【腰痛】首が動かなくなれば腰も痛くなる!? | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【腰痛】首が動かなくなれば腰も痛くなる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

以前、体は繋がっているという記事を書きました。

その繋がりの中でも実は、腰痛は首と密な繋がりがあるんです。

今回は、腰と首の繋がりを探っていきます。

あなたの首動いていますか?

 

腰と首の繋がり

 

例えば、前に屈むor後ろに反ることで腰に痛みが出ているとします。

 

この場合、前者なら首が前に倒れにくく(屈曲制限)、後者なら首が後ろに倒れにくい(伸展制限)という症状が出ているケースがあります。

 

もし腰が痛い方は、首の動きもチェックしてみてください。

もしかしたら制限が掛かっており、動きにくくなっているかもしれません。

 

そしてもし制限が掛かっている場合、その腰痛は腰だけではなく、首も治療していかないと腰痛は治りにくく、また何度も痛みを繰り返してしまう可能性があります。

 

腰は腰ではなく、腰以外もしっかりと見ていくことが重要ですよ。

これが体の繋がりです。

 

首の可動域

 

首の純粋な可動域は、屈曲60度・伸展50度となっています。

ただ本来であればこの動きに、胸椎の動きも加味されることになりますので、もっと可動域は広がります。

 

なので純粋に胸椎の可動域をプラスしていくと首の可動域は、屈曲100度・伸展75度まで広がります。

これはあくまで純粋可動域を加味しただけなので、すべてを含めばもう少し可動域は増すはずです。

 

このように可動域も体の繋がりで出来ているんですよね。

面白いですね。

 

最終可動域の基準(繋がりを加味)としては、屈曲時は顎が胸に付き、伸展時は顔と床が平行に近いぐらい動けば最高!という感じで覚えておけばいいと思います。

 

まとめ

 

腰が痛いから腰が原因?そんな単純なものではないんですよ。

 

体は繋がっているので、繋がりを意識して全身を見ていきましょう。

すると今回の首みたいに、違う場所に腰痛の原因が隠されているかもしれません。

 

あなたの腰痛の原因はどこにありますか??

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

腰痛

この記事に関連する記事一覧