【肩こり】なぜ筋肉が硬くなってしまうのか? | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【肩こり】なぜ筋肉が硬くなってしまうのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

なんで肩って凝るんでしょうね。

永遠のテーマなのかもしれません(笑)

 

ということで、なぜ肩周りの筋肉が硬くなるのか、原因を突き詰めていきたいと思います。

これを知っていれば、あなたの肩こりも解消できるかも!?

 

肩こりの原因

 

結論から先に言いますと、

 

=====
肩周り(肩が凝る場所)の筋肉が伸びているのが原因
=====

 

なんです。

「えっ!縮んでいるんじゃなくて、伸びているの!?」と思いませんでしたか?

 

そうなんですよ。

筋肉が縮むんじゃなくて伸びているから筋肉が硬くなり、肩が凝るんです。

 

筋肉の中にある『筋紡錘(きんぼうすい)』というものがあります。

 

その筋紡錘というは、伸びた筋肉を縮めようと働きます。

筋肉が伸び過ぎて切れないように反応する防御システムみたいなもんです。

 

 

このシステムが働けば働くほど、筋肉はどんどん緊張していき、硬くなっていくんです。

なので筋肉が伸びている時間が長いほど、筋肉は硬くなっていきます・・・。

 

筋肉が伸びる原因

 

 

圧倒的に多い原因は、『姿勢の悪さ』です。

 

デスクワーク・スマホ・猫背など頭が前に出れば出るほど、肩周りの筋肉は頭を支えるために、伸びながら耐えています。

 

さらにデスクワークなどで、筋肉が伸びた状態が長時間続けば、肩周りの筋肉は筋紡錘の働きによって、どんどんどんどん硬くなっていきます。

 

そして硬くなった筋肉は、血行不良になり、痛み物質が発生し、痛みを伴うことがしばしば・・・。

 

ストレッチは逆効果

 

 

伸びている筋肉をさらに伸ばしては逆効果になりかねません。

 

むしろ中途半端にストレッチする程度であれば、逆に肩周りを動かしてあげた方がいいと思います。

 

ですが、ストレッチもやり方によっては効果が出てきます。

 

先程も言ったように中途半端な伸びをせず、筋肉を限界まで伸ばしていくと、筋紡錘の働きが弱まり、肩こりも楽になっていくんです。

 

まとめ

 

 

中途半端にストレッチをするんではなく、ストレッチをする時はしっかりと伸ばしてあげましょう!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

姿勢 

この記事に関連する記事一覧