【腰痛】股関節が不安定だと腰の痛みに繋がる!? | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【腰痛】股関節が不安定だと腰の痛みに繋がる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

股関節は人体最大の関節かつ腰に近い関節ですから、股関節の不調は腰に影響が出ることが多々あります。

 

僕も過去に股関節を捻ってしまい、その後腰と股関節の痛みに悩まされていた時がありました。

しんどいですよね・・・。

 

股関節の不安定性

 

股関節は大きい反面、不安定性な面も隠れています。

骨盤と大腿骨がハマり、股関節と呼んでいますが、このハマり具合で不安定さが出てくるんです。

特に股関節の前面に。

 

 

これは股関節を上から見た図で、上が前方になります。

そして赤線を見て頂ければわかるように、前は関節部分が大きくむき出しになっており、後ろはしっかりとハマっているのがわかるかと思います。

 

さらにさらに、股関節を外旋(がに股)になると余計に不安定性は増していくことになります。

(※前面のむき出し部分が広がり、後方の関節面が狭くなりますからね)

 

 

逆に内旋(内股)になれば、不安定性は減り、安定性が増していきます。

(※外旋とは逆に、前面のむき出し部分が狭くなり、後方の関節面が広くなりますからね)

 

なので普段は、股関節前面付近にある筋肉などが、股関節の不安定要素をカバーしているんです。

 

不安定要素が強くなると、このカバーしている筋肉が過剰に働き出すので、股関節痛(鼠径部付近)に繋がることも多々ありますよ。

 

股関節と腰痛

 

 

そしてこの不安定要素は、腰痛にまで発展していきます。

このパターン非常に多いですから、あなたも気を付けてくださいね。

先程お話しした股関節の不安定要素を思い出してみてください。

 

=====
前面が不安定で、股関節が内旋すれば安定性が増す
=====

 

ここからが重要で、普段は筋肉などで股関節の安定性をカバーしていますが、何かしらの理由でカバーしきれないことが発生してしまいます。

 

そうすると、股関節を強制的に内旋し、股関節を安定させようとするんです。

人間の体って優秀ですよね。勝手に安定させようとするんですから。

 

さらに、ここから骨盤まで関与してきます。

股関節を内旋させるだけでは不十分の場合、今度は骨盤を前傾させ、股関節の安定性を出そうとするんです。

そして骨盤が前傾すると、腰椎(腰の骨)まで前傾しますから、腰は反っていきます。

 

 

こうなってしまうと、腰椎に付着している深部の筋肉が過緊張していきます。

過緊張すると、筋肉は固くなりますから、腰の痛みを感じやすくなります。

 

これが股関節の不安定要素からくる腰痛の正体です。

 

まとめ

 

 

股関節の不安定性からきている腰痛の場合、股関節の可動域を改善していかないといけません。

 

つまり、腰だけ治療しても股関節が治っていないと、腰痛は繰り返してしまうってことです。

 

股関節は、内旋・外旋共にしっかりと動くように日々動かしておきましょうね。

それが腰痛予防に繋がっていきますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

腰痛

この記事に関連する記事一覧