【腰痛】お腹を膨らませることができない人が続出中? | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【腰痛】お腹を膨らませることができない人が続出中?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「ドローイン」この言葉を聞いたことがある方は多いと思います。

ご存知の通り、ドローインはお腹を凹ます動きのことを言いますよね。

 

ですが逆に、「ブレイシング」という言葉は聞いたことがありますか?

これはお腹を膨らます動きのことを言い、ドローインとは逆の動きになります。

 

実はドローインよりもこのブレイシングができない方が多く、ドローインよりもブレイシングが重要だということをあなたは知っていましたか?

 

お腹が膨らまない方が続出

 

「脂肪でお腹は出ています」なんて言わないでくださいね(笑)

 

それとは別にブレイシングとは、自分の力でよりお腹を膨らませることを言います。

なので、脂肪でお腹が出ていようが出ていまいが関係ないんですよ。

 

ではなぜお腹が膨らませないのでしょうか?

実はこのお腹を膨らますという行為ができないのには理由があり、

 

=====
日頃からお腹の筋肉(腹横筋)を使えていない
=====

 

からなんです。(下記イラストの右端)

 

 

ここが使えないとお腹を凹ませることはできるのに、逆にお腹を膨らませることができなくなります。

しかも最悪なことに腹横筋が使えなくなると、腰痛にもなるんです!!

 

お腹が膨らまないと腰痛に!?

 

 

「お腹を膨らませない→腹横筋が使えない」ということはご理解頂けたと思います。

 

さらにこの腹横筋は、4つの筋肉と共同で働くので、「腹横筋が使えない=4つの筋肉全てが使いにくい状態である」とも言えます。

 

 

イラストでもわかるように、【腹横筋・多裂筋・横隔膜・骨盤底筋群】の4セットになります。

ここが働きにくくなることで、腰痛になるリスクが一気に増えます。

怖い怖い・・・。

 

なのでひとつの基準としても、「お腹を膨らませることができるのか?」はドローインよりも遥かに重要なんですよね。

 

まとめ

 

 

まずは自分のお腹を見ながら触りながら、膨らませているか?確認しましょう。

 

正常であれば、肋骨よりもお腹が上に出てくるはずです。

ですが、膨らませない方は肋骨と同じ高さか、もしくは肋骨よりも低いです。

 

腰痛にならない為にも、ブレイシングも意識していきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

腰痛

この記事に関連する記事一覧