広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

腰痛のとき安静にしていれば本当に腰痛は改善するのか?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛のときは安静?

あなたは腰痛になったときどうしていますか?

 

安静にして布団やソファの上で寝ていますか?

 

 

安静にしてその痛みはなくなりましたか?

それとも痛みは繰り返しますか?

 

実は、「腰痛=安静」はもう古い情報です。

 

安静はダメなの?

 

「腰が痛いから安静にしてた」

 

と周りで聞きませんか?

もしくは、そうしていませんか?

 

先程も言いましたが、それ間違っています。

 

正確に言えば、安静が必要な場合もありますが、ほとんどの方が安静の必要がない腰痛です。

 

でも世間では「腰痛=安静」という情報が流れているので、ついつい安静にしてしまいます。

 

というよりも、痛いから動きたくない!というのもあります。

 

でも勘違いしないでほしいのは、安静にしても腰痛はよくならないということです。

 

 

病院も安静を推奨?

 

全部の病院がそういうわけではないと思いますが、安静を勧める病院も多いはずです。

 

でも病院が安静を勧めるには訳があるんですよ。

 

それは、腰痛の85%が原因不明だからです。

 

 

逆を言えば、病院で診断できるのは腰痛全体の15%のみです。

 

だから病院では85%の方には「安静」を勧めるしかないんです。

 

だって原因がわからないんですからね。

 

安静にすると腰痛は悪化する?

 

病院でも安静を勧められれば安静にするのが当たり前だと思いますよね。

 

でももっと気を付けてほしいことがあります。

 

それは、1日安静にしていると全身の筋肉の約2%は低下してしまうという事実があるってことです。

 

これってすごい怖いことなんですよね。

 

 

写真をみて頂けばわかると思いますが、年齢とともに筋肉は低下していきます。

 

これの低下は今現在止めることはできません。

 

でも落ちるスピードを緩やかにすることはできます。

 

ただ、安静が続くとこの筋肉が落ちるスピードってどうなると思いますか?

 

そうです。

 

筋肉はグラフ以上にもっと早く落ちてしまうんです。

 

そうなると体は老いていく一方です。

 

もちろん、腰痛も繰り返すばかりです。

 

今からは常識が変わる

 

ここまでで、「腰痛=安静」は間違っていると理解して頂けたでしょうか?

 

今はまだ安静というのが一般的かもしれません。

 

でも今からは絶対にこの常識が変わると僕は思っています。

 

今からは「腰痛=トレーニング」が常識になります。

 

安静では何も解決しないんです。

 

 

自分の体は自分で改める必要があります。

 

僕も指導する側として、自分自身の体を大切にしながらもお客様の腰痛がなくなるよう全力でサポートできたらと思い日々活動しています。

 

あなたにも「腰痛=トレーニング」を理解して頂ける日が来ることを願っています。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

腰痛

この記事に関連する記事一覧