【習慣】運動を続けることでで変わる未来とは? | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【習慣】運動を続けることでで変わる未来とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

今や運動量が減り、筋肉量も全体的に低下しつつある現代において、運動というのは一生のテーマなのかもしれません。

 

ですがこの中でも、運動に取り組む方と取り組まない方がいます。この差は将来どのような影響を及ぼすのでしょうか?

 

「自分自身が体を悪くしてから、初めて運動の大切さを身に染みて感じています」70代女性の感想です。

 

運動の影響

 

デスクワークなどが普及している今、運動率は明らかに低下しています。

それらの影響もあるのか近年では、ジムが増えたり、オンラインレッスンなどが増え、運動をする“場”が増えていますよね。

 

そして冒頭でもお話ししましたが、運動する方・しない方の2グループに分かれます。こ

のグループの差は将来的に考え、僕は非常に大きな差になると思っています。

 

まず筋肉量ですが、これはご存知の通り加齢とともに低下していきます。

そして筋肉量が落ちていくことで、ロコモ・サルコペニア・要介護・要支援となっていく可能性がふえていくわけです。

 

さらに、腰痛や膝痛など体の痛みに関しても筋肉量は関与していますから、痛みも必然的に増えていくでしょう。

 

このように筋肉量の低下だけでも、デメリットは多いわけです。

逆にメリットは?と言われると、特にないのがまずいところです・・・。

 

そして加齢とともに減少していく筋肉量ですが、これは運動している・していないで大きな差になってきます。

筋肉量が減少していく過程を止めることは、現代において不可能なんですが、その過程を弱めることは可能とされています。

 

その方法こそが『運動』なんです。

なので、運動をしなければどんどん筋肉量は面白いように落ちていきます。

 

逆に運動を定期的にしていれば、落ちはするものの、ある程度低下する低下率を抑えられるってことです。

 

心理的成長の影響

 

 

筋肉量とは少し違うんですが、ここで成長率も見ていきます。

これはあくまで科学的データではなく、心理的数値ですのでご了承ください。

 

例えばとある1年間、運動している方(成長組)・していない方(現状維持組)の2グループに分けます。

 

成長組は毎日コツコツ積み上げていくことで、毎日プラス1%の成長ができました。

逆に現状維持組は、毎日マイナス1%の成長でした。この差は1年後どうなっていると思いますか?

 

=====
1260倍
=====

 

にもなっているんです。

つまり1年間コツコツと運動に取り組まれている方とそうでない方の差は1260倍もついてしまったということになります。

 

別に筋肉量とかの話しではなく、あくまで心理的数値になってしまいましたが、この差は確実に生まれていくと僕は思っています。

 

まとめ

 

 

結局何が言いたいかといいますと、

 

=====
毎日コツコツ運動を続けることで、健康な体で過ごせます
=====

 

ということです。

死ぬまで自分の足で歩き、誰にも介護されず、迷惑かけずに過ごしたくないですか?

僕はそう思いますし、僕の周りの方々(お客さんなど)はそう思っています。

 

これを読んでいるあなたも今から、今日から運動を始めませんか?

 

何でもいいんです。

少しづつコツコツ続けられることから始めてみてください。

1年後にあなたの体は1260倍も変わっていますから。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

トレーニング

この記事に関連する記事一覧