【腰痛】基本的にかがみ方が間違っている!? | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【腰痛】基本的にかがみ方が間違っている!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

『前に屈んだ時に腰が痛い!』という方は、基本的にかがみ方が間違っています。

 

日常的に間違ったかがみ方をしているから、腰に負担が掛かり、腰が痛くなるんです。

 

もしかして、あなたも間違ったかがみ方してないですか?

 

かがみ方で変わる腰痛

 

じゃあ一体、どういうかがみ方ならいいのか?答えはシンプルです。

 

=====
鼠径部(股関節)から曲がっているかどうか?
=====

 

です。

腰が痛い方とそうでない方の差は、大きくここにあります。

 

=====
腰痛→腰から曲がっている
非腰痛→鼠径部(股関節)から曲がっている
=====

 

この図を見てみてください。

 

 

一番左(A)が正常な前屈。

そして腰痛の方が一番やっているかがみ方は、真ん中(B)です。

 

そして真ん中(B)の下記説明には、『過度な腰椎屈曲を伴う』と書かれていますが、これがめちゃくちゃ重要です。

 

腰椎の過度な屈曲は、ヘルニアを引き起こす原因となり、椎間板に極度のストレスを与えることになるんです!!

 

つまり、前にかがめばかがむ程、腰は過度なストレスを感じているということになり、結果として痛みを伴っていると言えます。

 

まとめ

 

 

もし前にかがんだ時に腰が痛いのなら、今一度、かがみ方を見直してみましょう。

 

もしかしたら、何気ないその動作が腰痛の原因かもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

この記事に関連する記事一覧