広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

立つ姿勢でお尻の形が変わる 158

 


≪職業別のカラダくずれを改善する健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

立ち仕事が多い人の姿勢

 

立ち仕事の方で多い人の姿勢ってどんなのでしょう?

 

想像してみたら色々思い浮かびますか?

 

・下半身のアンバランス

・お尻が垂れる

 

今回はここに注目していきます。

 

半身のアンバランス

 

あなたは立っているときに、重心の位置はどこにありますか?

 

 

※写真わかりにくい・・・

 

写真のように左足に重心を掛け、左の骨盤が左流れていませんか?

 

もちろん、右足に重心を掛ける方は逆になります。

 

結構こういう姿勢をしている方多いです。

 

スマホを見ているときなんて、下半身はこうなってませんか?

 

何も考えていない時こそ、こうなりがちですよね。

 

実は、この姿勢が下半身のアンバランスを加速させています。

 

って、見たらアンバランスってわかりますよね・・・

 

骨盤の歪みもそうですし、筋肉も歪みます。

 

筋肉の性質的に、伸びた状態をキープしたままの筋肉は弱くなっていきます。

 

つまり、写真のような姿勢を続けていたら、左太ももの外側の筋肉は弱くなっていくということです。

 

この筋肉のアンバランスは、歩くときの疲れ方も変わってきます。

 

普通歩く時には、太もも外側の筋肉も使います。

 

その筋肉がうまく使えなくなるので、他の筋肉でカバーしていきます。

 

ということは・・・・

 

足が太くなる!!!!

 

 

ガーンって感じですよね。

 

そうならない為にも、立ち方気を付けてくださいね。

 

 

尻が垂れる

 

これまたガーーンって感じですよね。

 

先程の姿勢が続けば、お尻も垂れていくんです。

 

これは、先程の姿勢のままではお尻の筋肉が緩んでしまうからです。

 

理論的にはさっきと同じです。

 

左重心が続き、下半身が左に流れている方であれば、左のお尻がだるんだるんになりやすいです。

 

これって女性からしたら嫌じゃないですか?

 

私でも嫌ですから!

 

私もふとした時、右足に重心が傾き、下半身は右に流れています。

 

なので、左右でお尻の筋肉に差があります。

 

このアンバランスを整える為にも、右のお尻のトレーニングはより集中しています。

 

 

普段からも気を付ける意識も忘れていませんよ。

 

あなたも垂れたお尻にならないように気を付けてみてくださいね。

 

目指せ桃尻!!

 

レーニング

 

太ももの外側の筋肉を鍛えて予防していきましょう。

キープ系で、安定性を出していきましょう。

※下にある足を鍛えます

 

 

 

収縮させて、外側の筋肉を鍛えて使えるようにしていきましょう。

※上にある足を鍛えます

 

立つことの多い方は、左右に重心がずれ過ぎていないかチェックしてみてくださいね。

 

==========

 

姿勢が気になるので、

藤野のトレーニングを1度体験してみる

↓↓

毎月先着1名のみ

 

タグ :            

下肢 姿勢

この記事に関連する記事一覧