間では

『寒い=カラダの痛み』

ってイメージありますよね。

 

・寒いと関節が痛くなる

・腰が痛くなる

 

って感じで。

 

確かに寒さは身に沁みます。

 

それに外的要因(寒さ)で

いつもよりかは筋肉や関節は

縮こまるかと思います。

 

さらに血圧も上がり

血流も悪いかもしれません。

 

だからこそ

僕は積極的に動かすべきだと思います。

 

『動かそう!』

 

としか確か以前のブログでは

書いていなかったように思います。

 

違うかな?

 

今回は

動かす内容を付け加えようと思います。

 

いきなり動かす?

 

 

動かせって言うから

おもいっきり動かした!

 

そしたら痛くなりました。。。

 

では、いけませんよね。

 

外的要因(寒さ)で

カラダが固まっているのであれば

 

まずは、

 

ウォーミングアップ

 

が必要になります。

 

僕は野球をやっていました。

(今はソフトをやってます)

 

 

冬の雪が降る中でも

練習や試合をたくさんしました。

 

でもその時にいきなり

おもいっきり投げたりはしません。

 

まずは、カラダを温めるために

 

ジョギング~ストレッチ~体操

 

みたいな流れがあり

 

そこから

軽~~く投げ始めます。

 

カラダが温まってくれば

徐々にペースを上げていくって感じです。

 

これがウォーミングアップです。

 

 

年齢を重ね

筋肉や関節自体が動きにくくなっているのに

いきなり動かしたらどうなると思いますか?

 

痛み・怪我のリスクは高まりますよね。

 

だからこそ

そのリスクを下げるためにも

ウォーミングアップが必要なんです。

 

ウォーキングから入るのもいいし

家でストレッチをするのもいいし

 

あなたに合っていればなんでもいいんです。

 

ただひとつポイントがあり

それぞれゆっくり始めることです。

 

この『ゆっくり』がポイントになりますよ!

 

ゆっくりだけでは不十分?

 

 

ここで知ってほしいのが

 

ゆっくりだけではダメ

 

ということです。

 

なぜダメかというと

ここでいうゆっくりは

 

ウォーミングアップ

 

だからです。

 

ここから

 

『カラダを動かし始めるよ!』

 

というサインを自分自身のカラダに

送ってあげている段階なのです。

 

このあとに

なにかしら別の運動(トレーニング)を

取り入れて

 

筋肉に刺激を入れたり

関節を強くしたりする

 

ことが大切になります。

 

ゆっくりだけ(ウォーミングアップだけ)ではカラダが

それに慣れてしまいます。

 

慣れるということは

筋肉は残念ながら成長はしません。

(運動の仕方によります)

 

そのあと!!

 

が大切なんですよ。

 

ウォーミングアップは準備です。

 

そこからが本番です。

 

これは年齢関係ありません。

 

僕は80歳を超えるお客様にも

ストレッチ(ウォーミングアップ)などをしてから

トレーニングに入ります。

 

この方が

トレーニングの効率もいいんですよ。

 

『もう年だから無理できない』

 

ではなく

 

『もう少し頑張ろうかな』

 

ぐらいの気持ちがいいかもしれません(^^)

 

今やられている運動に

 

プラス

 

何か取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

そうするだけで

カラダは確実に変わっていき

痛みもなくなりますよ。

 

ウォーミングアップで終わらないでね。

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :        

トレーニング

腰の痛みが続くと副腎(内臓)も疲れる!?年末年始に備えてやっておきたいこと 296

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

痛みが続けば内臓も疲労する!?

 

腰などカラダに痛みが

慢性的に続いていませんか?

 

その痛みって続くと

内臓も疲れていくんですよ。

 

痛みで内臓が疲れていく!?

 

と思われたかもしれませんが

今回は少し内臓についても

書いていこうと思います。

 

それにこの年末年始に掛けて

お酒や食事がいつも以上に

多くなると思います。

 

それも合わさることで

余計に内臓は疲れていきます。

 

内臓疲労から

腰などの痛みも改善しましょう!

 

どこ!?

 

では、内臓、内臓と言っていますが

どの部位を言っているかというと

 

副腎です。

 

 

副腎は、

腎臓の上にあります。

 

写真で言えば、オレンジ色の部分です。

 

この副腎には

カラダにストレスを感じた時にでる

ホルモンがあります。

 

それが

 

コルチゾール

 

というホルモンです。

 

俗にいう

抗ストレスホルモンです。

 

これがストレスを感じた時に分泌され

ストレスと戦ってくれるわけです。

 

もちろん

ストレスを抑えるために

 

血圧が上がったり

心拍数が上がったりと

カラダも反応します。

 

そうして

ストレスと戦ってくれているわけです。

 

痛みとの関係

 

 

先程も言ったように

副腎はストレスと戦う臓器です。

 

では、痛みはどうですか?

 

そう、

カラダの痛みというのは

ストレスですよね。

 

この痛みが続けば

副腎からはストレスと戦うために

ホルモンがずっと分泌され続けます。

 

普段出さなくてもいいホルモンを

ずっと出していれば

副腎はどうなると思いますか?

 

当然、疲れますよね。

 

これが痛みと副腎の疲れの関係性です。

 

この副腎が疲れ切ると

自律神経にも影響を与え

イライラしたり不安になりやすくなります。

 

痛みが慢性的に続いている方は

痛みに加えて、

 

イライラ・不安

 

が大きく募っていきますよね。

 

副腎も少なからず影響を与えていたんですね。

 

さらに

そのイライラや不安を解消するために

コーヒーを飲んで落ち着こうとしたり

している方も多いと思います。

 

 

実は、コーヒーも飲み過ぎると

カフェインの影響で

副腎を強制的に働かせてしまします。

 

つまり、

ホルモンをバンバン出させるわけです。

 

落ち着かせるつもりが

副腎は余計に疲れてしまっているんです。

 

逆効果で、

『ガーーーン』って感じですよね。

 

飲むのであれば

カフェインは避けたいところですね。

 

コーヒーも飲みすぎ注意です。

 

 

エナジードリンクはもっと

カフェインが強いので

コーヒーよりも避けた方がいいと僕は思います。

 

副腎もカラダも積極的に休ませること

 

カラダも副腎も両方ともに

お疲れの方も多いと思います。

 

腰の痛みなど慢性的に

続いている方は尚更です。

 

さらに言えば

お仕事のなどのプレッシャーが強いなど

忙しい方も副腎はお疲れちゃんです。

 

どちらにも休ませることが大切になってきます。

 

副腎で言えば

 

・精神的なストレスを避ける

・カフェイン、アルコールを控える

・糖質を食べ過ぎない

 

など食べ物などで

休ませることが可能です。

 

飲みすぎ・取り過ぎの場合は

 

・水分をしっかりと摂る

 

ということも大切です。

 

カフェイン取り過ぎている方は

3日ほどカフェインを控えるだけで

目覚めまでスッキリしますよ。

 

寝起きが辛い方は

副腎が疲れている可能性高いですからね。

 

 

次に、

カラダ面で言えば

 

・軽い運動を取り入れる(歩くなど)

・たまにはゴロゴロする日を作る

・負荷が掛かるトレーニングをする

 

などカラダを動かす日、

もしくは

動かさない日も作ることです。

 

このバランスもとても大切です。

 

カラダを動かしましょうは

当たり前だと思いますが

 

普段忙しくバタバタされている方は

積極的に休むことも大切になります。

 

ただ、ゴロゴロだけではなく

お買い物に行ったりなど

気持ちがリフレッシュすることもしましょうね。

 

そうするとより効果的です。

 

副腎から痛みを減らす

 

さて今回は

 

副腎

 

についてお話ししました。

 

痛みが続いている方は

ストレスだけではなくて

 

痛み止め

 

などの薬を服用している方も

多いと思います。

 

薬はその時の痛みには対応するかもしれませんが

カラダには確実に負担が掛かっています。

 

 

そうなれば

痛みを取るどころか

余計に痛みを増幅させてしまう

可能性もあります。

 

そうなる前に

自分のカラダは自分で

対応することが大切になります。

 

結局、痛みが続く場合は

 

習慣

 

が原因です。

 

この習慣が変わらなければ

痛みってずっと続きます。

 

痛みを少しでも

減らすためにも

 

習慣を変えてみましょう!

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :          

ケア トレーニング

腰の痛みが減ってくると、痛みがなくなる以外にもいいことがたくさん待っているんですよ 293

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

解放されること

 

『何か最近明るくなってきましたね』

 

僕がお客様に掛けた言葉です。

 

なんか表情が明るいんですよねー。

 

気になったので

何があったのか聞いてみました。

 

『やりたいことが少しずつやれるようになってきたんですよ』

 

とのこと。

 

実は、

腰の痛みで色々と最初は制限があったんですよね。

 

でもその痛みが減っていく中で

色々と痛み以外にも制限が外れていきたらしいんですよ。

 

それは

家族のことだったり、友達のことだったりと

 

話を聞いていくと

痛み以外にも影響が出ているらしいんです。

 

『縛られていたものに解放されていってますね』

 

と僕が言うと

 

『まさにそれ!!』

 

と、喜んでおられました。

 

痛みが減っていく過程で

周りにもいい影響がでてきているんですよね。

 

とてもいいことだと

僕は思っています。

 

それに

これが僕がやりたいことなんだなー

と実感しました。

 

痛みを取るだけで終わらせたくない!

 

なんて思ってます。

 

その先や周りもきっと

変わるんだと僕は信じています。

 

それが僕の使命なのかなー。

 

今、

目の前に僕を頼ってきてくださる

お客様の為に全力で!!

 

 

 

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :   

メンタル