【膝痛】膝の内側が痛くなる原因は筋肉の癒着!? | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【膝痛】膝の内側が痛くなる原因は筋肉の癒着!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日、グループレッスンに参加されている女性の方から「病院では変形性膝関節症(ステージ4)と診断され、正座すると膝の内側が痛むんです」とご相談を頂きました。

 

結論から言うと、この方の症状は筋肉の癒着による要因が大きく、癒着部位を10秒ほどほぐすだけで正座による痛みは消失。

 

「凄い楽になった!凄い!!」

 

と喜んでおられましたが、こういう癒着は高頻度で起きます。

そして変形性膝関節症の方ほど、起きやすい癒着なんですよね。

 

今回はこの方を例に、膝の内側が痛い方に共通する、筋肉の癒着について解説していきますね。

 

膝の筋肉の癒着


 

ではどこの筋肉の癒着起きてしまうのか?と言うと、

 

=====
内側ハムストリングスと腓腹筋の癒着
=====

 

「筋肉で言われてもわかりません」となりますよね。

図で見てイメージしてみてください。

この図は右足を後ろから見た図です。

なので内側は左側となります。

 

そして《内側ハムストリングス/腓腹筋》の癒着ポイントはどこか?と言うと、

 

赤丸で印した部位になります。上から伸びている筋肉を《内側ハムストリングス》と言い、下から伸びている筋肉を《腓腹筋》と言います。

 

そしてこれらの筋肉がクロス(交差)するポイントで癒着が頻発に発生するんです。

 

変形性膝関節症などで、膝の関節自体に捻じれや歪みが発生すると、ここの筋肉は存在自体が近いですから擦れて癒着が発生します。

癒着すると、筋肉同士の滑走性が低下し、痛みへと変わります。

 

癒着セルフケア

 

じゃあどうすればこの癒着を改善できるのか?これは手で剥いでいくしかありません。

 

やり方は筋肉の配置を多少理解しないといけないのですが、

 

=====
①膝を曲げた時、膝裏内側の筋みたいなものを確認(内側ハムストリングス)
②その筋を内方向に引っ張る
➂脛骨の内側上方辺りのプニプニした筋肉を確認(腓腹筋)
④その筋肉を外方向に引っ張る
⑤内と外に引っ張りながらゆっくり膝の曲げ伸ばし行う
=====

 

以上になります。

うーーん、文章では少し難しいですね。

今度YouTubeの方で動画にして解説しますね。

 

即効性のあるセルフケアですので、わかる方は試してみてくださいね。

わからなかった方、ごめんなさい。

近々動画で解説させてもらいます。

 

まとめ

 

膝の内側が痛む。その場合は、

 

=====
内側ハムストリングスと腓腹筋の癒着
=====

 

を疑いましょう!!

そしてこれらの筋肉の癒着を剥がすようにセルフケアしていくと、すぐに楽になっていきますよ。

お試しあれ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

膝痛

この記事に関連する記事一覧