【腰痛】歩くと腰がだんだん痛くなる原因とは? | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【腰痛】歩くと腰がだんだん痛くなる原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「歩くと腰が痛くなるんです」というご質問を度々頂きます。

 

その中で多い原因が《股関節》です。

 

股関節のある動きが悪くなると、歩いた時の腰痛の原因になりますよ。

 

歩行と腰痛の関係

 

歩く時、股関節は前に後ろに振りますよね。

この動きが悪くなると、腰に負担が掛かり、腰痛になるんです。

その中でも

 

=====
股関節を後ろに振る動作(伸展)
=====

 

が非常に重要になってきます。

 

この動作ができなくなると、腰が股関節の動きをカバーしようと過度な伸展(反り)が繰り返し入ることになり、腰に反るストレスが溜まっていきます。

 

それが結果として、歩く時の腰痛へと繋がるんです。

 

歩行と猫背の関係

 

 

さらに猫背で歩くと、先程言った股関節の伸展動作はもっと制限されていきます。

 

想像したらわかりますよね。

丸まった背中の状態で、股関節を後ろに振るのは難しいです。

 

なので、股関節の伸展制限があり、さらに猫背で歩行していると、腰が痛くなる原因となります。

気を付けて下さいね~。

 

まとめ

 

 

まとめますと、

 

=====
股関節伸展制限+猫背は最悪で、腰痛が悪化してしまう
=====

 

ってことです。

ただ正直な話、それでも腰の痛みを感じてない方も中にはいらっしゃるわけで、一概に“それだけ”が原因とは言えないんですけどね。

あくまで確率です。

 

まぁそれでも腰痛になる確率は下げておきたいので、できるだけ今回の2つの要素は取り除いておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

腰痛

この記事に関連する記事一覧